« 2016年のJ1以外のリーグの状況 | トップページ | 明治安田生命J3リーグ 2016 第15節 相模原vs栃木 戦 »

明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第17節 柏vs湘南 戦

おはようございます、イギリスが国民投票でまさかのEU離脱を選択して驚いている、チャリ通です。まあユーロではなくポンドを採用している(ロンドン地下鉄の初乗り約1,000円というくらいリーマンショック前はポンドが高騰していた)ので離脱は選択しやすかったと思います。でもここで英語でEU圏を制御できるからこそイギリスに価値があったわけですから、EU離脱したらイギリスの価値は大暴落です。そのうちスコットランドが独立してEUに加盟したりして?。そうなったらUnited Kingdomも崩壊ですね。オリンピックどころではありません。

まあ、安くて優秀な移民に人気がありすぎて、彼らがコストパフォーマンスの悪い地元のおっさんを駆逐するというのがイングランド(浦和や鹿島に県内の高校・U-18クラブ出身者が残れないのと似ている)なので、EU離脱を選択するのもわからないでもないですが、コストパフォーマンスの悪い地元のおっさんが自分で自分を過剰評価した結果、金融不安になってしまいました。メリットとデメリットがありますが、イングランドサッカーにはデメリットがでかすぎて、「世界一の国内リーグ」の座は近い将来ブンデスリーガに譲渡になるだろうなあと思います。高速道路も道の駅も拒否、ベルマーレのスタジアムは言い訳だけ、進路で平塚学園高校にごぼう抜きされるその他の高校、相次ぐ大型事業所の撤退、「寒川町・神奈川県・JR東海」と「平塚市」とで見解が違うので本当はシングルなのにツインシティなど、平塚市の官民は地元のおっさんに不都合な若手(自分の子を含む)は出ていけというスタンスですが、平塚市にはよそから移住者が少ないので、イギリスのような問題にはなりませんね。

ゴールプランダーズ→ベルマーレ平塚Jr.ユース→帝京第三高→セレッソ→ザスパ→北九州→相模原の宮川大輔さん(玉川中)がレオヴィスタ厚木というU-15クラブを立ち上げたそうで、平塚Jr.ユース同期の臼井幸平さんも手伝っているらしいです。なにげにU-15の街クラブが乱立傾向の厚木市ですが、野球同様高校進学時の受け皿がありません・・・。湘南と相模原があるので、Jリーグはマーケットサイズ的に無理だと思います。

そんな厚木市民デーだった磐田戦ですが、所用があって行けませんでした。というわけで、その次の6月25日(土)は、日立柏サッカー場で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ1stステージ第17節柏レイソル戦でした。ファーストステージ最終節ということで、全会場一斉キックオフでした。日立台には3月の柏対磐田戦5月の熊本対水戸戦に続いて、4ヶ月で3試合目です。直前にマッチデープログラムをダウンロードして、個人的にラーメンシーズンオフですが船橋でソースラーメンを食べてから柏に行きました。

会場に入って思いましたが、磐田戦同様、ぱっとみてレイソルサポーターが少ないなあと思いました。バックスタンドビジター席寄りにでっかいハゲのような空席ブロック(ここが指定席であるため)があることが今シーズンは常態化しています。実際この試合は9,643人しか入っておりません。昨シーズンの柏はACLによる変則日程でしたのでしょうがないところがありますが、今シーズンの成績で立派なスタジアムなのに、今シーズンの柏は甲府と最低動員を争っていて、言い訳できないだろうなあと思います。

対戦相手の柏はこちらの監督と主将の古巣ということで、湘南にとっては力が入る対戦相手です。加えてなぜか湘南ベルマーレ対柏レイソル戦は、リーグ戦、カップ戦とも平日に割り当てられることが多く、土休日開催はJ2の2006年以来(J1だと1999年以来)ということで、ほとんどのベルマーレサポーターにとって日立台は初めてか10年ぶりということもあって、結構多くのサポーターが日立台に駆けつけておりました(上野東京ラインで電車組は乗り換えも減りましたし・・・)。柏は元湘南のMF武富孝介選手とMF中川寛斗選手が先発出場しました。日立台から歩いて沼南に行ける柏にとっては「ショーナン」と言われても市内対抗戦みたいでしょうね。

試合は基本的にホームの柏レイソルが押している状態で進行されました磐田戦では柏はメンデス監督が率いていて、「たった10kmに30分かかっている東武野田線(自称:アーバンパークライン)」のような残念なゆっくりサッカーでしたが、下平監督が率いた湘南戦では速やかにゴール前に押し上げるサッカーでした。ただ、レイソルの皆様は「つなげるサッカーをしないと死んじゃう病」を患っているらしく、律儀にGK→DF→MF→FWに順番どおりつなげるサッカーをしており、それはそれでいいのですけど、どんなときも絶対につなげるサッカーをしないといけない奇病(ペナルティエリア内でFWが相方FWにパスをつなげるとポイント2倍とかありそう)のおかげで、それを湘南は事前にわかっていた守備をして、危なっかしいながらも守り切っておりました。ここ数試合柏は不調だったそうですので、多くのクラブにそれが研究済みだったのだと思われます。湘南でさえいつもショートカウンターではないのに、柏は徹底しすぎでした。相手FWだけ守れば、途中過程はボールを持たせてあげてもいいのですよ

前半を0対0で終えて後半となるのですが、MF菊池大介選手を柏の茨田選手がファール(イエローカードは妥当なもの)で止め、そこからのフリーキックによるゴール前の混戦をFW長谷川アーリアジャスール選手(背中の名前は「AAIA」ではない)が押し込んで、湘南が先制します

これで逃げ切れればよかったのですが、後半アディショナルタイムにMF菊池大介選手のシュートが防がれたあと、柏MF中川寛斗選手がカウンターで運んで、FWではなくDF輪湖直樹選手にパスという予想外の攻撃で、同点に追いつかれ、そのまま試合終了となりました。

柏 1-1 湘南

先制するまでは注意深く闘っていた湘南でしたが、リードした後は気が抜けてしまい、中川寛斗選手のカウンターを誘発してしまいました。この試合は勝てた試合だと思いますが、最後の最後の不注意で、川崎戦、広島戦と同様のミスを犯してしまいました。あと髙山薫選手がシュートを外しすぎでした。

中川寛斗選手は身長155cmでJ1クラブで主力選手として試合に出続けており、サッカーだって背が高いほうが有利な中、大変素晴らしいことだと思います。新潟やFC東京で全く活躍できていないのにU-23日本代表に出続ける選手がいる(さらに言えばJ2の先発すら確保できないのにU-23日本代表の選手もいる)のに、なぜ似たポジションの柏の主力選手がU-23日本代表になれないのかが不思議です。あとGK中村航輔選手は、年齢を考えればいい選手ですね。

これでファーストステージが終了し、鹿島アントラーズが優勝しました。おめでとうございます

湘南ベルマーレは勝ち点16で16位でした。「1試合あたり勝ち点1」のペースが守れなかったこと、および残留圏内の15位以上になれなかったので、評価はできません。とはいえオフに選手が大量に入れ替わり、開幕当初は壊滅的にDFラインの守備がおかしかった状態から、5月下旬から目に見えて改善が見えてきたので、今後への期待はできます

中断期間なしで7月2日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第1節横浜F・マリノス戦です日本端子スペシャルデーで、先着で都まんじゅうがもらえるそうです。伊勢原市民デーなので、在住・在勤・在学の方は前売り券の値引きがあります七夕ユニフォーム着用試合となります。

この試合はスカイ・A sports+で生中継されますので、ケーブルテレビの方も視聴可能です。湘南の元マリノスは藤田祥史・端戸仁・奈良輪雄太・武田英二郎・長谷川アーリアジャスール選手、株式会社三栄建築設計がおり、マリノスの元湘南は中町公祐選手がいます。日産スタジアムで開催された1stステージは湘南ベルマーレが勝ちましたので、マリノスは必死に立ち向かうと思われます。

|

« 2016年のJ1以外のリーグの状況 | トップページ | 明治安田生命J3リーグ 2016 第15節 相模原vs栃木 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2014-2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/66209503

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第17節 柏vs湘南 戦 :

» 祝!福留孝介選手日米通算2000本安打達成!なお、試合はryやJ1 1st鹿島優勝、川崎2位、湘南16位など5月26日のプロ野球とJリーグ [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
【ブレないデイリー】今日の一面阪神福留2000安打!外野初プレーでサヨナラ失策から17年…生き様示した金字塔記事はコチラ→https://t.co/rs7mbQxKwu#タイガース #阪神 pic.twitter.com/9bqs8b7HWpmdash; デイリースポーツ (@Daily_Online) 2016年6月25日【祝…... [続きを読む]

受信: 2016年6月26日 (日) 10時51分

« 2016年のJ1以外のリーグの状況 | トップページ | 明治安田生命J3リーグ 2016 第15節 相模原vs栃木 戦 »