« 明治安田生命J1リーグ 2018 第1節 湘南vs長崎 戦 | トップページ | 今週末の湘南ベルマーレは名古屋戦などいろいろある »

川崎戦・鳥栖戦行けません。3月11日(日)は今月唯一の土日祝日ホームゲーム名古屋戦。

こんばんは、東京から慶應SFCに入学すると、このキャンパスの周りは豚舎の匂いが結構することに驚かれてしまうことに、逆にこっちが驚く、チャリ通です。もう何十年も高座郡が寒川町しかないので、神奈川県のブランド豚肉「高座豚」は寒川町で生産されていると思っている方も多いと思いますが、明治大正時代は「小田急江ノ島線とJR相模線沿線全域が高座郡」でした(旧相模原市・大和市・座間市・海老名市・綾瀬市・寒川町・茅ヶ崎市・藤沢市)高座豚の本場は旧高座郡全域で特に藤沢市北部・綾瀬市周辺ですので、相鉄が「いずみ野線の車庫」として確保していた土地を慶応義塾に売却してできた慶應SFCの周辺は養豚が盛んでした(現在は減少している。また「慶応義塾に売却=いずみ野線 湘南台駅-平塚大神駅延伸断念」でしたので、現在の「まるで落語なツインシティ問題」につながっている)。

SC相模原のホームタウンに座間市が追加されました。大変残念ですが、空白地の逗子市・葉山町・綾瀬市・海老名市・愛川町・清川村が湘南ベルマーレのホームタウンに加わっていただくよう、高座郡つながりでお願いできればと思います。伝統の「あれもいらない、これもいらない政策」で民主的に衰退しているお年寄りファースト平塚市(最近ではJTや神奈川大学が撤退し、道の駅計画も茅ヶ崎市に譲渡)なので、ホームタウンの拡大は必要です。

座間市は元々当時の相模原町から離脱した村であり、春の相模川での大凧祭りはまったくシンクロナイズして相模原・座間両市で開催されております。また相模原は大和市・さくら市・いわき市・北九州市・四国中央市など同様に「合併で旧相模原町ができたことによる造語」なので、地名としての歴史は浅く、市役所ができたためのJR相模原駅ですので、橋本駅前、さらに言えば相模原市の「湘南」(津久井郡湘南村→津久井郡城山町→相模原市緑区)のほうが「相模原」という地名より歴史があります

****************

年末年始にトップチームで活躍をしていたユースの柴田壮介選手(高校新2年生)が2種登録されることが発表されました。YBCルヴァンカップグループステージに出場を前提とした登録と思われます。湘南ベルマーレ50周年の歴史で初めての「21世紀生まれ」のトップチーム登録となります。おめでとうございます。同学年の久保建英選手(FC東京を2種登録ではなくプロ契約済み)や1学年下の藤井聡太将棋六段、2学年下の卓球張本智和選手に負けないよう、がんばってください。

****************

3月2日(金)は等々力陸上競技場にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第2節の川崎フロンターレ戦でした。アウェイ川崎戦は試合前後も試合内容も良いことが多いのですが、行けなくて大変残念でした。

川崎 1-1 湘南

無理をしないと平日にはいけないのであまり述べられませんが、戦力層の厚い川崎が圧していたアウェイゲームを、冷静に対応して勝ち点1を確保したという悪くない試合でした。秋野央樹選手のコーナーキックからアンドレバイア選手がつないで、 松田天馬選手が同点ゴールを決めました。「J1王者 対 J2王者」とかされていましたが、「Jリーグ1位 対 Jリーグ19位」が正しいと思われ、そういう意味でも湘南のユニフォームにJ2優勝で2個星を追加してしまうのはみっともないと思います(栃ノ心関が幕下を2度・十両を3度優勝していることを、幕内優勝して関脇で迎えた今場所でも口上し続けているようなものです)。川崎はクラブとしてのJリーグ代表なわけですからAFCチャンピオンズリーグのほうをがんばってください

DAZNになって改善をされたポイントのひとつが「民放がサブライセンスで放送しやすくなった」なのですが、「日本一地元スポーツを放送しない放送局、テレビ神奈川」のエリアなのでこの試合がテレビで放送されなかったのが残念です。

****************

3月7日(水)はShonan BMW スタジアム平塚にて19時キックオフの、YBCルヴァンカップグループステージ第1節のサガン鳥栖戦です。湘南の元鳥栖は野田隆之介選手がいます。

日程を考えますと「リーグ戦のベンチスタート組+ベンチ外選手+特別指定と2種登録」が主に出場すると思います

日本もバイオリンやピアノのエリートや欧州スポーツと同様に「プロやオリンピックを目指す場合は、高校選手権など国内年齢別大会になぞ出ず、初戦敗退でもいいので大人の国際大会に出場して慣れる」というのが浸透しつつあり、特に結果出しまくりの卓球やテニスではそれが顕著(「高校総体出場=オリンピック断念」というくらい16歳くらいまでで競技人生が決まってしまう)です。団体競技のサッカーは卓球ほどではないですが「実績のあるユースでは飛び級は当たり前であって、飛び級があるからこそ入団する」という傾向は強く、ガンバとセレッソのJ3チームは高校生や新卒が多いです(FC東京はそうでもないからJ3中位だった)。

湘南ベルマーレユースも高3でトップチームの練習や練習試合で結果を残さないとトップチームに昇格できないそうです(神奈川県K1リーグ所属としては異常にプロが出ているのは、対象者はU-18ではなくトップチームサテライトで鍛錬しているため)。ベルマーレこそお金があったらJ3にU-23チームを出場させたいのでは?と思うのですが、まったくないのでU-23チームは無理です。その代わりとなるのがYBCルヴァンカップだと思いますので、ぜひこの大会には主力選手を出さないでいただきたいものです。2018年は大卒新人を多めに採用しているので、YBCルヴァンカップグループリーグで経験を積んで、ワールドカップ明けにはJ1で先発を奪取となればよいなあと思います。

2017年にアビスパ福岡のJ1通算勝利数を上回って、名実ともに九州最強クラブになったサガン鳥栖(福岡に行くと福岡市在住のサガン鳥栖ファンがまあまあいることがわかる)ですが、今回はさすがに九州から関東へ遠征なので、ここは湘南が勝っておきたいところです。2018年のJ1は東洋ゴム工業(ガンバ大阪)、ブリジストン(サガン鳥栖)、横浜ゴム(湘南ベルマーレ)とパンツスポンサーにタイヤメーカーが集中しており、横浜ゴムのためにも勝っておきたいところです。

****************

3月11日(日)はShonan BMW スタジアム平塚にて16時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第3節の名古屋グランパスエイト戦ですMELDIA GROUP 三栄建築設計スペシャルデーです。名古屋の元湘南は長谷川アーリアジャスール選手で、湘南の元名古屋は高橋諒・野田隆之介選手がいます。土日祝日開催に限りますとこの名古屋戦が今月最初にして最後のホームゲームとなります。連続アウェイゲームと国際Aマッチデーがあるので、しかたがありません。

昨年末から広報誌メルディアを三栄建築設計はJR東日本の駅で配布していますが、そちらに出ている元SKE48の大矢真那さんが来場されるそうです。また先着5,000名に「メルディア25周年記念コラボ缶バッジ」が配布されます。ちなみに背番号25は今シーズンは最初から空き番号になっていました。

この日が東日本大震災から7年目ということで、Jリーグに限らず防災に関する催し物が各地であると思います。この日のスポンサーである三栄建築設計の創業社長・小池信三さんは福島県出身ですので、少なからず思い入れがあるでしょう。ちなみに福島ユナイテッドFCはこの日の12時30分にとうほう・みんなのスタジアムでキックオフの、明治安田生命J3リーグ第1節のザスパクサツ群馬戦です。なおリンク先のとおり福島ユナイテッドFCは3月1日にすでにこの試合のイベントを追記なしで出しておりますが、湘南ベルマーレは3月3日(土)時点で出揃っておりません。この点で湘南に勝っている福島が早いのではなく湘南ベルマーレの告知が遅すぎるもので、運営会社の社員さんは「人を誘って来場してもらう」ということをしたこととされたことがない?のか、NPB関東5球団、J1他クラブ、B1リーグと比べると、近年の湘南ベルマーレは不親切(開催3日前くらいに出揃い、しかも「公式ホームページや公式SNSをチェックしないあなたが悪い」という選民対応)です。広報の仕事を10日ほど前倒しして、2日前くらいにSNSで再告知するだけでだいぶ違うと思います。改善してほしいものです

|

« 明治安田生命J1リーグ 2018 第1節 湘南vs長崎 戦 | トップページ | 今週末の湘南ベルマーレは名古屋戦などいろいろある »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎戦・鳥栖戦行けません。3月11日(日)は今月唯一の土日祝日ホームゲーム名古屋戦。:

« 明治安田生命J1リーグ 2018 第1節 湘南vs長崎 戦 | トップページ | 今週末の湘南ベルマーレは名古屋戦などいろいろある »