« DUARIG Fリーグ2017/2018 第20節 湘南vs大阪 戦 | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2017 第38節 湘南vs愛媛 戦 »

10月29日(日)に平塚で湘南ベルマーレのJ1昇格とJ2優勝を決めたい!

こんばんは、このタイトルの記事にこの話題にしていいかと思ったのですが、無視するよりは書いたほうがいいと思ったので、ザスパクサツ群馬の運営問題が解決すればいいなあと思った、JR両毛線沿線に一瞬だけ住んでいた、チャリ通です。

ただ、2002年ごろの「群馬FCホリコシが関東リーグ1部残留、図南FCが入れ替え戦にまわり、県リーグのザスパ草津が図南FCと入れ替えで新設の関東リーグ2部昇格」というころを知っているためザスパ草津自体にも問題があることを知っていて、それも結局何年かかっても解決させなかったことも知っているので、ザスパクサツ群馬の擁護はできません。ザスパサポーターの方は応援していて、協力できることは協力しようとは思いますが・・・。

===================

賢持宏昭社長時代(リエゾン→第1期ザスパ)
そもそも1990年代の時点で東日本サッカーアカデミーを維持できなかった吾妻郡草津町なのに、より難しいプロクラブに挑戦というのが・・・なので、この社長時代に無理に無理を重ねて上を目指した結果どんどん結果を出してしまい、最後に破綻したのが2017年だった。

後述の菅原宏さんが創設して現在も経営する図南FCを直接破ってザスパ草津が関東リーグ2部に昇格し、選手も図南FCから引き抜いて露骨な弱体化をさせる(引き抜かれた選手は引退後ザスパクサツ時代に追放される)。

当時も今も草津町(ちなみにリエゾン時代に既に三世議員の小渕優子代議士だった群馬5区にある)は人口1万人割れで、Jリーグスタジアムを建設してそこを埋めることは不可能(ザスパ草津チャレンジャーズはいまだにJ3に参入していない)に近く、経済規模もあまりにも小さかったので、群馬県学生・社会人サッカー関係者はこのクラブに消極的で、群馬FCホリコシ(アルテ高崎:解散)や図南FC(tonan前橋)のほうが推されていた。同じ県庁所在地外なら太田市(北関東在住歴がないとぴんとこないかもしれませんが、前橋市より裕福な複数の企業城下町)だったら良かったのですが、ここは三洋電機ラグビー部→パナソニックワイルドナイツ推し(ただしこちらも今シーズン限りで埼玉県熊谷市に移転・・・)。

当時このようなことがまことしやかに語られた(久しぶりにみたらまだこの記事があった)。そのためか報道・広告ともベルマーレを含むJ2の全クラブよりも関東2部のザスパ草津を「リアルさかつく(スポンサー)」と持ち上げていた。全国地域リーグ決勝大会の特例で唯一の昇格事例としてJFLに昇格。さらにシーズン終盤の後出し突然「JFL4位以上でも昇格OK」となってJ2にも昇格

ところがここで練習場と試合会場を前橋に移転して、ここに来て草津とは名ばかりの自称全県クラブに変貌する(草津温泉から高速道路を使って前橋駅に行くには2時間以上かかるのに・・・)。しかも前橋にても「草津、草津」とのたまって、前橋市に非礼の限りを尽くす

スタジアム関連の不正がばれて、賢持社長退陣。同時に上毛新聞以外のマスコミなどが一斉逃亡

大西・植木社長時代(第2期ザスパ)
大西・植木社長が巻き返しに必死に働く。大西社長は在任中に逝去される。植木社長が元ベルマーレなので、この時期は湘南ベルマーレと蜜月だった

しかしそれまで群馬県サッカー関係者無視で昇格して、あおりでアルテ高崎も解散したので地元の協力が少なく、植木社長も全面降伏。ここでクラブライセンス剥奪となって、J3かアマチュアに降格のはずだった

菅原宏GM時代(ザスパクサツ)
ところがなぜか不仲だった群馬県サッカー協会が救済にまわり、tonan前橋の菅原宏さんがGMになる。クラブライセンス剥奪どころが施設を建設してJ1クラブライセンス取得にいたる(本来これは第2期ザスパがやらなければいけなかったが、「草津、草津」とこの期に及んで言っていたら前橋周辺では誰も協力しないでしょう・・・)。湘南ベルマーレと別れて大宮アルディージャと親密になる。

しかしやっぱり菅原宏GMはtonan前橋の人で、tonan前橋への移籍や国民体育大会などでザスパクサツ群馬でおかしな運営をして、現在に至る。

===================

ざっくりとした経緯は上記のとおりなので、菅原宏GM批判はむしろ今までザスパに押さえつけられていた群馬県サッカー関係(サッカー未経験者サポーターを除いた主に選手と指導者)の総意に反する可能性があるので、難しいところです。本来は地元サッカー協会の協力を取り付けていないとJリーグに入れなかったはずなのを、全国しかみていない第1期ザスパが完全無視していたのが問題で、群馬県サッカー協会の後ろに上毛新聞という「錦の御旗」が数年前からついていることも無視できません。菅原宏GMは頼めば簡単に辞めてくれると思いますが、そうするとザスパクサツ群馬の味方は県内にいなくなると思います。きわめて難しいです。以前郡山とJリーグについて書きましたが、ザスパもこれが十数年で3回目の騒動です。野球なら三振、ボクシングならTKOです。「またか」と絶対に言われないくらいきちんと説明しないと地元の理解は得られない(興奮しているライターさんはザスパに不都合なところに触れずに意見していますが、一般人は馬鹿ではないはずなので、この主張ではダメです)と思いますので、ちゃんとしてほしいところです。

****************

10月15日(日)はパロマ瑞穂スタジアムで14時キックオフの明治安田生命J2リーグ第37節名古屋グランパスエイト戦でした。行っていないので結果だけです。

名古屋 3-2 湘南

ずっと湘南に負けていた名古屋が、ホームで意地の勝利でした。

湘南ベルマーレの勝ち点が77のままでしたが、残り5試合の松本山雅FCの勝ち点が61なので、湘南ベルマーレのJ2・4位以上が確定しました。さらに後述の理由で湘南ベルマーレのJ2・3位以上も事実上確定しました。かつてなしえなかったホームでの昇格や優勝を営業戦略として生かしていきたいところです

****************

11月19日(日)のシーズン最終戦まで約1ヶ月を切る10月21日(土)はShonan BMW スタジアム平塚にて16時キックオフの、明治安田生命J2リーグ第38節の愛媛FC戦です外国籍の方はチケットが安くなるBELLMARE International Dayで、キリンファイアスペシャルデーです。湘南の元愛媛は秋元陽太・表原玄太選手がいます。愛媛の元湘南は三原向平・白井康介選手がいます。3月の愛媛での試合はジネイ選手のゴールで勝ちました。そろそろ湘南の昇格決定の可能性があるのですが、目立ちたがりの西大井の事務所に所属する蛙は便乗しにくるのでしょうか?。

えひめ国体(2017年9月30日から10月10日まで)全国障害者スポーツ大会(10月28・29・30日)がニンスタなどで開催される合間に、讃岐とのダービーと首位湘南遠征ということで、愛媛FCは「絶対に愛媛県内にアピールしてやる!」と思っているでしょう。油断できません。

関東でわざわざ「愛媛産」と書かれていないポンジュースを買うと、結構な確率で厚木常陸太田の工場で静岡産みかんなどで作ったみかんジュースに当たるので、要注意です。10月の愛媛戦・岡山戦の頃は、花菜ガーデン旧吉田茂邸秋の薔薇が見ごろになると思いますので、そちらの立ち寄りもご検討ください(平塚市総合公園にも少しあります)。

第37節では湘南ベルマーレのJ2・2位以上決定の可能性があったのですが、残念ながら第38節では湘南ベルマーレのJ2・2位以上が確定しません。3位長崎の対戦相手が4位名古屋なので、湘南が愛媛に勝ったとしても「名古屋の勝ち=名古屋が12差、長崎の勝ち=長崎が10差、引き分け=長崎が12差」でどちらかが残り4節で湘南を抜く可能性が残るためです。

一番盛り上がるのは、「福岡が38節・39節で勝ち点3、長崎が38節・39節で勝ち点4で、湘南が38節・39節で勝ち点6となれば、39節が日曜の湘南が岡山戦に勝った瞬間にJ1昇格とJ2優勝を同時に決定」となるパターンですが、うまくいくのかどうか・・・。ぜいたくな悩みです

1993年も、2009年も、2012年も、2014年も、なぜかJ1昇格をアウェイ(それぞれ磐田、水戸、町田、京都)で決めております(ついでにいえば旧JFL・天皇杯・アジアカップウィナーズカップ・J2の優勝も平塚ではない)。実は1999年、2010年、2013年、2016年のJ2降格も、アウェイ(それぞれ浦和、清水、調布、大宮)で決めております。2017年はホームゲームでJ1昇格を決めることを目標に選手もがんばっており、平塚で昇格や優勝を決めることは悲願なのです。

10月29日(日)はShonan BMW スタジアム平塚にて14時キックオフの、明治安田生命J2リーグ第39節のファジアーノ岡山戦です。ひかりのくにスペシャルデーです。岡山の元湘南は大竹洋平選手がいます(背番号11番が三村選手だったので大竹選手には背番号10番が渡されてコンビ結成となったと思われます・・・、嘘ですすみません)。4月の岡山での試合2対0で湘南が勝ちました。岡山は8月以降1勝5分6敗と極めて不振ですが、慢心は禁物です。第40節は遠方アウェイ(福岡)なので、ここまでで昇格を何とかしたいですハロウィン企画があるそうです

岡山戦のある週末は、トッケイセキュリティ平塚総合体育館でB1リーグ川崎ブレイブサンダース対新潟アルビレックスBB戦が2試合あるのですが、岡山戦でJ2優勝の可能性もある湘南ベルマーレに配慮されて土日開催ではなく、平塚会場だけ金土開催になっておりますドリームパスポート対象試合ですので、Bリーグもどうぞ(まあ湘南ベルマーレは昔から産業能率大学に気を使って横浜ビーコルセアーズ推しなのですが・・・、個人的に横浜市が東京23区と比べてあまり縁がなく、東芝にインターンに行っていたことがありましてこんなこと書いています)。

|

« DUARIG Fリーグ2017/2018 第20節 湘南vs大阪 戦 | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2017 第38節 湘南vs愛媛 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月29日(日)に平塚で湘南ベルマーレのJ1昇格とJ2優勝を決めたい!:

« DUARIG Fリーグ2017/2018 第20節 湘南vs大阪 戦 | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2017 第38節 湘南vs愛媛 戦 »