« ヤマザキナビスコカップ 2016 予選第2節 名古屋vs湘南 戦 | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第6節 甲府vs湘南 戦 »

明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第5節 湘南vs神戸 戦

こんばんは、読売ジャイアンツの一部選手が暴力団ルールの野球賭博をやったとか、清原和博さんが覚醒剤をやっていたとかありましたが、これを機に日本サッカーのほうもこれらの問題がないか気をつけてほしいと思う、チャリ通です。

4月2日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で18時30分キックオフの、明治安田生命J1リーグ1stステージ第5節ヴィッセル神戸戦でした。3月は無理のない日程で試合が開催されましたが、4月と5月は1年で最も試合日程が過密しているので大変です。選手についてはJ1とカップ戦を分けて乗り越えることになるでしょうが、コーチ、運営スタッフ、カップ戦もいくサポーターは、大変でしょうね。

この日は第37回クラブカンファレンスがありましたが、行けるわけがありません。まあ「ホーム開幕戦は避けたい」とか「湘南バイシクルフェスの週は避けたい」ですとかあったと思うのですが、3月第5週から4月第1週は、年度変わりのライフスタイル変更関係の付き合いやお花見やらで、普通の人は用事が入るということを考えれば、サポーターにやさしくない日程でした。配慮がほしいところです。

で、試合なのですが、雨が降っていない土曜日に8,052人しか集客できませんでした。ACL組の平日開催を含めて今シーズン5節までのリーグ最少動員で、湘南ベルマーレは立派な不人気クラブであることを露呈してしまいました。もう、営業的にもろもろが大失敗です集客はホームチームの仕事であるので、ヴィッセル神戸サポーターの動員は関係ありません。そこから立ち返って営業活動をしませんと、同じことを繰り返すだけだと思いますので、福島でやるんじゃなかったということにならないよう、早急な対応をお願いしたいところです。

対戦相手のヴィッセル神戸は、ネルシーニョ監督が1年ちょっとかけて以前率いてきた柏レイソルと似たようなカウンターサッカーに変更して、現在好調です(そして柏は1年ちょっとかけてカウンターを捨てて迷走という、笑えない状況)。MF・DFが引いて守り、ペドロジュニオール・渡邉千真・レアンドロ選手が中心となってカウンター攻撃をするという、わりと単純化されたサッカーを今年しております。先週の名古屋とは違うサッカーです。

湘南は先週の名古屋で結果を出した3バックがそのままこの試合に入りました。まあ確かに結果を出した選手をそのまま使うのはアリなのですが、不安はあるのです。なぜなら昨年を通してほとんどの対戦相手が「最後に競るのは三竿雄斗選手(攻撃能力的に不動の先発)のところ」狙いというくらい守備に難があるところに、「得点能力が最大のウリというDF島村毅選手」まで3バックに入れてしまうと、正直不安です。

もともと今年の3トップは、「いくらポストプレーがうまくても、DFの裏はとれない藤田祥史選手」「ずいぶんゴールから遠いところにいる髙山薫選手」「あれ?今日はだれが出ていたっけ?の3人目」が攻撃時に消えていてMFがパスコースを探している時が多いのですが、神戸がゴール前に人数を固めたことによりこの傾向が強くなり、シュート数は多いものの効果的なシュートはほとんどなしという展開になってしまいました。この戦術は今後もマネをする対戦相手が多いと思いますので、対策が必要だと思います

それでも名古屋では古林将太選手を抑えていたMF菊池大介選手が、サイドからものすごいミドルシュートを決めて、湘南が先制します

しかしその3分後には、「横か後ろに出せばそもそも問題にすらならなかったのに、周りが見えていないからDFがまさかのバックパス」→「バックパスだからGKは蹴らなければいけないので、横に蹴ればよかったのに真正面に蹴る」→「どう考えても当たる位置に立っていたペドロジュニオール選手に当たる」→「渡邉千真選手のゴール」という弁護不可能な失点で同点になってしまいます。そりゃあ、どんな名選手でもミスはしますけど、あれだけFWやMFが守備に協力しているのに4試合10失点のうえでこれをやられてしまいますと、しんどいです。湘南の守備は勝手に得点をプレゼントしてくれるのですから、相手は好きなだけディフェンスに引きこもれることを証明しました。

さらにペドロジュニオール選手とレアンドロ選手がディフェンスライン付近でゴチョゴチョやった上で、レアンドロ選手が逆転ゴールを決めます。あとはディフェンスに引きこもれば湘南FWは消えてしまうので、勝ち越した時点で楽天スーパーポイントコレクターの大勝利でした

湘南 1-2 神戸

そりゃあ、リーグ最少動員になるわけです。梶川裕嗣・タンドウベラピ・伊藤剛・岡﨑亮平・パクテファン選手がこのメンバーより評価が低いということを覆すチャンスを、ヤマザキナビスコカップで与えてほしいです。評価通りなら文句はありません。

長谷川アーリアジャスール選手が加入しましたが、湘南スタイルに慣れるのに時間がかかると思います。でも期待したいと思います。

村松大輔選手が神戸で主力でないことが分かって残念でした。しかし清水時代に年俸が上がっているらしくてそのまま湘南が獲得するといきなりクラブ最高年俸になる可能性があるので、手は出せないでしょうね。

4月6日(水)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、ヤマザキナビスコカップ第3節 大宮アルディージャ戦です茅ヶ崎・藤沢市市民デーなので、両市民は前売り券の値引きがあります。湘南の元大宮は藤田祥史選手がおり、ユース年代のみの菊地俊介・石川俊輝選手がおります。大宮の元湘南は岩上祐三選手がいます。日曜日にリーグ戦があるのでこの試合は控え選手中心だと思います。それはそれで大事な試合ですので、福島でグループリーグ突破することを目指して、がんばってください。

4月10日(日)は、山梨中銀スタジアムで14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ1stステージ第6節ヴァンフォーレ甲府戦です。湘南の元甲府はキリノ・下田北斗選手がおり、甲府の元湘南は望月達也コーチがいます。

甲府はJ1で唯一、トップチームが常用の練習場を確保できていないということもあってか、若い選手が来てもなかなか定着しない結果、30歳以上の選手がたくさんいて、彼らと外人選手による老獪なサッカーを展開します。山本英臣選手の出場停止、柴村・土屋選手の怪我で、DFのメンバーが誰なのかがポイントでしょう。ベルマーレにとっては仙台と甲府がダービー相手なのではというくらい大事な試合ですので、勝っておきたいところです。

|

« ヤマザキナビスコカップ 2016 予選第2節 名古屋vs湘南 戦 | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第6節 甲府vs湘南 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2014-2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/64754181

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第5節 湘南vs神戸 戦 :

» とらほー\(^o^)/の勢いを駆ってBMWスタへ行ったものの…の方まで同じ兵庫県のチームにやられた件+同日のプロ野球とJリーグの件 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
まずは、昼間のハマスタ【横浜DeNA0-5阪神】の試合の件。 2016/4/2 試合結果阪神対DeNA 2回戦 横浜神 | 0 0 0nbsp; nbsp;0 0 2nbsp; nbsp;0 0 3 | 5デ | 0 0 0nbsp; nbsp;0 0 0nbsp; nbsp;0 0 0 | 0勝:岩貞1勝敗:久保康2敗阪…... [続きを読む]

受信: 2016年4月 5日 (火) 05時46分

« ヤマザキナビスコカップ 2016 予選第2節 名古屋vs湘南 戦 | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2016 1stステージ 第6節 甲府vs湘南 戦 »