« 栗田工業総合グラウンド(2015ジャパントップイーストリーグ Div.1 第5節 栗田工業 vs セコム 戦) | トップページ | ベルマーレカフェ »

明治安田生命J1リーグ 2015 2ndステージ 第15節 湘南vs鹿島 戦

こんばんは、2ndステージ松本戦の記事で、岡宏道主審がなんたらかんたらと書いていたのですが、岡宏道主審の本業は京都市左京区にある大乗寺の副住職であり、曺貴裁監督の京都府立洛北高校サッカー部の後輩でもあることが判明したので、松本戦では岡宏道主審に「なあ、だれが監督だか、わかっているよなあ・・・」と圧力をかければGET3出来たのでは?と思った、チャリ通です。来年のガンバ大阪戦(新スタジアム)遠征の際には途中で京都に立ち寄り、皆様ベルマーレのレプリカを着て大乗寺に集団でお参りに行き、岡宏道主審対策として圧力をかけに行ってください

10月24日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第15節鹿島アントラーズ戦でした。プロ野球日本シリーズ開幕の数時間前ということで上着の要らない試合でしたが、早くも今シーズンホーム最終戦です。Jリーグチャンピオンシップの開催のため2週間前倒しになったうえで、AFCチャンピオンズリーグ決勝の関係で、「AFCチャンピオンズリーグ参加4クラブがJ1終盤戦をホーム連続開催にしたうえで、ホームゲームの日程を移動させる」必要が生じたため、複数のその他クラブがJ1終盤戦をアウェイ連続開催になってしまいました。加えて「ナビスコ杯決勝→リーグ16節→国際Aマッチデー→リーグ17節」と間隔が開いてしまうということもあって、プロ野球日本シリーズより先にホームゲームが終わってしまう事態になりました。

まあ、AFCチャンピオンズリーグに勝てないとJリーグ全体がどうにもならないことは理解しますので、この日程はしょうがないと思います。Jリーグチャンピオンシップをやらないとリーグで十億円単位の減収となって、J2あたりに破たんする地方クラブが出ることも予想できました。ただ、残念ですね。

いろいろ考慮すると、シーズン秋春制にしたほうが、サッカーはうまく回りそうです。そうすると雪国からものすごい抗議が来ます。オイラも一瞬だけ札幌市在住なので冬の厳しさは理解しているのですが、日本サッカー協会が所属するAFCは、人口の大部分が「中東・インド・東南アジア・中国の黄河以南」なので「いかに40度以上の会場で試合をせずに済むか」ばかり考えております。日本の北陸・東北・北海道と、朝鮮半島、モンゴル、中国東北部の人口を足し合わせても、AFCの人口の1割にも満たないと思います。一度雪国のサッカー協会の人に日本サッカー協会の人に変わってAFC総会に参加してもらいたいのですが、AFC最大の出資者の中東の幹部に「カネ払ってるのに殺されるのか?」と罵倒されて終わりだろうなあと思います(間違っても「本場欧州は」を語ってはいけない)。難しいですね。「雪国は高校野球で勝てない」ですし、「欧米にも豪雪地帯出身者に世界的フットボーラーはいない」ですし、「冬季オリンピック日本代表は、フィギュアスケートを除くと首都圏・東海・京阪神の人間は蚊帳の外」の逆なわけで、気候には勝てません・・・

この日の対戦相手の鹿島アントラーズは、1stステージが不調で、湘南ベルマーレにも敗戦しましたが、監督が変わった2ndステージは好調で、2ndステージ優勝や、シードされていたヤマザキナビスコカップの優勝がかかっており、運が良ければ年間3位も狙えそうでした。この湘南戦は絶対に負けられません

鹿島サポーターの来場や、イオンが9月に実施したJリーグ全クラブのチケットプレゼントのアシストもあって、14,227人の観客動員がありました今シーズンはJ1・天皇杯・ナビスコ杯の平塚開催の全試合で雨が降らないという奇跡的な日程もあって、リーグ戦ホームゲームで207,539人動員、1試合平均にすると12,208人動員という、湘南ベルマーレにしてはものすごい動員を稼ぐことができました。来年以降がんばっても、スタジアムの仕様上1回でも雨が降ると更新は厳しいのでは?というくらいすごい記録です。

動員にも貢献したと思われる今年のベルマーレクイーンも、この試合を持って任期満了になりました。お疲れさまでした。

鹿島はDFファンソッコ・DF西大伍選手を出場停止で欠き、湘南はDFアンドレバイア選手を怪我で欠いたメンバーで試合に臨みました。2ndステージ優勝など、背負っているものが湘南より多かったこの日の鹿島ですが、なぜか試合の入りが悪く一方的に湘南に攻め込まれ、最終的には三竿選手→髙山選手と、本来DFファンソッコ・DF西大伍選手がいたであろうサイドを崩されて、髙山薫選手のパスを中央の菊地俊介選手があわせて、早々に湘南が先制します。さらに永木選手→大槻選手とゴール前でボールを浮かせた後、この日もFW起用の古林将太選手がゴールを決めて、前半のうちに湘南が2点リードします

そのころから鹿島アントラーズが必死に反撃をして湘南がピンチだったのですが、後半アディショナルタイムのコーナーキックからの金崎夢生選手のゴールだけに終わり、湘南ベルマーレが鹿島に勝ちました

湘南 2-1 鹿島

ホーム最終戦だったので、曺貴裁監督と永木亮太主将があいさつをしましたが、どう解釈すればよいのやら・・・。この日のマッチデープログラムとスポニチ号外も今年最後ということで、パブリックビューイングやら、湘南国際マラソンやら、DVD販売やらいろいろ書いてありましたので、もらった方は忘れずにチェックしてください。

今週末はヤマザキナビスコカップ決勝(鹿島対ガンバ戦)のため、J1はお休みですが、それを利用したU-22日本代表合宿と練習試合が佐賀県で開催され、遠藤航選手と、福岡へ期限付き移籍中の亀川諒史選手が、合宿に参加しております。ここまで一度も手倉森監督に呼ばれなかった選手は、AFC U-23選手権やリオデジャネイロ五輪の参加はないのかなあと思います。J2とJ3は今週末も開催され、なかでもベルマーレと提携している福島ユナイテッドが町田で試合を行います(11月1日(日)14時キックオフ)。秋になって福島は絶好調なのですが、J3・2位の町田も好調なので、いい試合が期待できます。

<追記>ということは、「遠藤航選手が11月1日の長野戦にJ-22として出場して、11月14日の山口戦はA代表があるのでJ-22には出ない」という可能性もあるのですね。

ヤマザキナビスコカップ決勝で1週お休みの後、11月7日(土)は、デンカビッグスワンスタジアムで14時キックオフ(全会場一斉キックオフ)の、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第16節アルビレックス新潟戦です。アルビレックス新潟にとってのホーム最終戦となります。松本が残り試合で勝ち点を1でも落とすか、新潟が残り試合で勝ち点を1でも獲ると、松本のJ2降格であるため、新潟はこの試合で2016年にJ1に参戦できるかを決められる試合になりますので、大変だと思います。新潟の元湘南は大野和成選手(入籍おめでとうございます)、大井健太郎選手がいます。湘南の元新潟の選手は藤田征也選手がいます。今シーズン新潟とはここまで0勝0分2敗と、ベルマーレにとってはいいところがありません。藤田征也選手が活躍しているところを新潟でも見せるために、勝ちましょう。新潟は小林裕紀選手と舞行龍ジェームズ選手が出場停止です。FM PORTで生中継されますが、radikoによるインターネットラジオであるため、新潟県民以外はプレミアム会員(有料)のみ聴けます。

<追記>この試合はCS放送のスカイ・A sports+で生中継が予定されておりますので、ケーブルテレビの阪神タイガースファンなども視聴できます。

なお、11月8日(日)は、Shonan BMW スタジアム平塚で13時キックオフの、プレナスなでしこリーグ1部 エキサイティングシリーズ第5節 日テレベレーザ対INAC神戸レオネッサ戦が開催されます。Shonan BMW スタジアム平塚では昔から年1試合程度ベレーザ戦を開催しておりましたが、おそらく優勝が決まるであろう直接対決が、まさかの平塚開催になりました。行ける人は行ってください。ベルマーレスタッフの岩清水さんの姉で日本代表の岩清水梓選手が、ベレーザに所属しております。

国際Aマッチデー(FIFAワールドカップ予選)・天皇杯4回戦で1週お休みの後、11月22日(日)は、エディオンスタジアム広島で13時半キックオフ(全会場一斉キックオフ)の、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第17節サンフレッチェ広島戦です。NHKはJ1リーグ優勝が決まりそうな試合は毎年NHK総合テレビで放送しますので、成り行き次第ではこの試合がNHK総合テレビで生放送されます。その配慮のためか、大相撲九州場所千秋楽で生放送を確約している幕内の取組(千秋楽は15時半ごろ)直前に試合が終わるよう、13時半キックオフになっているのではと思われます(朝弁慶関はサブチャンネルかBSにまわるということで・・・)。1stステージの対戦は、ホームで引き分けでした

第16節次第な部分もありますが、この試合でサンフレッチェ広島の年間優勝、2ndステージ優勝、佐藤寿人選手によるJ1通算得点記録の更新がかかる可能性があります(チャンピオンシップ出場は決定済み)。対戦相手となる湘南ベルマーレとしては、アウェイであることも含めてものすごくやりにくい試合となりますが、ゲームのボスキャラクターと対戦する感覚で、ベルマーレが有終の美を飾れればいいなあと思います

3連休の中日になりますので、前日に福岡で十両・朝弁慶関(平塚市出身)でも観てから新幹線で広島入りも良いかと思うのですが、14日目という人気日程なので、既に大相撲のチケットは完売です。翌日は田中広輔選手(依知中)が所属する広島カープのファン感謝デーですが、こちらも整理券配布が終了しているらしい?です。安芸にとって秋は観光のピークなので、広島・宮島周辺は混雑が予想されますが、行かれる方はお楽しみください。

|

« 栗田工業総合グラウンド(2015ジャパントップイーストリーグ Div.1 第5節 栗田工業 vs セコム 戦) | トップページ | ベルマーレカフェ »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2014-2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/62186397

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J1リーグ 2015 2ndステージ 第15節 湘南vs鹿島 戦:

» 10/24 SMBC日本シリーズ2015第1戦【ソ4-2ヤ】の件を前振りに、ベルマーレホーム最終戦しかおに勝利\(^o^)/など明治安田生命2015J1セカンドステージ第15節の件 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
昨日から「SMBC日本シリーズ2015」開幕。 2015.10.24 日本シリーズ 五郎丸歩 始球式~ソフトバンクvsヤクルト ラグビー日本代表の五郎丸 歩選手の始球式は、移動中にスマホのテレビで見ましたが、吉牛で食事中にはradikoに切り替え。初回のお互いチャンスを活かせずという…... [続きを読む]

受信: 2015年10月30日 (金) 07時31分

« 栗田工業総合グラウンド(2015ジャパントップイーストリーグ Div.1 第5節 栗田工業 vs セコム 戦) | トップページ | ベルマーレカフェ »