« 台風からの地震で日本代表戦が中止 | トップページ | J1残留へ逃げ切ろう »

2018JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝進出決定

こんばんは、2018年7月7日(土)から9月2日(日)まで平塚市美術館で開催されていた「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」の最終的動員が、終盤の駆け込みで伸びて平塚市美術館の企画展史上最高の66,372人と発表され、同期間中の湘南ベルマーレホームゲーム(天皇杯長崎戦、J1鳥栖戦、J1マリノス戦、J1神戸戦、J1FC東京戦)の合計53,713人を破るという国内現代アートとしては驚異的な動員にお手上げの、チャリ通です。「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」は9月からは刈谷市美術館で開催されます。平塚市美術館では10月からは鎌倉で105歳まで活動したおばあちゃん「小倉遊亀展」が開催されます。

ベルマーレは1試合中止(もっとも動員が見込めたJ1川崎戦)という言い訳ができますが、立場上「地域でもっとも集客力のあるコンテンツ」であり続けなければいけないので、反省をしなければいけません。しかし営業努力だけでなく「最大で15,000人くらいしか入らない」という「満席でもJ1平均観客動員割れ」を何とかしなければいけません。

近年は平塚市美術館が湘南ベルマーレもうかうかできない動員のニュースを毎年一度程度出しておりますが、一方で平塚市民センターに続いてとうとう平塚市博物館も使用不可能になって、今までの平塚市の対応パターンどおりこのまま閉館が濃厚であり、ということはほぼ同じ建物の平塚市中央図書館も長くなさそうだろうなあと思われ、先が思いやられます

事実上だいぶ前に閉館していた平塚市民センター(まあ選挙に影響が出るので予算がつくまで閉館できなかったのでしょう・・・)は本年末に正式に閉館し、数年後に新しいホールが建てられることが発表されております(現在平塚市内には周辺市では複数あって当たり前である「1,000人以上収容可能なコンサートホール・ホテル宴会場・会議室」がひとつもなく総合公園か馬入の体育館でやるしかないので、平塚市民センターがないと歌手のコンサートというよりも法人のプレゼンテーションの場がなく切実)。平塚市が今後建設予算を投じるべき順番は「(1)平塚市民センター、(2)平塚市博物館、(3)平塚市中央図書館、(4)平塚競輪場、(5)湘南ベルマーレのスタジアム」になるのでは?と思われ、現在は個人法人とも平塚市を逃げ出してどうみても周辺市よりオカネがないのにあまりにも宿題が残りすぎです。厚木市も、鎌倉市も、藤沢市も、せっせと施設を直したり建て替えたりしていた00年代に平塚市は何もしないで公園ばかり新設量産しており(その方針で当時の市長が当選してしまっているので民主的判断)、平塚市役所には新スタジアムの期待ができません。平塚市はたった25万人都市なのに船橋市や八王子市など60万人以上都市並みの公共施設を有しているのですが、馬入ふれあい公園だけにとどまらずあわせて湘南ベルマーレビーチパークまでも造っちゃってその後県が花菜ガーデンも建設し、「市内唯一の駅なのにホームタウン内第7位だけど公園充実度はホームタウン内ブッチギリ一番」だったり、いろいろ身の丈にあっていないのでは?と思うときがあります

****************

大坂なおみ選手が全米オープンテニス女子シングルスを日本人史上初めて優勝しました。これは凄いです、おめでとうございます。期間中に大坂なおみ選手出生地の大阪と母親の出生地北海道が台風21号に襲われ、直後に北海道胆振東部地震で大変な被害がありましたが、両地域に多少は応援になるのかなあと思いました。

ラケットを使う3競技の躍進は凄いです。テニス・バドミントン・卓球とも、「15歳くらいまでにエリートを選抜して特別なクラブやナショナルチームに入れて、負けてもいいから大人の国際大会に出場させてインターハイなどレベルの低い大会に出るヒマがない(高校の部活に入った時点でプロや国際大会はあきらめ)」というものですが、ここまで成果を出すと他の競技も追随するでしょう。Jリーグユースクラブもある程度同じ考え方ですし・・・。野球は高校では日本が世界でものすごいのでやっていけますが、バレーボールはこの考えと逆行した国内優先のためにかなり落ちぶれていますし・・・。

****************

9月9日(日)はヤンマースタジアム長居にて19時キックオフの、YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦のセレッソ大阪戦でした。日曜ナイトゲームなので大阪には行けませんでした。

セレッソ大阪 2-2 湘南

2試合合計「湘南 5-2 セレッソ」で、湘南ベルマーレが前年度JリーグYBCルヴァンカップ優勝のセレッソ大阪に勝って、準決勝進出を決めました。おめでとうございます、ありがとうございました。

同じ大阪市で開催されたFリーグのベルマーレの試合も勝利しましたので、大阪に行かれた方は楽しめたのではないでしょうか。

準決勝の相手は柏レイソルです10月10日(水)は三協フロンテア柏スタジアムにて19時キックオフの準決勝第1戦、10月14日(日)はShonan BMW スタジアム平塚にて16時キックオフの準決勝第2戦とのことです。ベルマーレは22年ぶり(当時はベルマーレ平塚)の準決勝進出でこの大会では最高成績です。初の決勝進出を目指してがんばりましょう。国際Aマッチデーでの開催なので準々決勝と同様に「国家代表選手(たぶん10月18日開幕のAFC U-19選手権2018インドネシアを含む)を除いたベストメンバー」が準決勝に出場すると思われます。

実はこの週は「F1リーグ小田原アリーナ6クラブ共同開催」なのですが、10月12日(金)Fリーグ選抜戦・10月13日(土)シュライカー大阪戦と、YBCルヴァンカップにかぶっておりません。問題ありません。

****************

9月14日(金)は茨城県立カシマサッカースタジアムにて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第26節の鹿島アントラーズ戦です。鹿島の元湘南は永木亮太・三竿雄斗選手がいます。セレッソ大阪戦3試合に挟まれて唯一の違うチームとの公式戦です。

9月18日(火)のAFCチャンピオンズリーグ準々決勝(第2戦・天津)に鹿島アントラーズが出場するため、J1リーグの試合が前にずれました。これはお国のためにしかたがありません。鹿島アントラーズはがんばってください。AFCチャンピオンズリーグに専念するために湘南戦は手を抜いてほしいなあとは思いますが、来年のAFCチャンピオンズリーグ出場が見込める4位以上をギリギリ狙える位置にいるので、それは難しいなあとも思います。ただアントラーズはベルマーレやエスパルスですら獲ったことがあるアジアタイトルや世界タイトルを獲得したことがない「国内限定チャンピオン」なのですから、それを払拭するためにAFCチャンピオンズリーグ準々決勝は第1戦は勝っているものの慎重に戦ったほうがいいと思います。

とりあえず、前回の対戦は「コーチが前夜に関係のない人に会っていた」で処分され、前々回の対戦では「試合の真っ最中に監督と選手がケンカ」で処分されておりますので、今度の湘南戦こそは、鹿島がベルマーレそっちのけでスキャンダルを起こして「試合内容よりそっちのほうが目立つ」というのを続けるのはやめてほしいなあと思います。

****************

9月22日(土)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第27節のセレッソ大阪戦です。チケットが安くなる厚木ホームタウンデーで、クラブ創立50周年記念試合です。セレッソの元湘南は茂庭照幸選手(依知中・ベルマーレ平塚最後の生き残り)で、湘南の元セレッソは曺貴裁監督がいます。

クラブ創立50周年記念試合ということで黄色いユニフォームでの試合です。フジタスペシャルデー扱いということで、フジタ技術センターのある厚木市のホームタウンデーです。翌9月23日(日祝)はShonan BMW スタジアム平塚にて14時キックオフの、明治安田生命J3リーグ第24節の福島ユナイテッドFC対YSCC横浜戦があり、2daysだJ!でもあります。

セレッソはYBCルヴァンカップ準々決勝で湘南に敗退させられておりますので、リーグ戦は勝ちに行くと思います。こちらも「クラブ創立50周年記念試合」と名乗っているので負けられません。

****************

9月23日(日祝)はShonan BMW スタジアム平塚にて14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第24節の福島ユナイテッドFC対YSCC横浜戦です。福島の元湘南は田坂和昭監督、伊藤剛・阪田章裕・宇佐美宏和・前田尚輝・田村翔太・和田響稀・樋口寛規選手で、YSCCの元湘南は河野諒祐選手とU-15までの古島圭人選手(父親は古島清人さん)です。

2daysだJ!です。福島のホームゲームは平均で約1,500人の動員があるそうですので、その数字はベルマーレが責任を持ってクリアしなければいけないでしょう。YSCC横浜は翌週は平塚でホーム富山戦ですが、この福島戦はアウェイです。

|

« 台風からの地震で日本代表戦が中止 | トップページ | J1残留へ逃げ切ろう »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/74186714

この記事へのトラックバック一覧です: 2018JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝進出決定:

« 台風からの地震で日本代表戦が中止 | トップページ | J1残留へ逃げ切ろう »