« オフシーズンのプロスポーツは定期的に情報提供とイベント開催をして、常に新しい話題があるようにしなければならない。「一度にまとめて」はダメ。 | トップページ | 2017 ラグビー3地域チャレンジマッチ 栗田工業 vs 大阪府警察 戦 »

DUARIG Fリーグ2017/2018 第30節 湘南vs神戸 戦

こんばんは、湘南ベルマーレトップチームは既に年内の活動を終了しておりますが、広島が降格しないで助かった森保一監督の初采配であるM-150 CUP 2017のU-20日本代表に湘南から神谷優太選手が出場していて、ちゃんと観ていないのですが活躍したらしいそうでなによりと思った、チャリ通です。

レンタル選手ながらクラブ史上初の世代別日本代表に大喜びのツエーゲン金沢には申し訳ないのですが、今回のU-20日本代表はFIFA U-20 ワールドカップ 2017(韓国)のメンバーが1人もおらず、下の世代からの飛び級もなく、「控え選手からの底上げ」が目当てのチームに、「予選の主力で本大会に落選した」神谷優太選手なので大喜びは出来ないかなあとは思いましたが、2018年のU-21日本代表入りの足掛かりにはなったと思います。

リオデジャネイロオリンピックサッカー日本代表の初期のころ、2013年J2降格した当時湘南のDF遠藤航選手のよりも、2013年にJ1で活躍していた清水のMF石毛秀樹選手やGK櫛引政敏選手のほうがこの世代の中心選手としてもてはやされていましたが、今では石毛・櫛引選手の期待外れぶりが2017年岡山J1昇格失敗につながっていて(清水やJ1ですらない)、櫛引政敏選手にいたっては無所属になってしまうという、AFCチャンピオンズリーグ王者浦和に所属する遠藤航選手との差が激しすぎることになってしまいました。最終的にどんなサッカー選手になるかは20歳前後ではわかりませんので、神谷優太選手にはここからはい上がってほしいなあと思いました

****************

12月16日(土)は南足柄市体育センターにて16時キックオフの、DUARIG Fリーグ2017/2018 第30節のデウソン神戸戦でした。小田原アリーナをホームとする湘南ベルマーレフットサルクラブですが、年に数試合開催されるホームタウン内地方開催試合となります。「きんたろうスマイルパスポート」がこの試合のために組まれたこともあり、子供がたくさん入場して1,326人の観客動員がありました。定員1,500人程度のアリーナなのでかなり埋まりました。

ホームタウン外の方にとっては南足柄市についてよくわからない方が多いと思いますが、南足柄は戦前に富士フイルムが創業工場を建てたところであり、この会社から富士ゼロックスも工場を建てた場所で、現在も両社の大きな事業所があります。ほかにもアサヒビールの工場などもある裕福な自治体です。南足柄の中心街から東に平地が広がっていたので、これらの事業所の正社員向けの住宅街として開発し、小田急小田原線にぶつかったところで開成駅(とロンちゃん号)を新設しました。このため昭和60年から現在も新築住宅がどんどん開成町に建設されていて、これが開成町の人口増につながっています(南足柄市内は伊豆箱根鉄道大雄山線だからか小田急小田原線のほうが好まれるようです)。「大型店舗もいらない、道路もいらない、まともな駅前バス乗り場もいらない、コンサートホールもいらない、工場もいらない、道の駅もいらない、大学もいらない、Jリーグの試合会場もいらない」でおなじみの平塚駅前より開成・南足柄のほうが住民の年齢層が若いです。

元々は川合俊一さんなどが所属していた富士フイルムバレーボール部(廃部)の試合会場であった南足柄市体育センター体育館は、メインスタンドとバックスタンドのみで、横浜文化体育館のようにステージがあります。空調はありません。

前節にDUARIG Fリーグ2017/2018のプレイオフ進出5位以上を決めた湘南ベルマーレフットサルクラブですが、最下位の神戸を倒してプレイオフ初戦の条件をよくしたいところです。神戸は「女性3人とその付き添いっぽいおじさま1名」という応援なので、少人数ですが応援が完全に黄色いです。

試合は一方的に湘南が押した試合なのですが、どちらも得点ができずに前半を終えます。

後半に入り、セットプレイで神戸の壁2選手の間に湘南の選手が立ちます。この湘南の壁がどくのだろうとみて神戸の選手が湘南の壁の位置に入るところを、湘南のキッカー小門勇太選手が裏をかいて動いた神戸の壁の選手の位置に蹴って、湘南が先制します競輪・小門洋一選手息子で日本代表候補の小門勇太選手は今シーズンからフットサルに転向した選手なのであまり期待されていなかったと思うのですが、日本代表までなってしまい大当たりすぎです。

さらにオイラが行くとなぜか大活躍するクラブ最小選手(サッカーの中川寛人選手より低い152cm)である林田フェリペ良孝選手が追加点を挙げて、ゴールを挙げると必ずするバック転をしました。さらに平塚市出身の鍛代元気選手兼通訳もゴールを挙げて3点差とします。

ここでこのクラブで最もうまいゴレイロのフィウーザ選手を下げて、開成町出身の上原拓也選手を起用します。全くダメなシーズンだった昨シーズンに、下部組織出身で産業能率大学に通う上原拓也選手を起用して、世代別日本代表になった上原拓也選手ですが、今年はフィウーザ選手を補強されてしまい上原拓也選手に全く出番がありません。南足柄開催でリードが大きいからということで上原選手が起用されたのですが、味方の緩慢な守備で立て続けに2失点をしてしまいました。この試合は上原選手にだけキツイ試合になってしまいました・・・。

湘南 3-2 神戸

試合はなんとか湘南ベルマーレが勝ち、小門選手には金太郎の前掛けを着させられて四股を踏まされました。

****************

これで個人的には今年の湘南ベルマーレ関連の活動は終了です。来週も2017年12月23日(土・祝)に小田原アリーナにて12時キックオフの、DUARIG Fリーグ2017/2018 第31節のバサジイ大分戦がありますのでよろしくお願いいたします。この日は栗田工業総合グラウンドにて13時キックオフの3地域チャレンジマッチ 栗田工業対大阪府警戦があり、おそらくこの試合で栗田工業がラグビートップチャレンジリーグ昇格を決めるので、もし行けるようだったらオイラはこっち優先です。

|

« オフシーズンのプロスポーツは定期的に情報提供とイベント開催をして、常に新しい話題があるようにしなければならない。「一度にまとめて」はダメ。 | トップページ | 2017 ラグビー3地域チャレンジマッチ 栗田工業 vs 大阪府警察 戦 »

湘南ベルマーレスポーツクラブ」カテゴリの記事

観戦感想文2017-」カテゴリの記事

コメント

初めまして

この度新たなブログランキングを作成しました
もちろん登録等全て無料です

作成したばかりなので、今なら簡単にランキング上位をゲットできます

良かったら登録お願い致します
http://www.topblogranking.com

投稿: トップブログランキング | 2017年12月19日 (火) 19時21分

トップブログランキングさん、コメントありがとうございます。

どういった人または組織が運営しているかが確認できませんでした。

また2chまとめ(いまは5ちゃんねるだったと思いますが・・・)、アダルト、ギャンブルが強調されすぎていると思います。

信頼がおけると思いましたときにあらためて参加させていただきたいと思いますので、その時はよろしくお願いします。今回は見送らせてください。

投稿: チャリ通 | 2017年12月20日 (水) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DUARIG Fリーグ2017/2018 第30節 湘南vs神戸 戦:

« オフシーズンのプロスポーツは定期的に情報提供とイベント開催をして、常に新しい話題があるようにしなければならない。「一度にまとめて」はダメ。 | トップページ | 2017 ラグビー3地域チャレンジマッチ 栗田工業 vs 大阪府警察 戦 »