« 決定、「チャリ通湘南2018」! | トップページ | 湘南ベルマーレ 2019 »

平塚レンタサイクル 2019年版

こんばんは、2019年のJリーグが今週末に開幕ですが、湘南ベルマーレのリーグ戦中継が、DAZNの他は1試合のみ(8月17日ホーム鳥栖戦をNHK-BSが放送)とJ1でダントツの露出最下位であることが残念な、チャリ通です。技術と制度が古いこともあり最後の5年くらいは害悪でしかなかったスカパー!からJリーグが離れたことで、他クラブは地方放送局やAbemaTVなどネット放送局で試合中継が増えたのですが、日本一地元スポーツに冷淡な放送局であるテレビ神奈川(TVKにとって大事な川崎競馬の中継に支障がない範囲でベイスターズホームゲームを放送するだけ、フロンターレ・マリノス・ノジマステラも試合中継撤退、千葉・栃木・琉球からJリーグファンを絶賛横取り中のBリーグもTVKはやらない)の縄張りである湘南ベルマーレには恩恵がありません。

戦績も有料入場者数も完全に横浜Fマリノスを追い抜いた近年の川崎フロンターレくらいの集客力があれば他に方法があるのですが、そもそもベルマーレホームタウンを代表する衰退都市平塚市(同じホームタウンの辻堂駅・開成駅・東海大学前駅前と比べても平塚駅前の人の年齢構成は高め)というハンディキャップがベルマーレにはあるので、大変です。既にテレビの時代は終わっているのでインターネット放送のDAZNへのチェンジは悪くはないのですが、専門放送でしかも有料でしか触れられないことは新しいサポーターの獲得に問題がありますので、テレビや無料インターネット放送局での試合中継は今後も確保したいところです。関東地方の視聴率が1%から5%で毎週推移(日本代表・海外サッカーを含めた既存客しか観ていない)しているテレビ朝日やべっちFC・TBSスーパーサッカー・NHKBS1Jリーグタイムだけではプロモーションは弱いです。

****************

年明けのイベントは1月19日(土)の「SHONAN×FUKUSHIMAフットボールフェスティバル2019~Presented by日本端子~」にだけ行けました。

湘南 0−1 福島

プレシーズンマッチはそれぞれの試合で課題を持ってやっていると思われますので、負けたことについては気になりません。それでも福島は湘南戦初勝利おめでとうございましたJ1開幕戦の翌日にJヴィレッジ再開記念試合としていわきFCと試合があるそうなので、頑張ってください。いわきFCも順調そうに見えますがJヴィレッジのスタジアムがJ1規格になると「いわきにまでまたスタジアム造る必要ないですよね」という雰囲気になって、いわき市から微妙に遠いJヴィレッジで公式戦となれば、いわきFCは終わってしまうと思いますので、それを避けるために大変だとは思いますよ(湘南ベルマーレのホームゲームがJR御殿場線の山北駅前に移転するような距離)。

****************

その福島戦に行ったついでに、2018年度から平塚レンタサイクルの仕組みが変わりましたがアップデートしておりませんでしたので、平塚レンタサイクルを利用しました

平塚レンタサイクル 公式ホームページ(平塚市文化スポーツまちづくり振興財団)

JR平塚駅西口の北側階段隣(小田原方面)の駐輪場建物内で、自転車を借りることが出来ます。しかし建物は変わらないのですがレンタサイクルとしての出入口が大船側から小田原側に移動したので、窓口がやや遠くなりました。車両的には、使い込まれているいわゆるママチャリです。自販機で料金を払った後、オジサマにレシートを渡して氏名などを記入して、自転車を借ります。

スタジアムが駅スタ(鳥栖)並みに近ければレンタサイクルは不要ですし、ニンスタ(愛媛)のように市街地から小旅行のように遠いと一般の方にはレンタサイクルでは無理ですが、駅から徒歩20分という平塚市総合公園への移動には利用効果が見込まれます。

運用内容が2018年春から変更になっており、日曜祝日も営業するようになりました。しかし終了時刻が22時から18時に変更されたため、ベルマーレやベイスターズ二軍のナイトゲームには利用できなくなりました。まあ利用者の多かったベルマーレ戦ナイトゲーム終了後の対応はお年寄りのスタッフさんが大変そうだったのでしょうがないとは思うのですが・・・。平塚市は個人だけでなく法人の市外追い出しに熱心なところを、「山手線までが東海大学や牛久大仏と同距離の約60km」という平塚市総合公園に仕事帰りに行くことは困難という状況を平塚レンタサイクルが助けてくれていたので、ベルマーレとベイスターズにとっては改悪です。16時キックオフでも利用しづらそうで、神奈川大学に続いてベルマーレも、「スキあらば改悪で、また周辺各市に差を付けられ、だから不動産が安い」でおなじみ平塚市にとっては追い出し対象なのだなあと思いました。

しかし日曜祝日に営業されるようになったことは朗報です。やっと国内標準になりました。

この日も、徒歩20分かかった平塚市総合公園入りが、安全運転で10分で出来て、効果てきめんでした。

Shonan BMW スタジアム平塚だけでなく、平塚球場での野球観戦体育館でのバスケットボール観戦、ここ数年は毎年年間動員10万人越えで横浜FC・FC町田ゼルビア・横浜ビーコルセアーズより動員が多い平塚市美術館馬入での練習見学にも、このレンタサイクルは便利だと思われます。料金は1日200円なので、平塚市総合公園までのバス(片道180円の往復)より安いです。

|

« 決定、「チャリ通湘南2018」! | トップページ | 湘南ベルマーレ 2019 »

平塚市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平塚レンタサイクル 2019年版:

« 決定、「チャリ通湘南2018」! | トップページ | 湘南ベルマーレ 2019 »