« 天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会 4回戦 川崎vs湘南 戦 | トップページ | 2018年も残り10試合+カップ戦 »

明治安田生命J1リーグ 2018 第24節 湘南vsFC東京 戦

こんばんは、ベルマーレホームタウンの厚木市で唯一「ワクワクするサッカーが観たいんだろ? 華麗なテクニックに驚愕したいだろ? 闘志むき出しのプレーが好きなんだろ? じゃあオレ達で決まりだ。」とSC相模原の広告を何年も掲げていたB&D本厚木店(ライザップグループ)が、2018年7月から湘南ベルマーレオフィシャルショップになったと同時にSC相模原完全撤退となり喜ばしい、チャリ通です。

実際のSC相模原(読み仮名は「ジョンガブリエルせんしゅとそのたおおぜい」)が「期待を大幅に下回るサッカー、大学生の華麗なテクニックに毎年驚愕させられるJ2にも入り損ねたおじさん、やる気のなさ丸出しのプレーを、ここ数年オレ達さんが見せつけている」という詐欺のようなチームなのですから・・・。今季も一度相模原戦に行きましたが、「外人と元J1・J2選手はプロ契約、経歴にJ2以上のクラブがない選手は全員アマチュア契約」にした結果、「学生時代無名で、世代別代表どころか関東大学選抜や関西大学選抜の実績すらないけど、同期は銀行員だけど俺はJリーガーだからカッコイイな新卒選手」だけをとって彼らが「菊岡選手の背中から守備はどんどんサボれと学び、川口選手の背中から過去の実績さえあれば今動けなくてもプロでいられるということを学んでいる」のですから、もっと経済的に困難なYSCC横浜とは差が開く一方です。Jリーグ史上唯一の天皇杯未出場クラブではベテランが若手の模範になっておりません

****************

この夏にさくらももこさんについてこのブログで触れたとたんにさくらももこさんが永眠なされたということでかなり残念でした。その記事でとりあげた平塚市美術館の「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」の観客動員が1.5ヶ月で4万人を超えたのに残念です(深堀さんもコメントを出した)。この展覧会にさくらももこさんがオーナーの作品も展示されているのですが、今後どうなるのでしょうか・・・。星野仙一・衣笠祥雄・高畑勲・西城秀樹・加藤剛・桂歌丸・菅井きん・津川雅彦など、平成も残り1年となると昭和な人が亡くなっていきますが、それは上から順番であるべきで、連載開始が昭和時代とはいえ53歳でさくらさんがなくなってしまうのは、健康診断とか会社員・公務員並みにちゃんとやっていればなあと思ってしまいます・・・。

****************

8月19日(日)はヴィッセル神戸戦でしたが、急用で行けませんでした。

湘南 0-2 神戸

イニエスタ&ポドルスキ選手の計らいで三田・郷家選手がゴールを挙げて、神戸での試合のお返しとして完敗してしまいました。

****************

8月26日(日)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第24節のFC東京戦でした。さくらももこさんの小学校の同級生である長谷川健太監督のチームが、さくらももこさん関連の作品が展示されている美術館のそばで試合だったわけですが、この試合のだいぶ前にさくらももこさんは永眠されていたのですね。鹿島と名古屋や、ヴェルディとFC岐阜のユニフォームの違いはパッとみてわかるのですが、どうもFC東京と甲府のユニフォームの違いはスポンサーロゴが見えないと近年は見分けがつきません

この日はパイロット平塚事業所の蒔絵工房が公開されていたことを当日知って入ってみました。万年筆に漆を塗って蒔絵を施した受注生産商品を見学し、キングベルⅠ世のシールをいただきました。河野太郎外務大臣のような立場で条約に署名するときに蒔絵万年筆でサインすればかっこいいですね。パイロット平塚事業所は手軽に行ければいいのですが、予約が必要なものがあったりで気軽ではないので、何とかしてもらえれば行くのになあと思います

FC東京も湘南ベルマーレもリーグ戦連敗中で、どちらも天皇杯を4回戦で敗退しており、負けられない試合でした。FC東京がヤバいシュートを何本も放ったのですが、元FC東京のGK秋元陽太選手がすべて阻んだおかげで何とか試合になりました。湘南は過密日程と気温のせいかフィールドプレイヤーが走れておらず(FC東京も走れていなかった)、攻撃が組み立てられませんでした。

「インドネシアに行っている杉岡大暉選手がいないと試合にならないのかよ」と言われないようにしなければいけなかったのですが、払拭はできませんでした。2019年5月下旬から7月上旬にかけて「コパアメリカ2019ブラジルにU-22日本代表」「FIFA U-20ワールドカップ2019ポーランドにU-20日本代表」が派遣されて何人か湘南ベルマーレの選手が抜けた状態で、「AFCアジアカップ2019UAEとラグビーワールドカップ日本大会に挟まれてJリーグが過密日程」ということも充分考えられますので、何かしらの対策を考えなければいけません。

柏戦までの貯金で湘南は何とかなっておりますが、まだ曺貴裁監督のダイエットしかコミットできていません。J1残留までがんばりましょう。

湘南 0-0 FC東京

FC東京は湘南ベルマーレとのサッカーは引き分けにとどまりましたが、「自分との闘い」には勝利したようです。おめでとうございます。しかし上位がすべて「FC東京」になるのはよろしくないので、「5件中2件はFC東京以外」を維持してほしいなあと思います。湘南戦での観客動員は上位ではあれトップではないFC東京ですが、ひとりひとりがかけている食費がイカレております(褒め言葉)。

****************

Shonan BMW スタジアム平塚の両ゴール裏に「RIZAPシート」が10月に設置されることが発表されました今季の札幌・清水・浦和戦にはRIZAPシートが運用されるわけで、特に慣れないビジター側は要注意)。果たしてどうなのだろうとは思うのですが、新スタジアム関係の動きが芳しくないのだろうなあと思われます。選挙の結果を背景に長期にわたり合法的に周辺市より衰退している、自然減よりも社会減で人口が減っている「何も投資したくないから崩れそうな施設も放置」な平塚市に期待が出来ないので、残念です。8月24日(金)開催だった第68回湘南ひらつか花火大会の雨天順延はしょうがないにしても、このFC東京戦と同じ時間にするのはいくらなんでもひどいと思いましたし・・・。

****************

ジャカルタで開催されているアジア競技大会ですが、サッカー男子日本代表は準々決勝サウジアラビア戦に勝利し、最低でも3位決定戦に出場出来るので、杉岡・神谷選手も最終日までインドネシアにいることになりました。神谷選手は失点につながる大きなミスをしてしまいましたが、杉岡選手は主力として試合出場しております。ビーチバレー女子日本代表の石井美樹選手が銀メダルを獲得したので、最終日までいるのでしたら湘南ベルマーレ今大会ふたつめのメダル獲得を目指してがんばってほしいと思います。

U-21日本代表と入れ替わりで齊藤未月選手がU-19日本代表でベルマーレを離脱することになりました。何度も書いておりますが、世界的にみればオリンピックの何倍もFIFA U-20ワールドカップは価値がありますので、齊藤未月選手には今秋のAFC U-19選手権インドネシアに向けてがんばってほしいなあと思います。今回は飛び級で横浜FCの斉藤光毅選手(ベルマーレのほうはサイトウミツキで横浜FCのほうはサイトウコウキ)も選ばれております。斉藤光毅選手については横浜FCトップチームが若手潰しチームで有名な上で斉藤光毅選手のプレイスタイルは35歳年上の三浦知良選手と丸かぶりとあちらのオーナーにとっては困る存在なので、なるべく早く横浜FCが放出して小野瀬康介選手の二の舞にならないようにしてほしいなあと思います。

****************

8月31日(金)はトランスコスモススタジアム長崎にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第25節のVファーレン長崎戦です。長崎の元湘南は元フジタの高木琢也監督で、湘南の元長崎は岡本拓也選手がいます。また湘南の梅崎司選手が諫早市出身です。

2月24日 J1リーグ戦(ホーム):湘南が開幕戦勝利
3月14日 ルヴァンカップ(アウェイ):長崎が今シーズン公式戦初勝利
5月16日 ルヴァンカップ(ホーム):湘南が勝利してグループリーグ突破
7月11日 天皇杯(ホーム):湘南が勝利して4回戦進出
8月31日 J1リーグ戦(アウェイ):?

この試合で湘南対長崎戦は最後の5試合目です(ここまで湘南の3勝0分1敗)。J1リーグの金曜開催に選出されております。金曜開催で5試合目で集客が厳しそうだからか、かなりイベントに力を入れていて、「オレンジ色のDAZN Tシャツ全員プレゼント」「湘南乃風 若旦那さんのハーフタイムライブ」が予定されております。まさかの若旦那さんですか・・・(長崎には福山雅治・さだまさしさんという大駒があるのに・・・)。

****************

9月5日(水)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、YBCルヴァンカップ準々決勝第1戦のセレッソ大阪戦ですチケットが安くなるオールホームタウンデーです。セレッソの元湘南は茂庭照幸選手(依知中・ベルマーレ平塚最後の生き残り)で、湘南の元セレッソは曺貴裁監督がいます。

9月に3試合あるセレッソ大阪戦の第1戦です。準々決勝は国際Aマッチデーの裏に開催される試合なので、J1リーグ戦の影響がなく、準々決勝に2試合とも主力選手が出場すると思います(このためセレッソの強化部長が大熊清さんであるおかげで残留できている茂庭照幸選手の出場は3試合とも厳しそう)。セレッソには各国代表戦にまわる選手がいると思いますが、湘南もカップ戦よりは各国代表選手が出てほしいところでもあります。

|

« 天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会 4回戦 川崎vs湘南 戦 | トップページ | 2018年も残り10試合+カップ戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2017-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/74108434

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J1リーグ 2018 第24節 湘南vsFC東京 戦:

« 天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会 4回戦 川崎vs湘南 戦 | トップページ | 2018年も残り10試合+カップ戦 »