« 湘南ベルマーレはYBCルヴァンカッププレーオフステージに進出できるのか? | トップページ

明治安田生命J1リーグ 2018 第14節 清水vs湘南 戦

こんばんは、ゴールデンウイーク前後で、柏レイソル(下平隆宏監督→加藤望監督)、ヴァンフォーレ甲府(吉田達磨監督→上野展裕監督)、京都サンガFC(布部陽功監督→ジュロヴスキー監督)、愛媛FC(間瀬秀一監督→川井健太監督)、カターレ富山(浮氣哲郎監督→安達亮監督)と、その前の浦和の監督交代を含めて、今年も残念ながら何人も解雇されたなあと思った、チャリ通です。

「選手時代では東京ガス選手」と「指導者時代の同じ役職ではFC刈谷監督」でしか達成できていない「3年目の浮氣」(読み仮名は違いますが、わからない人はお父さんに聞いてみよう)を残念ながらまたしても達成できませんでした。こんなに早く監督になるとは思っていなかった加藤望監督は、「湘南」ベルマーレ元選手としては2人目のJ1監督となります(1人目は堀孝史監督)。

「ベルマーレ平塚」は「藤和不動産サッカー部」よりも1年短い「6年間だけの名前」でしたのであと数年もすれば「おじいちゃん、ベルマーレ平塚に所属歴があるってレアだね」と孫に言われるOBも出ますが、湘南ベルマーレという名称は今シーズンを終えるとフジタサッカークラブに並ぶ19年目で2種登録の柴田壮介選手のように「生まれる前から湘南ベルマーレだった現役選手」もいますから、引退して10年以上経っている湘南ベルマーレ出身指導者もたくさんいます。

****************

杉岡大暉選手と、愛媛FCに期限付き移籍中の神谷優太選手が、第46回トゥーロン国際大会2018にU-21日本代表メンバー選出されました。おめでとうございます。ちょうどJ1リーグ中断中なのですが、YBCルヴァンカッププレーオフステージなどに出られません。

例年の傾向的に2018年は「トゥーロン国際大会2018」と「アジア競技大会2018ジャカルタ」にU-21日本代表は主力を招聘すると思われますので、今回よりも8月後半に杉岡大暉選手が抜けて大丈夫かどうか?のほうが心配です。

愛媛FCは現状で神谷優太選手が抜けてしまうのはJ2残留に向けて大変まずい状態のように思いますが、期限付き移籍の条件に決まっていたと思われますので、しょうがないです。愛媛FCは「粉飾決算のおかげでJ2ライセンス剥奪を免れた過去があること(当年の鳥取または翌年の富山が残留できたはずだった)」「尾道市としまなみ海道も商圏に持てるFC今治と競合」「太陽石油・今治造船・日本食研・伯方塩業・大王製紙といった県内大企業は軒並みFC今治のほうが近い(三浦工業と伊予銀行は松山市)」「ニンジニアスタジアムが市街地から遠いうえに主要道路が一本しかないので渋滞必至」などがあって、セミプロチームに後退も考えなければならない状態です。

****************

5月12日(土)はIAIスタジアム日本平にて14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第14節の清水エスパルス戦でした。天気は晴れで暑かったです。ホースで水撒きをするのですが、この水撒きが極めて雑かつテキトーで、水浸しのところとほとんど撒いていないところがありましたが、スタジアムの芝の質が良かったので何とかなりました。JリーグキングとキングベルⅠ世も来ていました。

元湘南で清水の西部洋平選手はベンチで、昨年末に重傷を負った鎌田翔雅選手は間に合わずベンチ外でした。

清水 4-2 湘南

仙台戦の問題点を全く修正できていない、オカネのとれない試合でした。仙台戦はその前の柏戦のビデオ再生でしたし、カップ戦アウェイ神戸戦も勝ったものの似たような試合でしたので、過密日程の間問題点を全く修正できていないことになります。

まず、今年の湘南ベルマーレDFラインはアンドレバイア選手が出ていても、坂圭祐選手が出ていても、J1で通用しておりません。これをFWやMFも守ることでカバーしているのですが、DFライン(3人または4人)とセンターFWイジョンフョプ選手以外の中盤5人から6人がスタートからボヤっとしていて動けず、「ピッチ上にいるだけ」になってしまっております。この試合も早々に先制点を許します。後半は盛り返すのですが、これは相手も過密日程なので相手が手を抜いているからといえます

この試合も仙台戦と同様にPKを2本も取られます。この試合の第4審判が曺貴裁監督の高校の後輩の岡宏道さん(大乗寺副住職)だったのですが、2本とも言い逃れのできないファールで、仙台戦同様湘南ベルマーレの過失です。2試合で4本もPKをとられるくらいなら、最初から試合を棄権しろと言われても反論できません。

過密日程が終了すれば解決する問題なのか、それとも戦術的にちゃんと直さないといけないことなのかは、なんともわかりません。しかし2019年はラグビーワールドカップ日本大会、2020年は東京オリンピック、2022年はFIFAワールドカップカタール大会、2023年にFIFA女子ワールドカップに日本が立候補中なので、あと5年は今年のような過密日程をJ1リーグはこなす必要があります(日本や韓国は冬にサッカーをしないのに夏は世界と一緒に休むため欧州や南米と比べてサッカーシーズンが1ヶ月以上短く、プレシーズン練習ばかりやっている)。過密日程の問題であれば根本的に変えないと持ちません。

****************

5月16日(水)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、YBCルヴァンカップグループステージ第6節のVファーレン長崎戦です。長崎の元湘南は元フジタの高木琢也監督で、湘南の元長崎は岡本拓也選手がいます。また湘南の梅崎司選手が諫早市出身です。

今シーズン5回対戦する可能性のある湘南対長崎戦の第3戦ですが、この試合に湘南が勝てば湘南がYBCルヴァンカッププレーオフ進出、引き分けか湘南が破れれば長崎がYBCルヴァンカッププレーオフステージ進出となります

勝ち進んだ場合は代表選手不在の中、6月2日(土)と6月9日(土)にホームアンドアウェイによるプレーオフステージがあります。この長崎戦に引き分け以下なら「6月6日(水)に主力組で天皇杯2回戦」、長崎戦に勝てば「6月2日(土)に主力組でプレーオフ、6月6日(水)に控え組で天皇杯2回戦、6月9日(土)に主力組でプレーオフ」となると思われます。控え組が公式戦に出られる機会が増えますので、この長崎戦を控え組の皆さんはがんばってほしいなあと思います

****************

5月19日(土)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第15節のジュビロ磐田戦です。チケットが安くなる中郡・足柄上郡ホームタウンデーで、産業能率大学スペシャルデーです。磐田の元湘南は大井健太郎選手がいます。

産業能率大学スペシャルデーは客席のレイアウトが変わります。ジュビロ磐田サポーターの皆様にはご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんが、ご注意をお願いいたします。試合前イベントはミニ学園祭のようになりますので、お得です。今年もフラッグの配布があるそうです。

そしてNHK-BS1による生中継が内定しています。この第15節まででJ1リーグ戦はFIFAワールドカップ中断なのですが、英国ヘンリー王子結婚式中継、ATPワールドツアーテニス中継、大相撲夏場所中継などがNHK-BSであってベストにJリーグ中継をできないからか、なぜか湘南戦が選ばれました。

ジュビロ磐田は怪我人が多い上にDFギレルメ選手のトラブルその後契約解除)もありますが、どこに所属しているか無関係に少年マンガレベルで湘南戦を得意とするFW川又堅碁選手は健在(2016年にFW川又堅碁選手を起用していれば、湘南戦勝利で名古屋は降格していなかったと思われる)なので、注意が必要です。

なお日中は秋葉台文化体育館にて湘南ベルマーレスペシャルマッチ&フットサルクリニックもあります。

****************

5月20日(日)はひらつかサン・ライフアリーナにて18時30分キックオフの、湘南ベルマーレフットボールフェスタ2018の湘南ベルマーレフットサルクラブ戦です。翌週・翌々週にsfida Fリーグオーシャンカップ 2018、さらにその次の週6月16日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1が開幕するので、その宣伝をかねて湘南ベルマーレがフットサルで湘南ベルマーレフットサルクラブと対戦します。

5月19日(土)の磐田戦のベンチ入りメンバーに金曜日に落選した瞬間から、落選メンバーはフットサルの練習をしてこの試合を迎えると思いますので、サッカーの湘南ベルマーレが結構グダグダになることが予想されます。「硬式野球と男子ソフトボール」「バスケットボールと3 on 3」「バレーボールとビーチバレー」と同様に、サッカーとフットサルは一部の要素技術が異なるところがあり、サッカーの湘南ベルマーレによって、バスケットボール・ハンドボール由来のフットサル戦術や、足の裏でキープし続けないといけないところとかがわかりやすくなる試合になるのでは?と思われます

****************

5月26日の週末はJ1クラブには試合がないので、1週末だけオフになります。「うおー!、26日は天皇杯1回戦長野パルセイロ戦、27日はなでしこリーグ長野パルセイロ戦を組みあわせて、sfida Fリーグオーシャンカップ 2018の湘南ベルマーレフットサルクラブの2回戦・3回戦じゃー!」と日本サッカー後援会会員証を握りしめて思ったサポーターは、オイラもついていけない猛者ですし、残念ながら4試合とも13時台に試合をしています。

|

« 湘南ベルマーレはYBCルヴァンカッププレーオフステージに進出できるのか? | トップページ

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2017-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/73478086

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J1リーグ 2018 第14節 清水vs湘南 戦:

« 湘南ベルマーレはYBCルヴァンカッププレーオフステージに進出できるのか? | トップページ