« 川崎戦・鳥栖戦行けません。3月11日(日)は今月唯一の土日祝日ホームゲーム名古屋戦。 | トップページ | 風雲児たち 幕末編 30巻 読了 »

今週末の湘南ベルマーレは名古屋戦などいろいろある

こんばんは、ファジアーノ岡山の木村正明社長が退任してJリーグ専務理事に就任することが発表され、こりゃあ次期Jリーグチェアマン筆頭候補だなあと思った、チャリ通です。他のJリーグクラブ社長と比べて輝かしい経歴を持つ木村正明さんは、後発のファジアーノ岡山の高い営業成績を引き出した立役者で、彼抜きでファジアーノ岡山が高い営業成績を続けられるかが、サッカーの実力は予算ほどではないファジアーノ岡山だけに心配です。長崎の高田明社長もすごいですが、木村正明社長は高田社長より20歳若いです。現チェアマンの村井満さんもJリーグの営業成績を高めた「歴代の中でも名を残したほうのチェアマン」で、ますますの発展を見込んでの今回の人事なのでしょう

千葉ジェッツふなばしの島田慎二社長は新興の千葉ジェッツふなばしをバスケットボール界の浦和レッズにした(今シーズンでジェフユナイテッド・レイソルの年間動員に迫り、既に千葉県では「マリーンズの次はレイソルではなくジェッツ」になってしまっている)ことでBリーグ副チェアマンに就任しましたが、千葉ジェッツふなばしの社長は辞めないままなので他チームと比べて不公平感はあります。木村正明専務理事についてはこれを踏襲しなかったので、良いと思います。

****************

湘南ベルマーレの2018年各試合のホームタウンデースポンサースペシャルデーが発表されました。厚木市は9月のセレッソ大阪戦となり、市内に長年フジタ技術センターがあるためかフジタスペシャルデーとなりました。茂庭照幸選手(依知中)の所属クラブですが、セレッソの大熊清強化部長の温情だけで、なぜかリリースされずにセレッソに残留できたという昨シーズンの茂庭選手の実績でしたので、この試合に出られるかどうかはわかりません。

スペシャルデーのリストに産業能率大学がありません。今シーズンも大型スポンサーのひとつに入っているので、スペシャルデーをやらないということはないと思うのですが、例年5月下旬から6月の間に産業能率大学スペシャルデーを入れるものの、今シーズンはFIFAワールドカップ中断や平日開催などがあって、確かに産業能率大学に都合のいい日程が最初からありません。4月のあちらの新年度で産業能率大学スペシャルデーの発表があると思いますが産業能率大学スペシャルデーは席割りが特殊になるので、動向が気になります

<追記>産業能率大学スペシャルデーは、NHK-BS1での放送が内定している5月19日(土)ジュビロ磐田戦と発表されました。

J1リーグとYBCルヴァンカップグループステージで20試合しかないのに20自治体じゃあ、希望しない平日の試合に当たる自治体がかわいそうとか思っていたら、「足柄上郡は中郡と共同、足柄下郡は小田原市と共同、わりと多そうな伊勢原市と藤沢市も共同、でも寒川町は単独」という、基準がわからないホームタウンデー割り当てになりました。

****************

3月7日(水)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、YBCルヴァンカップグループステージ第1節のサガン鳥栖戦でした

湘南 1-0 鳥栖

髙山薫選手のゴールで湘南がYBCルヴァンカップを白星スタートしました

サガン鳥栖は3月10日(土)がニッパツ三ッ沢球技場でマリノス戦なので、「木曜午前に神奈川県を出て、金曜午後に神奈川県入り」を避けるために、鳥栖に帰らず保土ヶ谷で練習をするそうです。今週末のニッパツ三ッ沢球技場は10日(土)にJ1リーグマリノス戦、11日(日)にJ2リーグ横浜FC対愛媛FC戦が入っているため、J3リーグYSCC横浜が9日(金)に押し出されてSC相模原戦と、「もう少し何とかならなかったのか?」という日程になっております

****************

3月11日(日)はShonan BMW スタジアム平塚にて16時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第3節の名古屋グランパスエイト戦ですMELDIA GROUP 三栄建築設計スペシャルデーです。名古屋の元湘南は長谷川アーリアジャスール選手で、湘南の元名古屋は高橋諒・野田隆之介選手がいます。土日祝日開催に限りますとこの名古屋戦が今月最初にして最後のホームゲームとなります。連続アウェイゲームと国際Aマッチデーがあるので、しかたがありません。日曜の天気は悪くなさそうです。

ベルマーレフリーマーケット「ベルマ」が開催されます

昨年末から広報誌メルディアを三栄建築設計はJR東日本の駅で配布していますが、そちらに出ている元SKE48の大矢真那さんが来場されるそうです。また先着5,000名に「メルディア25周年記念コラボ缶バッジ」が配布されます。ちなみに背番号25は今シーズンは最初から空き番号になっていました。

この日が東日本大震災から7年目ということで、Jリーグに限らず防災に関する催し物が各地であると思います。この日のスポンサーである三栄建築設計の創業社長・小池信三さんは福島県出身ですので、少なからず思い入れがあるでしょう。ちなみに福島ユナイテッドFCはこの日の12時30分にとうほう・みんなのスタジアムでキックオフの、明治安田生命J3リーグ第1節のザスパクサツ群馬戦です

****************

3月11日(日)は湘南バイシクルフェス2018も平塚競輪場で開催されます競輪バンクで自転車の試乗ができますので、名古屋サポーターもぜひどうぞ。

また、せっかく徒歩圏内にららぽーと湘南平塚がオープンして、湘南ベルマーレのスポンサーにもなっているわけですから、湘南ベルマーレの試合観戦の「ついで訪問」にららぽーと湘南平塚で開催されるイベントも活用すべきです。3月10日(土)11日(日)はCS放送のキッズステーションのイベント「キッズステーションパーク」がららぽーと湘南平塚で開催され、ピカチュウなどがやってくるそうです。

このあたりの自治体では平塚市だけが官民とも千人以上収容のホールがないのですが、平塚駅前にお菊塚があるためかその代わりに300人以下収容がベストである落語に平塚市は周辺自治体より力を入れており、東京の落語家なのに横浜市南区真金町で人生のほとんどを過ごしている桂歌丸さんもたまに平塚でも落語をやっております。この影響もあるのか、2月18日から3月14日まで毎週水曜と日曜の11時にららぽーと湘南平塚にて「みんなの落語会 しょうなんひらつか亭」が開催されております。無料なのでベルマーレホームタウン出身者でもっとも独演会のチケットが売れる柳家三三さん(小田原市出身・三村ロンドさんや安田美香さんと同い年の1974年生まれ)クラスはこないのですが、落語・漫才・コントは「動画は生には勝てません」ので、期間中唯一ベルマーレホームゲームに適している3月11日はこちらもご検討ください

3月9日(金)・10日(土)・11日(日)と全日本フットサル選手権大会 決勝ラウンドが駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で開催され、下部組織のPSTCロンドリーナは1次ラウンドで敗退したものの、湘南ベルマーレフットサルクラブが決勝ラウンドに登場し、3月9日(金)の準々決勝は13時15分キックオフのフウガドールすみだ戦です。

ということで、名古屋戦のある週末は、結構いろいろあります。テレビでは大相撲春場所や平昌冬季パラリンピック開会式もありますし・・・。

****************

3月14日(水)はトランスコスモススタジアム長崎にて19時キックオフの、YBCルヴァンカップグループステージ第2節のVファーレン長崎戦です。長崎の元湘南は元フジタの高木琢也監督で、湘南の元長崎は岡本拓也選手がいます。また湘南の梅崎司選手が諫早市出身です。

18日前にリーグ戦で対戦したばかりですが、カップ戦で再戦です。長崎の皆さんも「同じ相手に1ヶ月で2敗」はつらいと思うので、必死に戦うと思います。5月にホームのカップ戦、8月にアウェイのリーグ戦、そして例年通りの組み合わせならおそらく7月に天皇杯3回戦をアウェイでやる可能性が高く、今年はホーム2回・アウェイ3回も長崎戦がありえます。YBCルヴァンカップグループステージではおそらく長崎・湘南とも「リーグ戦のベンチスタート+ベンチ外+特別指定・2種登録」が主体になると思います。今回も長崎バスの「女の都団地行きバス」に乗るのは難しいので、オイラはJR市川駅前のヤマザキプラザ市川(YBCの親会社である山崎製パンは戦後すぐに市川駅前の店舗で創業したため、本社は転出したものの市川駅前に旗艦店を残していて、最寄りのジェフユナイテッド市原千葉のスポンサーをしている)にて、神奈川県のランチパック「湘南ゴールド&ホイップクリーム」と長崎県のランチパック「長崎県産びわのジャム&ホイップ」を買い求めたいと思います(ヤマザキプラザ市川では、小ロットずつしか置いていませんが、各県限定のランチパックがいつでも買える)。

|

« 川崎戦・鳥栖戦行けません。3月11日(日)は今月唯一の土日祝日ホームゲーム名古屋戦。 | トップページ | 風雲児たち 幕末編 30巻 読了 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週末の湘南ベルマーレは名古屋戦などいろいろある:

« 川崎戦・鳥栖戦行けません。3月11日(日)は今月唯一の土日祝日ホームゲーム名古屋戦。 | トップページ | 風雲児たち 幕末編 30巻 読了 »