« 700,000 Hits | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2017 第39節 湘南vs岡山 戦 »

鎌倉市・南足柄市・大井町・開成町・中井町・箱根町・松田町・真鶴町・山北町・湯河原町も湘南ベルマーレホームタウンになりました。

こんにちは、今週はプロ野球ドラフト会議が開催され、過熱報道だった清宮幸太郎選手(早稲田実業高)を北海道日本ハムファイターズが引き当て、鎌ヶ谷市は大喜びだろうなあと思った、チャリ通です。

今季は二軍調整でシーズン中もいましたが、大谷翔平選手が入団以来11月から1月の自主トレを北海道ではなくファイターズタウン鎌ヶ谷で行う(もちろんいつもいるわけではない)ため、むしろ秋冬の鎌ヶ谷に大谷翔平選手との記念撮影とサインを求めるファンが殺到(人が多すぎて大谷選手のファンサービスを受けるのは難しい)しているのですが、今オフに大谷翔平選手がMLBに移籍しても引き続き清宮幸太郎選手が野球なのに秋冬に人を集めるか?と思うと、これはえらいこっちゃと思いました。清宮幸太郎選手であっても木のバットやNPBの投手対応などで1年目から一軍の主力にはなれないと思いますので、また鎌ヶ谷は注目を集めるだろうなあと思いました。一塁手と指名打者しかできないNPB選手はMLBに入ることができません(過去0人)ので、鎌ヶ谷にいるうちに外野手の練習もするべきでしょう。湘南的には東京大学の宮台康平投手(湘南高)も北海道日本ハムファイターズに指名されたことが注目でしょうか

田中俊太選手(依知中)が読売ジャイアンツから指名されました。厚木市出身者は数年おきにドラフト会議で指名されるため、ドラフト会議で指名されるだけでは厚木では目立てず一軍に定着しないとダメ(人数をみると睦合東中の館山昌平投手のように生き残れるのは本当に一握りです)なのですが、「広島カープ(WBCとオールスターにも出場)の田中広輔選手(依知中)の弟」ということで、珍しく指名されただけで注目されました。兄弟で東京五輪・WBC・オールスターに出場できるよう、頑張ってください。

田中俊太選手がジャイアンツに指名されたのでジャイアンツでたとえれば、「荒木大輔投手のくじ引きで外れたので仕方なく斎藤雅樹投手を外れ1位で指名」「堂上直倫内野手のくじ引きで外れたので仕方なく坂本勇人内野手を外れ1位で指名」という「外れて本当によかった」ということもありますし、そもそももはや長嶋茂雄さんを超えて野球人史上最高の成功者であるイチロー選手はドラフト4位なので12球団すべてに3位以上で指名できるチャンスがありました。指名順位関係なく全選手に頑張っていただきたいです。

****************

10月24日(火)に湘南ベルマーレのホームタウンに鎌倉市・南足柄市・大井町・開成町・中井町・箱根町・松田町・真鶴町・山北町・湯河原町が追加が発表されました。すぐには効果は出ませんが長い目で見れば今季のJ1昇格より大きい出来事と思います。なお既存のホームタウンは厚木市・伊勢原市・小田原市・茅ヶ崎市・秦野市・平塚市・藤沢市・大磯町・寒川町・二宮町の7市3町で、今回の拡張で湘南ベルマーレホームタウンは9市11町(人口約204万人)となります

9市11町といっても、清水エスパルスホームタウンの静岡市より湘南ベルマーレホームタウン9市11町のほうが面積は小さいです(静岡市は政令指定都市ですが読谷村より人口密度が少ないため人口は約69万人)。また9市11町よりも横浜市単独のほうが人口が多いので、まだまだ補強したいところです。鎌倉市の加入は終点が藤沢市であるため湘南ベルマーレスポンサーである江ノ電湘南モノレールのおかげ、足柄上郡・足柄下郡・南足柄市の加入は湘南ベルマーレフットサルクラブのおかげと思われます。ありがとうございます。

かつて鎌倉幕府鎌倉府があり観光地としても著名な「鎌倉市」
富士フイルム・富士ゼロックスなどの企業城下町としてお金持ち自治体である「南足柄市」
湘南ベルマーレフットサルクラブの拠点のひとつであるZUCC FUTSAL BASE 大井がある「大井町」
県内最小自治体でありながら平塚市と異なり一貫して人口が増えているロンちゃん号の街「開成町」
平塚市隣接自治体の中で唯一湘南ベルマーレホームタウンではなかったことが解消された「中井町」
箱根山戦争(箱根が舞台のエヴァンゲリオン箱根駅伝のことではない)の舞台となったおかげで様々な見所があり海外からの観光客も多い「箱根町」
足柄上郡内の交通の要衝である「松田町」
神奈川県唯一の総務省認定過疎地域で財政難でもあることをベルマーレがなんとかできればと思う「真鶴町」
9市11町で最大の面積によって膨大な山林を抱える「山北町」
温泉街として有名な「湯河原町」

どの街も大歓迎です町田戦のオールホームタウンデーに鎌倉市・南足柄市・足柄上郡・足柄下郡は入れてもらえないのでしょうか?。

今後は「無所属」の逗子市・葉山町・清川村も仲間に入ってもらいたいですし、SC相模ではなくSC相模原であるにもかかわらず営業をかけている無所属の座間市・海老名市・綾瀬市・愛川町にも、今からでも湘南ベルマーレホームタウンに入ってもらいたいなあと思います。

****************

10月29日(日)はShonan BMW スタジアム平塚にて14時キックオフの、明治安田生命J2リーグ第39節のファジアーノ岡山戦です。ひかりのくにスペシャルデーです。岡山の元湘南は大竹洋平選手がいます(背番号11番が三村選手だったので大竹選手には背番号10番が渡されてコンビ結成となったと思われます・・・、嘘ですすみません)。4月の岡山での試合2対0で湘南が勝ちました。岡山は8月以降2勝5分6敗と極めて不振ですが、慢心は禁物です。第40節は遠方アウェイ(福岡)なので、ここまでで昇格を何とかしたいですハロウィン企画があるそうです

この第39節ファジアーノ岡山戦で湘南ベルマーレの「J1昇格2位以上」と「J2優勝」の可能性があります。2位福岡(ウェリントン選手がPKを2本外して退場で勝ち点68/次節アウェイヴェルディ戦)と3位長崎(勝ち点68/次節アウェイ熊本戦)が前日10月28日(土)に試合がありますが、10月28日(土)に福岡も長崎も勝てなかった瞬間に湘南を追い抜けなくなるため「どちらかが引き分け以下なら岡山戦の前にJ1昇格」「両方引き分け以下なら岡山戦の前にJ2優勝」の可能性があります。これは非常に困るので、「福岡・長崎・湘南が第39節に全部勝つかたちでの湘南J2優勝」を希望します

1993年も、2009年も、2012年も、2014年も、なぜかJ1昇格をアウェイ(それぞれ磐田、水戸、町田、京都)で決めております(ついでにいえば旧JFL・天皇杯・アジアカップウィナーズカップ・J2の優勝も平塚ではない)。実は1999年、2010年、2013年、2016年のJ2降格も、アウェイ(それぞれ浦和、清水、調布、大宮)で決めております。2017年はホームゲームでJ1昇格を決めることを目標に選手もがんばっており、平塚で昇格や優勝を決めることは悲願なのです。

この試合終了後、齊藤未月・石原広教選手がAFC U-19選手権2018予選 U-18日本代表に召集されてしばらく不在になります。復帰は第41節岐阜戦と思われますので、そういう意味でも岡山戦で昇格や優勝を決めたいところです。

岡山戦のある週末は、トッケイセキュリティ平塚総合体育館でB1リーグ川崎ブレイブサンダース対新潟アルビレックスBB戦が2試合あるのですが、岡山戦でJ2優勝の可能性もある湘南ベルマーレに配慮されて土日開催ではなく、平塚会場だけ金土開催になっておりますドリームパスポート対象試合ですので、Bリーグもどうぞ(まあ湘南ベルマーレは昔から産業能率大学に気を使って横浜ビーコルセアーズ推しなのですが・・・、個人的に横浜市が東京23区と比べてあまり縁がなく、東芝にインターンに行っていたことがありましてこんなこと書いています)。

10月の岡山戦の頃は、花菜ガーデン旧吉田茂邸秋の薔薇が見ごろになると思いますので、そちらの立ち寄りもご検討ください(平塚市総合公園にも少しあります)。

11月5日(日)はレベルファイブスタジアムで15時30分キックオフの明治安田生命J2リーグ第40節アビスパ福岡戦です。湘南の元福岡は武田英二郎選手がいます。福岡の元湘南はウェリントン選手と亀川諒史選手がいます。5月の平塚での試合は0対3で湘南が大敗しました。

熱心なアビスパ福岡サポーターの声優の田村ゆかりさんが公式来場されるそうです。よく存じ上げないので調べてみましたら、三村ロンドさんの1学年下で、日本武道館、さいたまスーパーアリーナ、横浜アリーナ、代々木第一体育館などでコンサート実績がある(座席を埋められる)ということで、これは相当すごい方だなあと思いました。

伝統的に山陰・山陽・四国・九州会場での試合を苦手にしている湘南ベルマーレは、2016年からアビスパ福岡に3連敗中です(2015年は対戦がなく最後に勝ったのは2014年)。2016年はアビスパ福岡の全勝利の半分が湘南ベルマーレ戦でした。昇格・降格がどうのこうのの前に同じ相手に負け続けるのは良くないので、この試合は絶対に勝たなければいけません。これに対してアビスパ福岡はまだ2位昇格どころか6位プレーオフも確定していないので、1試合も負けられません。厳しい戦いが予想されます。

かつてサガン鳥栖は深刻な経営難だったのですが少しずつ地元や地元出身者からの支援で力をつけていて、今やサガン鳥栖の経営規模はアビスパ福岡の1.5倍で差が安定していますし、J1通算勝利数は6年目のサガン鳥栖が通算9年のアビスパ福岡を上回りました。福岡ソフトバンクホークスはアビスパ福岡よりサガン鳥栖とのほうが交流がありますし、九州唯一のタイトルも大分トリニータですし、アビスパ福岡は九州で3番手のクラブです。この状態が耐え難い福岡市民は多いと思いますので、そのためにもこのシーズンでJ1昇格がしたいと思います。厳しい戦いが予想されます。

|

« 700,000 Hits | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2017 第39節 湘南vs岡山 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市・南足柄市・大井町・開成町・中井町・箱根町・松田町・真鶴町・山北町・湯河原町も湘南ベルマーレホームタウンになりました。:

« 700,000 Hits | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2017 第39節 湘南vs岡山 戦 »