« 冬季オリンピックの裏で磐田と鹿児島で練習試合 | トップページ | 2月24日(土)に2018年開幕 »

今週末にベルマーレワンダーランドで来週末から開幕。あと10日しかない。

こんばんは、先月に湘南ベルマーレの2018年ユニフォームが発表されましたが、50周年ということでなんだかいろいろデザインに盛り込もうとして、失敗したように見えるなあと思った、チャリ通です。まあ戦績を残せばどんなデザインでもかっこいいし、戦績が悪ければいいデザインでもかっこわるいのが、プロスポーツのユニフォームですが・・・。

全体的には「いわきFCの色違い」といったところで、残念ながら星が増えました(アジアチャンピオンと国内2部リーグが同列なのはおかしい)。今シーズンはJリーグ全体で残念なデザインが多い(個人的には特にFC東京J1チーム、SC相模原、鳥取が残念なデザイン)ですね。クラブ数も多くて毎年変えることによる「ネタ切れ」ですね。ガイナーレ鳥取はそれまでの「黄緑と青」から2017年シーズン以降「深緑と赤」にユニフォームカラーを激変させた(結果クラブ初のJリーグ最下位に落ちた)ことで色の組み合わせ的にかなりデザイナー泣かせになったと思います。クリスマス仮面ライダーアマゾンを参考にがんばってほしいと思います。

隣同士の県で同じJ2である大分トリニータとロアッソ熊本は共にプーマなのですが、この2クラブは「まったく同一のデザインを、大分はインテルミラノ配色、熊本はACミラン配色」にしていて、これは「プーマのやっつけ仕事」なのか「プーマと両クラブの共同セールス企画」なのかわかりません(たくさんのクラブに提供しているプーマは「川崎・セレッソ・磐田・清水の売れるから高待遇組」と「大分・熊本・沼津・鹿児島の売れないからテンプレート組」の差が毎年わかりやすく激しいのがつらい)。

平塚市と伊勢原市のふるさと納税返礼品に湘南ベルマーレユニフォームがあり、一般的な会社員・公務員でしたら誰でもクリアできる寄付額で「実質負担2,000円で湘南ベルマーレユニフォーム」が実現でき、おそらく今年も4月から12月の間で受け付けられると思いますので、そちらもご検討ください(小田原市は湘南ベルマーレフットサルクラブユニフォームでふるさと納税返礼品がある)。

オイラは3~4年に一度ペースのユニフォーム購入なので、今年は入手できるかわかりません。

****************

湘南ベルマーレ50周年記念サイトが運用されるようになりましたが、ファンサポーター歴が長い人ほど楽しめそうなWebサイトになりそうですね。ベルマーレOB・岩本輝雄さんによる「TERUシート」設置のお知らせが転載されていましたが、これは大変ありがたいことです。今後岩本輝雄さんと一緒に観戦という企画もあるそうで、専門家を独占できるという意味でも該当試合はなかなかプレミアムな企画になりそうです。

****************

2月18日(日)は、毎年恒例のベルマーレワンダーランド 2018が平塚駅前で開催されます翌週が開幕ということで、「この日から毎週末にベルマーレ」を意識付けさせるイベントです。選手と記念撮影やサインを書いてもらいながら、トークショウや食事を楽しみましょう。ベル12の特典であるオフィシャルハンドブックがサイン帳に最適です。

****************

2月24日(土)はShonan BMW スタジアム平塚にて16時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第1節のVファーレン長崎戦です。ららぽーと湘南平塚スペシャルデーです。長崎の元湘南は元フジタの高木琢也監督で、湘南の元長崎は岡本拓也選手がいます。また湘南の梅崎司選手が諫早市出身です。2017年のJ2首位攻防戦が2018年のJ1開幕戦となります

ららぽーと湘南平塚スペシャルデーということで、この試合のチケットでららぽーと湘南平塚の駐車場が無料利用できます

この試合はVファーレン長崎がクラブ史上初めてのJ1リーグの試合であり、オリンピックの裏なので厳しいのですが、この日のスポーツニュースの主役は「長崎のゼイワン初挑戦」で決まり(ベルマーレは敵役)で、そこに映りこんであちらのホーム開幕戦「肥前国ダービーサガン鳥栖戦」の宣伝のためのヴィヴィくんがこの試合に来場(記念すべき試合なのでほぼ100%高田明社長も来場でしょう)だと思います。そう考えると、「今シーズン一番価値のある長崎戦をベルマーレがいただけた」ということで、良かったと思います。このあとルヴァン杯グループリーグ第2節、天皇杯3回戦、J1リーグ第25節で、今年はこのあと2回または3回アウェイ長崎戦があるので、長崎がゼイワンの舞台に立つことは祝福しつつもきっちり勝っておきたいところです。

近年Jリーグはちょっとずつ開幕が早まっておりますが、リーグの構成が確定するのが12月のままでそのあとに日程を決めるためか、チケット一般販売はどこも遅いのですが、今シーズンはチケットの一般販売がベルマーレワンダーランドの2月18日(日)販売開始となっていて、前売り券の販売期間がたった6日間しかありません。千葉ジェッツふなばしの社長さんなら「一見さんは来るなということ?」と怒りそうな不親切さです。それにあわせてなのか湘南ベルマーレのイベントやフードパークの告知がオイラの会社であっても考えられないくらい遅れていて川崎の第2節湘南戦告知のほうが先行して告知されていて、「意識の差が人気の差」になってしまっている)、この県にはNPBもBリーグもあるのに他クラブではなくベイスターズなどに比べて不親切で、こんな調子でいいのか?と心配になります。お客さんが行けるかどうか決まった後にクラブが発表するイベントは人を誘うのにはあまり意味をなしていない=そのイベントはやる必要がなく予算の無駄なので、わざと直前発表かもしれませんが一律に1週間前倒しして、木曜夜くらいに再告知してほしいです(首都圏NPB5球団は実施日の2週間前にはすべてのイベントが発表されていますし・・・)。

****************

3月2日(金)は等々力陸上競技場にて19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第2節の川崎フロンターレ戦です。川崎の元湘南は安藤駿介・下田北斗選手で、湘南の元川崎は曺貴裁監督、ユースのみの髙山薫選手がいます。

インターネット配信を担当するDAZNの要望で、NFLでは伝統のある「土日の試合は1試合だけピックアップされて平日開催」となり、さらにさらに川崎はAFCチャンピオンズリーグの試合が数日後にあるのでそちらの影響で金曜開催を受け入れているようです。

すでにイベント「等々力フライDAY」の内容が告知されていてフロンターレについて特別編集された講談社のFRIDAYが無料配布されます。また現役時代の決め球はシュートの川崎憲次郎投手が始球式を務めます。川崎さんおすすめの開戦フライも販売されます。ロッテコアラのマーチの来場者配布もあります。

|

« 冬季オリンピックの裏で磐田と鹿児島で練習試合 | トップページ | 2月24日(土)に2018年開幕 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週末にベルマーレワンダーランドで来週末から開幕。あと10日しかない。:

« 冬季オリンピックの裏で磐田と鹿児島で練習試合 | トップページ | 2月24日(土)に2018年開幕 »