« 2018年は第1節ホーム長崎戦、第2節アウェイ川崎戦で開幕です。 | トップページ | SHONAN×FUKUSHIMA フットボールフェスティバル2018 Presented by日本端子 »

DUARIG Fリーグ2017/2018 プレーオフ準決勝 湘南vs町田 戦

こんばんは、「JFL・なでしこリーグ・Fリーグ・天皇杯の準決勝以前・学生サッカー」の有料試合は、日本サッカー後援会(13,000円から)特典で全試合自由席無料なのは、これらの試合を観戦に来ている方はご存知なのかなあ?と思った、チャリ通です。これによってシーズンチケットというものがJFL・なでしこリーグ・Fリーグの各クラブに成り立たず、J3リーグ以上を目指すJFLクラブの営業スタッフを育成するのにどうなのだろうなあ?と思いますし、またアウェイ・セントラル(6クラブ共同開催)・プレーオフと、Fリーグにいたっては三分の二以上が自分のクラブ以外がチケット販売をする試合なので、ホームだけでなくそれらもすべてカバーする日本サッカー後援会はマストアイテムです。

日本サッカー後援会扱いで発行されたチケット分も日本サッカー後援会が精算するのですが、「男子日本代表の国際Aマッチ」の高いチケット料金や電通がセールスする高額TV放映権料の収益は、対戦相手の招致費用や自国選手の所属クラブへの経費負担の他にも、「アマチュア・女子・フットサル・学生サッカー・障害者サッカー」の全国大会運営にも収益が使われているために、もともとはサッカー日本代表のファンクラブであった日本サッカー後援会の特典にこれが組み込まれております。

ところでサッカー日本代表といえば、大相撲のネット配信が有料のスポナビライブから平成三十年初場所から無料のAbemaTVに移籍(初回ゲストは祖父が十両だった、近三の松木安太郎さん)し、「今までNHK受信料が必要だった大相撲本場所生中継映像が、史上初めて無料でも観られる」ようになりました。既にNPB・Bリーグ・Jリーグの全チームが海外スポーツと同様にネット配信に対応している中、電通が仕切っている各競技日本代表戦だけがネット配信に正式対応していません。他国の代表戦は既にネット配信に対応しているので、ジャニーズのようにこのままネット配信をしないということはないと思いますが、配信をするとなるとそれなりの競争があると思います。正直爆赤字と思われるFリーグ中継にAbemaTVに参入したのも、日本サッカー協会とツテのあるDAZN・スポナビライブ・RakutenTVなどに勝ってサッカー男子日本代表のネット配信権を獲得するための「実績作り」なのだろうなあ・・・と思いました。

****************

1月14日(日)は駒沢公園屋内球技場にて17時30分キックオフの、DUARIG Fリーグ2017/2018 プレーオフ準決勝のペスカドーラ町田戦でした。それまでFリーグ東京セントラルといえば国立代々木競技場第一体育館だったのですが、2017年夏から東京オリンピックに向けての長期改修工事中のため、2017年に改築されたばかりの駒沢公園屋内球技場での開催となりました。まあ場所は駒沢公園なのでいいのですし、新しいきれいな体育館なのですが、屋内球技場は小田原アリーナより客席数が少ないのが残念です。屋内球技場を満員にしてやっとB1リーグワーストの不人気チームでBリーグで問題になっている京都ハンナリーズの平均動員(2千人くらい)並みでしたので、チケットが完売しない時点でノルマ割れだったろうなあと思いました。

前日の1月13日(土)に2位町田が5位大阪を倒し、3位湘南が4位すみだと引き分けて、この日に勝ち上がった町田と湘南の対戦となりました

ペスカドーラ町田といえば「お客さんが少ない」なのですが、プロの名古屋を除外したセミプロ11クラブの中では、イーグル建創という親会社のあるペスカドーラ町田(イーグル建創本社内に運営会社がある)とLEOCが親会社のエスポラーダ北海道の経営の安定ぶりは群を抜いるようですので、お客さんが少なかったり、スポンサーアナウンスにわざわざ応援をかぶせるとかは、ペスカドーラはまったく気にしていません。Fリーグが盛り上がらない原因のひとつは「あらかじめ名古屋の優勝祝賀会をやった後でシーズン開幕」というくらい結果がわかりきっていることですので、町田と北海道には国内2クラブ目のプロクラブを目指してもらいたいところです。

同じ親会社のイーグル建創の社長が社長兼務をしているFC町田ゼルビアとは、ゼルビアの公式戦のある日にわざとペスカドーラのイベントをぶつけるなど、湘南ベルマーレのサッカーとフットサルとは真逆の関係性で、FC町田ゼルビア後援会(あれだけペスカドーラに入れ込んでいる団体なのに「ゼルビア」しか名乗っていない)と一部のサポーターだけが間を取り持っているようです。まあペスカドーラ町田とキヤノンイーグルス(ラグビー)は国内最高峰リーグにいて日本代表選手も所属しているのに何もなく、2部リーグで有力選手のいない、2012年をピークにサポーターが減っているゼルビアのために町田市は総額120億円以上を投入して、別途天然芝練習場とクラブハウスも町田市が建設となれば、ペスカドーラがグレるのもわからないでもないです・・・。

会場入りするとどちらかのホームではないのに「境川決戦」の幕がかかっていて、湘南ベルマーレの水谷尚人社長とこの試合ベンチ外の久光重貴選手がお出迎えをしていました。「湘南サポーター5:町田サポーター3:不明2」くらいの割合で、プレーオフとなるとさすがに町田サポーターが多くて驚きました。駒沢へは、すみだの本拠地錦糸町駅から半蔵門線直通田園都市線で1本、町田の本拠地成瀬駅から長津田駅乗換えの横浜線・田園都市線で40分程度なので、2日続けてアウェイみたいなものです。まあ「産業能率大学から徒歩でいける駒沢公園」なのである意味湘南もホーム?ではあるのですが・・・。

試合はラフプレイの多い荒れた試合になりました開始1分もたたずに町田の森岡薫選手が先制ゴールを挙げ、引き分けでも勝ちあがりの町田にとっては有利な試合展開で、ほぼ勝負が決着したゴールといっても過言ではありませんでした。さらに町田の滝田学選手が追加点を挙げます。湘南の浦上浩生選手が1点を返して前半を終えますが、町田のほうが強いなあという前半でした

ハーフタイムに「やわいボール100個投げ入れ」のあと、後半には町田のダニエルサカイ選手が追加点を決めた後、湘南がパワープレイから 本田真琉虎洲選手(ジャッピーニャ・前ペスカドーラ町田)が1点を返しますが、反撃もここまでで、湘南ベルマーレフットサルクラブがペスカドーラ町田に力負けして準決勝敗退となりました

町田 3-2 湘南

湘南ベルマーレフットサルクラブは、レギュラーシーズン3位、プレーオフ3位という結果に終わりました。昨シーズンまでの10シーズンが「一度も前年度越えをしないまま10シーズン」というふざけた結果だったので、3位もすばらしい成績だと思います。ありがとうございました。2月のフットサル日本代表活動期間の後、3月にはプーマカップ全日本フットサル選手権がありますので、そちらは優勝できるようにがんばりましょう

プレーオフ準決勝をもってして観客動員は1,609人と、セミプロ全国興行として危険信号だなあと思いました。これでは工事が終わっても代々木第一体育館を使わせてもらえないかもしれません・・・。「あらかじめ名古屋の優勝祝賀会をやった後でシーズン開幕」のほかにも、「フットサルワールドカップ出場を逃がす」「サッカー東北2部のいわきFCなどサッカー地域リーグの一部のクラブのほうがFリーグより高待遇」「就職引退・寿引退・授かり引退などで若い選手からいなくなって、なぜか長老クラスは安泰」など、何とかしなければいけないことがフットサルには多いです。本当に申し訳ないのですが、見るからに地元に支持されていないデウソン神戸とバルドラール浦安は明日地域リーグへの自主降格を申し出ても驚きがないですし、さらに数クラブが続けば「全国リーグをあきらめて、地域リーグによる予選+全国大会」に後退する可能性も出てきます。「プロアマコンペで、テレビで見たことがある若い女子プロゴルファーがシャチョーさんに教えまくりでナイスショットと言いまくったおかげで、女子プロゴルフ大会が男子より成長した」などのような盛り上がるシナリオを立てることが急務だと思います。

****************

1月21日(日)はShonan BMW スタジアム平塚にて12時キックオフの、SHONAN×FUKUSHIMA フットボールフェスティバル2018 Presented by日本端子の福島ユナイテッドFC戦です(有料)。カメラマン体験チケットなんて、カメラが好きな人にとっては絶対ほしいチケットなのでしょうね。福島の元湘南は田坂和昭監督、伊藤剛選手、宇佐美宏和選手、阪田章裕選手、前田尚輝選手、田村翔太選手、樋口寛規選手、和田響稀選手がいます。今年は福島ユナイテッドFCがすでに1次キャンプ(時之栖)を始めており、以前ほど準備不足ではないと思います。ただそうは言っても湘南・福島とも「とりあえずやってみた」的な試合になると思います。

前日の1月20日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚にてShonan BMW BELLFESが開催されます。

1月22日(月)から2月2日(金)まで、湘南ベルマーレトップチームはスペインキャンプとなります。

|

« 2018年は第1節ホーム長崎戦、第2節アウェイ川崎戦で開幕です。 | トップページ | SHONAN×FUKUSHIMA フットボールフェスティバル2018 Presented by日本端子 »

湘南ベルマーレスポーツクラブ」カテゴリの記事

観戦感想文2017-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DUARIG Fリーグ2017/2018 プレーオフ準決勝 湘南vs町田 戦:

« 2018年は第1節ホーム長崎戦、第2節アウェイ川崎戦で開幕です。 | トップページ | SHONAN×FUKUSHIMA フットボールフェスティバル2018 Presented by日本端子 »