« 明治安田生命J1リーグ 2018 第11節 浦和vs湘南 戦 | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2018 第13節 湘南vs仙台 戦 »

ゴールデンウイークの最後にホームゲームですが、過密日程はまだ中盤(ついでに「横綱審議委員会による稽古総見」)。

こんばんは、大谷翔平投手兼指名打者(花巻東高)がエンゼルスで大活躍し、山川穂高内野手・外崎修汰内野手・多和田真三郎投手(以上、富士大学)、秋山翔吾外野手(八戸大学)、菊池雄星投手(花巻東高)の活躍で埼玉西武ライオンズ(所沢移転および松崎しげるさんが球団歌を歌って40周年)が圧倒的に勝ちまくるなど、今春は旧南部藩(岩手県・青森県)にゆかりのあるプロ野球選手の躍進がすごいなあと思う、チャリ通です。山川・多和田・秋山選手は出身は違うとはいえ、北東北は野球ではそんなに目立たない地域でしたが、何か革命的なことでもあったのでしょうか?。

一方サッカーについては、2桁順位に優勝候補勢が並ぶJ1リーグ複数の昇格候補が残留争いをしているJ2リーグJ2ライセンスなしクラブが昇格枠を埋めているJ3リーグ八戸・今治・奈良のJ3昇格候補が総崩れなJFLと、上から下までなかなかの波乱な幕開けです。

****************

5月3日(木・祝)は両国国技館の「横綱審議委員会による稽古総見」に行きました。毎年「両国開催の五月場所前・連休中(だいたい5月3日に充てられる)」に開催される、午前中で終わる無料公開イベントです。今月から何事にも「平成最後の」という但し書きが付くので、行きました

昨年は異常にお客さんが多かったそうですが、今年は不祥事に加えて朝の天気が悪かったことがあって、今年はお客さんが減ったという声をよく聞きました。ただし先日のJ2町田対山口戦よりは来場者数が多かったです(そもそも町田市立陸上競技場よりも日本武道館や両国国技館のほうが収容人数も多い)。

7時半ごろから幕下、8時半ごろから十両、9時半ごろから関脇・小結・前頭、10時半ごろから横綱・大関・関脇・小結が稽古(申し合い相撲ぶつかり稽古)をひたすらします。正面溜席に横綱審議委員会の机椅子(幕下の頃は委員が2人しかおらず、十両の途中でほぼ席が埋まった)があり、向正面・東・西溜席に待機中の力士と関係者・カメラマン席があり、桝席(座布団なし)と2階椅子席が一般に無料開放されます。2階椅子席は最後までガラガラでしたので、「とにかく横綱を観たい」だけでしたら10時くらいにいっても問題ありません

桝席の前方でしたらそれなりに朝早く行く必要があります。結構1人や2人で桝席を占拠している人がいました。桝席でご覧になったことがある人はご存知だと思いますが、長時間桝席で座っていることは結構大変で、そりゃあ歌舞伎や落語は桝席を廃止して椅子席に移行するよねということが理解できると思います。とはいえ「無料で国技館の相撲」は魅力的です。7時の開門と同時に皇室の利用でおなじみの「正面2階貴賓席」の横を狙っている人も多かったです。

パフォーマンスとしては試合ではなく「練習」なので、4月の靖国神社奉納大相撲(明治2年から毎年無料)のほうが面白いです。あくまで練習なので、たくさん練習する力士もいれば、1回顔を出して終わりという力士もいます(髷が結えない幕下・村田関と、39歳前頭・安美錦関とが同じというわけにはいきません)。稽古の雰囲気がわかって面白かったです。十両西12枚目の朝弁慶関(平塚市出身・神奈川県出身現役最高位)も稽古をしていましたロアッソ熊本を応援に平塚に来場をしていた肥後ノ城関も相撲をしていました。

栃ノ心関と稀勢の里関は人気が別格でした。負けた力士が交代をしていくのですが、なんと誰に変わったのかを幕下から横綱までアナウンスしてくれます。あんなにたくさん力士がいるのに下っ端までよくわかるなあ・・・。

最後に遠藤関が白鵬関に連続でぶつかり稽古をしてヘロヘロになってしまい、この日の見せ場になりました。今場所は栃ノ心・逸ノ城・御嶽海・遠藤関と関脇・小結に人気力士が並びます。

食べ物の販売はありませんでしたが、お土産などの販売を少しやっていて、今場所の番付表(1枚55円)を買いました。北の富士さんが来ていたのですが、和服の着こなしが実際に見ると「粋」で、モデルさんのようでした。

****************

5月2日(水)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第12節の柏レイソル戦でした

湘南 1-2 柏

行けるわけがありません。しかし雨が降っていたにもかかわらず8,536人の観客動員がありました。ありがとうございました。

NPBの埼玉西武ライオンズと千葉ロッテマリーンズはそれぞれ所沢と幕張にあるので、毎年平日の観客動員が悲惨です(平日の動員の違いでオリックスバファローズに観客動員で負けている)。しかし土日の試合はどちらもそれなりに入ります。職場から遠いところにあるスタジアムの大変さを2球団は見せてしまっていますが、湘南ベルマーレにも同じことが言えます。そのうえでベルマーレがJリーグ入りをする前に最盛期を終えた平塚市が、相変わらずの個人・法人の周辺市追いだし政策を続けていて神奈川大学にも逃げられましたので、平日の見通しはライオンズやマリーンズより厳しいです。

ガンバと浦和に連勝をして臨んだ柏戦ですが、前半キックオフから30分までの試合の進め方がグダグダだったために負けてしまったようです。確かに過密日程で厳しいのではあるのですが、細かいところを詰めていくことが順位を上げることにつながりますので、頑張りましょう。

****************

5月6日(日)はShonan BMW スタジアム平塚にて16時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第13節のベガルタ仙台戦です。チケットが安くなる寒川ホームタウンデーで、PENALTYスペシャルデーです。仙台の元湘南は石原直樹・古林将太選手、西形浩和フィジカルコーチ、NHK仙台放送局キャスターの村田奈央さん(ただし今年からスポーツは担当外)で、ジャーメイン良選手(南毛利中)が厚木市出身です。

元関係者が多いですが、ベガルタ仙台に改名以降このクラブは宮城県出身選手はなるべく雇わないことで有名で、過去10年の戦績や待遇は仙台のほうが湘南より上なので、しょうがないです。余談ですがJ1を経験したクラブの中でベガルタの男子チームだけがフクダ電子アリーナで試合をしたことがありません。澤穂希さんのご主人がお勤めであることと、渡邉晋監督が男前であることも知られております。

PENALTYスペシャルデーなので七夕ユニフォームの発表がありますアイドルやゆるキャラが来るそうです

****************

5月9日(水)はノエビアスタジアム神戸にて19時キックオフの、YBCルヴァンカップグループステージ第5節のヴィッセル神戸戦です。神戸の元湘南は大槻周平・ウェリントン選手で、湘南の元神戸は曺貴裁監督、U-18のみ表原玄太選手がいます。

YBCルヴァンカップグループステージではおそらく神戸・湘南とも「リーグ戦のベンチスタート+ベンチ外+特別指定・2種登録」が主体になると思います。ポドルスキ選手とともにヴィッセルの看板選手になっている大槻周平選手(神戸で唯一のディフェンシブFW)はおそらく出場しないでしょう。親会社のツテでFCバルセロナに期限付き移籍でも狙っていたりして?。

とりあえず湘南ベルマーレにとっては初めてのハイブリッド芝の会場で、順次ラグビーワールドカップ会場に採用される芝ですので、慣れましょう。

****************

5月12日(土)はIAIスタジアム日本平にて14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第14節の清水エスパルス戦です。清水の元湘南は西部洋平・鎌田翔雅選手、左伴繁雄社長がいます。

|

« 明治安田生命J1リーグ 2018 第11節 浦和vs湘南 戦 | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2018 第13節 湘南vs仙台 戦 »

その他」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/73423860

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウイークの最後にホームゲームですが、過密日程はまだ中盤(ついでに「横綱審議委員会による稽古総見」)。:

« 明治安田生命J1リーグ 2018 第11節 浦和vs湘南 戦 | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2018 第13節 湘南vs仙台 戦 »