« 明治安田生命J2リーグ 2017 第23節 湘南vs東京ヴェルディ 戦 | トップページ | 小中学校やJ3は夏休み »

とんかつ やまと

こんばんは、ホッフェンハイム地区の住民は約3千人で、ジンスハイム全体としても約3万5千人しかいないのに、ホッフェンハイムブンデスリーガに所属し続けているということがすごいなあと思う、チャリ通です。神奈川県で例えれば「愛甲郡にあるFC清川村が、愛甲郡の全人口に近いフットボールスタジアムを建ててJ1に所属し続けている」ようなものですから・・・。

ただしこれはディートマー ホップさん(SAP創業者)をホッフェンハイムのユースが育成していて、本人が技術者・経営者として偉くなって恩返しでクラブにガンガン投資をしたおかげですので、どこでも真似できるものではないです。湘南ベルマーレユースOBに勉強も頑張っている人がいて、さらにその中から孫正義さん、三木谷浩史さん、前澤友作さんみたいな人が出れば、ベルマーレがホッフェンハイムみたいになれるかも?しれません。

Jリーグ原理主義の人で「市民クラブじゃないとだめだ」という方もいらっしゃいますが、投資家やオーナーも市民の一人であり、マンチェスターシティやチェルシーのように石油王やIT長者などが日本のホークスやベイスターズのごとく本社からチームに投資して強化しているクラブが欧州の強豪に多いですし、「Philips Sport Vereniging」「Bayer 04 Leverkusen」「Jr East Furukawa UNITED 市原千葉」といった親会社が多額の投資をしてクラブ名に親会社名を入れている完全な実業団クラブも国内外にありますし、皆が納得している運営であれば、過剰なJリーグ原理主義は意味がないなあと思います。

ヴェルディ戦の前にららぽーと湘南平塚に行き、湘南ベルマーレオフィシャルパートナーのフリーデンが経営するとんかつ やまと(ふりがな省略)に行きました。

とんかつ やまと 公式ホームページ

ららぽーと湘南平塚の1階で、MEAT COMPANY with Bellmareの斜め向かいにあります。フリーデンの本業は豚肉(やまと豚)の販売ですが、銀座・南青山・横浜に豚肉料理の飲食店を出店しています。本社のある平塚市には豚肉料理店を出していなかったのですが、ららぽーと湘南平塚の開店に合わせて平塚に進出しました。卓球の水谷隼選手のサイン入りユニフォームがお出迎えをしてくれます。食事時は結構混みます。

やまと豚のとんかつ、海老フライ、カツカレーなどを提供する和食店です「特選やまと豚のロースカツ膳」をいただきました。ご飯・味噌汁・キャベツは無料でおかわりでき、ご飯は白米と山菜ごはんを選べます。ごまをすってソース(甘口または辛口)に混ぜてかけます。

さすが看板商品やまと豚によるカツを提供するだけあって、厚みもあって赤身と脂も楽しめてとてもおいしかったです。ただしとんかつは人気料理ですが一定レベルを超えると差をつけることが難しい料理でもあるため、平田牧場とか新宿さぼてんとかのとんかつと似ているなあと思いました。だからおいしいけどここでしか食べられないものとも言い切れないので、当ブログ基準ですと評価が厳しくなります。ごめんなさい。

テイクアウトとして特選カツサンド(やまと豚150g使用)、ロースカツ・ヒレカツなど各種揚げ物、水谷隼カレー、湘南ベルマーレカレーなども購入できます。湘南ベルマーレカレーは試合会場だけでなく平塚市内の各スーパーマーケットでも販売されておりますが、確実に水谷隼カレーを買えるお店は平塚市内ではここしか思い出せません。ああ、そう考えればカツカレーのほうでやまと豚とフリーデンのカレーの共演を楽しむべきだったなあと、この記事を書きながら思いました。

|

« 明治安田生命J2リーグ 2017 第23節 湘南vs東京ヴェルディ 戦 | トップページ | 小中学校やJ3は夏休み »

平塚市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/71039090

この記事へのトラックバック一覧です: とんかつ やまと:

« 明治安田生命J2リーグ 2017 第23節 湘南vs東京ヴェルディ 戦 | トップページ | 小中学校やJ3は夏休み »