« 明治安田生命J1リーグ 2018 第15節 湘南vs磐田 戦 | トップページ | 馬入のお花畑 »

湘南ベルマーレフットボールフェスタ 2018

こんばんは、今から27年前にちびまる子ちゃんの歌(走れ正直者)の「リンリン ランラン ソーセージ♪ ハーイハイ ハムじゃない♪」の意味がわからないということを話したら、ちびまる子ちゃんの世界である「昭和49年の清水市」で、リンリン・ランランという双子の女性テレビタレントがいて、「ソーセージじゃないよ、双生児っていう歌詞だよ」などを延々と説明された、チャリ通(当時学生)です。

オイラが生まれる前の話なのでわかるわけがありません。でも昭和50年ごろ日本テレビで放送されていたカリキュラマシーンのオープニングテーマが、オリジナルのままNHKの「チコちゃんに叱られる!」のオープニングに採用されていて、この時代が注目されているのかなあ?と思いました(リアルタイム世代が現在50代で現場トップになっていると思われる上、テレビの視聴者が高齢者なのでターゲットもあっていますし、カリキュラマシーンのテーマは今でも結構面白い曲だと思う)。

走れ正直者」を歌っていた昭和49年のアイドル→昭和50年代のスーパースターであった西城秀樹さんがお亡くなりになって、オイラも残念でした。2013年7月31日(水)の川崎戦で西城秀樹さんが登場しています(平日アウェイなので行っていない)。お悔やみ申し上げます。

****************

5月20日(日)はひらつかサン・ライフアリーナにて18時30分キックオフの、湘南ベルマーレフットボールフェスタ2018の湘南ベルマーレフットサルクラブ戦でした

湘南ベルマーレフットボールフェスタは過去に2回実施したことがあるJリーグ湘南ベルマーレ(以下、湘南J)Fリーグ湘南ベルマーレフットサルクラブ(以下、湘南F)がフットサルの公式戦ルールで対戦する試合で、湘南FのPRイベントに湘南Jが協力したものです。毎回PSTCロンドリーナが運営を行っております。ということで「Fリーグ開幕前に湘南Jもスケジュールが空いていないと開催できないイベント」なので、FIFAワールドカップ中断があるこの時期に久しぶりの開催となりました。なお過去2戦はフットサルに慣れていない湘南Jが大敗しています。

平塚市はFIFAワールドカップ日韓大会でのキャンプ地誘致を行い、パラシオス選手などをベルマーレが雇うなどしてコロンビア代表を誘致したもののコロンビア代表が南米予選で敗れてしまったため急遽ナイジェリア代表に変更してキャンプを開催しました。それもこれもFIFAワールドカップ日韓大会キャンプ名目で馬入の湘南ベルマーレ練習場の予算を平塚市が確保するためで、おそらく同じ方法によってラグビーワールドカップでFC町田ゼルビアの練習場を新設または改築すると思われます。ひらつかサン・ライフアリーナもキャンプの一環で建設されました(土足厳禁)。おかげで有名なトッケイセキュリティ平塚総合体育館や東海大学総合体育館などをあわせてベルマーレホームタウンで最も体育館がそろっている自治体が平塚市になりましたが、どの体育館も客席2,000人程度以下と興行的には中途半端なもののため湘南ベルマーレフットサルクラブに採用されず、Bリーグのホームタウンにもなれませんでした・・・(平塚市内の全体育館がB1アリーナライセンスがとれず、産業能率大学が親会社のビーコルセアーズの平塚移転も完全に不可能です)。

前日がJ1リーグ戦の磐田戦でしたが、白ユニフォームの湘南Jは「高卒5年目程度のU-23チーム」をベースに、坂圭祐選手と、NHK-BSが放送をするトゥーロン国際大会に出場する杉岡大暉選手を引いて、高橋諒選手とU-18の選手を加えたメンバーでした。前日の磐田戦に出場したメンバーも何人かこの試合に出ていました。曺貴裁監督はALIVE Tシャツでフットサルも指揮します。三村ロンドさんのアナウンスに広報2人が合いの手をいれる場内アナウンスでした。

昨シーズンオーシャンカップ4位、リーグ戦3位、プレーオフ3位、全日本選手権3位と過去最高位でシーズンを終えた黄緑ユニフォームの湘南Fは今シーズンも主力が全員残留し、そのベストメンバーがこの試合に出場しました。

今年の試合は予想外の湘南Jがフットサルを熟知したプレイで、えらい好ゲームになりました。湘南JのU-18からの助っ人も大活躍でした。まさかの同点で終了し、さらにPK合戦を湘南Jが制すという、湘南Fにとってはショックの大きい敗戦となってしまいました。

湘南ベルマーレフットサルクラブ(F1リーグ) 5(PK2)-(PK3)5 湘南ベルマーレ(J1リーグ)

収入差は湘南Jのほうが圧倒的に上とはいえ、本業の湘南Fがたまにやった程度の湘南Jに本業で負けるということはとてもまずいと思いますが、sfida Fリーグオーシャンカップ 2018の前週にリーグ戦並みの1,312人の有料入場者数で公式戦に近い試合をしたので、オーシャンカップの良い準備になったのではと思います。湘南Fのオーシャンカップは準々決勝で名古屋と対戦して敗退してしまいましたが、Fリーグは「名古屋があらかじめ優勝パレードと祝賀パーティーを終えた後で開幕すべき」というくらい世界一面白くないスポーツリーグなので、しょうがないです。

試合雑感としては、

まあ湘南Fはベストメンバーでしたが、主力じゃない選手も結構な時間試合に出ていた。

素手で試合に出たうえで、相手のGKフィウーザ選手がやたらと前に来てシュートを撃つので、湘南JのGKはかなり戸惑ったのでは?と思います。

その湘南JのGKは真田幸太選手(藤塚中)と、U-18の高山汐生選手(叔父がプロレスラー)が主に出場していました。楽しみにしている2人なので、次はサッカーで頑張ってください。負けていた時間帯は表原玄太選手がパワープレイ要員でゴレイロをやっていました。

Jリーグ最小身長タイの山口和樹選手(155cm50kg)より湘南Fの林田フェリペ良孝選手(152cm46kg)のほうが小さく、フェリペ選手の舞台での勝負ということもあって山口選手のほうがやりづらそうだった。

湘南Fの小門勇太選手(フットサル日本代表・父は小門洋一さん)より体重が重い湘南Jの選手は、足のサイズが31cm・身長差10cm以上の真田幸太選手(藤塚中)だけということもあって、小門勇太選手だけは湘南Jと一緒でも体格が勝っていることがわかります。将来いわきFCからプロ契約サッカー選手としてスカウトに来たらどうしよう・・・。

ファールや得点があったときに、曺貴裁監督以下湘南Jの一同がベンチを飛び出すだけでなくいちいちピッチ内に乱入していろいろアピールするのは、どこかの新喜劇みたいで絵的におもしろかったが、あれはFリーグでやったら違反だろうなあと思いました。

湘南ベルマーレらしい良いイベントだと思いますが、今後はJもFも説明不可能なくらい優遇されて参入できたYSCC横浜が同じイベントをやれます(2011年結成で今シーズンは3階級特進でF2リーグ参入とか、意味わからん・・・)。

****************

6月2日(土)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、YBCルヴァンカッププレーオフステージ第1戦のベガルタ仙台戦ですRIZAPスペシャルデーです。仙台の元湘南は石原直樹・古林将太選手、西形浩和フィジカルコーチ、NHK仙台放送局キャスターの村田奈央さん(ただし今年からスポーツは担当外)で、ジャーメイン良選手(南毛利中)が厚木市出身です。

グループステージはシーズンチケット対象ですが、プレーオフステージ以降はシーズンチケット対象外です。シーズンチケットの方はご注意ください。ベル12会員招待は使えるなど、細かい決まりがありますので、要確認です

先日は空振りになってしまった、ジャーメイン良選手の出身クラブであるFC厚木ジュニアユースDREAMSの中学生はまた来るのでしょうか?。

6月9日(土)の第2戦と合わせて勝敗が決まります。なおYBCルヴァンカップは「追加審判」というものがテスト採用されている大会ですので、この大会を観ていない方はご注意ください。

****************

6月6日(水)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、天皇杯2回戦の北海道教育大学岩見沢校戦です

6月2日(土)と6月9日(土)にYBCルヴァンカッププレーオフステージ仙台戦があるため、「プロと対戦するYBCルヴァンカップが主力組、アマチュアと対戦する天皇杯2回戦が控え組」になる可能性が高いと思います。しかし相手はアマチュアなのですから、1円でももらっているプロとしては、高卒1年目の選手であっても負けるわけにはいきません。頑張りましょう。

|

« 明治安田生命J1リーグ 2018 第15節 湘南vs磐田 戦 | トップページ | 馬入のお花畑 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレスポーツクラブ」カテゴリの記事

観戦感想文2017-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/73527210

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南ベルマーレフットボールフェスタ 2018:

« 明治安田生命J1リーグ 2018 第15節 湘南vs磐田 戦 | トップページ | 馬入のお花畑 »