« 中華そば うづまき 味玉濃厚醤油ラーメン | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2015 2ndステージ 第15節 湘南vs鹿島 戦 »

栗田工業総合グラウンド(2015ジャパントップイーストリーグ Div.1 第5節 栗田工業 vs セコム 戦)

こんばんは、ラグビーワールドカップ2015では、いままでほとんど勝てなかった日本代表がグループリーグ3勝とまずまずの成績で終えたため、2019年の日本開催に向けて良いアピールになったと思う、チャリ通です。あまり覚えていないのですが、オイラが幼児だったころは、新日鉄釜石の連覇、早慶明大の対抗戦、大映ドラマ「スクール☆ウォーズ」の影響で、当時低迷していたサッカーよりもラグビーのほうが人気だったのですが、昭和の終わりにラグビーワールドカップが初開催されて出場したところ、日本代表が欧州・オセアニアとはお話にならないくらい差があることを露呈してしまい、さらにJリーグが始まったことがトドメとなって、ラグビーが低迷しておりました。近年の大学ラグビーの優勝校がきわめて動員力が低い大学なのも、低迷の一因でしょう。今回のワールドカップで、「ワールドカップによる汚名をワールドカップで晴らす」ことができて、新時代を迎えるのかなあと思います。

10月24日(土)は鹿島戦(後日記事化予定)がありましたが、10月25日(日)は前の記事でさがみはらドリームマッチの紹介をしておいて、オイラ自身は栗田工業ウォーターガッシュのラグビーを観に行っておりました。ワールドカップに伴い各国の1部リーグは10月いっぱいまで休止中ですが、2部リーグ以下は普通に開催中なのです。

水処理装置を製造する栗田工業(東証1部上場)は、厚木市まつかげ台にトップイーストリーグディビジョン1(2部リーグ相当)のチームと専用練習場を持っております。まつかげ台・・・、厚木市民でも行ったことがない人が多数派と思われます。本厚木駅から神奈中バスに乗り、永里三兄妹の実家あたりを越えて30分以上乗り、終点で390円払って降りる必要があります。まつかげ台自体は森の里と雰囲気が似ている1980年代に開発された高台の住宅街で、戸建て住宅が林立しております。

今回の試合は栗田工業がアツレンバスをチャーターして、無料で「本厚木駅南口‐まつかげ台間」1往復を出しました。バスは補助席を除いてほぼ満席で、20代女性から70代のご老公まで、幅広い年代が乗車しました。

個人的には約10年ぶり2回目の栗田工業総合グラウンドは、まつかげ台の一番奥にあります。ラグビー場1面+フットサルコート1面ぐらいの照明付き天然芝グラウンドと、テニスコート数面、駐車場、クラブハウスがあり、馬入の湘南ベルマーレ関連施設より立派です(まつかげ台なので土地代がかなり安すそうですし・・・)。天然芝グラウンドには草野球の内野土グラウンドがくっついていて、サッカーのゴールもあるので、これらでも使用することができそうです。駐車場の誘導はまつかげ台のおばさまと思われる方が協力しております。公式戦の入場料は無料で、100人くらいが座れそうな仮設スタンド席があり、さらに仮設ベンチをたくさん出してくれるので、試合観戦には困りません。この日は対戦相手のセコムラガッツ(狭山市)のファンを含めて300人くらいが観戦しておりました。選手の妻子・親・友人と、ラグビーファンのご老公といったところが、最大派閥かもしれません(まあ実業団の2部リーグで、駅やインターチェンジからも遠いですからね)。トイレや清涼飲料水の自販機はありますが、食べ物は販売されておりませんので、必要な人は自分で用意する必要があります。メンバー表を見ると全選手がどの部署に勤めているのが一目でわかります。営業が多くて、経理や人事(主にニュージーランド人)にもいるようです。

栗田工業は主にこのグラウンドと厚木荻野運動公園陸上競技場で主催試合を開催するのですが、このグラウンドだと選手が3メートル前でプレーをしてくれるので秩父宮や花園より迫力があり、選手が何を言っているかわかりますので、競技場でやるより良いです。とはいえトップリーグに上がって日本代表がいるチームと対戦する場合は競技場でやる必要があるでしょうね。

快晴の中試合開始ですが、栗田工業の8番、10番、11番のニュージーランド人の能力がズバ抜けており、彼らの個人能力で試合が進みます。一方で栗田工業のフォワードによるスクラムはだいたいセコムに押し負けるので、このあたりが改善点なのですが、人材難なのだろうなあと思います。みなさんすごい体格なのにこれなのですから、オイラなんか全然かなわないと思います。一進一退の攻防で面白い試合でしたが、ホームの栗田工業が辛くも勝利しました

栗田工業 41-35 セコム

ノーサイドのあと、サッカーと同じように観客にあいさつした後、さっと選手が出入り口に移動し、栗田工業とセコムの全選手が観客をお見送りをします。NPBやJ1で同じようなことをしたら大混乱に陥ると思いますが、このような観客お見送りは印象がいいです。もしまつかげ台に住んでいたら、厚木市内で開催される全試合に行っていただろうなあと思いました。まだ日本代表選手を輩出とか大きなことは言えないですが、厚木市役所が何らかの協力をしてもいいのではないか?と思います。次節は10月31日(土)14時に八千代市総合グラウンドで日本IBMビッグブルー戦、次の厚木市開催は最終節の12月6日(日)14時に栗田工業総合グラウンドで横河武蔵野アトラスターズ戦(JFLの横河武蔵野と練習場をシェアしているクラブ)です。

|

« 中華そば うづまき 味玉濃厚醤油ラーメン | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2015 2ndステージ 第15節 湘南vs鹿島 戦 »

その他」カテゴリの記事

厚木市」カテゴリの記事

観戦感想文2014-2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/62216075

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田工業総合グラウンド(2015ジャパントップイーストリーグ Div.1 第5節 栗田工業 vs セコム 戦):

« 中華そば うづまき 味玉濃厚醤油ラーメン | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2015 2ndステージ 第15節 湘南vs鹿島 戦 »