« 中華 四川 | トップページ | 第96回天皇杯3回戦 湘南vs徳島 戦 »

レストラン大原

こんばんは、湘南が舞台の作品は結構ありますが、平塚が舞台の作品は「SLAM DUNK」の試合会場のひとつと、「エリアの騎士」で主人公が特別指定選手で入団したクラブくらいしか思い浮かばないなあと思って調べたら、

かんしゃく玉投げカン太郎の東海道五十三次」という昭和のゲーム(小学生の時に友人の古いカセットを借りてやった記憶があります)が見つかり、「おだわら から ひらつか」では「墓場→川(たぶん酒匂川)→街」だったので、平塚は「街」という評価なのだなあと思ったのと、小田原城も表現して欲しかったなあと思う、チャリ通です。なるほど、東海道ネタが使えるのなら、「水戸黄門」で平塚宿も何回か映像化されているでしょうね。なお以前も書きましたが、平塚駅北口から大磯寄りに平塚宿があったので「平塚駅北口≠平塚宿」です。有名な怪談「番町皿屋敷」古典落語「お菊の皿」の舞台は千代田区ですが、お菊が平塚宿宿役人 眞壁源右衛門の娘ということでお菊塚が北口にありますが、これは昭和時代に建立されたものです。あっ、フロンターレならお菊さん程度のつながりでもネタとして使用しそうですね・・・。

先日の福島戦の前に、レストラン大原(れすとらんおおはら)に行きました。

「レストラン大原」 公式ホームページ

平塚市総合公園の中央付近に前世紀から存在する、「オーダースットプ PM4:30」の看板でおなじみのレストランです。実際は公園内で夜にベルマーレやベイスターズの試合がある場合は、営業時間を試合開始前まで延長しているイメージがあるのですが、確認できておりませんのでわかりません。

湘南ベルマーレのスポンサーであるみづほ野グループが経営しているレストランなので、ベルマーレ選手のポスターやサイン色紙が確認できます。みづほ野グループ自前の飲食店経営のほかにベルマーレホームタウン内で全国チェーン飲食店のフランチャイジーもいくつか行っておりますので、意外と大きい会社です。

レストランは「大池ビュー」と「はらっぱビュー」で役割が異なり、「大池ビュー」は個人客向けのファミリーレストランです。メニューは和食・洋食のファミリーレストランに出てきそうな、どんぶり、定食、ラーメン、ハンバーグ、パスタ、デザート、お子様メニューなどがあります

この日は季節メニューだというサーモンフライ定食をいただきました。値段も味も合格点で、このブログ向けに評価しろと言われると「ここにしかないもの」ではないので激安食堂 小林屋と同様に減点されてしまうのですが、普段の食べ物として充分お勧めできるレベルです。土日の湘南ベルマーレ戦試合直前はだいたい満席で、ベルマーレフードパークにしか行かないのはもったいないと思います。

ガラス張りのここから大池を眺める景色は結構いいはずなのですが、柵や幕みたいな装飾が邪魔で視界が狭いです。おそらく外の人から観られるなどの理由であえて遮っていると思われます、残念。

「はらっぱビュー」は大小の個室宴会場で、湘南ベルマーレとしては試合日に開催される持株会総会がもっとも接点が多い人がいると思います。普通に公園の雰囲気のなかで食事を楽しむだけでなく、業界団体の懇親会をレストラン大原の宴会場でおこなったあとでベルマーレ戦のチケットを渡してそのまま観戦会とか、スポンサー候補や新卒入団候補に試合観戦をさせて試合終了後にレストラン大原の個室に連れて行って質問や要望を受け付けるなど、ベルマーレの営業的には便利な施設だと思います

かつて東京ドームが東京ドームホテルを建設しましたが、東京ドームと直通のこのホテルがコンサート出演者の後方支援控室になっていたりするほかに、ここが調理した料理が選手や出演者のラウンジや、東京ドームのプレミアムラウンジでビュッフェ形式で提供(食べすぎちゃいます)されております。東京ドームと比較するのはおこがましいですが、陸上競技場や野球場に料理を迅速に配達できそうな施設が近くにあることは結構な可能性があり、こういうことができなさそうなスタジアムにとってはうらやましいと思っているところもあるのではないでしょうか

|

« 中華 四川 | トップページ | 第96回天皇杯3回戦 湘南vs徳島 戦 »

平塚市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レストラン大原:

« 中華 四川 | トップページ | 第96回天皇杯3回戦 湘南vs徳島 戦 »