« 明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第11節 湘南vsFC東京 戦 | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第13節 湘南vs仙台 戦 »

明治安田生命J2リーグ 2016 第14節 熊本vs水戸 戦

こんばんは、2016年現在、南関東のJR東日本の自動券売機では1,660円切符までが購入可能ですが、小田原駅から1,660円切符で何と静岡駅まで行けるのですが、小田原駅から東京方面には亀有駅、新小岩駅、新浦安駅までにしか行けず、ああ、小田原駅って千葉県から遠いんだなあと再認識した、チャリ通です。浅草駅から135km先にある東武日光駅に行く(1,620円)より高いです(ただし小田原駅から小田急線と千代田線を乗り継いで綾瀬駅までなら小田急の1,110円切符で行けます)。小田原駅に行った時、南関東の駅の運賃表で「静岡駅」が出てくるとは思いませんでした。かつて曺貴裁監督がフクダ電子アリーナでの試合の際に「高い交通費をかけてやってきた」とかの趣旨の訓示をしていたらしいですが、「平塚駅の運賃表では蘇我駅は圏外」ということも付け加えます(定期券がない場合は休日おでかけパスを利用しましょう)。

熊本地震に被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。オイラも美少年を買うことで熊本に貢献しようと思ったのですが、近所で売っていなかったので、しろで手を打ちました。高橋酒造は阿蘇ではなく人吉なので被害は小さいと思うのですが、ロアッソ熊本のスポンサーなので、まあよしとします。

募金のほかにマイルやポイントを寄付していますが、やはり公式戦有料チケットを正規に買うことが一番の支援だと思いましたので、せっかく近くの柏で開催されるロアッソ熊本の試合には行かなければと思いました

Jリーグ開幕から24年後となる5月15日に、アウェイのフクダ電子アリーナ(行けませんでした)で復帰したロアッソ熊本ですが、ホームゲームを熊本県内で開催できるめどはたっておりませんオイラもかつてうまかな・よかなスタジアムに行きましたが、熊本空港と九州自動車道に挟まれた、被害の大きい阿蘇地域に近い場所にこのスタジアムがあって、熊本市街にも国道直進だけで行けるので、そりゃあここを前線基地に使いたいよねと理解できます(安全性のチェックも終わっていないらしい)。このため当面の間ロアッソは中立地でホームゲームを開催することになるのですが、水戸戦は日立柏サッカー場が割り当てられました。水戸にとっては常磐自動車道やJR常磐線で行けるのですから、断る理由がありません。試合はロアッソと親密な関係がある柏レイソルスタッフとボランティア、そして流通経済大学サッカー部の全面協力で開催されました

今年の両軍のコーチや選手にベルマーレ関係者はいないのですが、ロアッソ熊本のスタジアムDJをDJコバ(元湘南GKの小林弘記さん)この試合も暑苦しく(ほめ言葉)勤めておりました。なお水戸には平塚市立江陽中学校で下田北斗選手の先輩に当たる、ロメロフランク選手が先発出場しました。

春の運動会シーズンでもあり、正直、5,000人から8,000人くらい入ればいいほうかなあと思っていたのですが、快晴の暑いさなか8,201人も動員があり、驚きました。テレビのバラエティ番組でロアッソに関わった小沢一敬さんが募金やトークショー、始球式を行いました(その他有名人有志も多数駆けつけた模様)。

また、ロアッソ熊本イメージソング「HIKARI~輝く未来へ~ 」を歌った水前寺清子さん(70歳)が、シャツ・パンツ・ソックスがアーセナルっぽい2016年ロアッソ熊本ユニフォームをフル装備で柏に駆けつけオイラが生まれる前から名曲だった「三百六十五歩のマーチ」を歌いました。高齢ゆえに歌唱力は落ちたなあと思いますが、素晴らしい歌でした。最初は自衛隊とがれき撤去ボランティアが頑張る番だと思いますが、夏以降は芸能人が頑張ることが期待されます。ゴルフ関係者が多いことは知っていたものの、このたび熊本に関係ある芸能人も多数いて驚きました。

久しぶりの水戸でしたが、J2最多試合出場のGK本間幸司選手(39歳)が未だに先発で驚きました。あと水戸の応援がかっこよくなっていて、太鼓のリズムが単調な湘南の応援より良かったです。

ロアッソ熊本といえば、ロアッソくんがスタジアムのどこかで「ぼーっと観戦」をし続けることで有名ですが、この日はメインスタンド下、熊本ベンチとカメラマンエリアの間で前半45分フルタイムと、後半85分以降でぼーっと首だけ動かして観戦をし続け、なごみました

ハーフタイムには柏駅前のイベント参加を切り上げて駆けつけた柏レイソルのレイくん、ロアッソくん、ホーリーくん、くまモン、ひごまるが場内を一周したのですが、ひごまるが歩くのが遅いくせに飛んだり跳ねたりなかなかファンキーで、驚きました

この日の熊本は9人が密集して守り、最前線の巻誠一郎選手にロングボールが基本戦術でしたが、巻選手のまわりに誰もいないのでポストプレーが成立しておらず、正直「巻選手に蹴りだした時点で、攻撃が終わり」という残念な攻撃でした。時折前のほうの選手でボールを奪取できてショートカウンターになり、そちらのほうが見込みがあったと思います

とはいえ、熊本はこのたびの地震で大変なハンディキャップを背負っていて、やっと試合が出来る状態になったばかりだとおもいますので、やむをえない現状だと思います。試合が出来るだけで大健闘だと思います。

一方の水戸は、吉田選手や元湘南の岩尾・馬場選手などを失った後遺症か、攻撃が組み立てられず、本来熊本を圧倒しなければいけない立場なのにイマイチでした。改善できない場合はJ3降格の可能性も否定できないかなあと思います。

しかし後半81分に水戸のカウンターから三島康平選手がクロスを押し込んで、水戸が勝利しました

熊本 0-1 水戸

悔しいと思いますし、改善も必要だと思いますが、現状では熊本がリーグ戦に復帰をしたというだけで拍手モノだと思います試合前後の水戸と熊本のサポーターのエール交換も美しかったです。とにかくJ'sGoalなどの写真を見てください。

試合後に熊本と水戸の選手が一緒に横断幕を持って場内を一周しました(くまモンと、以前よりやせたDJコバが並んで歩いて、それでも兄弟のようだった)。このとき試合前に流れたJ.VOICE〜声のチカラプロジェクト〜 で三村ロンドさん(当日は鳥取戦に行っていたらしい)らの激励のコメントが再び流れました。

しばらく大変だと思いますが、ロアッソ熊本も熊本代表として頑張ってください。

|

« 明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第11節 湘南vsFC東京 戦 | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第13節 湘南vs仙台 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

観戦感想文2014-2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/65623565

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J2リーグ 2016 第14節 熊本vs水戸 戦 :

» 甲子園と日立台の試合をメインに、5月22日のプロ野球とJリーグ総括 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
昨日のプロ野球のうち、リアルタイムで見れたのはNHK BS1のオリックス対ロッテ戦の最初の方のみ。午後2時半くらいに買い物にでかけ、車中ではFM NACK5「サンデーライオンズ」中継【西武対ソフトバンク戦】を聴いていたわけですが、 ssasachan / スーパーサウスポーあさち…... [続きを読む]

受信: 2016年5月23日 (月) 11時34分

« 明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第11節 湘南vsFC東京 戦 | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第13節 湘南vs仙台 戦 »