« 坪井慶介選手ゆかりの地を巡る秋の旅 第1日目 | トップページ | B1 2017-2018 千葉ジェッツふなばしvsアルバルク東京 戦 »

湘南ベルマーレユースの真田幸太選手が2018シーズン トップチーム昇格内定だそうです。

こんばんは、「双六や人生ゲームで1番にあがってしまったために、ヒマ」という感じの湘南ベルマーレ(J1昇格プレーオフの週あたりに世代別日本代表候補あたりと練習試合とかさせられたりして?)ですが、早めに「2018年J1湘南ベルマーレ」としてスポンサーや人員を先に募集できるので、2018年のために今がんばってほしいと思う、チャリ通です。来季参戦リーグが決まったことで「曺貴裁監督が2018年も続投するのかどうか」と「2017年限りで契約満了をする選手」はだいたい決まっていて発表待ちなだけだと思われますが、いつごろ発表になるのでしょうか?。サッカーの場合、「どのような前所属クラブでポジション争いをしていたのか?」が結構評価ポイントにされるため、近年は「前湘南ベルマーレ」という肩書きでJ2各クラブによりどりみどりで採用してもらえるので、去る仲間の条件を良くするためにも残り2試合を勝ってほしいところです

***************************

座間でとてもひどい事件が発生して毎日毎日、「座間、座間」とさまざまなメディアで連呼されていて、わりと近いところ出身なのでこのような露出はつらいです。事件現場のアパートが小田急小田原線相武台前駅-座間駅間の線路沿いにあり、さらにWBO世界スーパーフライ級現役王者の井上尚弥さん(スカイアリーナ座間で防衛戦を行うほど地元に貢献している)の父がこのアパートのオーナーということで、悪目立ちしております。起きてしまった事はしかたがないので、しばらく経った後の座間のイメージアップができればいいなあと思います。

***************************

トップチームは2017年のJ2優勝が決定し、U-18チームはカップ戦終了とK1リーグ残留が決定的になったこのタイミングで以下のような発表がありました。

湘南ベルマーレユース 真田幸太選手 和田響稀選手 2018シーズン トップチーム昇格内定のお知らせ
桐蔭横浜大学 鈴木国友選手 2018シーズン 湘南ベルマーレ加入内定のお知らせ

何度も湘南ベルマーレの練習に参加していた桐蔭横浜大学のFW鈴木国友選手(小田原市出身)と、湘南ベルマーレユースGK真田幸太選手(藤塚中)とFW和田響稀選手(小田原市出身)の入団が正式発表されました

長身FWの鈴木国友選手は湘南ベルマーレU-15小田原出身で、2015年の天皇杯に神奈川県代表桐蔭横浜大学の2年生選手として4年生の山根視来選手(翌年湘南に入団)とともに2回戦湘南ベルマーレ戦に出場しています。2016年のBTVカップにも湘南ベルマーレの選手として参加しておりました。

FW和田響稀選手は入団即J3福島ユナイテッドFCに期限付き移籍となります。若い選手は試合に出ることが大事であり、高円宮杯U-18プレミアリーグよりは明治安田生命J3リーグのほうがレベルが高く(関東大学サッカー1部リーグ、JFL、J3リーグがだいたい同じレベルなのでは?)、福島も白井康介選手(湘南→愛媛→たぶん今オフ争奪戦)・齋藤恵太選手(熊本→水戸)・吉濱遼平選手(湘南→群馬→町田)・安東輝選手(金沢→湘南)など、ステップアップという育成の成果が出ていて新人の入団先に選ばれるクラブになりつつあるので、福島でがんばってほしいなあと思います。

このブログ的には厚木市出身のGK真田幸太選手(藤塚中)推しとなります(U-18から直接の厚木市出身者昇格は荻野中の永里源気選手以来14年ぶり、大学経由の厚木市出身者昇格には岡﨑亮平選手もいます)。既に2017年シーズンから2種登録で湘南ベルマーレトップチームに登録されているのですが、GKはGKでしか起用できない上に基本的に交代出場がないポジションなので、育成が極めて難しいポジション(過去何人もU-18のGKが2種登録されたが昇格できなかった)であり、190cmの有望選手ですがどこかの大学で経験をつむのかなあと思っていたところで、クラブ史上初のU-18からGKのトップ昇格内定となりました。おめでとうございます

ただ、GKは公式戦出場が極めて難しいポジションで今後が大変なのは変わらない事実ですので、がんばってほしいと思います。小林常良 厚木市長の尽力で市長宅の近くに開校したといわれる上依知小学校を真田幸太選手は出ているので、市長にむっちゃ自慢されそうです・・・。市長(当時は藤塚中がなく依知小の位置に依知中があった)が出た依知中出身の田中俊太選手(カープの田中広輔選手の弟)がドラフト指名された読売ジャイアンツに入団の方向らしいので、年末年始の市長はこのふたり推しなんだろうなあ・・・。2018年はFWジャーメイン良選手(南毛利中・流通経済大学から仙台内定)もいるので2018年の厚木市民デーに第3希望あたりでベガルタ仙台戦(第1希望は依知中の茂庭照幸選手が出るかもしれないセレッソ大阪戦で、第2希望は厚木中の堀孝史監督の浦和レッドダイヤモンズ戦)で立候補してきそうです・・・。

***************************

これで2018年に7人の新卒選手が入団と、例年より多めの新人加入となります

GK 真田幸太 湘南ベルマーレユース
DF 坂圭祐 順天堂大学
MF 新井光 長野高校
MF 松田天馬 鹿屋体育大学
FW 山口和樹 国士舘大学
FW 鈴木国友 桐蔭横浜大学
(FW 和田響稀 湘南ベルマーレユース→福島に期限付き移籍)

業務拡大で支店や新事業を増やすという業態ではなく「1試合につき先発11人+途中出場3人」とだいたい表舞台に出られる人数が決まっている仕事なので、NPBやBリーグと同様に「入ってきた人数=出て行く人数」であることは認識しなければいけません。DF岡﨑亮平選手は試合に出られれば確実に活躍すると思うのですが、何度も数ヶ月単位の離脱がある(多村仁志さんは小鮎中なので関係ないと思いましたが、手術歴がすごい館山昌平投手は岡﨑亮平選手にとって睦合東中の先輩だ・・・)のでオイラが監督や強化部長であっても微妙ではあります。岡﨑亮平選手より年下の選手は結構な人数が期限付き移籍、年上の選手も結構な人数が契約満了や期限付き移籍満了になるのだろうなあと思います。

そうなるとU-18日本代表の石原広教選手には姉の石原美聡選手がニッパツ横浜FCシーガルズにいるからということで横浜FCから期限付き移籍の声をかけられるのでは?とは思うのですが、石原広教選手が横浜FCの主力になれるほどの力がまだないと思うので、縁よりも出場機会を優先してほしいなあと思います。

NPBのように「どの球団に入っても年俸数億円になる可能性がある」というチーム格差のなさ(12球団に絞ったため)であれば「生涯一チーム」というのもおすすめでドラフト会議も成り立つのですが、「スター選手は浦和・ガンバクラスで年収1億円、湘南・仙台・甲府クラスで2,500万円、水戸・町田クラスで600万円、YSCCクラスは0円+手当なのでアルバイト」という格差のJリーグ(際限なくクラブが増えたため)では、「生涯一チーム」は「チームの盛衰が自身の盛衰とシンクロナイズする」というかなりの運が必要です。北海道日本ハムファイターズ路線を目指していると思われる湘南ベルマーレを退団してしまう選手ひとりひとりにとってもベストな進路が確保できればいいなあと思います。Jリーグの場合は移籍はネガティブなものではありません。

|

« 坪井慶介選手ゆかりの地を巡る秋の旅 第1日目 | トップページ | B1 2017-2018 千葉ジェッツふなばしvsアルバルク東京 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

厚木市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南ベルマーレユースの真田幸太選手が2018シーズン トップチーム昇格内定だそうです。:

« 坪井慶介選手ゆかりの地を巡る秋の旅 第1日目 | トップページ | B1 2017-2018 千葉ジェッツふなばしvsアルバルク東京 戦 »