« 明治安田生命J1リーグ 2018 第24節 湘南vsFC東京 戦 | トップページ | 台風からの地震で日本代表戦が中止 »

2018年も残り10試合+カップ戦

こんばんは、サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)が、「2018 FIFA U-20女子ワールドカップ フランス大会」でU-20日本代表が、「アジア競技大会 2018」で日本A代表が優勝し、「2019 FIFA 女子ワールドカップ フランス大会」で復権が期待できるなあと思った、チャリ通です。おめでとうございました。

神奈川県にはクラブチームも1部リーグに「ノジマステラ神奈川相模原」と「日体大FIELDS横浜」、2部リーグに「ニッパツ横浜FCシーガルズ」、チャレンジリーグ順位決定戦1位-4位グループに「大和シルフィード」がいるという、ちょっと前まで全国リーグクラブがなかったことが信じられないくらい、群雄割拠しております・・・。

****************

FC東京戦の週末には毎年恒例の高砂部屋平塚夏合宿がありました(今年は行っていない)が、大相撲9月場所前に開催される合宿ですので、これが終わると夏も終わりという感じがします

9月2日(日)まで平塚市美術館で開催されていた「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」は2ヶ月間で5万人以上の来場者(平塚市美術館の企画展自己最高記録)があったそうです。そう、今年は川崎戦が延期になって1試合少ないので、危うく湘南ベルマーレ7月・8月分の観客動員が平塚市美術館に負けそうだったのです・・・。J1リーグの1試合平均観客動員が7年連続1.8万人越えなのにShonan BMW スタジアム平塚の満席は1.5万人くらいなので、どんなにがんばっても絶対に平均割れと最初から客席数が少なすぎるのですが、平塚市役所は周辺市に見劣りするくらい、湘南ベルマーレより大事な案件を含めて設備投資をしない自治体でそれに比例して人口が減っているので、スタジアムも期待できないのが残念です。

****************

インドネシアで開催されていたアジア競技大会2018(ジャカルタ・パレンバン)ですが、湘南ベルマーレの杉岡大暉選手と湘南ベルマーレから期限付き移籍をしている神谷優太選手が出場したサッカー男子日本代表は、決勝戦で韓国代表に敗れて銀メダルになりました。兵役免除がかかっていた韓国代表は規定どおりの「U-23+オーバーエイジ3名」だったところを日本代表は「U-21(各チーム最大1名)」で挑んだのですから、ソンフンミン選手などもいる韓国に負けることは仕方がないです。次にがんばりましょう。杉岡選手の9月5日(水)の試合出場は回避させられるでしょうね。

湘南ベルマーレスポーツクラブの石井美樹選手が、ビーチバレー女子で銀メダルを獲得しましたので、アジア競技大会2018での湘南ベルマーレのメダルは「銀メダル2個」となりました(10月30日-11月4日に平塚市美術館市民アートギャラリーで開催される50周年企画展あたりでメダルは展示されるのでしょうか?)。こちらはおめでとうございました。

****************

8月31日(金)はトランスコスモススタジアム長崎にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第25節のVファーレン長崎戦でした神戸戦のときのように出張とアウェイがうまい具合に重なるなんて一生に何度もないので、平日遠方アウェイに行くのは困難です。

長崎 1-3 湘南

石原広教選手のクロスを諫早市出身の梅崎司選手が押し込んで湘南が先制し、コーナーキックのこぼれ球を金子大毅選手が途中出場5分後でプロ初ゴールにし、元長崎の岡本拓也選手の猛烈突破からダメ押しゴールで、長崎のファンマ選手に1点返されましたが、湘南が勝利しました

2月24日 J1リーグ戦(ホーム):湘南が開幕戦勝利(長崎はクラブ史上初のJ1公式戦だった)
3月14日 ルヴァンカップ(アウェイ):長崎が今シーズン公式戦初勝利
5月16日 ルヴァンカップ(ホーム):湘南が勝利してグループリーグ突破
7月11日 天皇杯(ホーム):湘南が勝利して4回戦進出
8月31日 J1リーグ戦(アウェイ):湘南が勝利

今シーズン5試合あった長崎戦は、湘南の4勝0分1敗で幕を閉じました

これで湘南など4クラブが残り10試合(J1の他の14クラブは残り9試合)、J2は残り11試合、J3は残り12試合、JFLは残り9試合と、シーズンも終盤になりました。がんばりましょう。

****************

9月5日(水)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、YBCルヴァンカップ準々決勝第1戦のセレッソ大阪戦ですチケットが安くなるオールホームタウンデーです。セレッソの元湘南は茂庭照幸選手(依知中・ベルマーレ平塚最後の生き残り)で、湘南の元セレッソは曺貴裁監督がいます。

9月に3試合あるセレッソ大阪戦の第1戦です。準々決勝は国際Aマッチデーの裏に開催される試合なので、J1リーグ戦の影響がなく、準々決勝に2試合とも主力選手が出場すると思います(このためセレッソの強化部長が大熊清さんであるおかげで残留できている茂庭照幸選手の出場は3試合とも厳しそう)。セレッソは杉本健勇選手がA代表で不在です。山口蛍選手がA代表を怪我で辞退しているため、YBCルヴァンカップ準々決勝にも出場しないでしょう。湘南は齊藤未月選手がU-19日本代表で不在です。台風はたぶん大丈夫なのでは?と思います

****************

9月9日(日)はヤンマースタジアム長居にて19時キックオフの、YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦のセレッソ大阪戦です。セレッソの元湘南は茂庭照幸選手(依知中・ベルマーレ平塚最後の生き残り)で、湘南の元セレッソは曺貴裁監督がいます。

9月に3試合あるセレッソ大阪戦の第2戦です。キンチョウスタジアムではなく「大きいほう」のヤンマースタジアム長居で開催です。準々決勝は国際Aマッチデーの裏に開催される試合なので、J1リーグ戦の影響がなく、準々決勝に2試合とも主力選手が出場すると思います(このためセレッソの強化部長が大熊清さんであるおかげで残留できている茂庭照幸選手の出場は3試合とも厳しそう)。セレッソは杉本健勇選手がA代表で不在です。山口蛍選手がA代表を怪我で辞退しているため、YBCルヴァンカップ準々決勝にも出場しないでしょう。湘南は齊藤未月選手がU-19日本代表で不在です。

9月9日(日)は丸善インテックアリーナ大阪にて12時15分キックオフの、DUARIG Fリーグディビジョン1 2018/2019 第13節のフウガドールすみだ戦もありますので、F1リーグとJ1リーグの両方に行くことが出来ます。ロベルトカルロス選手が8日のエキシビジョンマッチと9日のすみだ対湘南戦の次の試合であるFリーグ選抜対仙台戦に出場するという共同開催の試合です。今シーズンも「あらかじめ名古屋の優勝パーティとパレードを開催後にリーグ開幕」「若手から就職引退・寿引退・授かり引退をして、ベテランが安泰」という感じの、国内スポーツワーストクラスにつまらないリーグことFリーグ(Bリーグとの落差が激しすぎる)ですが、こちらの湘南ベルマーレもよろしくお願いいたします。

ただし阪神タイガース対読売ジャイアンツ2連戦(甲子園)のある週末なので、ヤンマースタジアム長居開催ですが正直カップ戦のセレッソ戦は現地ではノーマークだと思われます・・・

|

« 明治安田生命J1リーグ 2018 第24節 湘南vsFC東京 戦 | トップページ | 台風からの地震で日本代表戦が中止 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/74148877

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年も残り10試合+カップ戦:

« 明治安田生命J1リーグ 2018 第24節 湘南vsFC東京 戦 | トップページ | 台風からの地震で日本代表戦が中止 »