« 鳥料理 はやし | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2015 2ndステージ 第14節 FC東京vs2016年もJ1の湘南 戦 »

第95回天皇杯3回戦 早くシーズンを終えたい人たちvs松本 戦

こんばんは、湘南ホームタウン茅ヶ崎市出身の中日ドラゴンズ山本昌投手(50歳)の引退は残念だった、チャリ通です。後楽園球場で投げた最後の投手、1993年5月15日のJリーグ初試合の裏で、福島の球場で先発した投手、2013年5月15日にも先発して勝ったそうです(この記事に登場する中嶋聡捕手もようやく引退しましたが、定番ネタ「星野伸之投手の投球より、受けた中嶋聡捕手の返球ほうが速い」ってホントだったのでしょうか?)。

とはいえ、

1 山本昌 50歳 引退・名球会会員
2 谷繁元信 44歳 引退・名球会会員
3 和田一浩 43歳 引退・名球会会員
4 小笠原道大 41歳 引退・名球会会員
5 岩瀬仁紀 40歳 名球会会員
6 川上憲伸 40歳 退団 元メジャーリーガー
7 荒木雅博 38歳
8 バルデス 37歳
9 山井大介 37歳
10 森野将彦 37歳
11 ルナ 35歳
12 雄太 35歳

この中で規定打席か規定投球回数を2015年にクリアした選手は、9位の山井投手(大幅負け越し)と11位のルナ三塁手だけで、いったいどこの横浜FCですか?というくらい「試合に出ていないベテラン選手」の多さでした。適正な年俸である程度試合に出ている選手であれば問題ないどころか尊敬に値するのですが、本来だったら岩瀬・荒木・森野選手に退団勧告をしなければいけないところで、彼ら以上に働いていないベテランがいたおかげで3人が2016年も現役続行できているという体たらくなわけですから、どうしてこうなる前に対応しなかったのかが問題でした。

1試合に出られる人数や、選手登録出来る人数は決まっているので、「ベテランが辞めないということは、代わりに20代後半くらいの中堅どころが辞めている」ことを意味していることを考えれば、試合に出ていないベテランが多いことはうれしいことではないです(実際、巨人で活躍している元中日の選手が何人か出る始末)。「引退は年長者から順番に」であるべきです。20世紀のドラゴンズは、巨人や阪神と並び黒字だったそうですが、21世紀のドラゴンズは赤字だそうで、となれば親会社中日新聞社が決算のゼロの数が他球団の親会社と比べて2つくらい違うという相対的に小さすぎる企業であることを考えれば、こんな人事をしている場合ではないと思います。イチロー選手が全野手最年長であるメジャーだったら上記の12人全員解雇というくらいベテランに温情がなく、ベテランに温情がないことが次世代への温情であり、それでも生き残っている選手への賛辞になっております

10月10日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で14時キックオフの、天皇杯3回戦 松本山雅FC戦でした。今シーズン4試合目の対戦で、ここまで2勝1分0敗でした。

記事公開の金曜日の時点で既に6日経っており、結果は皆様もご存じのとおり、

湘南 2-3 松本

早くシーズンを終えたがっている湘南ベルマーレの無気力試合で、簡単に松本に敗れました。

湘南の先発が4-4-2で発表されて驚いたのですが、試合は4-4-2と3-4-3を使い分けているような試合でした。ただし、ただでさえ攻撃力が低い湘南FWが3人から2人に減るのですから、松本にとっては大歓迎だったと思います。途中出場した髙山薫選手と、先発2人とは、能力差が大きすぎます。

菊地俊介選手のゴールはすごかったですが、あれもようするにFWがいい位置に立てないから後方から撃つしかないというものですので、ああいうシュートが減ることのほうが望ましいと思います。菊地俊介選手に実際に会うとベルマーレの現役選手の中でトップクラスに女子ウケすると思うので、彼が活躍することは良いと思います

2014年(J2)は9月23日の第33節京都戦で昇格が決まりましたが、この9月23日の試合から6試合約1ヶ月間の成績は1勝3分け2敗で、2014年のシーズンで失った勝ち点の半分くらいをこの1ヶ月だけで稼いでおります。2013年(J1)の9月28日から10月27日までの1ヶ月間も0勝2分3敗、2012年(J2)の9月23日から10月21日までの1ヶ月間も0勝3分3敗です。なんてことありません、 「曺貴裁監督の采配では、9月下旬から10月中旬までの間は大幅に弱体化する」という「仕様」だったわけです。体力的に毎年この時期に息切れなのでしょうか。2015年は最後に勝ったのは9月5日の天皇杯2回戦 桐蔭横浜大戦、最後に勝ったJリーグ勢は8月22日の川崎戦と、例年より悪化しています。

となれば、もうこれはこういうものだということで、付き合っていくしかありません。この期間はサッカーは忘れてNPBやMLB(ちょうど優勝が決定する時期)でも観て、やり過ごしましょう。しかし、期間中にあと1試合、明日あるなあ・・・。リーグ戦にて湘南が勝ち点を1でも獲るか、松本が勝ち点を1でも失うと、湘南ベルマーレの2016年J1参戦が決まるので、頑張ってほしいものです。

松本は、天皇杯の時はベルマーレより強いなあと思いました。リーグ戦のほうは18位の清水は奇跡でも起きない限りJ2落ち、17位の山形もJ1残留はかなり厳しいと思いますが、16位の松本は残り試合がわりといいこともあり、すぐ上の新潟か、この秋J1最弱と思われる鳥栖のどちらかを追い越す可能性は充分あると思います。来年は絶対松本に全勝したいです。

10月17日(土)は、味の素スタジアムで14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第14節FC東京戦です。10月14日に近い土曜日が全国的に「鉄道の日イベント」ということで、京王電鉄がイベントを併催するそうです。南ゲートの湘南サポーター以外には東京都民銀行よりプレゼントがあります。FC東京の元湘南は日本代表のDF丸山祐市選手がおります(入籍おめでとうございます)。湘南の元FC東京はMF大竹洋平選手がおります。この試合は調布FMのサイマルラジオで、世界無料生中継されます。この試合はFC東京のスポンサーであるTOKYO MXで録画放送があるため、都内在住やケーブルテレビなどでTOKYO MXを観られる方は無料で観られます。また、J SPORTSで生放送されるため、ケーブルテレビなどでJ SPORTSを観られる方も、中継が観られます。

10月24日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第15節の鹿島アントラーズ戦です。産業能率大学×自由が丘スペシャルデーです。まだプロ野球日本シリーズ開幕の日ですが、湘南ベルマーレは今シーズンホーム最終戦です。松本山雅に負けてしまいましたのでほとんどのベルマーレサポーターにとっても最終戦です(残りが新潟と広島開催のため)。ここ数年は毎年ホーム最終戦セレモニー後は、スタジアムそばで任期満了のベルマーレクイーンを囲んでファンの撮影会がすごいので、ファンの方はしっかりあいさつをしてください。

|

« 鳥料理 はやし | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2015 2ndステージ 第14節 FC東京vs2016年もJ1の湘南 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2014-2016」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/61977975

この記事へのトラックバック一覧です: 第95回天皇杯3回戦 早くシーズンを終えたい人たちvs松本 戦 :

» 10月10日(旧体育の日)の野球・サッカー関連などをからめて、科学がつきとめた「運のいい人」 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
まずは、今シーズン4度目の対戦となった天皇杯3回戦:湘南ベルマーレ対松本山雅FC(BMWス)の件。 【#天皇杯 3回戦】1試合 前半終了 湘南 1-1 松本#10;湘南が菊地のゴールで先制するも、前田のゴールで松本が追い付く!#10;NHK BS1で生中継しています!&am…... [続きを読む]

受信: 2015年10月18日 (日) 10時07分

« 鳥料理 はやし | トップページ | 明治安田生命J1リーグ 2015 2ndステージ 第14節 FC東京vs2016年もJ1の湘南 戦 »