« 湘南ベルマーレ 2017 | トップページ | 練習試合 千葉vs相模原 戦 »

アウェイ、ホーム、アウェイ、アウェイ、ホーム、アウェイ、アウェイ、ホーム

こんばんは、当ブログが所属するニフティ(ココログ)が富士通からノジマに売却され、どうなるのかが気になるチャリ通です。2017年は川崎フロンターレのユニフォームに残留しているニフティは、2018年からノジマステラ神奈川相模原のユニフォームに移籍でしょうね。

まあ当ブログ発足当初から、法人営業が主力の富士通がニフティに対してやる気がないのが消極的な新技術導入やサポートなどを通じて感じ取れましたし、今後ISPは「大資本」で「世界を相手」に「いろいろなサービスを統合」していかないといけないなかで、富士通がそんなに大掛かりにできないだろうなあとは思っていた(20年前は中小業者相手に富士通やNECが大掛かりにやっていたが、今は世界で電話・放送・ゲーム・ネット通販・ポイントサービスやらとも統合されて勝負しなければいけないのでNTTやソフトバンククラスのインフラ投資が必要であり、実際現在のISPの主流は携帯電話とのおまとめプラン)ので、しょうがないでしょう。スカパー!がDAZNにJリーグの放映権のとられたように、通信関係は現在の主流が10年後も主流であるとは限らないので大変ですが、それが全体でのサービス向上につながっているわけですから否定はできません。

ライバルのBIGLOBE(旧PC-VAN)はニフティの先手先手を打って、格安タブレットに参入したり、NECからKDDIに移籍したりしましたが、少し遅れたニフティの今度の親会社は家電量販店のノジマということで、どのようなビジネスモデルになるのかがわからないのが不安なところです(まあ「BIGLOBE」か「Y!モバイル(元はADSL、AOLジャパン、イーモバイルをやっていたイーアクセス)」っぽくなると思われますが・・・)。ココログは存続できるのでしょうか?。できなかったらこのブログはどうなるのでしょうか?

2017年のJリーグ開幕もあと2週間となって、雪国以外の各クラブのキャンプが終了してプレシーズンマッチや開幕PRイベントが開催され、13日(月)に2017Jリーグキックオフカンファレンス、18日(土)にFUJI XEROX SUPER CUP 2017 鹿島対浦和戦、22日(火)・23日(水)にAFCチャンピオンズリーググループリーグ第1節が開催されてシーズン開幕がアピールされたあと、いよいよJ1・J2が開幕します(J3は数週間遅れて開幕)

2016年までのスカパー!時代は、NHK、TBS、J SPORTS、スカイAの4社などがスカパー!からサブライセンスを購入して、BSやCSで放送をしていましたので、価格競争力皆無のスカパー!とは契約していないけど、4社を介してケーブルテレビやひかりTVなどでJリーグがたまに観られるというひとは結構存在しておりました(J-COMはau、ひかりTVはドコモとのおまとめプランがあるので、スカパー!より割安で映画、アニメ、国際放送などを含めたCSチャンネルが見られる)。しかし2017年にスカパー!からDAZNに放映権が移ってから4社のうち今のところNHKしかJリーグの放送があることを告知しておりませんので、DAZNを契約していない人がJリーグをテレビで観る接点が減ることが予想されます。これでは新規顧客の開拓が難しく、何とかしなければいけないところです。運営を続けることを考えればベテランやヘビーユーザーこそもっともないがしろにすべき存在であり、先が長い若い初心者ほど優遇すべき存在です(鈴木健アナウンサーによる地上波とスカパー!の違いの説明が興味深かった)。

その対策もあるからか、湘南ベルマーレでは「#一万人で戦闘開始」プロジェクトというものを発足させました。他のクラブも似たようなPRを行っていると思われます。3月4日(土)の群馬戦はオールホームタウンデーとして7市3町在住・在勤・在学の方は自由席前売券が値引きとなり、3月25日(土)の千葉戦は先着1万名までホーム自由席が割引きということで、かなり広範囲をカバーする値引きが行われて、それをSNSで宣伝する活動が開始されました

特に湘南的には放送媒体の問題だけでなく、アスルクラロ沼津が2017年にJ3に昇格したことで熱海・伊東・下田・御殿場から一番近いJクラブが湘南ベルマーレではなくなり、近年は平塚と同じ県とは思えないくらい発展した12km先の海老名(地価が上がり過ぎて人口上昇は止まった)にSC相模原が営業をかけてきたりと、営業環境としては厳しくなりました。日産車体の工場と引き換えに6年ぶりに人口が上昇中であるものの、7市3町でもっともシティセールスや都市開発が下手で、まとまった土地もなくスタジアム改修を却下した平塚市に固執するよりは、海老名市・鎌倉市・南足柄市にあたりに進出するほうが有意義だと思いますが、告知をがんばりましょう

まだ森山あすかさん(ベルマーレ平塚で引退した森山佳郎U-17日本代表監督の娘)あたりに、J2だけど湘南ベルマーレは知名度で負けたくないなあ・・・。

Shonan BMW スタジアム平塚ではゴールデンウイークごろまでバックスタンド増設工事を行いますが、その間観戦不可エリアができてしまうことが告知されました。このこともあってJリーグに工事期間中のホームゲームを減らして夏以降にまわす申し出をベルマーレがしたのか、「アウェイ水戸戦、ホーム群馬戦、アウェイ金沢戦、アウェイ愛媛戦、ホーム千葉戦、アウェイ讃岐戦、アウェイヴェルディ戦、ホーム岐阜戦」と、アウェイで開幕した上でアウェイが多めの3月となりました。平塚が東北や北陸より温暖だからか、例年はホームで開幕してホームゲームが多めの3月なのですが、3月は気温が低い上に花粉症を嫌うお客様がいて集客条件が悪いので、できれば毎年今シーズンと同じようなアウェイばかりの開幕日程にしてほしいなあと思いました。先週末ジェフユナイテッドがチーム破綻状態であるところを千葉テレビを介して大々的に見せつけていた(センターバックに走力がないのに高いディフェンスラインを敷いていたので、約75分間柏のカウンターをくらいまくりで、最後は足をつったDFひとりが自主的に欠けていた)ので、3月のうちに対戦できるのはよいことだと思いました。ベルマーレは伝統的に山陰・山陽・四国・九州会場を苦手にしているので四国での2試合は心配ですが、対戦相手的にゴールデンウイーク前までは無敗を目指したいところです。

アウェイヴェルディ戦が味スタではなく駒沢開催になったことは、良いことなのか悪いことなのかわかりません。2017年のベイスターズは神奈川県内の一軍戦はすべて横浜スタジアム開催になったので、ベイスターズ一軍とベルマーレの平塚同日開催はなく、二軍戦も4月15日(土)のホーム岐阜戦が今シーズン最初で最後の平塚同日開催(ベイスターズの相手はマリーンズ)です

ホーム開幕戦の3月4日(土)16時キックオフのザスパクサツ群馬戦に備えて、湯の泉 東名厚木健康センター草津温泉直送の湯に入りましょう。

その前に2月26日(日)はケーズデンキスタジアム水戸で14時キックオフの、明治安田生命J2リーグ第1節水戸ホーリーホック戦ですJ2最多エントリー18シーズンの水戸ホーリーホックと、4位タイの14シーズンの湘南ベルマーレの試合(2位は横浜FC、3位はモンテディオ山形)ということで、湘南からみて44試合25勝6分13敗ということで、この試合が45試合目のリーグ戦での対戦と、そろそろ「歴史あるカード」と言えるようになりました。3年ぶりの水戸戦ですが、この間水戸はやや観客が増えている傾向があります。応援がかっこよくなるとゴール裏が増えるねのわかりやすい典型ですね。第121回水戸の梅まつりの開催期間中ですので、早朝から水戸入りして梅を観てから試合会場入りということもできます。湘南の元水戸は宮市剛選手がいて、水戸の元湘南は上園和明コーチが所属しております。4月に40歳になるJ2最多試合出場のGK本間幸司選手は、今年も水戸と契約しました。

それにしても参戦初年度が史上最高順位(5位)で、過去10シーズン一度も前年の順位を上回ったことがない湘南ベルマーレフットサルクラブが、最終節の直接対決で負けると過去最低の12クラブ中11位に終わるのですが、いろいろ限界ですね・・・

|

« 湘南ベルマーレ 2017 | トップページ | 練習試合 千葉vs相模原 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

 リーグ戦終了後有料のサッカー観戦が12/24の天皇杯と先週のPSMと2試合連続でNACKスタでした。
 天皇杯では大宮相手に目立っていたけれど、PSMのザスパ相手では後半途中までいることに気付かなかったアーリアは頑張れ。

 平塚は2014年以来久々に遠征しますよ。6Gを予定してます。
 大介がいなくなってしまったのは残念ですが、岡田をお連れできる予定です。あと例によって竜樹。鈴木雄太は第3GKになりそうなのでお留守番かと思われます。

投稿: ただもの | 2017年2月15日 (水) 20時25分

ただものさん、コメントありがとうございます。

天皇杯準々決勝大宮戦には行けずにNHK-BSで観ただけなのですが、うまくやれば勝てたような試合でしたので残念でした。菊池大介選手が退団したのは申し訳ないです。

そういえばザスパとアルディージャで2月にプレシーズンマッチを開催しましたが、手ごたえはいかがでしたでしょうか。ザスパクサツ群馬は、推定予算を考えれば上出来の、昨年と遜色ない戦力を確保していると思いますので、前年以下にはならないのでは?と思っております。ただし新監督の意向をまとめないといけないので、その意味では「ホーム開幕戦という、1試合消化した上で早い段階に当たってラッキー」かなとは思っております。

「水戸対湘南」と「水戸対横浜FC」が今年45戦目と46戦目を行うということで、J2だけの対戦では最多対戦らしいので、伝統の一戦として勝ちたいところですが、水戸は開幕戦だけは得意だとうかがったので、結構心配です。

投稿: チャリ通 | 2017年2月16日 (木) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/69586210

この記事へのトラックバック一覧です: アウェイ、ホーム、アウェイ、アウェイ、ホーム、アウェイ、アウェイ、ホーム:

« 湘南ベルマーレ 2017 | トップページ | 練習試合 千葉vs相模原 戦 »