« 2015年のリーグ戦とプレーオフ関係終了 | トップページ | J3のU-23組があるのにJサテライトリーグが復活するらしい »

600,000 Hits

こんにちは、1997年以降のスターウォーズではヨーダやR2-D2などがすべてCGなのですが、それと同じような品質で、自撮り棒のような器具を使わず、コンパクトカメラやスマートフォンで「自らを完璧に右下に入れ込む」三浦大輔投手(2016年からプロ野球最年長選手になってしまったので、自主トレに取材が殺到するのだろうなあ・・・)は偉大だと、永木亮太選手のtwitterにあった自撮り画像を見て思った、チャリ通です。

いつもご訪問ありがとうございます。パソコン版のこのブログについているカウンターが、2015年12月18日(金)に60万ヒットを達成いたしました5万ヒットまでに1年ちょっと、そこから10万ヒットに半年、10万ヒットから15万ヒットへかけても半年くらい、15万ヒットから20万ヒットへかけても半年くらい、20万ヒットから25万ヒットへかけては半年弱、隠居宣言後、25万ヒットから30万ヒットまで9ヶ月、30万ヒットから35万ヒットまで7ヶ月、35万ヒットから40万ヒットまで7ヶ月、40万ヒットから45万ヒットまで9ヶ月、45万ヒットから50万ヒットまで9ヶ月、50万ヒットから55万ヒットまで8ヶ月かかりました。そして9ヶ月かけて、55万ヒットから60万ヒットに到達しました(いつものペースですね)。アクセス数のために書いているわけではないのですが、これも皆様のご訪問のおかげです。ありがとうございました

いままで5万ヒットのたびにお礼をさせていただくだけでなく、動画まつりを開催しているのですが、今回は年末になってしまいましたので、2015年のベルマーレ(リーグ戦のみ)を振り返ります。ヤマザキナビスコカップに全く行けず、まだ終わっていない天皇杯はNHK管轄なので、カップ戦は省略です。

圏央道と新湘南バイパスが接続する数時間前に開催された浦和戦で開幕しました。ホーム開幕が続いておりますので、そろそろアウェイ開幕もいいかなあと思いますが、降雪の可能性が少ない湘南は基本的にホーム開幕にさせられるので、難しいかなあと思います。

第2節で早くも優勝候補の一角である鹿島を、アウェイで倒せるとは思いませんでした。この試合で2015年J1残留の確度が上がったと思います。

個人的に湘南のダービー相手は仙台と甲府だと思っているのですが、仙台戦は相手がディフェンシブで、難しかった試合だと思います。

山形には行きたかったのですが、予算もヒマもなく、勝ち試合を観られませんでした。

FC東京戦も所用があって行けませんでした。この試合では武藤選手がいたのでもったいなかったと思いました。FC東京は武藤選手に依存しすぎて、彼のドイツ移籍以降は攻撃パターンが減って弱体化しました。ひとりに依存しすぎるサッカーはダメですね・・・。

ガンバ大阪戦は惨敗でした。

このマリノス戦までの数試合が、J1に慣れるまでの「生みの苦しみ」の時期だったですね。

アウェイでは勝っていましたが、ゴールデンウィークで遠征が厳しそうだった鳥栖との試合で、ようやくホーム初勝利を挙げました。

逆に名古屋では湘南のほうがゴールデンウィークの遠征がきつくて、破れてしまいました。

HAN-KUNさんのライブのあった神戸戦も、ゴールデンウィークの過密日程で、ベルマーレのパフォーマンスはいまいちだったと思います。

相手の監督を解任に追い込んだ甲府戦には行けませんでした。

アウェイ柏戦はACLの日程の都合で平日開催、ホーム柏戦はもともと平日開催、2013年の柏戦も両方とも平日開催・・・。一番観たいと思われる対戦なのに、ベルマーレサポーターは柏戦に飢えているような気がします。

内田篤人選手を最後に選手が代表に定着できず、高校選手権も2回戦くらいで敗退の常連で、Jリーガーの多さも実情はユースからの昇格と藤枝のJ3リーガーの多さからで、磐田も降格していた、衰退著しい「王国が他称ではなく自称である静岡県勢」。清水戦も、湘南が強かったというより清水が勝手に崩壊していたという感じで、痛々しかったです。

ホーム広島戦といえば、試合中の地震が印象的でした。

西村戦、勝てたよなあ・・・。

新潟戦は、ナメていた湘南の自業自得でした。

天皇杯の松本戦には勝てませんが、リーグ戦なら松本には勝てます、行けませんでしたが。1stステージは10位でした。

ここから後半戦となる名古屋戦は、相手が川又選手を外すという敗退行為で、勝てました。

関西旅行を兼ねたアウェイ神戸戦は、いろいろぬるい試合でした。

アウェイで勝ったせいか、ベルマーレが相手の監督が代わったのを忘れてたのか、ホーム甲府戦は負けました。

今年は3試合分しか遠征費用がないので、鳥栖行きなんて無理です。それにしてもベルマーレは伝統的に山陰・山陽・四国・九州会場が苦手です。

平日なので行けませんでしたが、ホーム柏戦は、えらい快勝でした。

清水と磐田はスタジアムが良いので行きたかったのですが、今年は行けませんでした。社長、監督、選手と元湘南が多い試合でしたが、勝ちました。

久しぶりに行けた湘南戦となった浦和での試合でしたが、負けました。とはいえ浦和クラスに勝てないとタイトルは無理なので、なんとかできればいいなあと思います。

2015年トップクラスの集客でNHK-BS1の生中継のなか、ホームで川崎にフツーに勝てたことは、苦手な相手ではなかったとはいえ、大きかったと思います。

最後の万博記念競技場でのベルマーレ戦は、勝てませんでした。新スタジアムでは勝ちたいです。

ホーム松本戦では、主審が曺貴裁監督の後輩であったことを生かせませんでした。

アウェイ仙台戦に行けなかったことは、嵐のコンサートとは一切関係ありません。

ホームのマリノス戦は永木亮太選手のフリーキックがすごかったです。

曺貴裁監督体制恒例の「9月中旬から10月上旬にかけての謎の弱体化」の真っただ中に当たったホーム山形戦は、やはり今年も敗退で、あゆコロちゃん×キングベルコラボタオルマフラーが一瞬で完売したことしか見せ場がありませんでした。

しかし、アウェイFC東京戦では今シーズンベスト級の試合内容で勝利し、2016年のJ1参戦を決めました。

JリーグチャンピオンシップやACL決勝戦の関係で、プロ野球日本シリーズより先にホーム最終戦の鹿島戦となりましたが、4年連続の「謎の弱体化」期間を越えたベルマーレは、鹿島にも勝つことが出来ました。

個人的に最終戦となったアウェイ新潟戦も、順位差相応の快勝でした。

最終戦は年間優勝や佐藤寿人選手の通算得点記録がかかる、NHK総合テレビで放送されたアウェイ広島戦でしたが、完敗でした。しかしJ1に勝ち上がらないとこのような試合に立ち会えませんのですから、不満はありません。2ndステージは9位、年間で8位となりました。

このページ、重くないか不安になってきました。2016年もいいシーズンになればいいなあと思います。

|

« 2015年のリーグ戦とプレーオフ関係終了 | トップページ | J3のU-23組があるのにJサテライトリーグが復活するらしい »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 600,000 Hits:

« 2015年のリーグ戦とプレーオフ関係終了 | トップページ | J3のU-23組があるのにJサテライトリーグが復活するらしい »