« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第17節 柏vs湘南 戦

おはようございます、イギリスが国民投票でまさかのEU離脱を選択して驚いている、チャリ通です。まあユーロではなくポンドを採用している(ロンドン地下鉄の初乗り約1,000円というくらいリーマンショック前はポンドが高騰していた)ので離脱は選択しやすかったと思います。でもここで英語でEU圏を制御できるからこそイギリスに価値があったわけですから、EU離脱したらイギリスの価値は大暴落です。そのうちスコットランドが独立してEUに加盟したりして?。そうなったらUnited Kingdomも崩壊ですね。オリンピックどころではありません。

まあ、安くて優秀な移民に人気がありすぎて、彼らがコストパフォーマンスの悪い地元のおっさんを駆逐するというのがイングランド(浦和や鹿島に県内の高校・U-18クラブ出身者が残れないのと似ている)なので、EU離脱を選択するのもわからないでもないですが、コストパフォーマンスの悪い地元のおっさんが自分で自分を過剰評価した結果、金融不安になってしまいました。メリットとデメリットがありますが、イングランドサッカーにはデメリットがでかすぎて、「世界一の国内リーグ」の座は近い将来ブンデスリーガに譲渡になるだろうなあと思います。高速道路も道の駅も拒否、ベルマーレのスタジアムは言い訳だけ、進路で平塚学園高校にごぼう抜きされるその他の高校、相次ぐ大型事業所の撤退、「寒川町・神奈川県・JR東海」と「平塚市」とで見解が違うので本当はシングルなのにツインシティなど、平塚市の官民は地元のおっさんに不都合な若手(自分の子を含む)は出ていけというスタンスですが、平塚市にはよそから移住者が少ないので、イギリスのような問題にはなりませんね。

ゴールプランダーズ→ベルマーレ平塚Jr.ユース→帝京第三高→セレッソ→ザスパ→北九州→相模原の宮川大輔さん(玉川中)がレオヴィスタ厚木というU-15クラブを立ち上げたそうで、平塚Jr.ユース同期の臼井幸平さんも手伝っているらしいです。なにげにU-15の街クラブが乱立傾向の厚木市ですが、野球同様高校進学時の受け皿がありません・・・。湘南と相模原があるので、Jリーグはマーケットサイズ的に無理だと思います。

そんな厚木市民デーだった磐田戦ですが、所用があって行けませんでした。というわけで、その次の6月25日(土)は、日立柏サッカー場で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ1stステージ第17節柏レイソル戦でした。ファーストステージ最終節ということで、全会場一斉キックオフでした。日立台には3月の柏対磐田戦5月の熊本対水戸戦に続いて、4ヶ月で3試合目です。直前にマッチデープログラムをダウンロードして、個人的にラーメンシーズンオフですが船橋でソースラーメンを食べてから柏に行きました。

会場に入って思いましたが、磐田戦同様、ぱっとみてレイソルサポーターが少ないなあと思いました。バックスタンドビジター席寄りにでっかいハゲのような空席ブロック(ここが指定席であるため)があることが今シーズンは常態化しています。実際この試合は9,643人しか入っておりません。昨シーズンの柏はACLによる変則日程でしたのでしょうがないところがありますが、今シーズンの成績で立派なスタジアムなのに、今シーズンの柏は甲府と最低動員を争っていて、言い訳できないだろうなあと思います。

対戦相手の柏はこちらの監督と主将の古巣ということで、湘南にとっては力が入る対戦相手です。加えてなぜか湘南ベルマーレ対柏レイソル戦は、リーグ戦、カップ戦とも平日に割り当てられることが多く、土休日開催はJ2の2006年以来(J1だと1999年以来)ということで、ほとんどのベルマーレサポーターにとって日立台は初めてか10年ぶりということもあって、結構多くのサポーターが日立台に駆けつけておりました(上野東京ラインで電車組は乗り換えも減りましたし・・・)。柏は元湘南のMF武富孝介選手とMF中川寛斗選手が先発出場しました。日立台から歩いて沼南に行ける柏にとっては「ショーナン」と言われても市内対抗戦みたいでしょうね。

試合は基本的にホームの柏レイソルが押している状態で進行されました磐田戦では柏はメンデス監督が率いていて、「たった10kmに30分かかっている東武野田線(自称:アーバンパークライン)」のような残念なゆっくりサッカーでしたが、下平監督が率いた湘南戦では速やかにゴール前に押し上げるサッカーでした。ただ、レイソルの皆様は「つなげるサッカーをしないと死んじゃう病」を患っているらしく、律儀にGK→DF→MF→FWに順番どおりつなげるサッカーをしており、それはそれでいいのですけど、どんなときも絶対につなげるサッカーをしないといけない奇病(ペナルティエリア内でFWが相方FWにパスをつなげるとポイント2倍とかありそう)のおかげで、それを湘南は事前にわかっていた守備をして、危なっかしいながらも守り切っておりました。ここ数試合柏は不調だったそうですので、多くのクラブにそれが研究済みだったのだと思われます。湘南でさえいつもショートカウンターではないのに、柏は徹底しすぎでした。相手FWだけ守れば、途中過程はボールを持たせてあげてもいいのですよ

前半を0対0で終えて後半となるのですが、MF菊池大介選手を柏の茨田選手がファール(イエローカードは妥当なもの)で止め、そこからのフリーキックによるゴール前の混戦をFW長谷川アーリアジャスール選手(背中の名前は「AAIA」ではない)が押し込んで、湘南が先制します

これで逃げ切れればよかったのですが、後半アディショナルタイムにMF菊池大介選手のシュートが防がれたあと、柏MF中川寛斗選手がカウンターで運んで、FWではなくDF輪湖直樹選手にパスという予想外の攻撃で、同点に追いつかれ、そのまま試合終了となりました。

柏 1-1 湘南

先制するまでは注意深く闘っていた湘南でしたが、リードした後は気が抜けてしまい、中川寛斗選手のカウンターを誘発してしまいました。この試合は勝てた試合だと思いますが、最後の最後の不注意で、川崎戦、広島戦と同様のミスを犯してしまいました。あと髙山薫選手がシュートを外しすぎでした。

中川寛斗選手は身長155cmでJ1クラブで主力選手として試合に出続けており、サッカーだって背が高いほうが有利な中、大変素晴らしいことだと思います。新潟やFC東京で全く活躍できていないのにU-23日本代表に出続ける選手がいる(さらに言えばJ2の先発すら確保できないのにU-23日本代表の選手もいる)のに、なぜ似たポジションの柏の主力選手がU-23日本代表になれないのかが不思議です。あとGK中村航輔選手は、年齢を考えればいい選手ですね。

これでファーストステージが終了し、鹿島アントラーズが優勝しました。おめでとうございます

湘南ベルマーレは勝ち点16で16位でした。「1試合あたり勝ち点1」のペースが守れなかったこと、および残留圏内の15位以上になれなかったので、評価はできません。とはいえオフに選手が大量に入れ替わり、開幕当初は壊滅的にDFラインの守備がおかしかった状態から、5月下旬から目に見えて改善が見えてきたので、今後への期待はできます

中断期間なしで7月2日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第1節横浜F・マリノス戦です日本端子スペシャルデーで、先着で都まんじゅうがもらえるそうです。伊勢原市民デーなので、在住・在勤・在学の方は前売り券の値引きがあります七夕ユニフォーム着用試合となります。

この試合はスカイ・A sports+で生中継されますので、ケーブルテレビの方も視聴可能です。湘南の元マリノスは藤田祥史・端戸仁・奈良輪雄太・武田英二郎・長谷川アーリアジャスール選手、株式会社三栄建築設計がおり、マリノスの元湘南は中町公祐選手がいます。日産スタジアムで開催された1stステージは湘南ベルマーレが勝ちましたので、マリノスは必死に立ち向かうと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016年のJ1以外のリーグの状況

こんばんは、欧州と南米で選手権が開かれておりますが、先週末に2016-2017シーズンのゼビオFリーグが開幕しました。スカパー!やケーブルテレビなどでJ SPORTSが視聴できる方は、Fリーグのホーム・アウェイ・セントラルとプレーオフのうちセントラルとプレーオフの試合を録画放送されますので、よろしくお願いいたしますと思う、チャリ通です。湘南ベルマーレフットサルクラブは開幕戦(代々木セントラル)敗れましたが・・・。植松晃都選手に期待です。今年もゼビオが運営する応援.comから無料ネット配信があるそうです。

ただでさえ開幕前に名古屋オーシャンズの優勝が決まっているという、スペインやスコットランドのサッカー以上に「開催する必要性がないリーグ」ということで、世間ではFリーグは全く盛り上がりませんが、日本で2,000番目くらいにサッカーがうまい人がJ3やJFLでFリーグ以上の待遇でサッカーをしているという野球やアイドル業界などでは考えられないくらい、サッカー系は簡単にプロになれることもあって、ここにきてレベルもどうなのだろうと思った矢先に、フットサルワールドカップアジア予選にだらしない負け方で予選落ちという失態があって、リオデジャネイロ五輪後にはグダグダだったバスケットボールがBリーグを立ち上げるという追い打ちもあり、さすがに今季限りで大ナタを振られてもFリーグは文句が言えないと思います。

川淵三郎さんと大河正明さんという元日本サッカー協会幹部が率いる、そのBリーグですが、川崎ブレイブサンダース(今月まで東芝ブレイブサンダース神奈川・2015-2016 NBLチャンピオン)と横浜ビー・コルセアーズ(2012-2013 bjリーグチャンピオン)が神奈川県のクラブで1部リーグ「B1」で参戦し、先日発表された日程では平塚などでも試合があります。ちなみに千葉ジェッツもB1で参戦します。沖縄、秋田とならぶバスケットボール人気がある神奈川県なので、小田原でバスケットボールをやらせない湘南ベルマーレフットサルクラブの成績では風当たりは強いと思います。相手がどんなにショボい組織でもコラボする「コラボの鬼」の川崎フロンターレは、富士通に気を使って優勝候補の川崎ブレイブサンダースとコラボレーションが出来なさそう?なのは、もったいないなあと思います。

女子サッカーはリオデジャネイロオリンピックを見越して、プレナスなでしこリーグは中断中で、現在リーグカップが開催中です。リオデジャネイロオリンピックには出場できませんでしたが・・・。1部リーグでは日テレベレーザが首位で、昨年2部で圧倒的だったAC長野パルセイロレディースが1部でも2位につけています。ジェフユナイテッド市原・千葉レディースは中位です。

神奈川県のクラブは2部リーグに集中しており、元湘南ベルマーレ監督の菅野将晃監督が率いるノジマステラ神奈川相模原は現在首位で、今年は1部リーグ昇格できそうな雰囲気です。昨年試合を観に行きましたが、なかなか良い雰囲気でした。勝利後に田中陽子選手にハグしちゃダメですよ(笑)。日体大FIELDS横浜は5位で、こっちでも「後発のほうの横浜」であるニッパツ横浜FCシーガルズ(横須賀シーガルズトップチーム)は2部リーグ残留が厳しそうです。とはいえカップ戦中断が長いので、3クラブとも中断明けにはガラリと変わる可能性があると思います。

チャレンジリーグの大和シルフィードがEAST2位と健闘しておりますが、大和やニッパツ横浜FCシーガルズとは比べものにならないくらい地域密着がすごいオルカ鴨川FC(病院経営の亀田グループが選手を雇用)がこのリーグでブッチギリに強いので、来年狙いかなあと思います。千葉にはジェフユナイテッドという反面教師(どうやったらあれだけ地元のジュニアサッカーに嫌われて高校サッカー王国になるのか、謎。)がいるので、逆のことをすればおのずと地域密着と戦力強化になりますし・・・。

JFLはファーストステージが終了し、流通経済大学サッカー部二軍の流経大ドラゴンズ龍ヶ崎が優勝しました。2位は集客力がないけど豊富な資金でプロ契約選手を雇う、壊滅的にホームタウン活動ができていないので当面J3昇格が不可能なFC大阪で、Jリーグ入りを目指すクラブや実業団チームがあまり強くないという例年と異なるシーズン前期でした。伝説だらけのファジアーノ岡山ネクストの現監督は、また伝説を作るのでしょうか?。もう相当前からインカレのほうがJFLよりレベルが高かったですし、J3までで1,500人以上選手がいるわけですから、JFLまで手が回らないのでしょうね

第12節まで終了したJ3リーグは、1位から8位までが勝ち点差4という団子状態です。「J3リーグのマンチェスターユナイテッド」こと大分県営トリニータが1分4敗と結構試合を落としていることが混戦の要因でしょうね。

8位までに入っている鹿児島、大分、栃木、長野、秋田、相模原、富山、琉球には優勝のチャンスがあると思います。J2ライセンスが取得できそうもない相模原などが2位以上に入ればJ2からの降格が減るので、J2各クラブから結構期待されていると思いますが、チーム力を考えれば秋田と相模原がワンツーフィニッシュもありえますので、今後の展開が期待されます

湘南ベルマーレと提携している福島は現在10位です昨年まで湘南のコーチだった横山雄次監督が率いる栃木SCも優勝の可能性があると思います。人口も財力も大幅に落ちる鳥取県において、「鳥取市に協力を仰いでおいて米子市に戻る」とかしているガイナーレ鳥取は、相当まずいような気がします。鳥取県と島根県でひとつのJクラブという考えなら、「米子+境港」より「松江+出雲」のほうが栄えているので米子が拠点なのは弱いと思いますので、失敗だったのではと思いますし・・・。

第18節まで終了したJ2リーグは、不良債権化していた小野・稲本選手などベテランをバッサリ切った北海道コンサドーレ札幌が首位です(でも稲本選手の大怪我は悔しい)。

湘南ベルマーレより財力のあるセレッソ、京都、清水、千葉は、今シーズンも微妙な順位です。一方で昇格組の町田と山口は健闘しています

内田篤人選手を最後に日本代表に選手が定着できない静岡県(内田選手は1年以上クラブの試合に出ていないので、事実上は長谷部誠選手(32歳)が最後に日本代表に定着した静岡県民)は、全国高校サッカー選手権でも2回戦くらいまで負けることが多く、一応静岡県出身Jリーガーは全国トップクラスですが、それは「30歳から49歳の選手」と「磐田・清水・藤枝に地元枠で入団した若手」が多いためで、名波監督の磐田が躍進したのも静岡出身にこだわらず外人に投資したことが大きいので、お客様のオジサマが王国(前世紀は確かに王国だった)の若い子によるパスサッカーを望むことに、清水の左伴社長(前湘南専務)も頭を悩ましているのではないかなあと思います

熊本については今年はJ2残留で充分だと思います。地震対策次第ですが7月から9月ぐらいにかけて未消化の試合をどんどん入れざるを得ないので、体力切れで負けることも想定しなければいけないでしょう。でも熊本にはいい成績になってほしいと思います

岐阜は開幕数試合後からラモス監督から吉田恵コーチに指揮権が移動したことで勝ちだしているという噂?ですが、よくわかりません(本当だったらラモス監督は2度目の記者会見要員降格)。2017年シーズンから新スタジアムを予定しているギラヴァンツ北九州が予想外に順位が低いですね。J2・2年目のツエーゲン金沢は、鹿児島はライセンスがとれるかもしれないので、秋田、相模原、琉球に頑張ってほしいと神頼みをしていそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第15節 ガンバ大阪vs湘南 戦

こんばんは、埼玉西武ライオンズがナイキと契約をしていた時、「NAAAHAAA」とユニフォームに表記されていたコーチがいたのが有名でしたが、今年からマジェスティックに変更になった際、表記がちゃんと「NARAHARA」になっていて良かったなあと思う、チャリ通です。ちなみに今年の湘南ベルマーレの24番が「NAAAWA」になっていることは内緒です。おそらくプレゼンテーション時に「このフォント、いいね!」となっていたのが、実際に採用して遠目で見ると「思っていたのと、違う!」だったのでしょうが、以前も「2」と「7」の識別が難しかった年があるので、ウインスポーツ(Penalty)は伝統的にそういうデザイン方針なのでしょう。

Shonan BMW スタジアム平塚にて桐生祥秀選手が「日本人初の100m走9秒台」を逃がして「Shonan BMW スタジアム平塚」が半永久的に日本スポーツ界に名を残す千載一遇のチャンスを逃がした6月11日(土)に、市立吹田サッカースタジアムで14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ1stステージ第15節ガンバ大阪戦でした。南海沿線に立ち寄る用事を作ったので、今宮戎神社に立ち寄って、関西では有名な阪神百貨店のいか焼きを食べて、大阪モノレールの万博記念公園駅に向かいました。関東も水不足が心配になってきましたが、この日の大阪はそれ以上に暑く感じました

旧エキスポランドを閉鎖して、ららぽーとによる商業施設と、複数のスポーツグラウンドを造成した一角に市立吹田サッカースタジアムが建設されましたが、もういろいろすごくてうらやましい限りです。15年以上前にイギリスにちょっといた時に行ったプレミアリーグのスタジアムのようです。駅から少し歩くのですが、苦にはなりません。寄付で建設されたことになっておりますが、パナソニックグループだけで9割くらい資金供出して建設した施設を吹田市に寄付したものなので、普通のクラブにはマネできません

話題の新スタジアムということもあったのか、関西遠征とは思えないくらいの湘南ベルマーレサポーターの動員でした(ガンバ的には珍しくない規模かもしれませんが・・・)。同時期にベイスターズがバファローズ戦のために大阪遠征をしており、日曜日は西京極でJ2京都対山口戦がありますので、そちらと絡めたベルマーレサポーターもいたのかなあと思いました。

名古屋戦の結果、主力中の主力選手である菊池大介選手がガンバ戦に出場停止となってしまいましたが、代役は奈良輪雄太選手でした。右サイドをやったり、左サイドをやったり、3バックに入ったり、いろいろなポジションをやっておりますが、目立たないもののどのポジションもそれなりにこなしておりますので、女性ファン獲得につながればいいなあと思います。

一度スタジアムに入場すると一時退出できない市立吹田サッカースタジアムですが、メインスタントとバックスタンドのスタジアムグルメと比べると、ゴール裏のスタジアムグルメはしょぼいので、そちらに買いだす必要があると思います。ただしスタジアムグルメは月に1食程度のオイラは今回食べていないので、内容はよくわかりません。

そしてキックオフなのですが、明らかにガンバ大阪の選手が走れておらず、AFCチャンピオンズリーグに敗退したのも納得の内容でした。どうしちゃったのでしょうか。試合途中から遠藤保仁選手はDFラインの前から長めのパスを出すだけで全く脅威がなく、昨シーズンすさまじいパフォーマンスを見せていた宇佐美貴史選手はセットプレー以外は別人のようでした。

しかし、セットプレーの攻守に関してはベルマーレよりガンバのほうが圧倒的に上で、これでなんとか試合にしている感じでした

開始10分でFW端戸仁選手がボレーシュートで先制しますが、前半終了直前のセットプレーからの混戦からガンバの今野泰幸選手が同点ゴールを決めます。

後半にガンバの宇佐美貴史選手のコーナーキックを岩下敬輔選手があわせて勝ち越されますが、途中出場のMF下田北斗選手が豪快なミドルシュートで同点に追い付きます

後半82分にGK村山智彦選手がペナルティエリア外に釣りだされてガンバのパトリック選手と競り合うことになり、こぼれ球を宇佐美貴史選手が決めて逆転されてしまいます。あの状態は村山選手はあれしかできず、本来DFラインがケアすべきでしたが、時間帯的に厳しい失点でした。

しかし直後にMF下田北斗選手がまたも豪快なミドルシュートで同点に追い付きます

ガンバ大阪 3-3 湘南

下田選手と奈良輪選手の活躍が光りました。しかしこの試合は勝てた試合だと思いますので、改善を期待したいと思います

6月18日(日)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ1stステージ第16節ジュビロ磐田戦ですチケットが安くなる厚木市民デーで、トライテラススペシャルデーです。磐田の元湘南は大井健太郎選手がいます。柏対磐田戦を観ましたが、日本人選手はともかく外人選手のレベルが極めて高いので要注意です。昨年瞬殺だった「あゆコロちゃん×キングベルⅠ世コラボタオルマフラー」を今年も販売し、さらに6月で解禁中の鮎の塩焼きも販売するそうです。この試合から当分の間ナイトゲームになります。

6月25日(土)は、日立柏サッカー場で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ1stステージ第17節柏レイソル戦です。1stステージ最終戦となり、土日開催では10年ぶりの柏での湘南ベルマーレ戦となります。柏の元湘南はMF武富孝介・MF中川寛斗選手がおり、湘南の元柏は曺貴裁監督・髙山薫選手がいます。柏対磐田戦を観ましたが、監督が変わりましたので参考になりません。監督が変わったおかげで武富孝介選手が主力に戻り、中川寛斗選手も結構試合に出ています。

とにかく1stステージのうちに15位以上に上がることを目標に、がんばりましょう。1stステージは選手が入れ替わってチームができていない状態からスタートしましたが、最近は改善がみられており、2ndステージは期待できます。何とかしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

厚木ハム 2016年版

おはようございます、2016年上半期はリオデジャネイロオリンピックの各競技予選が次々と開催され、そろそろリオデジャネイロ五輪に出場できる選手が出そろうのですが、得意の野球とソフトボールが開催されず、女子サッカーが予選敗退ということで、久しぶりに厚木市からオリンピック出場なしで、「おとなしく多村仁志外野手(小鮎中・ドラゴンズ)、館山昌平投手(睦合東中・スワローズ)、田中広輔内野手(依知中・カープ)などでも観とけっ!」になるのかなあと思っていたら、おととしまでバスケットボールの選手だった中丸彩衣選手(森の里中)が女子7人制ラグビー日本代表候補だそうで、なんとか残れるといいなあと思う、チャリ通です。

リオデジャネイロ五輪に予選落ちをした女子サッカー日本代表(なでしこジャパン)と、ワールドカップに予選落ちをした男子フットサル日本代表は、これからその代償を払うことになりますが、頑張っていただきたいと思います。

先月、ついでに厚木ハム(あつぎはむ)に立ち寄りました。

厚木ハム 公式ホームページ

以前相川地区にあったときに記事化しておりますが、2010年に及川に移転しました神奈川中央交通バス天台上野原バス停が目の前にあるのですが、このバス停は平塚市内の国道129号バスと同様にバイパス経由急行バスのみのバス停なのでほとんどバスが止まらず、実質使えません。宮ヶ瀬方面行きの千頭バス停か、妻田経由の荻野新宿バス停から歩く必要があり、バスで行くことは困難と思います。しかし自動車でしたら「国道412号及川中原交差点の近く」となり、駐車場も充分あるので、本厚木駅、東名厚木IC、圏央厚木ICより遠いですが、便利です(及川球技場、荻野山中陣屋、荻野運動公園、複数のゴルフ場には近い)。店舗の外観が少しおしゃれになり、豚のシンボルマークが採用されました

前回の記事の時と同様に、蔵王高原「しまざき牧場」で生産した豚の肉だけを使用して、ドイツで賞をもらった嶋崎洋平さんらがハム、ソーセージなどを作っています。前回記事の後、何回か民放や雑誌の全国媒体に嶋崎洋平さんが出演したこともあり、この日は結構お客様が来店しておりました2016年シーズンから横浜スタジアムでBAYSTARS DOGを手掛けることになり店内にはベイスターズのポスター(筒香嘉智外野手、厚木に自主トレに来ていた三浦大輔投手と山﨑康晃投手)がいくつも貼られております。1枚でも監督がドイツ好きの湘南ベルマーレにならないかなあと思いますが、ベルマーレフードパークに出店していないので無理でしょうなあ・・・。

新店舗になったことでイートインスペースが出来、ハム・ソーセージのソテーのプレートや、ホットドッグをここで食べることが出来ますベルマーレビールを手掛けているサンクトガーレン(厚木市金田)のビールも販売しております。

ネットショップで厚木ハムを買うこともできますが、よく分からないものも含めて及川の実店舗のほうが種類が多いので、出来れば実店舗でお買い求めいただくほうをお勧めします。実店舗ではしまざき牧場の精肉や豚漬け、味噌味ホルモンなども販売しております。厚木ハムのシンボルマーク入りクーラーバックも販売しております。

ヴァイスヴルスト、クノーブラオフ、ロース豚漬けを購入しましたが、ヴァイスヴルストはハーブ、クノーブラオフはにんにく、ロース豚漬けは味噌をしっかり感じることが出来、美味しかったです。まあパンと同様にプロ職人が作るハムは、日本ハムや伊藤ハムなどの大手が、コストや生産量を考慮して大量製品をするものと雲泥の差がありますので、やや高いことに文句はありません。もうちょっとオイラがハムに詳しくなって、使い分けられるとかっこいいかなあと思います。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンメッセしんわ「湘南みかんぱん」「焼きドーナツみかん」

こんばんは、先日の風雲児たち幕末編27巻の記事「3年B組金八先生」FC東京戦の記事「加藤優」選手(かとうゆう・厚木商業高卒21歳女子野球選手・出身は秦野市)に、それぞれ本編から脱線気味に触れたところ、「3年B組金八先生第2シリーズに登場する加藤優(かとうまさる・中3男子)」について調べて当ブログに来た人がいるとか冗談みたいな展開に驚いている、チャリ通です。3年B組金八先生第2シリーズは、湘南ベルマーレ現役最年長の坪井慶介選手がまだ1歳であった1980年の作品なので、オイラもリアルタイムでは観ていなかったものですが、第2シリーズは当時問題になっていた校内暴力(腐ったミカンがなんたらかんたら)を取り扱って長期シリーズ化を決定づけた名作ですので、TBSチャンネル2などで機会があったらご覧ください

今季開幕戦の新潟戦で、サンメッセしんわ(ふりがな省略)の「湘南みかんぱん」を購入して好評でしたが、先日の名古屋戦ではサンメッセしんわが「焼きドーナツみかん」を販売していたので、こちらを購入しました。

サンメッセしんわ 公式ホームページ

湘南みかんぱん「大磯・二宮青摘みかん果汁&平塚産小麦使用」ということで、みかんの木パートナーシッププログラムに進和学園が参加して製造されました。ベルマーレホームタウン7市3町でもっともシティセールスが下手な平塚市らしからぬとか思っていたら、やっぱり茅ヶ崎市のNPO法人湘南スタイルによる、大磯と二宮のみかんのプロジェクトに入れてもらったようです。平塚市の官民が先頭に立たないシティセールスは、やはり違いますラオシャンタンメンとか、大黒庵ドンパリラーメンとか、特徴のある名産品を押しのけて、茅ヶ崎をはじめ全国どこにでもある都まんじゅうや、特徴は「高価」だけのカオリ麺などを推して結果はまったくウケないなど、かつて藤沢や厚木に住んでいたものからすれば、平塚は驚くことばかりです)。

「おいしいみかんにするために、まだ実が青いうちに間引きをします。この「青摘みかん」をギューッと絞った果汁がジュースやジャム、ドレッシングやシャーベットへと大変身!

創業60余年の老舗・鈴木製餡所が果汁を使って炊いた”みかん餡”がサンメッセしんわのこねた”みかんパン生地”をまとって完成したのが「湘南みかんパン」。パンなのにジューシー、爽やかな酸味のきいた新食感の美味しさをどうぞ!」(以上、パッケージの説明のまま)

だそうです。新潟戦の時いただきましたが、おいしかったです

で、名古屋戦では「焼きドーナツみかん」のほうも販売されていたので、こちらを購入しました。湘南みかんぱんと同じみかんが使用されているらしく、価格は湘南みかんぱんと同じ1個180円。やや高いかなあと思いました。

しかし食べてみると、「うまい、これは子供・女性にウケル!、大手コンビニに出しても売れると思う」と思いました。みかんの風味もあり甘さもやさしいおすすめ商品で、オイラも点数を稼ぐことが出来ました。包装されて売っているのでお土産も可能で、正直ベルマーレクッキー以上、ベルマーレビール並みの商品力が、「湘南みかんぱん」「焼きドーナツみかん」ともにあると思います。ぜひお土産にどうぞ

公式ホームページのとおり、サンメッセしんわは事情があって働きづらい方々のための職場ということで、大量生産や大量販売は難しい可能性があります。どこでも売っているわけではありませんが、湘南ベルマーレのリーグ戦に行けば購入できる可能性が高いですので、よろしくお願いいたします。

<追記>ミトクで湘南みかんぱん焼きドーナツみかんをそれぞれ猛プッシュしてました。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »