« 全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017 決勝ラウンド 第3日目 | トップページ | 明治安田生命J3リーグ 2017 第34節 沼津vs栃木 戦 »

J1最終節の1時間前に湘南ベルマーレの練習試合が有明放送局で無料生中継

こんばんは、来年11月開催予定の全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2018では開催規程が2017年までと変更になり、5部リーグにあたる地域リーグの3位以上でないとこの大会に参加できない(飛び級廃止)となって、いわきFCには朗報だろうなあと思った、チャリ通です。

そもそも「9つの地域リーグの全国大会」なのに、趣旨が異なる別大会である「全国社会人サッカー選手権(他競技にもある国体リハーサル大会)」の上位クラブが出場できるというところがインチキです。飛び級制度は「どうしてもザスパ草津をJリーグに入れたかった勢力がかつてJFL昇格時とJ2昇格時に行った突然のルール変更」の名残り(ちょっと前の日本サッカーはザスパに限らず、「少年サッカーが盛んだったからという論点がずれた理由で、自称市民クラブで実際は読売色払拭のためであるフジテレビ系列テレビ静岡子会社として赤字補填されていた清水エスパルスが無から飛び級でJリーグに参入して、邪魔なヤマハ発動機を選外にした」り、「横浜フリューゲルスの消滅で大騒ぎになったガス抜きとして、横浜FCが当時3部リーグのJFL付け出しでデビューした」り、とんねるずのスポーツバラエティ番組そのままなエピソードがいっぱいだった)ですから、ほとぼりが冷めてようやく飛び級制度の害を認めたといったところでしょう。

いわきFCは先日立派な施設が完成したとはいえ、現状のままですと「天然芝練習グラウンドがないのでJ1ライセンス不可」「スタジアムの客席・照明・大型ヴィジョンなどが基準に達していないのでJ2ライセンスも不可」であり、最低でも100億円程度の追加設備投資が必要なので、飛び級でさっさとJ3に行ってしまうといろいろ時間がなさ過ぎて、クラブや行政が行き詰まって町田市化(よく検討も出来ずに、アクセスも含めて劣悪な施設を市役所負担であわてて割高に建設させられて、それを孫世代まで使わされ、別途練習場+クラブハウスに数億円程度町田市役所に負担してもらう必要がある)してしまうことが確実なので、オイラがいわきFC社長なら飛び級廃止の決定は「渡りに船」です。いわき市から微妙な距離の20km以上先にあるJヴィレッジにJ1規格新スタジアムを建設されてしまいますと、いわき市に新スタジアムを建てる機運に影響がありますので、読売ジャイアンツどころか2020年からMLB全球団のユニフォームも担当するアンダーアーマーではなくドームの子会社であるいわきFCも、結構「白鳥の水かき」状態だと思いますけどね・・・(ドームももし「アディダス代理店契約が満了したデサント」や「バーバリー代理店契約が満了した三陽商会」みたいになったらどうなるのでしょうか?)。

元ベルマーレ平塚の葛野昌宏監督がラインメール青森をJFL2位に押し上げてヴァンラーレ八戸のJ3昇格を阻止しましたが、ラインメール青森の成長が全く追いつかなかったため、結果を出したのにチーム崩壊になりそうです。そういうことはいわきFCも避けたいでしょう。

そのいわきFCと、加藤ミリヤさんのいわきFC応援ソングミュージックビデオ作成のために12月2日(土)に練習試合があるのですが、前回の記事で登場した有明放送局で中継があるそうです。

湘南は外国籍選手は全員帰国しておりますし、期限付き移籍で湘南に来ている選手や体調不調・ベテラン選手は帯同しないと思われますので、公式戦でないのにいわきまで行くのはハードルが高すぎるのですが、インターネット放送なら何とかなるかもしれません。テレビ神奈川(tvk)が湘南ベルマーレの試合そのものを放送しないので、ベルマーレ史上初の「DAZNを契約しなかった神奈川県民はまったくベルマーレ戦が完全には見られない(長野・千葉・群馬・愛知・福岡・岐阜県など他県ではベルマーレ戦を地上波で無料視聴できた)」という2017年になりそうでしたが、最終全体練習直前になって初めてDAZN契約をしていない神奈川県民も湘南ベルマーレ戦を視聴できますので、よろしくお願いいたします。

既に2018年シーズンに向けての準備は始まっており、最大の懸案事項であった曺貴裁監督の続投が決まりました来年もよろしくお願いいたします

湘南ベルマーレは「シーズン中に契約満了の意思を該当選手本人には伝えて、日本プロサッカー選手会トライアウト(例年12月第2週に開催)直前まで発表しない」という方針を毎年とっていて、湘南の20代の選手であればトライアウト前に次の所属先が決まるので「見かけ上は湘南ベルマーレからは契約満了の選手なしの年もある」となっているにもかかわらず、11月中に「坪井慶介選手 契約満了のお知らせ」が発表されてしまいました。

これはあるミュージシャンさんがtwitterで漏らしてしまったためで、坪井選手が「シーズン終わったら発表していい」とか伝えたところで、まだ公式発表前なのにミュージシャンさんがシーズン終了後だからということでツイートしてしまったと思われます。まあミュージシャンさんは社会人経験がないのでしょうから、八街、いや、やっちまったのでしょう。

2017年に湘南ベルマーレに所属した選手の中で圧倒的に実績と知名度があるDF坪井慶介選手(FIFAワールドカップ日本代表経験あり)は、曺貴裁監督も特別にコメントするなど惜しい選手ではあるのですが、現在38歳(唯一の1970年代生まれ)のところで2017年は出場機会を大幅に減らしてしまったので、仕方がないといえば仕方がないです。「引退については年齢の高いものから順番に」というものが理想的で、「入る人と同じくらい出る人がいる」の上で、「来シーズンは新卒を多めにとる」なのですから・・・。松坂大輔投手や先日の石田祐樹監督より1歳上である坪井慶介選手ら1979年度生まれは「FIFAワールドユース1999世代」なので、小野伸二・遠藤保仁・稲本潤一選手などが同学年ですが、今年は数名が年齢に抗っているものの高田保則さん、時崎悠ベルマーレユース監督、大坪博和レフェリーなど既に大半が引退済みなので、坪井慶介選手が希望する現役続行ができればいいなあと思うのですが、どこか雇ってほしいなあといったところです。

|

« 全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017 決勝ラウンド 第3日目 | トップページ | 明治安田生命J3リーグ 2017 第34節 沼津vs栃木 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J1最終節の1時間前に湘南ベルマーレの練習試合が有明放送局で無料生中継:

« 全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017 決勝ラウンド 第3日目 | トップページ | 明治安田生命J3リーグ 2017 第34節 沼津vs栃木 戦 »