« 神奈川工科大学 学生食堂 | トップページ | 8月11日(土)は久しぶりのホームゲーム、マリノス戦。 »

明治安田生命J1リーグ 2018 第19節 柏vs湘南 戦

おはようございます、元ベルマーレで現在JFLヴァンラーレ八戸の葛野昌宏監督が、ラインメール青森戦後の記者会見後に急性大動脈解離(ようするに高血圧や動脈硬化に伴う動脈の血管破裂で、2013年に大滝詠一さん、2017年に鶴ひろみさんがこれで突然死されている)で救急車で搬送されて緊急手術を受けたそうで、早く良くなってほしいと思う、チャリ通です。青森戦をもってJFLは夏休み中断で、今年のヴァンラーレ八戸はJ3昇格の可能性が高いのですが、葛野監督の復帰は来季が望ましいのでは?と思われ、となるとS級コーチライセンスの新監督の招聘が必要でしょう。「昇格監督は元ベルマーレ」が増えることが楽しみだったのですが・・・。今年で43歳と曺貴裁監督のベルマーレ監督初年度(2012年)と同い年である葛野監督が、この年齢でこの病気とは本人が一番無念だと思います

****************

8月1日(水)は三協フロンテア柏スタジアムにて19時30分キックオフの、明治安田生命J1リーグ第19節の柏レイソル戦でした

ご存知のとおり曺貴裁監督は日立製作所サッカー部出身で、この会社で1学年下に大倉智元社長(現いわきFC社長)、加藤望さんも所属しておりました(3人とも1969年生まれですが曺貴裁監督が早生まれで、3人とも受験浪人歴がないので学年が違う)。大倉智さんがセレッソ大阪強化担当から湘南ベルマーレ強化担当に2005年シーズンより移籍とほぼ同時に、早速曺貴裁コーチをセレッソから、加藤望選手をトライアウトから、ベルマーレに呼び寄せています。このうちの曺貴裁さんと加藤望さんが監督して、平成最後の年にJ1で日立柏サッカー場で対戦するという、両監督にとっては夢がかなった試合だったのでは?と思います。まあサッカーに限らず就職や転職は「担当者間の個人のつながり」が大きいので、湘南ベルマーレもこのようなOBの就職先斡旋をがんばりたいところです。

この試合のポイントのひとつはやはり「19時30分キックオフ」。この時間でしたら都内などから定時まで勤めて柏でのキックオフに間に合う人が多いと思います。オイラも何とか調整をしてギリギリ早退をせずに柏に向かって、キックオフにギリギリ間に合いました。野球のライオンズとマリーンズもこの問題に悩まされているので他の10球団より観客動員が低いのですが、法人が先を争って撤退する平塚市にある湘南ベルマーレも、平日ナイトゲームのキックオフ時間を遅らせてほしいものです。まあ「品川駅-平塚駅間が57km(常磐線なら日暮里駅-荒川沖駅間、小田急線なら新宿駅-東海大学前駅間と同じ距離)」で藤沢や厚木からも10km以上離れているので、ベルマーレの場合は東京勤務の人のためでなく、横浜勤務のための19時半キックオフ希望になるのですが・・・。欧州でサッカーやコンサート観たことがある人はご存知だと思いますが、平日開催の場合は20時開始が基本です(ただし今季からUEFAチャンピオンズリーグがTV中継で2試合みられるようにキックオフ時間が前後にスプリットされる)。MLBも平日は19時プレイボールです。このあたりは何とかならないものかなあ?と思います

湘南ベルマーレはワールドカップ中断前にYBCルヴァンカップグループリーグ突破NHK-BSで放送された磐田戦勝利天皇杯2回戦勝利YBCルヴァンカッププレーオフ突破天皇杯3回戦勝利、ワールドカップ中断明けの鳥栖には残念ながら引き分け、注目された神戸戦勝利と来ていて、実はワールドカップ前後でえげつなく湘南ベルマーレは結果を出し続けております。この間の柏レイソルは5月12日の川崎戦の結果を受けて下平監督から加藤望監督に交代をし、初戦の当時絶不調だった名古屋と天皇杯で関東1部リーグのVONDS市原に勝利してワールドカップ中断になったものの、ワールドカップ中断明け天皇杯J2山形戦敗戦に続いて、J1リーグ戦3連敗で迎えた湘南戦と、柏は湘南とはきわめて対照的でした。おまけに台風12号の影響で湘南はホーム川崎戦が中止、柏はアウェイ神戸戦に敗退ということで、試合間隔が中9日の湘南と、中3日の柏という、湘南有利な状況でもありました。

柏には日本代表GK中村航輔選手が所属していますが、今季2度目の脳震盪を起こしてしまい、パンチドランカー予防のために現在試合に出られません。英語圏ではサッカーボールがバスケットボール並みの衝撃があった時代のイングランドの選手に認知症が多いことが大きく報道された時代があってこの手の話に敏感(サッカーボールが軽くなった原因)ですが、日本では格闘技業界がパンチドランカーを「報道しない自由」で極端に報道しませんので、その余波で中村航輔選手の扱いに納得がいかない人もいるかもしれませんね。

****************

試合はキックオフ早々に杉岡大暉選手のシュートを柏のGK桐畑和繁選手が弾き、これをFW山﨑凌吾選手が柏DFのパクジョンス選手を振り切って押し込み、たった2分で湘南が先制しました

FW山﨑凌吾選手は先日の神戸戦前にJ2徳島から完全移籍で加入した選手ですが、神戸戦でアシストして柏戦で得点と、途中加入に見えない素晴らしいスタートダッシュを決めることに成功しました。2018年夏はJ2首位の松本からJ2残留争いの新潟まで、20代の主力級選手がかつてない人数を上位クラブにシーズン途中で引き抜かれております。湘南も徳島から引き抜いたかたちになっておりますが、獲られるほうはシーズン途中はきついです。つくづく今季J1に昇格しておいて良かったなあと思いました。主力の年齢の高い大分・町田・横浜FCや、J1クラブに移籍すると減収になる大宮・千葉からは引き抜かれておらず、作戦勝ちのようになっております。

あと85分以上残っておりますが、そのあとは湘南はディフェンシブに戦います。この日だけでなく日曜日にだって試合はあるのです、暑いのです、アウェイゲームです。柏の事情は知りません。何の問題もありません。ここ2年間故障離脱が多い藤田征也選手が90分間意外と奮闘していました。その一方で大野和成選手は前半途中で退きました。

****************

柏には年に1回程度行っておりますが、昨年から順調に退化していることが目立ちました柏レイソルは過剰な原理主義で全く融通が利かず、自分たちの決めた方針で自分たちを滅ぼしています(ジェフユナイテッド千葉はその逆で「何でもカネで解決の、究極の型なし」)。

12歳でレイソルU-15に入れなかったら新卒でのレイソルトップチーム入りは不可能という環境下でユースは「武富孝介選手のマイナーチェンジだけを製造する工場」となり、

DF→MF→FWと「細かくパスをつないで攻めないと死んじゃう病」という持病をクラブ全体が患って、「ペナルティエリア内でFW同士でパス交換出来たら、ゴールより査定ポイントが良い」とかあるのでは?というくらい、勝利よりも曲芸志向ですし、

以前の柏だったら放出されているパフォーマンスの大谷秀和選手が中途半端に神格化されて外せなくなってますし、

これは下平監督のような「当事者」や、加藤望監督のような「経験不足」では、解決は難しいと思います。「武富孝介選手のコピーロボットが全員で守って、東武野田線のごとく各駅停車で運び、最後だけコピーロボットではなくスーパー外人FWにお任せ!」しかないワンパターン対策として、近年は亀川諒史選手など外様選手を多めに雇った結果、かえってまとまらなくなっているように見えます。

****************

ただ、柏レイソルの選手は個人の能力が湘南ベルマーレの選手より高く、5バック気味の湘南を圧倒します。甲府のイメージが強いけど神奈川県出身である柏FW伊東純也選手の突破は良かったと思います。GK秋元陽太選手の活躍がなければ負けていました

しかし最後にFW山﨑凌吾選手を柏のDFパクジョンス選手が倒し、FW山﨑凌吾選手がPKを決めて、湘南の勝利がほぼ確定しました。MVPは柏のDFパクジョンス選手でしょうか?。

柏 0-2 湘南

本日アジア競技大会(ジャカルタ)のメンバーが発表され、個人的には杉岡大暉選手と愛媛FCの神谷優太選手は入ってくるのでは?と予想しております、ここに齊藤未月選手もねじ込められるよう、柏戦が最後のアピールになっていればよいなあと思うのですが・・・。

****************

8月5日(日)はエディオンスタジアム広島にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第20節のサンフレッチェ広島戦です。湘南の元広島はミハエルミキッチ選手がいます。

サンフレッチェ広島は圧倒的に首位です。ベルマーレが伝統的に苦手にしている山陰・山陽・四国・九州会場での試合です。広島平和記念式典の半日前に開催される試合ということで、あちらの思い入れが凄いと思います。西日本豪雨の影響でJR西日本の路線が一部復旧できておりません。西日本豪雨のことがあるので今年はJ1リーグの優勝をあちらは確実にとりたいと思っているでしょう。「日曜夜開催・広島平和記念式典の半日前」ということで宿泊も難しいです(その一方で全国各地で花火大会・夏祭りの集中日)。川崎戦の延期もあって3試合連続のアウェイゲームとなりました。

いろいろな困ったところをあげましたが、湘南ベルマーレはワールドカップ中断前にYBCルヴァンカップグループリーグ突破NHK-BSで放送された磐田戦勝利天皇杯2回戦勝利YBCルヴァンカッププレーオフ突破天皇杯3回戦勝利、ワールドカップ中断明けの鳥栖には残念ながら引き分け、注目された神戸戦勝利直近の柏戦も勝利と来て、実はワールドカップ前後でえげつなく湘南ベルマーレは結果を出し続けております。この勢いで、春にホームで負けた広島に勝ちたいです。

|

« 神奈川工科大学 学生食堂 | トップページ | 8月11日(土)は久しぶりのホームゲーム、マリノス戦。 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2017-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/73952888

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J1リーグ 2018 第19節 柏vs湘南 戦:

« 神奈川工科大学 学生食堂 | トップページ | 8月11日(土)は久しぶりのホームゲーム、マリノス戦。 »