« 小中学校やJ3は夏休み | トップページ | DUARIG Fリーグ2017/2018 第10節 6クラブ共同開催 湘南vs大阪 戦 »

明治安田生命J2リーグ 2017 第25節 湘南vs徳島 戦

おはようございます、非常に短かった札幌市在住(札幌ドームから約3kmくらいの場所)時代にご近所さん(特に知り合いではない)だったアイドル→SFC→女子アナが、北海道出身のプロ野球選手と結婚した途端に夫が北海道日本ハムファイターズにトレードされて、夫婦の出身地も含めてこの選手がファイターズにリストアップされたのだろうなあと思った、チャリ通です。鎌ヶ谷に出没しないようにがんばってください(鎌ヶ谷、稲城、横須賀とかだと、TBS「プロ野球選手の妻たち」そのものな「お腹の大きいかわいい嫁」が切実オーラを出しながら観戦(イースタンリーグだから超目立つ!)している場に出くわすことがあって、こちらも緊張することがあります)。

****************

現在J3が夏休み中ですが、7月下旬から8月上旬は高校野球やプロ野球だけでなく、花火大会、音楽フェス、海と山など強力なライバル興行が多く、さらにサッカーの内容も暑さからフィジカル的に落ちているので、正直J1・J2も夏休みでいいのでは?とは思います高校総体なんか6日連続昼間にできているじゃないかという指摘を受けますが、あんな夏の高校野球選手権以上の拷問を正当化してはいけません(せめて夜にやらないと・・・)。あれではサッカーの技術や体力に優れている以上に「暑さと湿気に強いかどうか」が優劣を分けてしまいます。

高校総体がある関係でクラブチーム側で開催されている日本クラブユースサッカー選手権 U-18にて、湘南ベルマーレユースは全国大会のトーナメント準々決勝まで進出し、FC東京 U-18に敗れました。いい成績を残せてよかったと思います。おめでとうございます。

ただ高円宮杯リーグ以外は高体連とクラブユースが完全に分かれているうえ、FC東京・セレッソ・ガンバはJ3、ヴェルディに至ってはJ2に高校生が試合に出ているので高円宮杯リーグにすら出ない高校生選手が多数いる21世紀(ベルマーレもトップチームサテライト中心のユース選手がいる)になりますと、下は複数の硬式リーグと中体連軟式、上はプロアマ協定の関係で「同世代の全選手が参戦している唯一の大会」である高校野球と比べると、U-18サッカーは盛り上げにくいところがあります。「インターハイ出場=日本代表絶望」である卓球(男女とも15歳くらいまでに国際大会組に選ばれないと、もう無理)よりはましですが・・・。

****************

7月29日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J2リーグ第25節の徳島ヴォルティス戦でした。また徳島のホームゲームに行きたいのですが、日本を代表するお祭りのひとつと思われる、8月の徳島市阿波踊りとセットで行ける日程(2017年は徳島対横浜FC戦が該当)にならないと、たぶん遠征予算がおりません・・・。

怪しい曇りでキックオフでしたが、試合途中から小雨が降りました。やっている分にはこの時期はこれくらいの雨が降ったほうが良いのかもしれませんが・・・。

この日は秦野市民デーでした。丹沢各ルートの登山・キャンプの最寄り駅になるため「夏休みの土日の朝」だけに限定すると近年は明らかに秦野駅や平塚駅より混雑している渋沢駅(駅メロディはZARD)を抱える秦野市だけあって8月11日の山の日をアピールしておりました。相澤香純さんが歌いに来たので、過去のベルマーレクイーンの方々も何人か来場していましたミスピーチのうち2名が福島市の桃のPRにやってきました。

この試合の湘南は、徳島対策として4-4-2のサイドを2人ずつ配置したシステムで挑みました(ただし右サイドバックの山根選手はDFライン固定)。右MFの岡本選手、左MFの表原玄太選手(徳島県阿南市出身)、左サイドバックの杉岡選手の3人がドリブルで攻めあがって、クロスを上げるという攻撃方法となり、明らかに左の2人と対面する徳島の右サイドバック馬渡和彰選手が戸惑っておりました。

もう完全に表原玄太選手を主役にさせる戦術でした。前半こそ無得点でしたが、後半早々に、表原選手のクロスをFW齊藤未月選手が折り返して、FWジネイ選手が先制点を挙げます

さらに続けてFWジネイ選手が撃つと見せかけてMF秋野央樹選手にパスし、秋野央樹選手が追加点を挙げました

どうしても徳島を勝たせたかった池内明彦主審がジャッジで湘南に対抗しましたが、湘南が勝利しました。

湘南 2-0 徳島

徳島は湘南戦以来の敗戦を湘南戦で喫し、大杉漣さんもがっかりといったところでしょう。湘南は七夕ユニフォーム3戦3勝となりました

****************

8月5日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J2リーグ第26節の松本山雅FC戦です。在住・在学・在勤の方はチケットが安くなる藤沢市民デーで、日本端子スペシャルデーです。湘南の元松本はおりませんが、松本の元湘南は反町康治監督、村山智彦・岡本知剛・パウリーニョ選手がいます。5月の松本での対戦は炎天下で「引きこもってカウンター」という戦術の松本に競り勝ちました。平成も29年なので、Jリーグ53クラブの中で3クラブしかない「平成生まれの選手より昭和生まれの選手のほうが多いクラブ」のひとつである松本(他は札幌と讃岐)なので、平成元年生まれの若手であるパウリーニョ選手に注意です。

第26節松本山雅FC戦と同じ時間帯に、予定打ち上げ数が多いほうから「あつぎ鮎まつり大花火大会」「小田原酒匂川花火大会」「横須賀開国花火大会」「箱根鳥居焼まつり花火大会」「サザンビーチちがさき花火大会」が開催されます。毎年8月はだいたい藤沢市民デーか平塚市民デーである理由は、厚木・小田原・茅ヶ崎が花火で対象外になるためでしょう。というわけで藤沢市・平塚市あたりでがんばって集客してください。というか毎年のことですが花火がかぶりすぎです(芦ノ湖の花火は期間中毎日開催のひとつ)。

また、8月5日(土)・6日(日)は、小田原アリーナでDUARIG Fリーグ2017/2018 第9節・第10節 6クラブ共同開催です(湘南は5日が浜松戦で6日が大阪戦)。しかも集客に難のある浦安・町田・神戸などがもう一方の共同開催である町田市立総合体育館にまわっているので、どちらかというと集客できそうな試合が小田原に組まれており「土曜にFリーグ→酒匂川の花火→小田原駅前で一泊→日曜もFリーグ観てね」と小田原の観光関係者持っていきたいところでしょう。今シーズンの湘南ベルマーレフットサルクラブはブラジル出身選手3人の活躍で強いので、Jリーグのサポーターも行ける人は行ってください。小田原では8月12日(土)に柳家三三さんの落語会8月25日(金)に大相撲巡業と、イベントが続きます。

8月11日(金・祝)はトランスコスモススタジアム長崎で19時キックオフの、明治安田生命J2リーグ第27節のV・ファーレン長崎戦です。湘南の元長崎は岡本拓也選手がいます。長崎の元湘南は高木琢也監督(ベルマーレではなくフジタ)と養父雄仁選手(U-15のみ)がいます。6月の平塚での対戦は長崎のファンマ選手不在もあって引き分けでした。8月9日(水)の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典から2日後ですので、この試合の前に平和について考える機会があるかもしれません。

伝統的に山陰・山陽・四国・九州会場を苦手とするベルマーレですので、高田明代表取締役が率いる上位の長崎戦(第26節もホーム岐阜戦で移動なし)は苦戦が予想されます。しかもエースストライカーのファンマ選手とは初対戦です。史跡・夜景・食が充実している長崎は2017年J2トップクラスの観光地だと思いますので、行かれる方は夏休みを満喫してください。

8月16日(水)はフクダ電子アリーナで19時キックオフの、明治安田生命J2リーグ第28節のジェフユナイテッド市原千葉戦です。湘南の元千葉は武田英二郎・藤田祥史選手がいます。千葉の元湘南は熊谷アンドリュー選手がいます。3月の平塚での対戦はチームができていない千葉に楽勝でした。

2017年のJ2は、すべてのクラブが「第14節 5月14日(水)」か「第28節 8月16日(水)」のいずれかでホームゲームを行うことで平日開催を公平分担するのですが、8月16日(水)のほうが夏休みにできるので公平ではないです。

ジェフユナイテッド市原千葉は今季ここまでJ2ホームゲーム7勝5分0敗と負けがありません。徳島戦では馬渡和彰選手がボールパーソンを突いて退場した後徳島サポーターが別のボールパーソンにアルコールをかけるということがあって勝てたり、福岡戦では隣のグラウンドから土埃が舞って試合どころではなくしたり、残留争いをしている讃岐戦では2度のミスジャッジを生かして勝利したりと、湘南ベルマーレごときではどうにもならない力で不敗を続けております。今シーズンぶっちぎり一番のホームアドバンテージを見せつけられるでしょう。さすがクラブ名に親会社名が入る特例を受けているクラブだけあります。どこにもできなかったことを湘南ベルマーレが果たしたいところです(山口が先に千葉と対戦して勝つかもしれませんが・・・)。

「東京駅から蘇我駅(京葉線)」は「新宿駅から海老名駅(小田急線)」とほぼ同じ距離(約42km)なのですが、山手線から50km圏外である平塚駅(品川駅まで57kmなので、茨城県在住タレントの鈴木奈々さんのほうが平塚市民より山手線の近くに住んでいる)からですと蘇我駅まで片道100km以上なので、JRでは学生は学割(2割引)を活用できます。そしてJRの自動券売機の上限は1,660円なので平塚駅-蘇我駅間の切符は自動券売機では買えません。8月16日は水曜日ですが休日おでかけパス(2,670円)が使用できますので、ご検討ください。各種アウェイ自由席チケットもJRのみどりの窓口で買えます

|

« 小中学校やJ3は夏休み | トップページ | DUARIG Fリーグ2017/2018 第10節 6クラブ共同開催 湘南vs大阪 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2017-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/71237104

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J2リーグ 2017 第25節 湘南vs徳島 戦:

« 小中学校やJ3は夏休み | トップページ | DUARIG Fリーグ2017/2018 第10節 6クラブ共同開催 湘南vs大阪 戦 »