厚木市

2017年の湘南ベルマーレは監督の誕生日である明日16日に始動

こんにちは、いきものがかり放牧宣言だそうで、残念ではありますが、ある程度活動したら少し休業することは過去にも国内外のバンドでよくあることなので、しょうがないと思う、チャリ通です。特に吉岡聖恵さん(南毛利中)がお子さんをご希望の場合は、いろいろとこのタイミングしかない(今はこれもセクハラ発言)というところが、難しいところです。水野良樹さん(厚木高)が歌っているのはテレビかなんかで見たことがあり、意外とソロ活動も3人とも成功するのではないかなあ?とは思います。

あれっ?、確かに当ブログは毎年1月上旬は三浦大輔投手需要でアクセスが多かったのですが、昨年引退して大晦日の絶対に笑ってはいけない科学博士に出ていたにもかかわらず三浦大輔さん関連のアクセスが多いです。なぜかなあと思ったら、石田健大・山崎康晃投手の厚木での自主トレを手伝いにいったそうで、番長の影響力の高さに驚きました。この自主トレ、有名選手との記念撮影とサインがもらえるチャンスなので、ベイスターズの大切なイベントになるかもしれませんね。

1月になってすぐ、ホームページ上部の同一リーグクラブへのリンクが赤色のJ1から緑色のJ2に変わりましたが、そろそろ2017年も始動です。湘南ベルマーレは2017年1月16日(月)の曺貴裁監督の誕生日に始動するとのことです

その前に人事の発表があるのですが、2016年は12月24日の天皇杯準々決勝まで進出したので、そのあとの短い期間にまとめて発表になりました(どう考えても12月上旬までに大体決まっていて、発表だけ敗退後だと思うのですが・・・)。

キリノ選手契約満了のお知らせ
キムジョンピル選手 徳島ヴォルティスへ移籍のお知らせ
三竿雄斗選手 鹿島アントラーズへ移籍のお知らせ
菊池大介選手 浦和レッズへ移籍のお知らせ
大竹洋平選手 ファジアーノ岡山へ移籍のお知らせ
村山智彦選手 松本山雅FCへ移籍のお知らせ
岡本知剛選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ
福岡将太選手 栃木SCへ移籍のお知らせ
大槻周平選手 ヴィッセル神戸へ移籍のお知らせ
梶川裕嗣選手 徳島ヴォルティスへ期限付き移籍のお知らせ
長谷川アーリアジャスール選手 大宮アルディージャへ移籍のお知らせ
ウェズレー選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ
田村翔太選手 福島ユナイテッドFCへ期限付き移籍のお知らせ

このほかにもトップチームコーチから藤沢-U15の立ち上げに異動していた浮氣哲郎さんがカターレ富山トップチーム監督に就任したり(富山側では異例の湘南について言及)、アカデミーGKコーチのミレッさんがFC東京のトップチームGKコーチに就任したりなど、結構痛い移籍が多かったです。

NPBは12球団しかなくドラフト会議で入団先が決まる代わりに、どの球団に入団しても優勝の可能性があって、数億円プレーヤーになれる可能性があります。しかしJリーグは近い将来J1優勝の可能性があるクラブは50クラブ以上あるうちの10クラブ未満と思われ、売上が10億円に満たないクラブはJ1昇格さえも非現実的な目標であり、J2の数クラブとJ3の大半のクラブは、サインや記念撮影をねだる子供のお父さんよりそのクラブの選手のほうが全員低収入というところもございます。そういった違いを理解したうえで、すべてのサッカー選手が現在の立ち位置にあったクラブを毎年選ぶ必要がありますので、Jリーグでは移籍することは仕方がありません。たとえ人気のある浦和レッズであっても次は海外からの引き抜きを考慮する必要があるので、移籍の心配はすべてのJリーグクラブ共通です。移籍が嫌であれば最低限NPB並みに経営条件を厳しくするしかありません。

特に菊池大介選手の移籍は残念でした。しかし高1でのJ2デビューから10年経っており、今シーズンで26歳なので新規の欧州リーグ移籍が難しく、1991年生まれという年齢のめぐり合わせの悪い菊池大介選手は2022年FIFAワールドカップが31歳なので、FIFAワールドカップに出たいなら2018年に出ておきたいところです。その前年である2017年にまたJ2というのはモチベーション的にしんどいと思いますので、J1優勝が狙える浦和移籍はやむをえないと思います。がんばってきてください。まあ、浦和U-18のOBは浦和で主力になれる選手が未だに若干名しか出せていないので、結果的に湘南U-18のほうが浦和の選手になれる可能性が高くなりそうですね。あとは鹿島に三竿雄斗選手が移籍したことで、誕生日が同じ弟の三竿健斗選手が試合に出られないのでは?とは思います。

主力選手の年俸が2,000万円台(J1最低クラス)の湘南ベルマーレは、新卒や期限付き移籍による25歳未満の選手を登用して、若さを前面に押し出す方針を立てております。そのため彼らの出場機会を阻む実績のあるベテランは極力補強しないことで、有名な若手に入団を推奨する必要があります(京都はベテランで塞いでしまうために若手が活躍しない)。ゆえにとっても実力が計算ができないのですが、そういうチームカラーであることを理解して応援しましょう

一方で今後主力選手に移籍されないように、報酬を上げて、施設環境も向上させる必要がございます。サポーターの寄付などでクラブハウスを建てましたが、それを含めてもプロなのに厚木市の栗田工業ラグビー部(トップイーストディヴィジョン1所属の実業団)に施設で負けているくらい湘南ベルマーレの施設はいろいろ足りておらず、他のJクラブと比べて厳しいです。2015年に平塚市にスタジアムについての署名が持ち込まれた結果、平塚市に事実上却下されていますし、「何か街おこしをしようとするたびに、40代以上のおじさんたちが出てきて全力で阻止された」のが、平塚市が周辺各市に追い抜かれていった歴史だったので、ここをなんとかしないと一向に施設環境が変わらず、動員が稼げない分、入場料と広告料収入を上げることができません

石原広教選手 2017シーズントップチーム昇格内定のお知らせ
市立船橋高校 杉岡大暉選手 2017シーズン加入内定のお知らせ
早稲田大学 後藤雅明選手 2017シーズン加入内定のお知らせ
安東輝選手 湘南ベルマーレに復帰のお知らせ
愛媛FC 表原玄太選手 移籍加入のお知らせ
宮市剛選手 湘南ベルマーレへ復帰のお知らせ
名古屋グランパス 野田隆之介選手 移籍加入のお知らせ
柏レイソル 秋野央樹選手 期限付き移籍加入のお知らせ
FC東京 秋元陽太選手 移籍加入のお知らせ
シキーニョ選手 期限付き移籍加入のお知らせ

入れ替わりで上記の選手が入団します。秋野央樹選手クラスが獲得できたのはベルマーレにとってはいいかもしれません。シキーニョ選手がアタリ外人だったらいいのですが・・・。表原選手が曺貴裁監督に似ているのも気になりますが、髙山薫選手に続いて秋元陽太選手も湘南ベルマーレに帰ってきました。選手と良好な関係を続けていけば20代のうちにベルマーレに復帰ということもありますので、今後ともこういう傾向が続けばいいなあと思います

余談ですが、元ベルマーレで一番驚くのは、結婚して中心選手になったらしいこの選手の変貌っぷりかなあ・・・。

コーチにはミスターモンテディオの高橋健二さんが入ったことは、意外でした。初めてモンテディオ山形を出た高橋健二コーチですが、ベルマーレにいる間はがんばっていただきたいと思います。

毎年恒例の爆勝祈願in江の島も1月14日(土)に開催され、いよいよ2017年がスタートしたなあと思いました。2017年は元親会社の株式会社フジタがユニフォームスポンサーとして帰ってきます(Jリーグチェアマンからも異例のコメントがあった)。本業の経営難のさなかフジタは1999年にベルマーレから撤退を余儀なくされましたが、債務などを引き受けて撤退してくれたからこそ現在も湘南ベルマーレとして存続できており、大和ハウス傘下で小田急建設と合併して立ち直った現在のフジタの復活は大変喜ばしいことです。ベルマーレ関係者の中で中田英寿さん、眞壁潔さん以上にドラマ化される可能性がある重松良典さん(86歳)もお喜びでしょう。大和ハウスは平塚市大神の自称ツインシティに関わっており、旧小田急建設の関係でフジタは小田急沿線に地盤があるので、事業上の思惑もあるのかなあ?とは思います。ベルマーレ平塚時代からフジタは厚木市小野に技術センターを構えておりますので、石田健大・山崎康晃投手の応援などで近くを通りかかりましたら皆様拝んでいただければと思います。フジタのためにもがんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決定、「チャリ通湘南2016」!

こんばんは、永谷園のお茶づけ海苔に東海道五拾三次カードが20年ぶりに復活しましたが、藤沢、平塚、大磯、小田原のカード持参と引き換えでそれぞれの市民デーは割引とか2017年はあればいいなあと思った、チャリ通です。藤沢宿は箱根駅伝でもおなじみの遊行寺(藤沢山)前、平塚宿は廃墟になりつつある平塚市民センターより大磯寄り、大磯宿は旅館の大内館付近、小田原宿は小田原城下町一帯となります。箱根の規制も大涌谷以外は解除されましたので、世間から注目を集める箱根駅伝(1月2日・3日)でアピール出来るといいなあと思います。

今年もできるとは思わなかったのですが、規模を縮小して「チャリ通湘南2016」をやります!。趣旨については9年前の説明をご覧ください。ダメなところは記事にすらしていない(今年も落選があります)ので、オイラの個人的な好みのせいで低評価だったところもぜひお立ち寄りください

チャリ通湘南2008 再査定
チャリ通湘南2009 再査定
チャリ通湘南2010 再査定
チャリ通湘南2011 再査定
チャリ通湘南2012 再査定
チャリ通湘南2013 再査定
チャリ通湘南2014 再査定
チャリ通湘南2015 再査定

変更はありません。ただし後日変更したところは新しいほうの評価のままになります。

厚木市カテゴリー
千代乃 厚木駅前店」(ホルモン)★★
サガミパン工房 ブンブン 厚木店」(パン)★★
十割蕎麦 楽食」(蕎麦)★★
厚木ハム 2016年版」(ハム・ソーセージ)★★

ブンブンの記事に登場した厚切りジェイソンさん(市内在住)、FC東京戦の記事に登場した加藤優選手(厚木商業高卒)のおかげで、いくらかアクセスが増えました。ありがとうございました。

脱線しますが、ようかい体操を歌っているDream5の日比美思さんがNHK紅白歌合戦に出たときに記事化しようとしましたが、他の出身芸能人と同様に今出身中学を書いてしまうとご本人に迷惑なので、今のところ書いていません。

やっぱりハムやソーセージは大手のお歳暮のものより、厚木ハムのような職人が作ったやつのほうが断然うまいのですが、もうちょっと安ければなあ・・・。

平塚市カテゴリー
かばさんの小さなパン屋」(パン)★★
サンメッセしんわ「湘南みかんぱん」「焼きドーナツみかん」」(パン)★★
平塚市美術館 & ラ・パレット」(美術館・レストラン)★★
レストラン大原」(レストラン)★
眞鶴(平塚駅前)」(海鮮料理)★

今年は平塚市総合公園周辺の定番スポットの記事を書きました。

何といっても湘南みかんぱんの記事毎週それなりのアクセスがある人気記事に成長しました。せっかくのラオシャンタンメンや大黒庵ラーメンを差し置いて、都まんじゅうとか、弦斎カレーパンとか、平塚では周辺市と異なり、市外では珍しくないものばかり名物として推されていて頭を抱えてしまうことが多かったのですが、ようやくまともな名物が、業界外の福祉分野から登場したことは、大変素晴らしいです。

平塚市美術館併設のレストランのラ・パレットは契約満了で11年の歴史を閉じました。次の飲食店が入るらしいですが、「素晴らしい環境」なのに、「駅から遠い」、「夜営業をしない」などの問題があるので、次のお店は改善を期待したいです。別にスポーツの展覧会をしなくてもいいので、平塚市美術館とベルマーレとは共存共栄できる関係になれればいいなあとは思います。市の美術館ですが、やる気のない県や資金不足の私立の美術館より優れていて、見るだけではないワークショップなども実施されていて、頑張っている美術館だと思います(平塚市美術館の年間入場者数は、FC町田ゼルビア・横浜FC・東京ヴェルディのそれぞれの年間観客動員より多い)。

記事外ですが、前鳥神社オリジナル御朱印帳の販売を今年から開始しましたので、コレクターの方はどうぞ。

小田原市・南足柄市・足柄上郡・足柄下郡カテゴリー
中華 四川」(ラーメン)★★

四川小田原系タンタン麺のお店なのですが、小田原市と大井町の境近くにあります。電車やバスで行くことは困難な場所にある40年以上営業しているお店なのに、混雑しております。湘南ベルマーレフットサルクラブのホームゲーム2月の曽我別所梅まつり(小田原梅まつり)にクルマで行く場合などに、是非お立ち寄りください。

旧相模国カテゴリー
※該当なし

大変申し訳ございません、今年は記事がありませんでした。過去の記事をご参照ください。

2017年もあんまり書けないことは確実ですが、一応訪問候補もあるので、これらのカテゴリーもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」を観た

こんにちは、昨年限りで湘南ベルマーレのスポンサーを降りたスリーエフが、降板の主原因と思われる今年のローソンとの提携(フクダ電子アリーナへの途中にある蘇我駅前の店舗など、神奈川県外のスリーエフ複数店舗を譲渡してローソンスリーエフに変更することで、スリーエフの巨額赤字をローソンが肩代わりする)で、本丸の神奈川県以外ではスリーエフが大幅縮小するようで、ファミリーマートになるサークルKサンクス(半分くらいの規模にリストラするユニーグループをファミリーマートが吸収)の件を含めて、コンビニ業界も片手で足りるグループに集約されるのだろうなあと思う、チャリ通です。まあ、デパート、大型ショッピングモール、スーパーマーケット、コンビニエンスストアとも、全国チェーンだと品揃えから品質、価格まで同業他社と同じよう(多少違うのは存じているのですが、代替できるレベル)なので、ちょっと前の家電量販店業界のようにプレーヤーが半分くらい退場するのもやむを得ないですよね・・・。

勧められたので「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎」というドラマを観ました。大阪の毎日放送の制作(全4話)で、2016年3月に深夜ドラマとしてTBSなどで全国放送されたそうです。SKE48卒業の松井玲奈さん初主演のドラマだそうで、ランドリー茅ヶ崎は茅ヶ崎市ではなく茅ヶ崎店長(滝藤賢一さん)からとられています。なお舞台は作中でかなりいじられている厚木市ですが、厚木市内で全く撮影されておりません

典型的な低予算深夜ドラマ(シュールコント)で、全国ネット21時台のドラマでコレですとがっかりですが、そんなに面白くなかったものの軽く観るドラマとしては悪くはないと思います。江戸時代だって総合芸術の大歌舞伎と並行して大衆演劇も成立していましたし、今月からテレビ東京で放送中の勇者ヨシヒコシリーズのように、低予算には低予算なりの良さもあります。ドリフターズや吉本新喜劇の舞台セットだって現実世界と比べるとおかしなレイアウトや立ち位置だったりしますが全く気にならないように、大事なことはそこではありません。

とりあえずベルマーレホームタウンの厚木市で唯一B&Dが掲出している「ワクワクするサッカーが観たいんだろ?華麗なテクニックに驚愕したいだろ?闘志むき出しのプレーが好きなんだろ?じゃあオレ達で決まりだ。」をみてSC相模原を観に行ったら、期待を大幅に下回るサッカー、大学生の華麗なテクニックに毎夏驚愕するJ2にも入り損ねたおじさん、やる気のなさ丸出しのプレーを、ここ数年オレ達さんが見せつけていることは、この番組ではいじっておりませんでした。

松井玲奈さんがこれから支持されそうな女優なので、将来松井玲奈さんが大作映画、NHK連続テレビ小説、NHK大河ドラマあたりで重要な役を任されたときに「神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎で初主演」とかで皆様が見返していただくと幸いかなあと思います。

Amazonプライムビデオなどで観られます。そう、もうドラマなんてテレビ回線がなくても観られるのですよ。YouTubeなり、NHKオンデマンドなり、huluやDAZNなどでネットで受信して、必要ならばHDMIケーブルでテレビにつなげばいいのですよ。しかも時間はいつでもいい。

テレビといえば、先日お菊さんについて書いた記事で登場したNHKの「超入門!落語 THE MOVIE」がレギュラー放送に昇格(10月19日(水)から毎週22時50分放送)したことで、10月16日(日)16時05分から「お菊の皿(小田原市出身の柳家三三さんの噺しにあわせて内藤大助さんらが演技)」を含む過去の放送がNHK総合テレビで再放送されるそうです。入門としてはよくできていた番組でしたので、お菊さん(平塚出身)の江戸での活躍?をぜひどうぞ。

プロ野球日本シリーズの開幕日でもある10月22日(土)は、NACK5スタジアム大宮で14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第15節大宮アルディージャ戦です。湘南の元大宮は藤田祥史選手がおり、ユース年代のみの菊地俊介・石川俊輝選手がおります。大宮の元湘南は岩上祐三選手がいます。ヤマザキナビスコカップと1stステージのホームゲームは負けてしまいました。島村毅選手の妹さんが北越谷でroco cafeというお店を経営しておりますので、立ち寄れる人は立ち寄ってください。

この試合に勝っても他会場の結果次第で湘南ベルマーレのJ2降格が決定してしまいます。会場は苦手の平塚ではないので頑張りましょう。

ホーム最終戦は10月29日(土)にShonan BMW スタジアム平塚で14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第16節ヴァンフォーレ甲府戦です藤沢市が山梨県全体よりワインを生産しているメルシャン藤沢工場が横浜港で荷揚げした輸入ブドウ果汁で安いワインを大量生産している)ということで昨年11月に藤沢ワイン祭りを開催して盛況だったので、山梨県的にはサッカーでは負けられないでしょう。

「2016感謝の集い」が、11月19日(土)にレンブラントホテル厚木 3Fグランドバンケット相模で開催されるそうです。プレーヤーファーストだあとか言って先に日にちを決めたら大安吉日を選んでしまったので、第1希望の会場がとれなかったとかなのでしょう。担当者は披露宴をしなかったのでしょうか・・・。グランドバンケット相模は企業説明会向けの大ホールなのですが、部屋を分割して使用するのでしょうか?。ベルマーレは少なくとも平塚よりは栄えている厚木や海老名をかねてより軽視しているので、この機会に営業してもらいたいものです。

平塚も平塚で、海老名にしかないものが皆無の海老名の市長が机をバンバン叩いて悔しがりそうなくらい、先日の湘南ひらつか囲碁まつりをはじめ平塚には優れたものがいくつもあるにもかかわらず、官民ともシティセールスが下手なために平塚本の表紙に「何もないなんて言わせない」という藤沢だったら市長が怒鳴りこみそうな屈辱的な見出しをつけられているくらいなので、「おじさんに都合が悪いものは、いいものでも排除」という、平塚の悪しき伝統をやめて頑張っていただきたいと思います

<追記>10月15日(土)にベルマーレのスポンサーのテレビ神奈川が放送する「あっぱれ!KANAGAWA大行進」は平塚市を放送するそうですので、当日平塚にいる皆様は久本真菜アナウンサーにアピールしてください2016年3月以降の全放送はYouTubeで世界のどこからでも観られます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚木ハム 2016年版

おはようございます、2016年上半期はリオデジャネイロオリンピックの各競技予選が次々と開催され、そろそろリオデジャネイロ五輪に出場できる選手が出そろうのですが、得意の野球とソフトボールが開催されず、女子サッカーが予選敗退ということで、久しぶりに厚木市からオリンピック出場なしで、「おとなしく多村仁志外野手(小鮎中・ドラゴンズ)、館山昌平投手(睦合東中・スワローズ)、田中広輔内野手(依知中・カープ)などでも観とけっ!」になるのかなあと思っていたら、おととしまでバスケットボールの選手だった中丸彩衣選手(森の里中)が女子7人制ラグビー日本代表候補だそうで、なんとか残れるといいなあと思う、チャリ通です。

リオデジャネイロ五輪に予選落ちをした女子サッカー日本代表(なでしこジャパン)と、ワールドカップに予選落ちをした男子フットサル日本代表は、これからその代償を払うことになりますが、頑張っていただきたいと思います。

先月、ついでに厚木ハム(あつぎはむ)に立ち寄りました。

厚木ハム 公式ホームページ

以前相川地区にあったときに記事化しておりますが、2010年に及川に移転しました神奈川中央交通バス天台上野原バス停が目の前にあるのですが、このバス停は平塚市内の国道129号バスと同様にバイパス経由急行バスのみのバス停なのでほとんどバスが止まらず、実質使えません。宮ヶ瀬方面行きの千頭バス停か、妻田経由の荻野新宿バス停から歩く必要があり、バスで行くことは困難と思います。しかし自動車でしたら「国道412号及川中原交差点の近く」となり、駐車場も充分あるので、本厚木駅、東名厚木IC、圏央厚木ICより遠いですが、便利です(及川球技場、荻野山中陣屋、荻野運動公園、複数のゴルフ場には近い)。店舗の外観が少しおしゃれになり、豚のシンボルマークが採用されました

前回の記事の時と同様に、蔵王高原「しまざき牧場」で生産した豚の肉だけを使用して、ドイツで賞をもらった嶋崎洋平さんらがハム、ソーセージなどを作っています。前回記事の後、何回か民放や雑誌の全国媒体に嶋崎洋平さんが出演したこともあり、この日は結構お客様が来店しておりました2016年シーズンから横浜スタジアムでBAYSTARS DOGを手掛けることになり店内にはベイスターズのポスター(筒香嘉智外野手、厚木に自主トレに来ていた三浦大輔投手と山﨑康晃投手)がいくつも貼られております。1枚でも監督がドイツ好きの湘南ベルマーレにならないかなあと思いますが、ベルマーレフードパークに出店していないので無理でしょうなあ・・・。

新店舗になったことでイートインスペースが出来、ハム・ソーセージのソテーのプレートや、ホットドッグをここで食べることが出来ますベルマーレビールを手掛けているサンクトガーレン(厚木市金田)のビールも販売しております。

ネットショップで厚木ハムを買うこともできますが、よく分からないものも含めて及川の実店舗のほうが種類が多いので、出来れば実店舗でお買い求めいただくほうをお勧めします。実店舗ではしまざき牧場の精肉や豚漬け、味噌味ホルモンなども販売しております。厚木ハムのシンボルマーク入りクーラーバックも販売しております。

ヴァイスヴルスト、クノーブラオフ、ロース豚漬けを購入しましたが、ヴァイスヴルストはハーブ、クノーブラオフはにんにく、ロース豚漬けは味噌をしっかり感じることが出来、美味しかったです。まあパンと同様にプロ職人が作るハムは、日本ハムや伊藤ハムなどの大手が、コストや生産量を考慮して大量製品をするものと雲泥の差がありますので、やや高いことに文句はありません。もうちょっとオイラがハムに詳しくなって、使い分けられるとかっこいいかなあと思います。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十割蕎麦 楽食

こんばんは、神奈川県出身唯一の現役関取である朝弁慶関(平塚市出身・高砂部屋)は、今月の大阪場所では東十両12枚目だそうで、さすがに3場所連続負け越しはダメでしょうと思う、チャリ通です。NHK-BSで観るファンのために、今場所は勝ち越しで行きましょう。

先日、久しぶりに楽食(らくた)に蕎麦を食べに行きました。

「十割蕎麦 楽食」 公式ホームページ

以前記事化をしているのですが、その後2013年に毛利台からその麓の長谷に移転しております。神奈川県道603号沿いにあり、神奈川中央交通バス「仲町」バス停が最寄りとなります。本厚木駅、愛甲石田駅から遠いですが、駐車場もあります。

食べログの影響が大きいようで、土日の食事時は非常に混雑します。そのためか手伝いのおばさまの人数が増えておりました。

今回も最初に「そば茶」を提供されます。「柚子鴨つゆせいろ」をいただきましたが、柚子は弱めでしたが、十割蕎麦も、鴨つゆもおいしかったです。あわせて岩塩も提供され、つゆではなく岩塩でいただくこともすすめられます。量は少なめですので、おなかいっぱい食べたいかたには向きません。せいろ蕎麦は「普通の蕎麦」と黒さを残した「田舎せいろ」を選択したり、大盛り扱いで両方いただくこともできます。

夜も蕎麦居酒屋形式で遅くまで営業しているようです。場所は変わっても内容は変わっていなくて、安心しました

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サガミパン工房 ブンブン 厚木店

こんばんは、厚木市在住の厚切りジェイソンさんが2016年2月6日(土)に有隣堂厚木店でサイン会をするそうで、どれくらい集まるのだろう?と思う、チャリ通です。

彼は売れるだろうとは思いましたが、こんなに売れるとは思いませんでした。外資系IT企業日本法人のほうは民生向け商品ではないのでそちらからのスポンサーをアテにして出演しているとは思えませんので、すごいと思います。ただ、ストックオプションではないのかなあ?と思うので、2016年1月からの世界同時株安はがっかりなのではないかなあ?と思います。ちなみにこの本はおすすめでもあります

先日、サガミパン工房 ブンブン 厚木店で、パンを食べました

「サガミパン工房 ブンブン 厚木店」 公式ホームページ

本厚木駅南口を出て、オーイズミの会長の大御殿(当ブログでは、選手や有名人の家は知っていても原則非公表なのですが、この家はもはやランドマークになってしまっているので、無理です)のちょっと先に行くとあります。駅から徒歩5分程度でしょうか?。駐車場は軽自動車用を含めて10台くらいです。昔シャトレーゼ(移転)だった建物を改造しています。

以前からあるお店ですが、厚木店だけでなく、小田原、相模原、大和、町田など、いくつも店舗があります。しかし蜂のキャラクターや店名は共通なのですが、運営会社やホームページは店ごとに異なっていたりで、暖簾分けなのか、親族それぞれの経営なのか、真の親会社があるのか、そのあたりの関係はよくわかりません

厚木店は、「コンビニエンスストア2軒以上のスペース」「厨房、売り場、イートインスペースを一体化した店舗」「焼きたての菓子パンと総菜パンが主力」「アルバイトを含むスタッフがたくさんいることが前提」という、近年東京郊外でたまに見かける大型店舗です。流行っているのでしょうか、船橋でふなっしー以上に人気のあるパン屋のピーターパン本店にスタイルが似ております。

菓子パン、総菜パンだけでなく、朝食とかに使用できるプレーンなパンや、プリンなども販売しており、なかなかお客さんがいらっしゃいました。カレーパン、クリームパン、ピザ、カニクリームコロッケパン、塩バターロール、動物パン(トトロではないことになっている)などを買いましたが、どれもおいしかったです。駅やイオンのパン屋にいくなら、このお店のほうをお勧めします。オイラは堅いプレーンなパンのほうが好きなのですが、菓子パン、総菜パンの路線でしたら、このお店は良いと思います。

イートインスペースご利用の場合は紙コップがもらえて、コーヒー1杯を飲むことができます。イートーインスペースには家庭教師やサークルなどのポスターが貼られまくりなのですが、湘南ベルマーレのポスターはございませんでした。オイラは今は厚木にいないので、どなたか、持っていってください。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千代乃 厚木駅前店

こんばんは、「スターウォーズ フォースの覚醒」(本作からディズニー)をMX4Dで観たのですが、小学生の時ディズニーランドで観た「キャプテンEO」(そういえばこのアトラクションもディズニー+ジョージルーカス)がやりたかったと思われることがだいたい実現していて、スターウォーズ39周年と同じように、ちゃんと進化しているのだなあと思った、チャリ通です。

先日は千代乃(ちよの)で飲む機会がありました。

「千代乃」 公式ホームページ

2009年に訪問したことがあり、当時は厚木といっても飯山のほうに店を構えていたのですが、2013年に本厚木駅南口の旭町に移転しました。第一伊藤ビルの裏あたりにあります。入店すると、飯山にいた店主のおじさまがいらして安心しました。

かつて榊原郁恵さんや前田亘輝さんの実家があった本厚木駅南口は、市内では何十年も人気の住宅街なのですが、近年はここに構える飲食店全体の評判が上がっていて当ブログでも頻繁にこのエリアを採用しておりますAMI43という団体を結成したらしいですが、湘南ベルマーレに熱心な創業40周年の長寿庵店主さんがその団体の中心らしいので、ベルマーレが何か貢献できればいいなあとも思います。

厚木駅前店と名乗っておりますが、それ以外の店舗はございません。そもそも本厚木駅から徒歩3分くらいの場所であり、小田急JR厚木駅から遠いので、この店名は有名無実化しております。

そういえば小学生の時に地域のバーベキューで「味噌ダレのシロ」は定番でしたが、厚木シロコロホルモンの業者や店舗にはいくつかの派閥があり、この千代乃は厚木シロコロ・ホルモン探検隊と親密なほうということもあって、B-1グランプリで優勝したり大会を開催した頃は、千代乃は飯山なのに大盛況でした。現在はB-1グランプリに参加していないのでダメなのかというと、この日を含めた現在もお店は大盛況でありまして、混雑しているのでご注意ください。以前よりシロコロホルモンの店舗が本厚木駅周辺にも増えていて10年前くらいより他店のレベルが上がっており、競争になっておりますので、入店できなかったら他店に行って比較するのもアリです

B-1グランプリも維持のために負担が莫大(全国各地の関連イベントに相応の食材と調理担当者を派遣しなければいけないなど)なせいで、厚木シロコロ・ホルモン探検隊以外にも退会者が続出しており、危ないなあという感じがします。

お店は小さいのですが、有名人のサインなどが結構あります。お酒の種類がもう少しあるといいかなあ(ビール、日本酒、焼酎、ワインを銘柄で選べるなど)とも思いますが、メインは肉なのでしかたがないでしょう。

コブクロ、シロコロ、豚漬け、辛シロ(唐辛子を塗ったシロコロ)をいただいて、七輪で焼いて食べましたが、おいしかったです。豚だけでなく牛や鶏もあります。キャベツは100円別売りで、基本的にはにんにく味噌だれか、醤油だれにつけていただきます。辛シロが良かったかなあと思います。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年ベルマーレ始動

こんばんは、今週から三浦大輔投手の厚木自主トレが始まったようで、今年からプロ野球最年長選手ということでたくさんの報道関係者が駆け付けたようですが、昨シーズンにベイスターズのアイドル選手になった山﨑康晃投手(クローザーで新人王・日本代表)が、今年からこの自主トレに帯同しているそうで、金土日の玉川野球場は大変混雑しそうだなあと思った、チャリ通です。

玉川野球場は毎日使うわけではないのでご注意ください。駐車場は少ないので神奈川中央交通バス(「広町橋」または「愛名入口」バス停)でご来場ください

****************************

湘南ベルマーレは1月12日(火)に始動しました。それにあわせて人事の発表もありました。

古林将太選手 名古屋グランパスへ移籍のお知らせ
アリソン選手 契約満了のお知らせ
アモリン選手 契約満了のお知らせ
キムジョンピル選手 チョンブリFCへ期限付き移籍のお知らせ

J1では外国人枠が、一般外国人枠3名とアジア枠・提携国枠・C契約・在日外国人枠があるのですが、タンドウ・ベラピ選手(アジア枠)と、アンドレ・バイア、キリノ、パウリーニョ選手(一般外国人枠)が決まったので、未発表だった外人選手とは契約できないことが決まっていたのですが、アリソン選手とアモリン選手とは契約満了となりました

若手のアリソン選手は出番が少なかったものの強豪相手に決勝ゴールを決めていたので、結構目立っておりました。天皇杯1試合のみの出場となったアモリン選手は、キリノ選手の登録の関係で登録が抹消されてしまったのですが、そのまま退団となりました。いったいなんのために雇ったのでしょうか。ありがとうございました。

キムジョンピル選手はタイのチョンブリFCに移籍となりました。北九州やヴェルディで試合に出ていた選手でしたが、守備が激しすぎてJ1では相手のフリーキックに誘われやすかった点が憂慮されて、湘南では試合に出られませんでした。チョンブリFCは2月のACLプレーオフでヤンゴンに勝った場合は、FC東京とグループリーグ出場を争うそうですので、秋元陽太選手との対戦が出来るよう、がんばってください。

報道があったとおり、古林将太選手が名古屋へ完全移籍することになりました。名古屋は「有名なのに適正ポジションがよく分からない選手」で有名な矢野貴章選手を右サイドバックで起用するほど右サイドが固定できないクラブでしたので、昨年は湘南より順位の低かった名古屋ではかなりの確率で主力で起用されると思います。今季のJ1には赤いユニフォームが4クラブあるのですが、そのうち神戸を除いた、浦和、鹿島、名古屋の背番号6は、今オフに湘南から移籍した選手となります。

昨年もオファーがあったほぼフル稼働の永木・遠藤選手と比べると、古林選手は過去2年のうち1年半を怪我のリハビリに費やして、2015年のセカンドステージしか戦力といえなかったので、このタイミングでの移籍は「リハビリが終わったら用無しですか?」という感じがします。また移籍時のコメントが、遠藤・永木・秋元・古林選手のコメントが要約すると似たような内容になってしまっている関係で、4人目の古林選手は「数秒でナナメ読み」になってしまうところも、マイナス評価だと思います。

とはいえ「年俸数千万円もらってJ2で何年も全く活躍していないにもかかわらず、責任は毎年若手と監督がとる(ゆえに有名な新卒や監督は千葉に入団しなくなった)」というこれまでの千葉のようなふざけたクラブもある中で、J1であれだけ働いたのに千葉のベテラン選手より安いという理不尽な湘南にいるよりは、年俸1億円の可能性があるクラブに移籍するということは、自然な流れだと思います。自分以外にも他のポジションに高額年俸選手を補強できるわけですから、何かしらの大会を優勝する確率も高いですし。古林将太選手、がんばってください。

やはり湘南はJ1最下位クラスの収入をなんとかしなければいけないのですが、市民自らが選挙の力で再開発阻止や新卒や子育て世代追い出しによって衰退をさせている平塚市に、スタジアム拡張は難しそうなので、いろいろ難しいです。ホームタウン各市町で組合を作ったり、神奈川県に頼んだりという方法もありますが、その場合こそ今や交通が不便な平塚以外に建設してもらわないと、納得してもらえないでしょうし。

昨年も4名ほど主力が退団して8位だった以上、今年も4名ほど主力が退団した程度では目標は下げられません

****************************

2016湘南ベルマーレ新体制発表会見も開催されブルックス ブラザーズ ジャパン(ここが商標を持っていたために、中央防犯FC藤枝ブルックスこと福岡ブルックスが、アビスパ福岡になった)から、中田英寿さんか本田圭佑選手が着るのか?というおしゃれすぎるスーツが支給されました。髙山薫選手に期待です。目立つ分がんばってください。

去年のキャプテンと副キャプテンは誰もいなくなりましたが、今年のキャプテンは髙山薫選手、副キャプテンは菊地俊介・三竿雄斗・菊池大介選手の1991年生まれの3人となりました。よろしくお願いいたします。

2016年の背番号が発表され、1=GK村山智彦選手、3=DF岡﨑亮平選手(遠藤航選手とベルマーレU-18で同期)、5=MFパウリーニョ選手、6=DF三竿雄斗選手となりました。岡﨑亮平選手(睦合東中)が大抜擢すぎます。岡﨑亮平選手、下田北斗選手、神谷優太選手あたりは、それぞれ遠藤、永木、古林選手が抜けたおかげでチャンスが増えたと思っているでしょうから、活躍を期待したいところです。

****************************

2016年のJリーグ各ホーム開幕戦が発表され、2月27日(土)に第1節ホーム新潟戦、3月5日(土)に第2節アウェイ川崎戦で開幕することになりました

****************************

AFC U-23選手権2016が開幕し、U-23日本代表は初戦の北朝鮮戦に1対0で勝利しました。開幕前からグループリーグでは北朝鮮が一番手ごわいと予想されて、実際強かったと思いますが、勝つことができました。この調子で頑張っていただきたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

社長と強化担当が交代

こんばんは、 三浦の大根とは、良い商品だなあと思った、チャリ通です。もしNPB最年長選手の三浦大輔投手が今年も厚木市西部で自主トレを行い、そちらを見学される方がいらっしゃる場合は、産直居酒屋 花の舞 本厚木南口店にてどうぞ。

元旦に、厚木市、海老名市の双方から、「超いきものまつり2016 地元でSHOW!! ~厚木でしょー!!!~」(9月10日(土)・9月11日(日)、厚木市荻野運動公園)と、「超いきものまつり2016 地元でSHOW!! ~海老名でしょー!!!~」(8月27日(土)・8月28日(日)、海老名運動公園)の開催が発表されました。平塚市と異なり厚木市と海老名市はホテルの心配はない思いますが、厚木荻野の交通アクセスと、海老名の陸上競技場・野球場の貧弱さは、いきものがかりの知名度のわりにはちょっと心配です(厚木荻野はTUBEのスタジアムライブを開催したことはあります)。とはいえ地元の振興にいきものがかりが貢献してくださるのは、ありがたい限りです。あとは台風が来なければいいなというところです。

湘南ベルマーレについてですが、12月27日(日)に行われました臨時株主総会ならびに取締役会において、役員人事が決定されて、発表されました

河野太郎監査役の退任については、本人の国務大臣就任に伴うものですので想定内です。以前からの報道のとおり、大倉智社長が退任して、NPO法人湘南ベルマーレスポーツクラブ理事長だった水谷尚人社長が就任しました(湘南ベルマーレスポーツクラブ理事長には、湘南ベルマーレの雲出哲也さんが就任)。

水谷尚人新社長の湘南ベルマーレスポーツクラブ理事長時代の実績と言えば・・・、思い浮かびません。厚木のソフトボール側のトラブルに巻き込まれ、ビーチバレーはトヨタビーチバレー部に集約され、フットサルは不祥事で評判を落として一段と弱体化しましたが、これらはそれぞれの競技のゼネラルマネージャーの担当分野に思われますのでなんとも言えません。ということでサッカーのほうでこれから実績を作っていただければと思います。通算でのベルマーレ歴も長いので内部事情にも詳しく、人選的にも良いと思います。

大倉智前社長は、以前からの報道のとおり、アンダーアーマーの日本代理店であるドーム子会社の、いわきスポーツクラブの社長に就任とのことです。県2部リーグのいわきFCを譲り受けて、Jリーグ進出を目指すそうです。2015年の湘南スタイルには大倉智前社長もかなり貢献しておりましたし、がんばってほしいと思います

大倉前社長が退任した理由はよくわかりませんが、2015年でベルマーレがJ1・8位になれたこと以上にインパクトが大きかった、「署名でスタジアム改修問題を提起したものの、平塚市から、事実上無理という意味の問題外の案を返された件」の影響はあったのではないかあと思います。藤沢市や厚木市での生活に慣れた者からみれば、「平塚在住歴の長いおじさんにとって不都合な存在である、自分の子供を含む子育て世代や、有能なヨソモノや、便利な文化・政策は、どんなに将来有望であっても排除」という平塚市民の方針は理解に苦しむところが多く、昭和30年代は同じような街だったのに平塚と正反対の方針をとっていた相模大野(30年かけて再開発)とは、もはやライバルだったという面影がないくらい差が付いてしまっております。伊勢原市が人口を増やした5年間に平塚市は4,500人も人口が減っているわけで・・・。平塚市は過去にサッカースタジアムよりはるかに優先度の高い高速道路やら、再開発やら、建物の高さやらを、挽回のチャンスを市民自ら振り払ってきわめて民主的に排除したために、もはやサッカースタジアムを建てるつもりもこれらの件と同様に平塚市にないので、そのうえで親会社のないベルマーレの運営は無理と、大倉前社長に判断されてしまったのかなあと邪推してしまいます。いまどき「官民とも1,000人以上入るホールがない」「空港直通の交通機関がない」とか、既に厚木市どころか海老名市(海老名が買えないから町田に住むというトチ狂ったマンション価格のおかげで、最近は人口が増えていない)にも追い抜かれているロースペックな街になっており、吹奏楽をやりたい学生や、出張の多いビジネスマンには、平塚市からの転出を勧めざるをえません。

田村雄三TDが退任して、強化本部 本部長に小原光城さんが就任しました。2009年から2013年まで大倉-小原体制だった強化部が、2014年から2015年まで大倉-田村体制となり、そして2016年からは2015年は水戸の責任者だった小原さん体制になるようです。曺貴裁監督初期に小原さんもいたので、的外れなくらい変わるということはないと思います。社長人事同様まずまずの人選だと思います。よろしくお願いいたします。

そして、年末年始にいろいろ人事の発表がありましたが、人数が多すぎるので別の記事にします。東十両11枚目となった朝弁慶関(平塚市出身・神奈川県唯一の現役関取)は、両国開催の初場所、頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年最終更新(遠藤航選手移籍)

こんばんは、サッカーコラム J3 Plus+J1の順位予想バトル2015で13位だったので、今年は全文掲載されなかった、チャリ通です。13位といっても、「4位:FC東京」「8位:湘南ベルマーレ」「9位:名古屋グランパス」「14位:ベガルタ仙台」しか当たっていないくらい結構外しているうえでのこの順位ですので、自分も含めて順位予想なんてみなさん当たらないのだなあと思いました(ゆえにtotoが成り立つ。そろそろ2016/2017シーズンの優勝パレードを名古屋ですべきFリーグではtotoは成り立たない。)。書くのが結構大変なので、2016年のこの企画に参加するかはわかりません。

2015年が厚木市制60周年だったということもあり、厚木市役所がいろいろ便乗してきそうな項目を元旦の記事に挙げていたのですが、

********************************

大儀見優季・永里亜紗乃姉妹(荻野中)でFIFA女子ワールドカップに出場して、日本代表が2連覇。
→姉妹で出場は達成したが、日本代表は準優勝

湘南ベルマーレに入団した岡崎亮平選手(睦合東中)が、1年目でプロA契約(J1リーグ450分以上出場)。
→途中で怪我をしたため未達成

市長の依知中の後輩である、広島カープの田中広輔選手のNPBオールスター出場。
→規定打席、オールスター出場を達成し、2016年は背番号「2」。阪神戦での幻のホームランで3位になれず

市長の依知中の後輩である、田中広輔選手の弟のNPBドラフト指名。
→指名されず

市長の依知中の後輩である、茂庭照幸選手が何かやらかす(笑)。
→J1昇格失敗も、大熊監督就任で本人的にはわかりやすく上げ潮になった

横浜DeNAベイスターズ多村仁志選手(小鮎中)が何かやらかす(笑)。
→ベイスターズ退団

東京ヤクルトスワローズ館山昌平投手(睦合東中)が復活の勝利。
→シーズン途中で復帰し、期待以上の6勝を挙げて、リーグ優勝に貢献

毎年1月第2週ごろに自主トレを厚木のトレッキングで開始する三浦大輔投手(出身は奈良県)が、バカボンのパパと同い年の41歳にして何かしらのタイトル獲得。
→タイトルは取れず。柳田選手に大型ヴィジョンまで持って行かれた。2016年からは日本プロ野球最年長選手として、契約更改

栗田工業ラグビー部がワールドカップイヤーに翌年のトップリーグ昇格を決める。
→トップイーストディヴィジョン1・5位で、昇格を逃す

「鑑識・米沢守の事件簿」の再映画化で六角精児さん(厚木高)が再主演。
→映画化の予定なし。今年なぜか「呑み鉄」というジャンルを確立(1月に再放送というのはシリーズ化を試験中と思われ・・・)して、NHK-BSやタモリ電車クラブ会員ナンバー20でも活躍。

いきものがかり(厚木高・南毛利中・厚木高)の日本レコード大賞受賞。
→今年も活躍されましたが、日本レコード大賞は無理そう・・・

********************************

今年はFIFAの汚職問題があったうえで、ラグビーが人気になったため、サッカーには逆風だったのではないかなあと思います。

永里亜紗乃選手、田中広輔選手、館山昌平選手、三浦大輔選手にとっては良いシーズンでした。予定外では、

読売ジャイアンツの原辰徳監督(中3まで南毛利中)が退任。

急に声が落ちていた前田亘輝さん(厚木中)、年明けに声帯手術

厚切りジェイソンさんが予想以上に芸人としての仕事を増やす。

横浜FCの青木翔大選手(玉川中)が、三浦知良選手の出場機会維持のために邪魔だった「横浜FCのFW登録」を維持できず退団。

永里源気選手(荻野中)がまさかの「今年も移籍報道なし」

といったところでしょうか。

湘南ベルマーレのユニフォームスポンサー(パンツ)でもある横浜ゴムが、2015/2016シーズンからイングランドのチェルシーと巨額スポンサー契約を結びましたが、楽なグループだったUEFAチャンピオンズリーグは良かったもののプレミアリーグは15位と低迷したため、監督が交代となりました。ちょっと心配です。五輪予選がなかったら遠藤航選手を12月と1月に強制的に横浜ゴムのコネで練習参加させるとか、方法があったでしょうね。

はい、現役日本代表選手&U-23日本代表選手である湘南ベルマーレの遠藤航選手が、2016年から浦和に完全移籍することが発表されました。今月中旬に本人のtwitterのアイコンなどがベルマーレから日本代表になり、その時点で移籍が決定したものと思われます。

とっても残念なのですが、高校入試では榊原郁恵さん(厚木中)の高校とか無理だったオイラが、大学入試と就職試験では神奈川県内のところはひとつも受ける必要がなかった(海外は無理だった)ので、こんな立場のオイラは、遠藤航選手の移籍に対して何も言えません(石原選手の大宮移籍のときは、お金にものをいわせる大宮が常々戦力をろくな起用法をしないクラブで、案の定、石原選手をろくな起用法をしなくて広島に再流出させていたので、反対していましたが・・・)。

アビスパの城後寿選手のようなキャリアの積み方もありますが、何かしらのタイトル、5,000万円以上の年俸、FIFAワールドカップ出場、欧州移籍など、チャンスがあるのであれば、まだ22歳なのですから挑戦すべきだと思います(こういう言い方は申し訳ないですが、英語ができない学者にノーベル賞がありえないように、トップクラスの試合に出ない城後選手を評価できるのは、相当なサッカーマニアだけだと思います)。湘南がそのような挑戦を許さないクラブであれば次世代が湘南に入団してきません。それと遠藤航選手はU-23日本代表とされておりますが、宇佐美貴史・武藤嘉紀選手などいわゆるプラチナ世代は同学年なわけで、遠藤航選手的には「留年しているような感覚」なのではないかなあ?と思います

遠藤航選手、頑張ってください。前回の浦和のオファーからの折々のコメントで、移籍の言い訳は充分果たせたと思います。同学年の岡崎亮平選手は厚木市に関係なく空いたポジションを狙ってください。ベルマーレとしてはタイトルが狙える人やモノの補強ができるようにクラブの経済力を上げて、第二の遠藤航選手が出たときに「湘南でタイトルとれるじゃん」と残留してもらえるようにすることが先決ですが、現状維持に躍起で実際は街を選挙の力で衰退させている平塚市民が足を引っ張っているのがなんとも・・・。

古くは栗原圭介選手、外池大亮選手、名良橋晃選手、最近ではアクセス数に応じて収入が得られる有名人枠でブログを始めた髙山薫選手や、キリノ選手など、復帰がある湘南ベルマーレなので、遠藤航選手もそちらも期待できると思います。違約金とTCで1億円近くもらえるらしいですし、五輪に出られるのであれば7月中旬から8月中旬まで不在だったわけですし、次を考えましょう。

考えなければいけないことが、目の前にあるのですから・・・。

まずは年明けの予定ですが、

1月12日(火):トップチーム始動日
1月16日(土):「爆勝祈願2016in 江の島」
1月24日(日):「SHONAN×FUKUSHIMA フットボールフェスティバル2016 Presented by日本端子」
1月29日(金)~2月7日(日):沖縄キャンプ
2月21日(日):「ベルマーレワンダーランド 2016」
2月27日(土):2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ第1節

となりました。箱根駅伝、入団が内定している神谷優太選手が所属する青森山田高の全国高校サッカー選手権、十両・朝弁慶関(平塚市出身・神奈川県唯一の現役関取)の大相撲初場所、五輪予選となるAFC U-23選手権(カタール)あたりも観たうえでこの日程ならば、結構忙しいはずです。

トルコの治安の問題もあったせいか、キャンプは沖縄になりました。スカパー!の1月解約対策であるニューイヤーカップに貢献できない日程なので、ベルマーレは参加しません。その代わり沖縄のプロ野球キャンプもやっている時期なので、2月上旬に本島でキャンプをやっているDeNA、阪神、中日、ヤクルトファンの方は、セットでご訪問ください(日本ハムがアリゾナに行くので、上旬の時点だとパリーグはゼロなのね・・・)。

2016シーズン「湘南ベルマーレフードパーク」キッチンカー出店店舗募集が公開されました。いままでのシーズンはよく覚えていなかったのですが、具体的な募集要項と出店条件が出ているので、お店がどの程度湘南ベルマーレに払っているかがわかります。

遠藤航選手以外には以下の人事が発表されました。入団するときに話題になるのではなく、退団するときに話題になるよう、頑張ってください。

前田尚輝選手 期限付き移籍期間 延長のお知らせ
安東輝選手 ツエーゲン金沢へ期限付き移籍のお知らせ
横浜F・マリノス 奈良輪雄太選手 移籍加入のお知らせ
横浜F・マリノス 端戸仁選手 移籍加入のお知らせ
ガイナーレ鳥取 高木理己コーチ ヘッドコーチに就任のお知らせ
広瀬健太選手 栃木SCへ期限付き移籍のお知らせ
可児壮隆選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ

U-23日本代表の亀川諒史選手のベルマーレ入団の説明に登場する「別の選手のスカウト目当てに観た高校サッカーの試合で、亀川選手(当時無名)を発見して、ベルマーレに入団させた」ですが、この年山梨県からJリーガーになった他の高校生って白崎凌兵選手(清水→富山で降格→清水で降格)くらいなので、この2人のその後をみても、サッカー選手の評価なんてわからないもんですねと思いました。その時期に亀川選手を指導していたのが高木理己コーチだそうです。大木たけし軍団時代の京都のコーチもしていたそうなので、経歴的に優秀そうです。

コーチといえば、先日J3栃木SCの監督に前ベルマーレコーチの横山雄次さんが就任しました。広瀬健太選手は監督から他の選手への意思疎通の手伝いに指名された可能性がありますので、なかなか責任重大だと思います。頑張ってください。

川崎から期限付き移籍の可児選手は、浦和から期限付き移籍の山田直輝選手と同様に、普通にベルマーレでのポジション争いで他の選手に負けていたので、もう少しランクを下げたクラブに移籍していればなあと思いました。可児選手は安東選手とともに頑張ってください。

安東選手はJ3福島で充分な実績を上げたので、少し上のカテゴリーでという考えはあったと思います。出身地である大分あたりが適当かと思ったのですが、大分がJ3に降格してしまったので、探しなおした結果が金沢だったのかなあと思いました。可児選手とともに頑張ってください。

ユース出身の前田尚輝選手は、J3福島での実績が充分ではないので、もう1年追試といったところでしょうか。頑張ってください。

マリノスからサイドバックの奈良輪雄太選手と、FWの端戸仁選手が入団することになりました。湘南のフィールドプレーヤーはサイドバックタイプの選手向けなので、奈良輪選手はコンバートの可能性も含めて、どこかに働き場所はあると思います。ベルマーレではベテランになってしまいますが、頑張ってください。端戸選手は期限付き移籍した北九州では活躍しましたが、マリノスでは残念でした。ユースからずっと齋藤学選手がいたので、マリノスがどちらかしか選べず、齋藤学選手のほうが選ばれて今に至るのかなあと思います。ぜひ湘南で実力を証明してください。

年明けはまず箱根駅伝でしょうね。平塚中継所往路小田原中継所復路小田原中継所に関係する観光記事がございますので、よろしかったらどうぞ。

今年はこれを最後の更新とさせていただく予定です。皆様、良いお年を

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧