« 明治安田生命J2リーグ 2016 第22節 横浜FCvs徳島 戦 | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2016 第23節 町田vs千葉 戦 »

海の日が近いので勝ってほしい

こんばんは、2016年度神奈川県U-18サッカーリーグ1部(3部リーグ相当)も半分終わりましたが、現在湘南ベルマーレU-18は首位で、もし優勝した上で決定戦に勝つと、プリンスリーグ関東(2部リーグ相当)に昇格できるので、頑張ってほしいなあと思う、チャリ通です。

オイラ自身も小学校入学前はカナ文字が読めず(「はらぺこあおむし」とか「ぐりとぐら」は読んでもらっていた)、永里優季さん(荻野中)にダメ出しされそうな偏差値の高校でしたが、都内の大学に入れましたし、就職時に神奈川県内は考えておりませんでした。

そういうのと同様にサッカーの成長曲線も人それぞれで、ジュニアユースのセレクションに落ちた遠藤航選手は、「市立中学サッカー部、湘南U-18、湘南でA代表に選ばれて、浦和に移籍」しましたし、高校まで無名だった下田北斗選手に至ってはようやく専修大学で急成長して、甲府を経て湘南の主力選手です。その一方で鹿島アントラーズのアカデミーは20年くらいにわたって強豪なのに、曽ヶ端準選手を最後に鹿島できちんとした実績を残せた選手が20年近くおりません(鹿島は日本最高クラスの新人を外から獲得して育てるので、地元民が残れない)ので、U-18のリーグカテゴリーが低くてもトップチームはやっていくことはできると思います。「高円宮杯U-18プレミアリーグで天才ともてはやされたのに、プロC契約どまりで大卒組と入れ替わりで引退」は、珍しくありません。

「これは?」という子を16歳くらいで優先的に公式戦で起用し、ここからさらに「イケる!」と思った子を17歳くらいでトップチームに帯同させてトップチーム控え組の練習試合にドンドン起用するという、「事実上はトップチーム控え組で育成することで、湘南U-18は世代別日本代表経験者のJリーガーを、プリンスリーグのクラブや学校より輩出」というスタイルの湘南ベルマーレU-18ですが、とはいえ湘南ベルマーレU-18自体がプリンスリーグに上がればよりいい選手が輩出できる可能性が出ますし、昇格できなかった選手もスポーツ推薦で選べる大学が増えると思いますので、プリンスリーグ関東に復帰できればいいなあと思います。U-18のホームゲームは主に馬入グラウンド(無料)で開催されます。

トップチームですが、通常のユニフォームより七夕記念ユニフォームのほうが弱いのはわりと普通ですが、今年はアウェイが大好きで平塚が大嫌いというくらいホームゲームを苦手にしているので、困ったものです。今週は水曜日に試合があったために日曜開催になるJ1は、7月17日(日)にノエビアスタジアム神戸で18時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第4節ヴィッセル神戸戦です。湘南の元神戸は曺貴裁監督がおり、藤田祥史選手が神戸市出身です。神戸の元湘南は村松大輔選手がいます。1stステージの平塚の試合では、「ゴールキック失敗からのゴール」などで敗れました。2ndステージ第4節までオリンピック代表選手が出場しますので、岩波拓也選手は出場可能です。

7月23日(土)は、ユアテックスタジアム仙台で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第5節ベガルタ仙台戦です1stステージの平塚の試合では、「福島での主催試合を消化試合にしないためにカシマでのヤマザキナビスコカップに勝たないといけないから、産業能率大学スペシャルデーは捨てる」という方針のもと、オカネをとってはいけない内容の敗戦をしてしまいました。仙台の元湘南は村田奈央さん(NHK仙台放送局キャスター)がいます。この試合からオリンピック代表選手がいませんが、両軍とも無関係です。2011年の震災以降、koboスタ宮城、女子サッカーで有名な常盤木学園高、宮城県庁、東北大学で囲んだ仙台駅周辺が復興関係事業に伴って「焼け太り」がすさまじくて震災前より大成長しているため、通年で宿がとれない事態になっており、全国から寄付をつのる前に該当地域の商工業者がその他の宮城県民に寄付をしたら?とは思いますが、仙台に行かれるかたはよろしくお願いいたします

7月30日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第6節川崎フロンターレ戦です。おそらくスカパー!が提案した名前であろうskyシリーズの2016年最後の試合になります。1stステージの川崎での試合は、派手な撃ち合いで引き分けでした

毎年上位に入り、有名選手が在籍し、集客力のある川崎フロンターレですが、わりと勝っている相手なので、湘南ベルマーレ的には苦手意識はないと思います。大島僚太選手と原川力選手はオリンピックのため出場しませんが、J1通算最高得点の川崎の大久保嘉人選手に要注意です。中村憲剛選手が怪我から復帰するかはわかりません。川崎の元ベルマーレは安藤駿介選手がおります。元川崎のベルマーレはユースのみの髙山薫主将と曺貴裁監督がおります。髙山薫主将がわりと川崎から得点を挙げているので、期待したいところです。場外では1万円札でしか買い物をしないカブレラに期待です。

<追記>5月からカブレラはAMEX(グリーン)を使うそうです。

|

« 明治安田生命J2リーグ 2016 第22節 横浜FCvs徳島 戦 | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2016 第23節 町田vs千葉 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/66522945

この記事へのトラックバック一覧です: 海の日が近いので勝ってほしい:

« 明治安田生命J2リーグ 2016 第22節 横浜FCvs徳島 戦 | トップページ | 明治安田生命J2リーグ 2016 第23節 町田vs千葉 戦 »