平塚市

湘南ベルマーレカレー

こんばんは、湘南ひらつか七夕まつり(2017年7月7日・8日・9日)の公式グッズ湘南ベルマーレっぽい絵も含まれていて、選ばれるどころかいろいろなものに逃げられ続けている平塚の街づくりや街のPRをしているひとたちと比べると、湘南みかんぱんの件も含めてこれらをプロデュースしている平塚市の福祉関係は優秀だなあと思った、チャリ通です。あれをベルマーレって言っちゃうとロイヤリティが発生しちゃうので、ベルマーレとは言わずにベルマーレ公式からもアピールしないのでしょうね。

2017年5月から湘南ベルマーレカレー株式会社フリーデン(平塚市)より販売開始されました。

レトルト「中辛」で販売されており、希望小売価格は500円(税込)です。

フリーデンの本業は豚肉(やまと豚)の販売ですが、ハム・ソーセージを筆頭に加工食品全般も手掛けていて、カレーについても常時何種類も市販しており、特に無名時代から彼を支援した水谷隼カレーは2016年に全国的に大ヒットをしました。水谷隼カレーはココイチのやさいカレーっぽかったです。

日本においてカレーは超人気料理のひとつではあるのですが、日本の軍隊が「当時150cmくらいの兵士をなんとか欧米人並みの体格にする」ために大幅アレンジしたものが日本のスタンダートになって以降、洋食屋系のものから、インドカレーやタイカレーの系統、やけにダシが蕎麦屋や中華料理っぽいものなど、ラーメンのスープ以上に多様化されてさらに具も千差万別で、各人それぞれに好みがあるので、お勧めが難しい料理のひとつです。

この湘南ベルマーレカレーの特徴としては、豚肉が入っていて、野菜は入っていない(ただし玉ねぎ・りんごなどが溶けている)。スパイスを重視しすぎて煮込み料理としてのコクがおろそかといったところかなあ?と思います。オイラの個人的評価は「普通」かなあと思います。オイラ的にはおろしたニンニク足したいかなあといったところです。

普通だと困るのは「500円」というところで、日本ハム、セブンプレミアム、トップバリュなどが1食100円のレトルトカレーも出していることを考えると、そっちで勝負されてしまうとちょっと弱いかなあ?と思います(それらと肉の量が違いますし・・・)。現在レトルトカレーはご当地カレーが人気で、数百円から5,000円以上するもの(意味不明の高級食材が入っている)まであり、スポーツ関係ですとジャイアンツカレー甲子園カレー青星寮カレー(ベイスターズ)などが有名です。なんとかご当地カレーの一角として、売れてほしいなあと思います。

500円の元をただせば、水谷隼カレーや、ベルマーレクッキーベルマーレビールと同様に、水谷隼選手や湘南ベルマーレが受け取るロイヤリティが含まれているための価格ですので、申し訳ございませんがいたしかたないところがあります

ベルマーレカレーもベルマーレクッキーベルマーレビールと同様に湘南ベルマーレ主催試合試合会場で販売されているほか、ベルマーレクッキーと同様に試合会場での500円ガラポンの末等でも提供されております(定価と同じなので損ではない)。またしまむらストアなどホームタウン内のお店でも販売されております

カレーを食べてベルマーレの支援をしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MEAT COMPANY with Bellmare

こんばんは、先日新スタジアム建設予定地に関連する記事をあげたので、ゴールデンウイークに実際に茅ヶ崎駅南口→雄三通り→鉄砲道→ラチエン通り開高健旧宅茅ヶ崎ゴルフ倶楽部(約2km)を往復で歩いてみた(バスには乗らず)のですが、平塚駅→平塚市総合公園(約1.7km)からプラスされる片道たった300mがちょっとかったるいなあと思った、チャリ通です。隣にあるパシフィックホテル茅ヶ崎跡地(上原謙・加山雄三父子がオーナーですぐに倒産した。元アルバイトの桑田佳祐さん率いるサザンオールスターズの楽曲に登場。現在はマンション。)そばはよく自転車で通っていたので自転車の感覚で書いてしまいました。

山口戦の前にららぽーと湘南平塚に行きました。平塚市内では最大の繁華街ですが、小さい海老名よりマシですが、平塚も船橋の2/3未満の規模の典型的なららぽーとなので、「別にここで買わなくても、最寄りのららぽーとでいいよね」って感じですね。そこを補うためにベルマーレを店内にちりばめているのですが、そういった補い方も全国のららぽーとにありがちで、「平塚ならでは」感はゼロです。

大型ショッピングモールが盛んな千葉県では、どうせ同じものが同じ価格で売っているだけなので隣の市の大型ショッピングモールにいくなんて面倒なことはしませんし、大型ショッピングモールの何倍もヤオコー、OKストア、ヨークマート、マルエツなどの「食品と消耗品の小型スーパーマーケット」に行っております(そのほうがすぐ買えるし、安いし、店内で歩かない)。今後はそういう棲み分けになって、2階から上が爆赤字のGMS、百貨店、パルコ・丸井などのようなファッションビルが淘汰されるのかなあ?と思います。

ららぽーと湘南平塚の1階にあるMEAT COMPANY with Bellmare(みーとかんぱにー うぃず べるまーれ)に行きました。「ブルゾンちえみ with B」ではありません。ホームページはこれといったものがありませんでしたので、ららぽーと湘南平塚のをあげておきます。

MEAT COMPANY with Bellmare (ららぽーと湘南平塚ホームページ内)

湘南ベルマーレと株式会社きちりの業務提携でオープンした、ステーキとハンバーグのお店です。

ハンバーグのレギュラーセットをいただきました。180gのアンガス牛ハンバーグにトマトの野菜スープとパンorライスが付きます。石窯で焼いたハンバーグに醤油ベースのソースまたは岩塩をつけていただきます。まあまあおいしかったです。静岡のさわやかを目指しているようなハンバーグでしたので、そういうのがお好みでしたらよいかもしれません。個人的にはさわやかがあの程度のハンバーグなのに大混雑なのが理解できませんが・・・。ファミレスでしかハンバーグを食べたことがない層にさわやかは支持されているのでしょうか?。

コストパフォーマンス、ベルマーレ度などを含めてあらゆる面で藤沢Bistroハンバーグに負けているかなあと思います。ららぽーと湘南平塚内にある利便性が評価されるかなあと思われ、繁盛はしているようです

店名にベルマーレが入っておりますが、入口に飾りがあることと、ららぽーと湘南平塚の「ベルマーレ割」に参加している以外はベルマーレっぽさがないことが不満です。ベルマーレ割ららぽーと湘南平塚の多くのお店が参加しているのでセールスポイントにはなりませんし・・・。試合の映像を流せるわけでもなさそうですし、いろいろ残念なお店になっておりますので、巻き返しを期待したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと納税返礼品に湘南ベルマーレも選べます

こんばんは、4月で2017年度になったことで、平塚市のふるさと納税に返礼品がつくことになり、湘南ベルマーレも返礼品に参加することになって、街やクラブの発展につながればいいなあと思う、チャリ通です。こればかりはまず自治体が返礼品を採用するかどうかが先ですから・・・。

湘南ベルマーレ分の内容としては、1万円寄付コースから50万円寄付コースまで幅広く対応しており、6万円以上は「レフェリーエスコート」「公式戦選手集合写真参加」「公式戦大型ヴィジョン使用権」「キングベルⅠ世の訪問」「キングベルふわふわの貸し出し」といった簡単には利用できないサービスが盛り込まれていて、伊勢原市が数年前から実施しているベルマーレ返礼品を丸パクリしただけとはいえ、ベルマーレもベストを尽くしたと言えると思います。

オイラもふるさと納税はしておりますが、ふるさと納税はメリットを簡単に紹介すると「何万円か寄付したあと、確定申告をすることで、2,000円を引いた金額が翌年の住民税から減額される」というもので、日本でフルタイムで働いている正社員でしたら合計4万円くらい寄付での返金条件はほとんどの方がクリアできますので、「4万円寄付によって、ユニフォームが実質2,000円(1年かけて3万8千円の住民税減額)」であり、「おいおい、○○市役所が取り損ねた3万8千円を、平塚市役所は2万3千円くらいしか回収できなくて、残りはベルマーレとウインスポーツにいっちゃうじゃん!」てことでもあります!(返礼品の存在は地方の業者を自治体がセールスして、補助金体質にさせないという側面もある)。寄付者にとってはすさまじくお得です。

ふるさと納税の返礼品でこの自治体にどんなものがあるかを知ることができ、平塚市ですと定番のシルスマリア湘南みかんぱんだけでなく、「ちびラマ」とか面白そうですねと思いました。

「何事も最後に参入するのは平塚市」という傾向がベルマーレホームタウン内にはある(返礼品も藤沢市以外はすべて参入済み)ので、そろそろふるさと納税も終わりになるのかが心配です。実際人口や面積に対する法人税収が乏しいために、オイラが学生のころから小田急沿線有数の貧乏自治体として有名な町田市役所は悲鳴をあげておりますし・・・(でもまたまたスタジアム増築らしい)。

4月15日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第8節FC岐阜戦です。在住・在学・在勤の方はチケットが安くなる藤沢・茅ヶ崎市民デーです。Shonan BMW スタジアム平塚はゴールデンウイーク前までバックスタンド増設工事中その間観戦不可エリアができてしまうことが告知されております。両軍の人の行き来はないのですが、坪井慶介選手が岐阜県の中学を出ています。

この日はいろいろなことが平塚市総合公園内で開催されます。まず第40回 ベルマーレクラブカンファレンスが11時30分から開催されます。そしてベルマーレフリーマーケット「ベルマ」が12時から開催されます。さらにこの日は2017年唯一のJ2・イースタンリーグ同日開催で、イースタンリーグ横浜DeNAベイスターズ対千葉ロッテマリーンズ戦がバッティングパレス相石スタジアムひらつかで13時プレイボールです。野球が終わってすぐにサッカーというくらいだと思われ、フードパークと駐車場は混むと思われます

4月22日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第9節大分トリニータ戦です。ランテックスペシャルデーです。Shonan BMW スタジアム平塚はゴールデンウイーク前までバックスタンド増設工事中その間観戦不可エリアができてしまうことが告知されております。湘南の元大分はいませんが安東輝選手が大分県出身です。大分の元湘南は山口貴弘・三平和司選手がいます。

女性向けの企画があるそうです。北海道コンサドーレ札幌のホームゲームの1ランク上の高齢率(若年層をファイターズにとられていて、さらに最近はトップチーム選手層も他クラブより高齢)はビビりますが、湘南ベルマーレホームゲームの男性率も確かに高いです。ちょっと前までカープファンといえば男性でした(球場に達川光男さんのようなファンがたくさんいた)。今のベルマーレは若い有望選手が多いのですから、がんばりましょう。佐藤美希さんが来場するそうです

さらにこの日は2016-2017シーズン唯一のJ2・B1同日開催で、B1リーグ横浜ビー・コルセアーズ対新潟アルビレックスBB戦がトッケイセキュリティ平塚総合体育館で18時ティップオフです。サッカーが終わった直後にバスケットボールというくらいだと思われ、フードパークと駐車場は混むと思われます。翌日もこの対戦があるので時間的余裕は作らなさそうです(翌日は天皇杯1回戦YSCC横浜対筑波大学戦の後半とかぶる)。

川崎ブレイブサンダースも平塚では試合をしますが、横浜ビー・コルセアーズのトップスポンサーが産業能率大学ということもあって、同じく産業能率大学がスポンサーである横浜DeNAベイスターズ二軍、横浜ビー・コルセアーズ、湘南ベルマーレがセットに扱われて、平塚市もドリームパスポートというかたちで支援しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決定、「チャリ通湘南2016」!

こんばんは、永谷園のお茶づけ海苔に東海道五拾三次カードが20年ぶりに復活しましたが、藤沢、平塚、大磯、小田原のカード持参と引き換えでそれぞれの市民デーは割引とか2017年はあればいいなあと思った、チャリ通です。藤沢宿は箱根駅伝でもおなじみの遊行寺(藤沢山)前、平塚宿は廃墟になりつつある平塚市民センターより大磯寄り、大磯宿は旅館の大内館付近、小田原宿は小田原城下町一帯となります。箱根の規制も大涌谷以外は解除されましたので、世間から注目を集める箱根駅伝(1月2日・3日)でアピール出来るといいなあと思います。

今年もできるとは思わなかったのですが、規模を縮小して「チャリ通湘南2016」をやります!。趣旨については9年前の説明をご覧ください。ダメなところは記事にすらしていない(今年も落選があります)ので、オイラの個人的な好みのせいで低評価だったところもぜひお立ち寄りください

チャリ通湘南2008 再査定
チャリ通湘南2009 再査定
チャリ通湘南2010 再査定
チャリ通湘南2011 再査定
チャリ通湘南2012 再査定
チャリ通湘南2013 再査定
チャリ通湘南2014 再査定
チャリ通湘南2015 再査定

変更はありません。ただし後日変更したところは新しいほうの評価のままになります。

厚木市カテゴリー
千代乃 厚木駅前店」(ホルモン)★★
サガミパン工房 ブンブン 厚木店」(パン)★★
十割蕎麦 楽食」(蕎麦)★★
厚木ハム 2016年版」(ハム・ソーセージ)★★

ブンブンの記事に登場した厚切りジェイソンさん(市内在住)、FC東京戦の記事に登場した加藤優選手(厚木商業高卒)のおかげで、いくらかアクセスが増えました。ありがとうございました。

脱線しますが、ようかい体操を歌っているDream5の日比美思さんがNHK紅白歌合戦に出たときに記事化しようとしましたが、他の出身芸能人と同様に今出身中学を書いてしまうとご本人に迷惑なので、今のところ書いていません。

やっぱりハムやソーセージは大手のお歳暮のものより、厚木ハムのような職人が作ったやつのほうが断然うまいのですが、もうちょっと安ければなあ・・・。

平塚市カテゴリー
かばさんの小さなパン屋」(パン)★★
サンメッセしんわ「湘南みかんぱん」「焼きドーナツみかん」」(パン)★★
平塚市美術館 & ラ・パレット」(美術館・レストラン)★★
レストラン大原」(レストラン)★
眞鶴(平塚駅前)」(海鮮料理)★

今年は平塚市総合公園周辺の定番スポットの記事を書きました。

何といっても湘南みかんぱんの記事毎週それなりのアクセスがある人気記事に成長しました。せっかくのラオシャンタンメンや大黒庵ラーメンを差し置いて、都まんじゅうとか、弦斎カレーパンとか、平塚では周辺市と異なり、市外では珍しくないものばかり名物として推されていて頭を抱えてしまうことが多かったのですが、ようやくまともな名物が、業界外の福祉分野から登場したことは、大変素晴らしいです。

平塚市美術館併設のレストランのラ・パレットは契約満了で11年の歴史を閉じました。次の飲食店が入るらしいですが、「素晴らしい環境」なのに、「駅から遠い」、「夜営業をしない」などの問題があるので、次のお店は改善を期待したいです。別にスポーツの展覧会をしなくてもいいので、平塚市美術館とベルマーレとは共存共栄できる関係になれればいいなあとは思います。市の美術館ですが、やる気のない県や資金不足の私立の美術館より優れていて、見るだけではないワークショップなども実施されていて、頑張っている美術館だと思います(平塚市美術館の年間入場者数は、FC町田ゼルビア・横浜FC・東京ヴェルディのそれぞれの年間観客動員より多い)。

記事外ですが、前鳥神社オリジナル御朱印帳の販売を今年から開始しましたので、コレクターの方はどうぞ。

小田原市・南足柄市・足柄上郡・足柄下郡カテゴリー
中華 四川」(ラーメン)★★

四川小田原系タンタン麺のお店なのですが、小田原市と大井町の境近くにあります。電車やバスで行くことは困難な場所にある40年以上営業しているお店なのに、混雑しております。湘南ベルマーレフットサルクラブのホームゲーム2月の曽我別所梅まつり(小田原梅まつり)にクルマで行く場合などに、是非お立ち寄りください。

旧相模国カテゴリー
※該当なし

大変申し訳ございません、今年は記事がありませんでした。過去の記事をご参照ください。

2017年もあんまり書けないことは確実ですが、一応訪問候補もあるので、これらのカテゴリーもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞鶴(平塚駅前)

おはようございます、もともと神奈川県は相撲が盛んではないのですが、平塚市出身の朝弁慶関(高砂部屋)が九州場所から幕下西三枚目に降格して、神奈川県から関取がいなくなって残念な、チャリ通です。朝弁慶関は映像で観る限り典型的な押し相撲タイプなのですが、考えてしまうのか、一度負けると大きく連敗してしまうのが残念です。三枚目なら九州場所で勝ち越せば十両復帰でしょうから、頑張りましょう。

甲府戦(後日記事化予定)の前に、JR平塚駅北口の眞鶴(まなづる)に行きました。ホームページは特にございませんので、食べログの該当記事を参照してください。

紅谷町パールロードから少し横にそれたところにある、老舗海鮮料理・寿司店です。湘南ベルマーレの公式戦試合日にはベルマーレの旗がかかります。「一般客向けの入口」と「離れの宴会場の入口」が分かれており、今回は一般客として入りました。

一般客用の店舗はお寿司屋さんの体裁をとっております。ベルマーレのポスターやトレーディングカード、MARE、選手と一緒に撮った写真などがところどころに飾られており、なんとJリーグ選手の身分証明書(ベルマーレ在籍時の馬場選手や前回在籍時の髙山薫選手のものなど)まであります。おかみさんが相当信頼されているのでしょう。

ランチメニューが設定されており、海鮮丼をいただきました。酢飯の一般的な海鮮丼でお吸い物とオレンジ付きで、値段相応かなあと思います。またこの日はランチタイムにある音楽ユニットのライブを離れの宴会場でやるらしく、「先に食事をしてライブ」という粋な試みをしておりました。

ただまあ、それ以外がツッコミどころ満載でして・・・。

宣伝量は多い平塚漁港の食堂や、今は亡き松鱗亭もそうだったのですが、店員のおばさまが自分のペースで仕事をしていて客の都合を考えておらず、ああこのお店も「平塚クオリティ」だなあと思いました。ファミレスの女子学生アルバイトのほうがよっぽどちゃんと仕事をします。同じおばさまに2回注文を聞かれた上でお吸い物だけだいぶ遅れて出てきて、それらの原因が店員同士や超常連らしき客との余計な会話なのがまるわかりでしたし・・・。また、食べログの口コミをご覧になるとわかりますが、このお店は価格の問題ではないけど50歳以上のお客様でないと厳しいのではないか?と思います。マンネリ気味ですね。

おそらくベルマーレの選手や平塚市の偉い人などが来店する、あるいは宴会場のほうではちゃんと仕事をするのでしょう。当ブログは平塚市以外在住の人や他のサポーターがかなり多く来ていることがわかっておりますので、このあたりは正直に記さないと平塚が誤解されてしまいますので、書いておきます。

ららぽーと湘南平塚内のコラボレーション店舗の何十倍も、このお店は湘南ベルマーレを愛しているのは分かるので掲載しますが、自分たちが得意としていない客層も相手にしてほしいと思います。平塚の人は街の衰退を憂う人が多いですが、実際にひとつひとつに触れると、そりゃあこれじゃあ隣町や全国チェーンに負けるでしょうと納得してしまうお店や行政サービスが多いですし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」を観た

こんにちは、昨年限りで湘南ベルマーレのスポンサーを降りたスリーエフが、降板の主原因と思われる今年のローソンとの提携(フクダ電子アリーナへの途中にある蘇我駅前の店舗など、神奈川県外のスリーエフ複数店舗を譲渡してローソンスリーエフに変更することで、スリーエフの巨額赤字をローソンが肩代わりする)で、本丸の神奈川県以外ではスリーエフが大幅縮小するようで、ファミリーマートになるサークルKサンクス(半分くらいの規模にリストラするユニーグループをファミリーマートが吸収)の件を含めて、コンビニ業界も片手で足りるグループに集約されるのだろうなあと思う、チャリ通です。まあ、デパート、大型ショッピングモール、スーパーマーケット、コンビニエンスストアとも、全国チェーンだと品揃えから品質、価格まで同業他社と同じよう(多少違うのは存じているのですが、代替できるレベル)なので、ちょっと前の家電量販店業界のようにプレーヤーが半分くらい退場するのもやむを得ないですよね・・・。

勧められたので「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」というドラマを観ました。大阪の毎日放送の制作(全4話)で、2016年3月に深夜ドラマとしてTBSなどで全国放送されたそうです。SKE48卒業の松井玲奈さん初主演のドラマだそうで、ランドリー茅ヶ崎は茅ヶ崎市ではなく茅ヶ崎店長(滝藤賢一さん)からとられています。なお舞台は作中でかなりいじられている厚木市ですが、厚木市内で全く撮影されておりません

典型的な低予算深夜ドラマ(シュールコント)で、全国ネット21時台のドラマでコレですとがっかりですが、そんなに面白くなかったものの軽く観るドラマとしては悪くはないと思います。江戸時代だって総合芸術の大歌舞伎と並行して大衆演劇も成立していましたし、今月からテレビ東京で放送中の勇者ヨシヒコシリーズのように、低予算には低予算なりの良さもあります。ドリフターズや吉本新喜劇の舞台セットだって現実世界と比べるとおかしなレイアウトや立ち位置だったりしますが全く気にならないように、大事なことはそこではありません。

とりあえずベルマーレホームタウンの厚木市で唯一B&Dが掲出している「ワクワクするサッカーが観たいんだろ?華麗なテクニックに驚愕したいだろ?闘志むき出しのプレーが好きなんだろ?じゃあオレ達で決まりだ。」をみてSC相模原を観に行ったら、期待を大幅に下回るサッカー、大学生の華麗なテクニックに毎夏驚愕するJ2にも入り損ねたおじさん、やる気のなさ丸出しのプレーを、ここ数年オレ達さんが見せつけていることは、この番組ではいじっておりませんでした。

松井玲奈さんがこれから支持されそうな女優なので、将来松井玲奈さんが大作映画、NHK連続テレビ小説、NHK大河ドラマあたりで重要な役を任されたときに「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎で初主演」とかで皆様が見返していただくと幸いかなあと思います。

Amazonプライムビデオなどで観られます。そう、もうドラマなんてテレビ回線がなくても観られるのですよ。YouTubeなり、NHKオンデマンドなり、huluやDAZNなどでネットで受信して、必要ならばHDMIケーブルでテレビにつなげばいいのですよ。しかも時間はいつでもいい。

テレビといえば、先日お菊さんについて書いた記事で登場したNHKの「超入門!落語 THE MOVIE」がレギュラー放送に昇格(10月19日(水)から毎週22時50分放送)したことで、10月16日(日)16時05分から「お菊の皿(小田原市出身の柳家三三さんの噺しにあわせて内藤大助さんらが演技)」を含む過去の放送がNHK総合テレビで再放送されるそうです。入門としてはよくできていた番組でしたので、お菊さん(平塚出身)の江戸での活躍?をぜひどうぞ。

プロ野球日本シリーズの開幕日でもある10月22日(土)は、NACK5スタジアム大宮で14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第15節大宮アルディージャ戦です。湘南の元大宮は藤田祥史選手がおり、ユース年代のみの菊地俊介・石川俊輝選手がおります。大宮の元湘南は岩上祐三選手がいます。ヤマザキナビスコカップと1stステージのホームゲームは負けてしまいました。島村毅選手の妹さんが北越谷でroco cafeというお店を経営しておりますので、立ち寄れる人は立ち寄ってください。

この試合に勝っても他会場の結果次第で湘南ベルマーレのJ2降格が決定してしまいます。会場は苦手の平塚ではないので頑張りましょう。

ホーム最終戦は10月29日(土)にShonan BMW スタジアム平塚で14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第16節ヴァンフォーレ甲府戦です藤沢市が山梨県全体よりワインを生産しているメルシャン藤沢工場が横浜港で荷揚げした輸入ブドウ果汁で安いワインを大量生産している)ということで昨年11月に藤沢ワイン祭りを開催して盛況だったので、山梨県的にはサッカーでは負けられないでしょう。

「2016感謝の集い」が、11月19日(土)にレンブラントホテル厚木 3Fグランドバンケット相模で開催されるそうです。プレーヤーファーストだあとか言って先に日にちを決めたら大安吉日を選んでしまったので、第1希望の会場がとれなかったとかなのでしょう。担当者は披露宴をしなかったのでしょうか・・・。グランドバンケット相模は企業説明会向けの大ホールなのですが、部屋を分割して使用するのでしょうか?。ベルマーレは少なくとも平塚よりは栄えている厚木や海老名をかねてより軽視しているので、この機会に営業してもらいたいものです。

平塚も平塚で、海老名にしかないものが皆無の海老名の市長が机をバンバン叩いて悔しがりそうなくらい、先日の湘南ひらつか囲碁まつりをはじめ平塚には優れたものがいくつもあるにもかかわらず、官民ともシティセールスが下手なために平塚本の表紙に「何もないなんて言わせない」という藤沢だったら市長が怒鳴りこみそうな屈辱的な見出しをつけられているくらいなので、「おじさんに都合が悪いものは、いいものでも排除」という、平塚の悪しき伝統をやめて頑張っていただきたいと思います

<追記>10月15日(土)にベルマーレのスポンサーのテレビ神奈川が放送する「あっぱれ!KANAGAWA大行進」は平塚市を放送するそうですので、当日平塚にいる皆様は久本真菜アナウンサーにアピールしてください2016年3月以降の全放送はYouTubeで世界のどこからでも観られます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レストラン大原

こんばんは、湘南が舞台の作品は結構ありますが、平塚が舞台の作品は「SLAM DUNK」の試合会場のひとつと、「エリアの騎士」で主人公が特別指定選手で入団したクラブくらいしか思い浮かばないなあと思って調べたら、

かんしゃく玉投げカン太郎の東海道五十三次」という昭和のゲーム(小学生の時に友人の古いカセットを借りてやった記憶があります)が見つかり、「おだわら から ひらつか」では「墓場→川(たぶん酒匂川)→街」だったので、平塚は「街」という評価なのだなあと思ったのと、小田原城も表現して欲しかったなあと思う、チャリ通です。なるほど、東海道ネタが使えるのなら、「水戸黄門」で平塚宿も何回か映像化されているでしょうね。なお以前も書きましたが、平塚駅北口から大磯寄りに平塚宿があったので「平塚駅北口≠平塚宿」です。有名な怪談「番町皿屋敷」古典落語「お菊の皿」の舞台は千代田区ですが、お菊が平塚宿宿役人 眞壁源右衛門の娘ということでお菊塚が北口にありますが、これは昭和時代に建立されたものです。あっ、フロンターレならお菊さん程度のつながりでもネタとして使用しそうですね・・・。

先日の福島戦の前に、レストラン大原(れすとらんおおはら)に行きました。

「レストラン大原」 公式ホームページ

平塚市総合公園の中央付近に前世紀から存在する、「オーダースットプ PM4:30」の看板でおなじみのレストランです。実際は公園内で夜にベルマーレやベイスターズの試合がある場合は、営業時間を試合開始前まで延長しているイメージがあるのですが、確認できておりませんのでわかりません。

湘南ベルマーレのスポンサーであるみづほ野グループが経営しているレストランなので、ベルマーレ選手のポスターやサイン色紙が確認できます。みづほ野グループ自前の飲食店経営のほかにベルマーレホームタウン内で全国チェーン飲食店のフランチャイジーもいくつか行っておりますので、意外と大きい会社です。

レストランは「大池ビュー」と「はらっぱビュー」で役割が異なり、「大池ビュー」は個人客向けのファミリーレストランです。メニューは和食・洋食のファミリーレストランに出てきそうな、どんぶり、定食、ラーメン、ハンバーグ、パスタ、デザート、お子様メニューなどがあります

この日は季節メニューだというサーモンフライ定食をいただきました。値段も味も合格点で、このブログ向けに評価しろと言われると「ここにしかないもの」ではないので激安食堂 小林屋と同様に減点されてしまうのですが、普段の食べ物として充分お勧めできるレベルです。土日の湘南ベルマーレ戦試合直前はだいたい満席で、ベルマーレフードパークにしか行かないのはもったいないと思います。

ガラス張りのここから大池を眺める景色は結構いいはずなのですが、柵や幕みたいな装飾が邪魔で視界が狭いです。おそらく外の人から観られるなどの理由であえて遮っていると思われます、残念。

「はらっぱビュー」は大小の個室宴会場で、湘南ベルマーレとしては試合日に開催される持株会総会がもっとも接点が多い人がいると思います。普通に公園の雰囲気のなかで食事を楽しむだけでなく、業界団体の懇親会をレストラン大原の宴会場でおこなったあとでベルマーレ戦のチケットを渡してそのまま観戦会とか、スポンサー候補や新卒入団候補に試合観戦をさせて試合終了後にレストラン大原の個室に連れて行って質問や要望を受け付けるなど、ベルマーレの営業的には便利な施設だと思います

かつて東京ドームが東京ドームホテルを建設しましたが、東京ドームと直通のこのホテルがコンサート出演者の後方支援控室になっていたりするほかに、ここが調理した料理が選手や出演者のラウンジや、東京ドームのプレミアムラウンジでビュッフェ形式で提供(食べすぎちゃいます)されております。東京ドームと比較するのはおこがましいですが、陸上競技場や野球場に料理を迅速に配達できそうな施設が近くにあることは結構な可能性があり、こういうことができなさそうなスタジアムにとってはうらやましいと思っているところもあるのではないでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平塚市美術館 & ラ・パレット

こんばんは、日本時間の本日8月4日からリオデジャネイロオリンピックが開幕(開会式は現地時間8月5日の日本時間8月6日)いたしますが、開会競技の女子サッカーに日本代表が出られないので、日本はまだ開幕できないのが残念な、チャリ通です。

時期的に当たり前ですが連日暑いです。逆に寒かったりですとか、雨が降ったりしたときも含めて、試合開始の何時間も前に平塚市総合公園に着いてしまったときにどうすればいいかという問題がありますが、お勧めなのは冷暖房の効いている平塚市美術館のエントランスで休むことです

平塚市の最盛期だった1991年に開館した美術館です。20代以下は知らないと思いますが、相模大野とともに「軍需工場と補給廠の街」から戦後リスタートした平塚は、昭和30年代は本当に横浜、川崎に次ぐ街だったそうで、そのころはオイラも知らないのですが、オイラが子供時代で覚えているバブル期(1989年前後)はまだダイクマ本社、十字屋創業店、サンバード長崎屋創業店、忠実屋(→ダイエー→ヤオコー)、テナント化する前の梅屋なども平塚に健在で、平成生まれには聞いたことがない店ばかりなので信じてもらえないかもしれませんがまだ藤沢と張り合っていました。しかしバブル崩壊とともに衰退していき、バブル崩壊ごろに立ちあがったベルマーレ平塚でも歯止めがきかず、市役所などが野心的な企画をしても市民(中高年)が選挙の力で方針転換させる(これで若手は退去)という状況で、平塚だけは今年は昭和91年のカレンダーを使っているのでは?というくらい、周辺市と雰囲気が違います。SC相模原戦観戦などで、平塚とは真逆の「70年の絶え間ない再開発に次ぐ再開発」による街づくりをした相模大野に行かれれば、平塚市民は衝撃を受けるのではないか?と思います。東海道平塚宿は平塚駅から2km以上離れており、銀座よりも新しい街が「街が古いから」は言い訳です。

この時代背景を頭に入れた状態で、平塚市美術館(ひらつかしびじゅつかん)に行きます。平塚駅から徒歩で平塚市総合公園に行きますと、途中の平塚警察署近くに平塚市美術館があります。

平塚市美術館 公式ホームページ

この建物が建設された1991年ごろの平塚市の財力が想像以上であったことを感じる、整った展示室や倉庫を完備した立派な美術館です(人口25万人程度の市の施設とは思えません、勢いでやっちゃうって大事です)。ベルマーレホームタウン内に公立美術館があるのは平塚と茅ヶ崎だけで、平塚のほうが立派です。そろそろ何とかしたい近所の平塚市立図書館や、崩壊の危険があるため使用不可能な平塚市民センターを利用したい音楽関係は、「スポーツと美術にオカネ掛け過ぎ!」と平塚市を非難したいことが容易に想像できます(落語や演劇は小ホール向けなのでいいとして、合唱や合奏の愛好者は平塚から転居になっちゃいますよね・・・)。

平塚市の市営公共施設や市営公園は既に「船橋市、八王子市、姫路市クラス(人口60万人前後)」レベルに充実していて、街の規模と比べて過剰に投資されていると思います(他の予算が心配になるレベル)。藤沢、厚木、小田原などには美術館がありませんが、市民の作品を公開する施設として市民ギャラリーはそれぞれ駅の近くにありますので、美術館がなくて困っている人は皆無とおもいますが、美術館があればあったで活用方法はあるので、うらやましい限りです。駐車場もあります。

設備面だけでなく、現在は東京の山種美術館から草薙奈津子さんを館長に招いて内容面の充実も図られて、年間10万人動員(J2の水戸や横浜FCの年間主催試合21試合分に相当と、結構すごい)と業績も上がっているようです

この日は1階のギャラリー(入場無料)で、市民の書道展が開催されておりました。

2階の展示1のタイトルが「不思議なアートトリック トリック ハッ!と トリック」だったので、このタイトルならベルマーレも手助けしてやれよと思いました。

深堀隆介さんのアクリル金魚の実物を久しぶりに見ましたが、あれは欲しいですね・・・。

中谷ミチコさんのどこから見てもこっちを見られている「くぼんだ絵」が、一番の驚きでした。

2階の展示2は「アーティストin湘南2 田澤茂と石井礼子」で、師匠の田澤茂さん(故人)と、弟子の石井礼子さん(1974年生まれ)の展覧会です。師弟といっても「拠点が同じ」と「筆が細かい」くらいで作風は全く異なり、田澤茂さんは「とにかく群衆」で、石井礼子さんは「母子の生活」です。地元に貢献していてよいと思いました。

指定管理者制度の導入で、公共施設の中に民間の企業が入ることができるようになりました。平塚市美術館にはラ・パレットというレストランカフェが入店しております

ラ・パレット 公式ホームページ

ちゃんとしたフランス料理系レストランで、コーヒー1杯の喫茶からコース料理まで対応しております。平塚市美術館の庭を前に飲食できるので、雰囲気もいいです。美術館に入らなくてもレストランを利用できます。

夏は「日光の天然氷のカキ氷」を販売していてふわふわなので、もし栃木SCと対戦することが決まりましたら、「とちおとめのかき氷」を食べましょう(ごめんなさい、オイラこの日はこれだけでした)。

食事は日替わりパスタ、オリジナルカレー、チキンのコンフィあたりがお手頃かなあと思いますが、本格的なコースからデザートまであるので、今秋にららぽーとができてもベルマーレの試合会場に一番近いちゃんとしたレストラン(庭あり)として、活用せざるを得ない客層もいると思います。よろしくお願いいたします。

問題は平塚市美術館にあわせて営業時間が10:30~17:00なので、夜営業がないのですが、平塚駅から少し離れていることもあって、経営が維持できるのかが心配なところです。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンメッセしんわ「湘南みかんぱん」「焼きドーナツみかん」

こんばんは、先日の風雲児たち幕末編27巻の記事「3年B組金八先生」FC東京戦の記事「加藤優」選手(かとうゆう・厚木商業高卒21歳女子野球選手・出身は秦野市)に、それぞれ本編から脱線気味に触れたところ、「3年B組金八先生第2シリーズに登場する加藤優(かとうまさる・中3男子)」について調べて当ブログに来た人がいるとか冗談みたいな展開に驚いている、チャリ通です。3年B組金八先生第2シリーズは、湘南ベルマーレ現役最年長の坪井慶介選手がまだ1歳であった1980年の作品なので、オイラもリアルタイムでは観ていなかったものですが、第2シリーズは当時問題になっていた校内暴力(腐ったミカンがなんたらかんたら)を取り扱って長期シリーズ化を決定づけた名作ですので、TBSチャンネル2などで機会があったらご覧ください

今季開幕戦の新潟戦で、サンメッセしんわ(ふりがな省略)の「湘南みかんぱん」を購入して好評でしたが、先日の名古屋戦ではサンメッセしんわが「焼きドーナツみかん」を販売していたので、こちらを購入しました。

サンメッセしんわ 公式ホームページ

湘南みかんぱん「大磯・二宮青摘みかん果汁&平塚産小麦使用」ということで、みかんの木パートナーシッププログラムに進和学園が参加して製造されました。ベルマーレホームタウン7市3町でもっともシティセールスが下手な平塚市らしからぬとか思っていたら、やっぱり茅ヶ崎市のNPO法人湘南スタイルによる、大磯と二宮のみかんのプロジェクトに入れてもらったようです。平塚市の官民が先頭に立たないシティセールスは、やはり違いますラオシャンタンメンとか、大黒庵ドンパリラーメンとか、特徴のある名産品を押しのけて、茅ヶ崎をはじめ全国どこにでもある都まんじゅうや、特徴は「高価」だけのカオリ麺などを推して結果はまったくウケないなど、かつて藤沢や厚木に住んでいたものからすれば、平塚は驚くことばかりです)。

「おいしいみかんにするために、まだ実が青いうちに間引きをします。この「青摘みかん」をギューッと絞った果汁がジュースやジャム、ドレッシングやシャーベットへと大変身!

創業60余年の老舗・鈴木製餡所が果汁を使って炊いた”みかん餡”がサンメッセしんわのこねた”みかんパン生地”をまとって完成したのが「湘南みかんパン」。パンなのにジューシー、爽やかな酸味のきいた新食感の美味しさをどうぞ!」(以上、パッケージの説明のまま)

だそうです。新潟戦の時いただきましたが、おいしかったです

で、名古屋戦では「焼きドーナツみかん」のほうも販売されていたので、こちらを購入しました。湘南みかんぱんと同じみかんが使用されているらしく、価格は湘南みかんぱんと同じ1個180円。やや高いかなあと思いました。

しかし食べてみると、「うまい、これは子供・女性にウケル!、大手コンビニに出しても売れると思う」と思いました。みかんの風味もあり甘さもやさしいおすすめ商品で、オイラも点数を稼ぐことが出来ました。包装されて売っているのでお土産も可能で、正直ベルマーレクッキー以上、ベルマーレビール並みの商品力が、「湘南みかんぱん」「焼きドーナツみかん」ともにあると思います。ぜひお土産にどうぞ

公式ホームページのとおり、サンメッセしんわは事情があって働きづらい方々のための職場ということで、大量生産や大量販売は難しい可能性があります。どこでも売っているわけではありませんが、湘南ベルマーレのリーグ戦に行けば購入できる可能性が高いですので、よろしくお願いいたします。

<追記>ミトクで湘南みかんぱん焼きドーナツみかんをそれぞれ猛プッシュしてました。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かばさんの小さなパン屋

<追記>2017年3月に閉店しました。

こんばんは、本日開幕する女子サッカーのリオデジャネイロ五輪予選(大阪)より、澤穂希さんが前世紀から背負っていた背番号「10」を大儀見優季選手(荻野中)つけるということで、大変だろうなあと思った、チャリ通です。背番号2桁だった選手から新10番を選ぶだろうから、大儀見優季選手か岩渕真奈選手のどちらかだろうなあとは思っておりましたが、まあキャラクター的に大儀見優季選手のほうが選ばれたのでしょうね。とにかくオリンピック出場権獲得をお願いしたいです。女子ワールドカップに続き今回も半分以上の選手が昭和生まれなので、東京オリンピックのなでしこジャパンは初オリンピックの選手が多いのでしょうね・・・

先日の新潟戦の前に、かばさんの小さなパン屋(かばさんのちいさなぱんや)に行きました。

「かばさんの小さなパン屋」 公式ホームページ

JR平塚駅北口から平塚市総合公園に向かう途中の、矢口家と平塚郵便局の間にあります。

このお店、看板のとおり6畳くらいのスペースしかない、小さなパン屋です。店主の女性がひとりで運営しております。

お店が小さいからなのか、すべてのパンが小ぶりで、価格設定もこのサイズを前提としているように見えます(小ぶりな理由はホームページに記載)。

このお店を代表するパンは、店名のとおり「かばパン」で、とてもかわいくカバの頭部を表現しております。口の部分に歯のようなクリームが入っており、この日はコーヒークリームといちごクリームが用意されておりました。そうかホイップクリームのパンかと思っていたら、チョコクランチも奥のほうに仕込んであって菓子パンとして美味しく、これは女子帯同でベルマーレ戦やベイスターズ二軍戦に行く場合は必ず立ち寄るべきなのだろうなあと思いました。平塚駅前は周辺市と異なり、女性や子供むけのお店が少ないので、貴重です。

ただし注意しないといけないのは、店主ひとりで運営しているためか、「週4日営業・週休3日」であり、しかも「日曜・水曜定休、あと1日が店主の所用など土曜か祝日の場合あり」なので、湘南ベルマーレの試合がある日に結構な確率で休んでいることです(これでは利益は出ないのでは?)。早速次回ホームゲーム浦和戦の日は定休日です。通りがかった時に開いていればラッキーです。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧