« 練習試合 千葉vs相模原 戦 | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2017 第1節 水戸vs湘南 戦 »

2月26日(日)アウェイ開幕水戸戦、3月4日(土)ホーム開幕群馬戦

こんばんは、2017年のJ2開幕戦は三浦知良選手の50歳の誕生日に開催されるということで、この日に横浜FCと当たらなくて良かったなあと思う、チャリ通です(横浜FCはホームで松本山雅FCと対戦とのこと)。セガサミーの初芝清監督(元千葉ロッテ)とまったく同じ誕生日だそうで、湘南の曺貴裁監督は彼らより2歳下です。お誕生日おめでとうございます。ちなみに本日は元湘南コーチでJ3長野監督の浅野哲也さん(茨城県出身)の50歳の誕生日です。

1967年2月当時の総理大臣は佐藤栄作で、巨人が9連覇の真っ最中、森永・チョコボール、タカラ・リカちゃん、ウルトラセブン、パーマン、天才バカボン、いなかっぺ大将、ルパン三世、オールナイトニッポンなどが1967年にデビュー(これらも今年50周年)したそうで、三浦知良選手が誕生した時点で吉田茂が存命中で、オイラからみてももはや「歴史上だけの出来事」です。

三浦知良選手のこれまでの実績と、50歳でも現役選手というのは凄いとは思うのですが、実際に試合を観るとJ2のレベルについていけておらず、疲労からすぐ怪我をしてしまうのもどうかと思うので、微妙です。

2月26日(日)はケーズデンキスタジアム水戸で14時キックオフの、明治安田生命J2リーグ第1節水戸ホーリーホック戦です。J2最多エントリー18シーズンの水戸ホーリーホックと、4位タイの14シーズンの湘南ベルマーレの試合(2位は横浜FC、3位はモンテディオ山形、4位タイは北海道コンサドーレ札幌)なのですが、J2に限れば今シーズンまでに45試合目、46試合目の対戦を行う組み合わせは「水戸 対 湘南 戦」と「水戸 対 横浜FC 戦」だけで、現在「J2だけでもっとも試合数が多い対戦」のひとつなのだそうです(来年は横浜FCに譲りたい)。

湘南からみて過去44試合25勝6分13敗(すべてJ2)歴史ある対戦を、きっちり勝っておきたいですが、水戸は伝統的に開幕戦を得意としているクラブだそうですので、難しい相手だと思います。3年ぶりの水戸戦ですが、この間水戸は観客動員と売上を増やしている傾向があり、関東ですとFC町田ゼルビア、横浜FC、ザスパクサツ群馬に2016年の観客動員で勝っております。昔の水戸ホーリーホックのイメージで対戦すると痛い目にあうかもしれません。

対戦相手の応援でも、ケーズデンキスタジアム水戸場外イベント広場でTポイントカードを提示するとTポイントがもらえるということでよろしいでしょうか?。そういえばオイラも13年前の2004年開幕戦の水戸戦(笠松)で「ケーズデンキと水戸ホーリーホックのコラボウインドブレーカー」をもらいました

ちょうど2月26日に新湘南バイパスから東関東自動車道までぐるっとつながる圏央道と、同じく2月26日に開催される東京マラソンが交通などの影響があるのかどうかは、わかりません。第121回水戸の梅まつりの開催期間中ですので、早朝から水戸入りして梅を観てから試合会場入りということもできます。湘南の元水戸は宮市剛選手がいて、水戸の元湘南は上園和明コーチが所属しております。4月に40歳になるJ2最多試合出場のGK本間幸司選手は、今年も水戸と契約しました。

湘南ベルマーレのホーム開幕は3月4日(土)にShonan BMW スタジアム平塚で16時キックオフの明治安田生命J2リーグ第2節ザスパクサツ群馬戦ですららぽーと湘南平塚スペシャルデーです。Shonan BMW スタジアム平塚はゴールデンウイーク前までバックスタンド増設工事中その間観戦不可エリアができてしまうことが告知されております

群馬の元湘南はエルシオコーチ、鈴木雄太・小林竜樹・岡田翔平選手が所属しております。近年のザスパは「大学トップクラスの選手を獲得して試合に出場させ、わずか1年で大宮に売却」というビジネスモデルを作り出したことで、今年も大卒有名選手を獲得しました。だから「知らない若手こそ要注意」の対戦相手です。甲府・町田・長野のような「ピークを過ぎた選手を狙うことで主力定着」というやり方よりはいいと思います。鈴木雄太選手がリーグ戦初出場で、中学のチームメイトの秋元・奈良輪選手と対戦ということが期待されます。

3月の群馬戦・千葉戦に対して、「#一万人で戦闘開始」プロジェクトというものを発足させました。他のクラブも似たようなPRを行っていると思われます(定例のJリーグ実行委員会では各クラブの成功事例が紹介されて、チェアマンの号令の元で営業手法がシェアされるらしいので・・・)。3月4日(土)の群馬戦はオールホームタウンデーとして7市3町在住・在勤・在学の方は自由席前売券が値引きとなり、3月25日(土)の千葉戦は先着1万名までホーム自由席が割引きということで、かなり広範囲をカバーする値引きが行われて、それをSNSで宣伝する活動が開始されました

アスルクラロ沼津が2017年にJ3に昇格したことで熱海・伊東・下田・御殿場から一番近いJクラブが湘南ベルマーレではなくなり、近年は平塚と同じ県とは思えないくらい発展した12km先の海老名(地価が上がり過ぎて人口上昇は止まった)にSC相模原が本格的に営業をかけてきたりと、営業環境としては湘南ベルマーレは以前より厳しくなりました。日産車体の工場と引き換えに6年ぶりに人口が上昇中であるものの、7市3町でもっともシティセールスや都市開発が下手で、まとまった土地もなくスタジアム改修を却下した、茅ヶ崎市などより子供の数が少ない平塚市に固執するよりは、海老名市・鎌倉市・南足柄市にあたりに進出するほうが有意義だと思いますが、告知をがんばりましょう

ホーム開幕戦に備えて、湯の泉 東名厚木健康センター草津温泉直送の湯に入りましょう

|

« 練習試合 千葉vs相模原 戦 | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2017 第1節 水戸vs湘南 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/69692371

この記事へのトラックバック一覧です: 2月26日(日)アウェイ開幕水戸戦、3月4日(土)ホーム開幕群馬戦:

« 練習試合 千葉vs相模原 戦 | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2017 第1節 水戸vs湘南 戦 »