« 決定、「チャリ通湘南2015」! | トップページ | 600,000 Hits »

2015年のリーグ戦とプレーオフ関係終了

おはようございます、コンサドーレ札幌が2016年シーズンから「北海道コンサドーレ札幌」となって、ホームタウンは北海道179市町村になるそうなので、ベルマーレも7市3町よりホームタウンを増やしてほしいと思う、チャリ通です。市民自らが合法的に衰退化を推進して、自分達の子供を含む若手を追い出している平塚市では、厳しいです。

「札幌+小樽+石狩+江別+北広島+恵庭+千歳」だけで既に神奈川県並みの大きさがあるのに、それでも北海道全体の1割くらいというスケールなのですよね・・・。Jリーグ全クラブの中でコンサドーレだけが地元NPBチーム(ファイターズ)と同じマーケットサイズとなるのですが、大変だろうなあと思います。

12月第1週で、JリーグチャンピオンシップJ1昇格プレーオフJ2J3入れ替え戦JFLチャンピオンシップが、それぞれ全日程終了しました。

JFLチャンピオンシップは、ヴァンラーレ八戸がソニー仙台を下して、JFL優勝となりました。おめでとうございます。なお八戸はスタジアム完成が間に合わなかったためJFL残留となり、条件を満たした年間4位の鹿児島ユナイテッドがJ3昇格となります。

なお、2014年の佐川印刷80億円不正流用の影響があってか、2015年はSP京都FCというクラブ化をした佐川印刷は、スポンサーを見つけられなかったためJFLを退会だそうです(規模を縮小して下部リーグに参戦するらしい)。横河武蔵野フットボールクラブは、J3参入を念頭に2016年から東京武蔵野シティフットボールクラブとなるそうです

3部リーグもあれですが、4部リーグが全国リーグって、他国および他の団体競技では珍しいと思います(野球だと全国リーグはNPB12球団のみで、二軍、独立リーグ、社会人、学生は全国リーグではない)。「イングランドやオランダがー」とかの声があるかもしれませんが、イングランドは関東+山梨+長野くらいの大きさしかないですし、オランダも九州程度の大きさなので、どちらも北海道リーグより移動が楽です。個人的にはJ3とJFLは「3から4地域ごとでリーグ戦の後で、全国でプレーオフ(現在の「地域リーグ+全国地域サッカーリーグ決勝大会」のようなもの)」くらいにしないと、経済的に持たないとおもいます(これでもオランダのリーグより広範囲でエリア人口も多い)。

J2J3入れ替え戦は、町田が大分に2連勝し、2016年は町田がJ2、大分がJ3となりました第1戦を見た限り、前年度J2・7位とは思えないくらい大分が壊滅的に弱かったので、順当だったのでしょう。来年の大分県営トリニータは予算5億円台にするらしいですが、これは「J2におけるセレッソ並み」といえる、そもそも全員プロのクラブが数クラブしかないJ3では突出した巨額予算です(まあ借金返済分があるので満額使えないのでしょうが・・・)。どのように開幕を迎えるのかが注目でしょう。

FC町田ゼルビアはおめでとうございます。ディフェンス陣のフィジカル不足をFWなどが引いて密集することで解決(あれ、2012年はこういうサッカーを忌み嫌って、自称パスサッカーをしていたような?)しましたが、松本がJ1に昇格して、J1で通用しなかったサッカーに似ているので、1ランク下のカテゴリーで松本の再現にならないように、補強をしないと厳しいかなあ?と、4試合観て思いました。がんばってください。

J1昇格プレーオフ決勝は、3位アビスパ福岡が4位セレッソ大阪に引き分けたことで、上位の福岡がJ1昇格を決めました。おめでとうございます。今年は3位と4位の差が例年より大きかったので、順当だったのかもしれません。

今のアビスパ福岡はアパマンショップホールディングスが親会社になってベルマーレよりはるかに資金力があるので、結構脅威です(サイゲームスが鳥栖の親会社になったり、北九州は新スタジアムと、なぜか九州のクラブは景気が良い)。元ベルマーレのFWウェリントン選手の年俸も簡単に払えました。結構、期限付き移籍選手頼みのサッカーで特に柏から期限付き移籍のGK中村航輔選手(U-22日本代表でも有力選手になった)がいないと大変なような気がします。ベルマーレからも亀川諒史選手が期限付き移籍して、主力として活躍しました。有望な選手で復帰してほしいですが、現在ベルマーレにいる菊池・髙山・古林・三竿・藤田征也選手のうちひとりふたり退団しないと、ベルマーレだと亀川選手の出番が減ると思われるので、期限付き移籍延長か、お金持ちのアビスパ(近年は国勢調査の年にJ1昇格を決め、1年で降格を繰り返している)の買い取りになるのではないかなあ?と思います。

依知中(ちなみに「えち」中と読みます。厚木市長と、背番号が変わったカープの田中広輔選手も出身です。)の茂庭照幸選手はJ1昇格失敗となりましたが、セレッソに大熊兄弟がいる関係で34歳でも来年も戦力とされそうなのが救いです。

J1のJリーグチャンピオンシップは、サンフレッチェ広島がガンバ大阪を下して、Jリーグチャンピオンになりました。地上波放送が出来、最低限の視聴率がとれ、試合内容も良かったので、それなりに成功したと思います。もちろん改善しないといけないところもあるのですが、今後改善されれば良いと思います(本当は「Jリーグはプロクラブが多すぎて顧客が細分化されすぎ」と「春秋制だと、灼熱下での試合を避けたい地域ばかりのAFCの希望にそぐわないため、Jリーグは常に日程が不利」が問題)。サンフレッチェ広島はそのままトヨタからアリババにスポンサーが代わったことで一時代が終わったクラブワールドカップに参戦し、続いて天皇杯ということで、えらい過密日程なのは気の毒だと思います。

Jリーグの全日程が終了して、人事の季節になりました澤田選手の契約満了が発表されました。高卒1年目でアマチュア契約だったので、まだまだプロ契約のチャンスはあると思いますので、頑張ってください。

睦合東中のDF岡﨑亮平選手が、予定どおり期限付き移籍から帰ってきます。でも怪我をしたのが計算外で、目標のプロA契約の出場時間を満たせませんでした。まだチャンスはあると思います。頑張ってください。

横山雄次ヘッドコーチが退団して、J3栃木SC監督に就任することになりました。湘南はちょっと前まで曺貴裁監督の契約更新問題があったのですが、もし契約できなかった場合の後任候補が横山ヘッドコーチだったと思われます。曺貴裁監督の契約更新のあと、大分のカテゴリーが決まる前に即行で栃木が手をつけた関係者がいたらしいです)のではないかなあと思います。フットボールでは強いところのコーチより弱いところの監督のほうがやりがいがあると思いますので、そりゃあ当然オファーを受けるでしょう。Jリーグクラブも結構増えましたが、S級コーチライセンス保持者が多いので希望してもなかなかなれませんから、監督オファーじゃあ、慰留なんてできないでしょう。来年は申年ですし、オイラはちょっとだけ栃木県に住んだことがあるので、横山監督にも期待したいと思います

|

« 決定、「チャリ通湘南2015」! | トップページ | 600,000 Hits »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/62938869

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年のリーグ戦とプレーオフ関係終了:

« 決定、「チャリ通湘南2015」! | トップページ | 600,000 Hits »