« 明治安田生命J1リーグ 2018 第17節 神戸vs湘南 戦 | トップページ | 神奈川工科大学 学生食堂 »

明治安田生命J1リーグ 2018 第16節 湘南vs鳥栖 戦

こんばんは、7月26日にようやくJリーグが後期日程の発表で、どうしてAFCチャンピオンズリーグ準々決勝の日程が決まったところ(5月中旬に1回戦終了で日程決定)で発表できなかったのだろう?と思う、チャリ通です。8月31日(金)から9月2日(日)の試合のキックオフ時間がわからなかっただけでなく、9月以降は試合日までもがわからなかったとか、「休暇をとって割引の航空機・高速バス・宿泊で遠征する人はいらない」と言わんばかりで、まったくもってお客様にやさしくありませんでした(まあ、湘南のアウェイは10月6日の鳥栖戦のみが該当試合ですが・・・)。

また、2019年日程の計画もそろそろ発表すべきです。2018年はFIFAワールドカップの関係でJ1リーグの「欧州では考えられない5ヶ月に及ぶオフとプレシーズントレーニング期間/わずか7ヶ月の過密日程なリーグ戦」が発生してしまいましたが、2019年は1月にAFCアジアカップ(UAE)、秋にラグビーワールドカップ日本大会が開催されるため、「開幕は2月後半から前倒しできない」「日本代表戦のために6月は絶対中断」「ラグビーのグループリーグがある9月はオフ?」「意外とアビスパ・トリニータ・ロアッソは小会場代替で何とかなるけど、味スタと日産スは1.5ヶ月間ずっとラグビーがあるためFC東京とマリノスは上半期ホーム12試合・下半期ホーム5試合という偏りもやむなし」の上で、2019年も2018年に近い日程になる可能性が高いです。どうせ批判を受けるのなら、説明すれば誰もがしょうがないと納得な条件なのですから、早めに謝ったほうがいいです。2019年のシーズン中には2023年FIFA女子ワールドカップの日本誘致が決まって「秋春制じゃないJリーグの4年後の大中断が予約」される可能性があり、その次の2020年は7月から8月上旬はオリンピックに会場をとられて強制オフにさせられてやはり2020年も過密日程になる可能性が高いわけですし・・・。

****************

先日の西日本豪雨で広島・岡山・愛媛を中心に200人以上の方がお亡くなりになり、復旧作業も残っている状態(中越地震より被害がはるかに大きい)で、お見舞い申し上げたいです

****************

7月18日(水)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第16節のサガン鳥栖戦でした。実はお休みをとって行ってましたが、第17節神戸戦や出張などもあって、書く暇がありませんでした。「そこはキリン ライザップ プロテインボトルスペシャルデーにしなきゃダメでしょう」と思ったのですが、キリンビバレッジ湘南工場が茶系飲料工場であるためにキリン生茶デカフェスペシャルデーでした。

この日は朝から出かけていて、4日前に行った神奈川工科大学に学食を食べに行くというおバカな再訪問をしました(後日記事化予定)。

その後、大学無料送迎バス→厚木08系統→平塚53系統を乗り継いで、平塚市美術館で「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」を観ました。器にアクリルを塗る→金魚を描く→器にアクリルを塗る、で水中の金魚を表現している、そごう西武のお抱え画家です。出身地でもない限り20万人都市の市立美術館にはこないクラスなのですが、新聞社資本の大展覧会は来ないけど国内アートには強い、平塚市美術館の本領発揮といったところです。

初期の作品はベルマーレが販売しているアクリルキーホルダーレベルのクオリティだったものが、数年前に作成したさくらももこさんがオーナーの作品になるととてもリアルで、数年間で表現力がものすごく上達したことが確認できる展覧会になっております。最後の「平成しんちう屋」は撮影などが許可されているので、SNSで画像が結構出回っております。8月まで平塚、9月から刈谷(出身が愛知県)でやっております。

****************

FIFAワールドカップ中断明け最初の主催試合となる鳥栖戦ですが、この試合からアシスタントナビゲーターに池田清香さんが加わりました。アナウンスを聞く前にフードパークで放送部一同と練り歩いておりました。三村ロンドさんと歩くと、とても小さくてスリム!

中断前はベルマーレクイーンからアシスタントナビゲーターをひとり選んでおりましたが、正直クオリティがアレだったので、改めて選任担当者を選出しました。よろしくお願いいたします

****************

入場でビーチサンダルが配られたからか、FIFAワールドカップ中断にベルマーレを待ちきれなくなったからか、平日にもかかわらず9,229人の来場がありました。東京・横浜在勤在学ですと定時までいて前半のうちに平塚入りすることは極めて困難です。平塚市は個人だけでなく法人の追い出しにも熱心なので、9,000人を越えたことは凄いと思います森保一五輪代表監督(当時。現在はA代表監督兼五輪代表監督。)も視察に来ていました。

この日は七夕ユニフォーム着用だったのですが、七夕というよりもJR山手線の車両ユニフォームにしか見えませんでした。次の川崎戦が雨天中止になった場合はこの鳥栖戦が唯一の着用試合になりそうです・・・。

鳥栖はフェルナンド トーレス選手を獲得しましたが、7月20日(金)まで選手登録できませんので、この試合には出場できません。しかしこのあと「先月のうちにFWイバルボ選手が重症を負って登録解除だった」とか、「代わりにFW金崎夢生選手獲ってきた」とか、「代金はDFチョンスンヒョン選手で」とか、鳥栖は激動にもほどがあります!。それが順位に反映されるかはわかりませんが・・・。

「あれっ?、鳥栖はFWイバルボ選手がいないし、湘南はDF山根視来選手がいない・・・」が中断前をうけての正直な感想だったのですが、上記のとおりイバルボ選手は怪我をしていたことを隠していました。山根視来選手は怪我なのか?、移籍が決まっているので出られないのか?、単純に曺貴裁監督のひらめきか?、よくわかりません

前半は湘南も鳥栖もトップパフォーマンスではなかったような微妙な試合内容でした。

後半早々にDF坂圭祐選手のクロスをFW高橋諒選手が押し込んで、湘南が先制します。この高橋諒選手のゴールが「くるりとジャンプして、後ろ足でヒールキック」という無駄にハイテクなシュートで、映像的には好プレーでいいけど、もっと簡単にゴールを決めろよ(笑)な、凄いゴールでした。サッカーは採点競技ではないので、凄いゴールなら「1ゴールで3得点扱い」とかはありません。

しかし、81分に鳥栖のDF吉田豊選手のクロスを湘南のDF坂圭祐選手が押し込んでオウンゴールとなり、2対0で引き分けました

湘南 1-1 鳥栖

カップ戦の神戸戦もそうでしたが、ここを我慢することが坂圭祐選手の育成ですので、しかたがありません。

9年前の7月のホーム福岡戦でお茶を配って逆転負けということがありましたので、とりあえず負けなかったことは良かったです。ただ、超絶不調で17位のサガン鳥栖がアウェイとして九州からこちらに、補強前に来ていた試合でしたから、絶対に勝たなければいけない試合でした

****************

7月22日(日)はノエビアスタジアム神戸にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第17節のヴィッセル神戸戦でしたが、先に記事化しています

****************

7月28日(土)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第18節の川崎フロンターレ戦です。チケットが安くなる小田原・足柄下郡ホームタウンデーで、新興和製薬スペシャルデーです。川崎の元湘南は安藤駿介・下田北斗選手で、湘南の元川崎は曺貴裁監督、ユースのみの髙山薫選手がいます。七夕ユニフォーム着用と思われます。

7月28日(土)ということで明日なわけですが、台風12号が直撃の可能性が高く当日の12時をめどに開催するかどうかを発表するとのことです。平塚だけではないですが、今はマリノスよりも毎年マリノスより順位が上である川崎のほうが動員力があり、結構な利益を予定していたところで平日に延期となると損失が大きく、絶対に中止にしたくないのはベルマーレの営業だと思うのですが、この予報内容でしたら観戦はお勧めできません(帰りのJR東海道線が「平塚名物:台風のため相模川を渡れませんので小田急線までバスで振り替えしてください」になったら、目も当てられない惨事・・・)。大変残念ですが、賢明な判断を期待します。「サッカー観戦=つらい」にしてはいけません。J3の相模原が積雪で延期した沼津戦を台風で再延期とかなったらこれも気の毒ですね・・・。

****************

7月29日(日)はフジテレビにて12時スタートの、JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝組み合わせ抽選です。フジテレビの「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」の中で開催され、湘南からは菊地俊介選手が参加します。YouTubeやSNSでライブ配信があります。昔と違ってお年寄りとジャニーズファンばかりな民放地上波よりはネット配信のほうが幅広い世代にアピールできていいですね。

****************

8月1日(水)は三協フロンテア柏スタジアムにて19時30分キックオフの、明治安田生命J1リーグ第19節の柏レイソル戦です。三協フロンテア柏スタジアムとは日立柏サッカー場のことなので例年と同じ会場です。柏の元湘南は亀川諒史・中川寛斗選手、加藤望監督で、湘南の元柏は小林祐介・秋野央樹選手、U-15のみ山口和樹選手、曺貴裁監督がいます。期限付き移籍の小林祐介・秋野央樹選手はこの試合に出場できません

なぜかいつも平日に割り当てられる湘南対柏戦は今シーズンも平日開催に割り当てられました。

柏は成績不振に伴って下平監督が解任されて元湘南の加藤望監督が就任しましたが、まったく改善の様子が見えず、もし秋野央樹選手抜きの湘南にもホームで敗退しますと、加藤望監督にも解任騒動が起きる可能性があります

|

« 明治安田生命J1リーグ 2018 第17節 神戸vs湘南 戦 | トップページ | 神奈川工科大学 学生食堂 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2017-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/73885015

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J1リーグ 2018 第16節 湘南vs鳥栖 戦:

« 明治安田生命J1リーグ 2018 第17節 神戸vs湘南 戦 | トップページ | 神奈川工科大学 学生食堂 »