« Cafe & Restaurant Bon | トップページ | 茅ヶ崎市美術館 »

明治安田生命J2リーグ 2017 第17節 湘南vs長崎 戦

こんばんは、とうとう東京新聞にベルマーレがホーム移転の可能性があることが報道されましたが、その件はもう織り込み済みの、チャリ通です。

そもそも2015年にせっかく平塚競技場改修の署名活動があったのを平塚市がまともな代替案を出せずに事実上却下したのですから、移転されても平塚市は文句を言える立場ではありません「本社・クラブハウス・練習場」があるのですから、今後も平塚市のクラブといえますので、問題がありません。まあ自称ツインシティに新スタジアムを建てるという厚木振興策を平塚市が提案するのでは?と予想します、残念ながら。6億円のベルマーレが要求していないチマチマ改修(座席増設)も、いかにも平塚市役所らしい対処方法です(数年前にも平塚駅北口商店街に中途半端で無意味な投資をしている)。

平塚市のここ30年は、市にとってはベルマーレの何倍も重要なものを含むいろいろなものを自ら追い出し続けた30年で、30年前当時は中年だった人だけが平塚に残って勝手に衰退しただけであって、ベルマーレ(試合会場のみ)もそのひとつになるだけです。いいかげん2017年にも辻堂駅の乗車人数に平塚駅が追い越されてホームタウン内5位から陥落の可能性が高いという「現実」もみなければいけません(ホームタウン内では、藤沢駅、小田原駅、湘南台駅、本厚木駅が既に乗車人数が平塚駅より多く、ホームタウン全体で考えれば平塚駅ではマーケットが小さい。なお本厚木駅は愛甲石田駅、茅ヶ崎駅は相模線の2駅と分散しているため乗車人数は少なめ。)。お年寄りの意見を聞く人しか平塚では選挙で勝てないのですから、平塚の発想が藤沢市や厚木市と違って当たり前です。

****************

A代表から世代別、女子も含めて、日本代表が招集されると、秋津サッカー場(フロンティアサッカーフィールド)で練習をして幕張のホテルに泊まる(東京駅・羽田空港・成田空港のすべてにそれなりに近いので、選手を召集しやすい)というのが定番化され続けたので「JFAナショナルフットボールセンター」という恒久施設を幕張に新設する(アディダスがFC東京や読売ジャイアンツとの契約を満了して、建設資金を捻出)のですが、あまりにも頻繁に習志野・幕張に海外組日本代表が定期的にやってくるものだから、このあたりの地元クラブはジェフユナイテッド千葉ではなく日本代表という雰囲気があって、苦笑せざるを得ません(試合が多く開催される埼玉スタジアム2002にもJR武蔵野線の一部が海浜幕張駅に行くのでわりと行きやすい)。まあ先に「毎年毎年莫大なお金をかけて、繰り返し弱体化させ続けていること」をジェフユナイテッド千葉は何とかしなければいけませんので、同情の余地はありません。ジェフユナイテッド千葉の弱体化で、この地域は日本代表だけでなく本田圭佑選手の経営するホルンをトップチームとするユーススクールにも付け入られておりますし・・・。

****************

6月3日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第17節V・ファーレン長崎戦でした

長崎戦の日は「釣りか観光地引網に行くのか?」というくらい早朝に出発して、茅ヶ崎市美術館(後日記事化予定)と平塚市美術館をハシゴをしておりました。自分の都合だけでは物事はすすめられません。

平塚市美術館では6月11日(日)まで「リアルのゆくえ-高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの」と「斎藤文夫コレクション 浮世絵・神奈川名所めぐり」を開催しているのですが、今や「立派な設備」と「J2やB1並みの年間観客動員」を背景に、展覧会を企画誘致して、シェアする巡回先地方美術館も探し出し、日曜美術館(NHK Eテレ)や美の巨人たち(テレビ東京)などに売り込み(その映像を作品紹介に利用)まで主導的に行う平塚市美術館だけあって、人口25万人レベルの街の市立美術館とは思えない内容と来場者数で、満足でした。「美の巨人たち」5月27日(土)放送分の犬塚勉の作品は6月21日(水)にBSジャパンで再放送されますが、高橋由一の「鮭」から始まって、レベルの高い絵が多かったです。浮世絵については、同じ浮世絵なのに最初に刷ったものとあとで刷ったものでだいぶ異なるのが面白かったですが、神奈川県の風景を描いた浮世絵がたくさんあり、江の島に至っては200年経った今とほぼ同じ構図なのは嬉しかったです。

おかげで長崎戦の会場入りが遅れてしまい、HAN-KUNさんのライブや長崎の高田明社長には会えずじまいでした(実績がすさまじい高田社長ですがプロスポーツは初挑戦なので、他クラブの運営も勉強したいところでしょう)。長崎戦に行くことで美術館に来ていた元参議院議員の浮世絵コレクター斎藤文夫さんもちょっと見えただけでお話ができず、いろいろ中途半端になってしまいました・・・。

第16節終了時点で3位の湘南5位の長崎という上位同士の対戦となりましたが、湘南は菊地俊介主将代行、長崎はエースFWのファンマ選手が出場停止ということでちょっと残念でした。湘南はホームゲームなので勝たなければいけません。主将代行の代行は18歳MF齊藤未月選手でした。FIFA U-20 ワールドカップ韓国大会を決勝トーナメント1回戦で終えた日本代表DF杉岡大暉選手も先発でこの試合より復帰しました。コイントスで陣地を変更してキックオフとなりました。

前半を0対0で終えた後、後半早々にFWがつぶされたところを後方からMF石川俊輝選手が詰めて、湘南ベルマーレが先制し、ちょっと前に出典原画を見てきたよというゴール動画で祝いました。

しかし5分後に長崎の中村慶太選手が同点ゴールを挙げて、そのまま引き分けました

湘南 1-1 長崎

この結果、湘南は3位から4位に落ち、長崎は5位を維持となりました。まあ上位同士の対戦でしたから、引き分けもあり得たと思います。

湘南のほうが押していましたが、何度も書くとおりサッカーは採点競技ではないので、優勢であることに意味はありません。

しかしここまでの湘南ベルマーレは「ホームで3勝2分3敗で、アウェイで6勝2分1敗」と平塚での試合を極端に苦手にしているところがいただけません。しかも平塚でのここ3試合は0勝1分2敗です。湘南ベルマーレの歴史上でもここまでホームゲームが苦手な年は初めてだと思われ、この点については現場組は重くみないといけません。Jリーグの場合、利益はホームゲームから得られているのですから・・・

この試合で怪我から復帰した藤田征也選手は試合数が少ないのでまだ判断できませんが、今年は日本人の30歳以上のフィールドプレーヤーが全員が働けておらず、単純な「試合でのパフォーマンス」だけみれば若手のほうが動けていて全く手本になっておりません。「これだからベテランは」と言われる前に結果を出してほしいのですが・・・。 

****************

6月10日(土)は鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第18節徳島ヴォルティス戦です。湘南の元徳島は島村毅選手がいます。徳島の元湘南は梶川裕嗣・岩尾憲・キムジョンピル選手、甲本偉嗣・カルロス スリアーノコーチがいますが、梶川裕嗣選手は湘南戦に出場できませんベルマーレは伝統的に山陰・山陽・四国・九州会場を苦手にしているので苦戦が予想されますが、なんとか勝ちたいところです。昨年は平塚での天皇杯で勝ちました

なお、ベルマーレが不在のShonan BMW スタジアム平塚では、2017日本学生陸上競技個人選手権大会が開催されます。例によってベルマーレに配慮して投擲競技はShonan BMW スタジアム平塚で開催されません(東海大学で開催)。地方のJ2クラブが投擲競技やラグビーの直後にケアをせずに湘南戦を開催して、ボコボコな芝で両軍ともミスしまくりな試合をすることがたまにありますが、そういう意味でも陸上競技場とサッカー場は別にしてほしいものの、この競技場の成り立ちを政治的に考えると、その場合はサッカーのほうが出ていかなければいけないのがなんとも・・・。なお桐生祥秀選手は今年は海外遠征のため出場しません。また代々木ではFリーグが開幕します

6月17日(土)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの明治安田生命J2リーグ第19節京都サンガFC戦です。在住・在学・在勤の方はチケットが安くなる厚木市民デーで、明治安田生命スペシャルデーです。湘南の元京都、京都の元湘南はいませんが、曺貴裁監督が京都出身(京都府立洛北高校卒・後輩にレフェリーの岡宏道さん)です。明治安田生命のJリーグ進出は日本生命がセパ交流戦に進出した対抗策だと思われますので、セパ交流戦に負けないよう、少しでもJリーグを盛り上げたいところです。厚木市民デーなので、今年も鮎の塩焼きと毎年すぐ売り切れるあゆコロちゃんとキングベルⅠ世のタオルマフラーを売るのでしょうか?。6月から本厚木駅北口にある市の横断幕は「厚木市は湘南ベルマーレを応援しています」というあゆコロちゃんのものに変わっておりますので、ホームゲームを勝ってほしいものです。この試合から秋までナイトゲームが基本となります。

6月21日(水)はShonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの天皇杯2回戦国士舘大学(東京都代表)戦です

|

« Cafe & Restaurant Bon | トップページ | 茅ヶ崎市美術館 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2017-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/70710407

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J2リーグ 2017 第17節 湘南vs長崎 戦 :

« Cafe & Restaurant Bon | トップページ | 茅ヶ崎市美術館 »