« 2017年最終更新 | トップページ | 新年早々ですが、Fリーグはクライマックスで、Jリーグは始動。 »

2018年もあけましておめでとうございます(とうとう平成30年ですよ)

あけましておめでとうございます。毎年恒例ですがカウントダウンは東急ジルベスターコンサートを観ておりましたが、ムソルグスキー「展覧会の絵」から「キエフの大門」(テレビ朝日の「ナニコレ珍百景」の曲なので、この曲を使用するとは思いませんでした・・・)がきちんと0時で終わってよかったと思う、チャリ通です(この曲に限らず最後が長音で終わりそうな曲を選べば、多少はごまかせる)。でも会場すぐそばの渋谷駅歩行者天国のカウントダウンのほうが面白そうでした。

2017年は湘南ベルマーレはJ2優勝(これで2部リーグ優勝なのにユニフォームに星が増えるのであれば残念)、湘南ベルマーレフットサルクラブはまだシーズンが終わっていないものの2017年中にFリーグプレイオフ進出を決め、湘南ベルマーレ的にはとても良い年でした

ついでに厚木市的には栗田工業ウォーターガッシュも全勝でラグビートップチャレンジリーグ昇格を決めましたし、田中広輔内野手(カープ・依知中)のWBC日本代表選出・NPBオールスター選出・セントラルリーグ盗塁王獲得、さらに弟・田中俊太内野手(日立製作所・依知中)のジャイアンツ入団もありました。堀孝史監督(厚木中)が厚木市出身者初のJ1監督(浦和)に就任し、即AFCチャンピオンズリーグ優勝もありました。平塚市では朝弁慶関が十両から陥落してしまいましたが、平成三十年初場所では幕下東2枚目になったので勝ち越せば十両復帰でしょう。幕下東9枚目の湘南乃海関(大磯町出身・19歳)が平成三十年中に十両になれるペースですので、神奈川県出身者最高位を奪われないようにがんばっていただきたいと思います。

2018年はクラブ創設50周年ということだそうです(前身の藤和不動産サッカー部が1968年に栃木県の那須ハイランドパークに設立されたことを起点としていて、昭和40年代には「藤和不動産 対 栃木教員サッカークラブ(現 栃木SC) 戦」が公式戦であったらしい)。湘南ベルマーレと同い年は、「メキシコ五輪サッカー男子日本代表の銅メダル」、少年ジャンプ(漫画雑誌・初年度のみ月2回発行)、東名高速道路・名神高速道路(それぞれ一部区間)、人生ゲーム(タカラ)、野茂英雄さん(野球)、金本知憲監督(有名になった年が10年くらい違う桑田真澄さんと誕生日がたった2日違いなのね・・・)、森保一監督(2020東京五輪サッカー日本代表)、チュンリー(ストリートファイターⅡ・1991年)などがいらっしゃるそうです。ベルマーレもメモリアルイヤーとして何かを戦績で残したいところです。

戌年の2018年ですが、Jr East Furukawa UNITED 市原千葉もヴァンフォーレ甲府もJ2に参戦ということで、さびしいものです。特に甲府は、異常に元湘南出身者が多い仙台とともに、湘南ベルマーレのライバルだと思っておりますので・・・。そういえば何度も移転してクラブ名も企業名である千葉のマスコットのジェフィとユニティは秋田犬(当時は浦安と習志野だったのにJR東日本に忖度で秋田犬)なのに、ブラウブリッツ秋田のマスコットが犬ではない(なまはげでもなくドラゴンのブラウゴン)のは拍子抜けです。

<追記>J3鹿児島ユナイテッドのゆないくーも薩摩犬だそうです。

2018年はFIFAワールドカップの年なので6月から7月にかけて中断期間があります。この時期にトップチームをオフにするのか、トレーニングキャンプにするのか、福島を訪問するのかわかりませんが、この期間の使い方が大事だと思います。現役のベルマーレ所属選手のワールドカップ出場はちょっと難しいでしょうが、元ベルマーレの選手にはがんばってほしいと思います。現役のベルマーレ所属選手は2022年カタール大会を目指してください。

2018年は明治維新150周年イヤーなので、アウェイ遠征のついでに有名な幕末観光地に行かれるかたもいらっしゃるのでは?と思いましたが、J1は近い江戸(FC東京の場所は明治時代途中まで神奈川県でしたが・・・)、やはり近い横須賀(マリノス)、昨年も対戦した長崎(順位的に湘南と長崎は天皇杯3回戦でも当たる可能性が高い)、長崎とともに一応肥前である鳥栖くらいで、鹿児島・山口・高知・京都・会津・函館がJ1にはないのですよね・・・。福島のついでに会津にいけるかもしれない?程度でしょうね。

2018年の夏の高校野球が「第100回全国高校野球選手権記念大会」ということで神奈川県なども2校出場できるそうですが、

北神奈川:横浜市北部(主に東急の通る区)・川崎・相模原・県央
南神奈川:横浜市南部(横浜駅あたりから南)・三浦半島・湘南・県西

という区割りなので、

北神奈川:東海大相模・慶應義塾・桐光学園・桐蔭学園・日大・横浜商大・向上など
南神奈川:横浜・日大藤沢・鎌倉学園・平塚学園・横浜商・星槎国際湘南など

南神奈川のほうがかなり楽そうだと思いますので、南神奈川部分が多いベルマーレホームタウンの各校もがんばってください。「川崎・横浜」「相模原とその他」で東西に分けてしまうと「川崎・横浜」に強豪高が偏るための南北分けなのでしょうが、南北分けも多少マシな程度ですね・・・。なお厚木の野球のうまい子は中学卒業後に全国の私立高校に散らばります。

慶應義塾高は「表向きはスポーツ推薦のないことになっている慶應義塾大」のユースチーム的な存在(大学で活躍するためにスポーツも出来る子を選んで高校から育成)で、野球もラグビーもサッカーも、全国大会に出られないだけで高校も結構強かったりし、大学のAO入試も「一芸=スポーツか芸能で大学を宣伝してくれる人枠(かつて湘南にもいました)」ですし・・・。また桐蔭学園高で慶應義塾大の指定校推薦レベルになる子は慶應義塾大ではなく医学部や東大・京大レベルを目指すので、昔から推薦を各運動部に譲渡(巨人の高橋由伸監督が該当)されているようですし・・・。

依知中の茂庭照幸選手がセレッソ大阪を解雇されなかったので、1999年の超グダグダだった「ベルマーレ平塚」に所属していて今もプロ契約を続けている選手が19年後も滅亡せずに済みました。とうとう経歴欄からも「ベルマーレ平塚」が消えそうですが、今季はベルマーレ対セレッソ戦があるので、ぜひ出場してほしいものです。

本年もよろしくお願いいたします

|

« 2017年最終更新 | トップページ | 新年早々ですが、Fリーグはクライマックスで、Jリーグは始動。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年もあけましておめでとうございます(とうとう平成30年ですよ):

« 2017年最終更新 | トップページ | 新年早々ですが、Fリーグはクライマックスで、Jリーグは始動。 »