« 第95回天皇杯2回戦 湘南vs桐蔭横浜大学 戦 | トップページ | なまらうまいっしょ! 平塚駅北口店 »

明治安田生命J1リーグ 2015 2ndステージ 第10節 湘南vs松本 戦

おはようございます、鬼怒川が本当に鬼が怒った川になってしまい残念な、チャリ通です。豪雨で被災された方をお見舞い申し上げます

先日のFリーグで、同じゼビオが推している3on3.EXE(バスケットボールの3 on 3を競技化したもの)の記事の入った広報紙を受け取ったのですが、千葉ジェッツ時代はイケメン選手として人気のあった石田剛規選手(現在はNBDL東京エクセレンス所属、テレビ解説者、慶大バスケ部コーチなど手広くやっているらしい)が出身の環境情報学部のあった藤沢を本拠地としてSUNS.EXEというチームで3on3.EXEに参戦しているそうですね。ただ3on3.EXEがホームアンドアウェイではなく、バスケットボールのオフシーズンである夏のセントラル開催ツアー(今月でシーズン終了)のようになっていて、歴史も浅いということもあって、どういうものかよくわからないのですが、藤沢でやるからには頑張っていただきたいところです

9月12日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第10節の松本山雅FC戦でした。前湘南ベルマーレ監督である松本の反町康治監督は慶應義塾大学法学部卒で、そのときのコーチだった現湘南ベルマーレ監督の曺貴裁監督は早稲田大学商学部卒で、どちらも一般入試で大学受験をして入学しているので、Jリーグの監督としては勉強が出来たほうなのだと思います(他に岡田武史さんなども一般入試組)。井原正巳さん、長谷川健太さん、柱谷哲二さんといった現在40代後半の監督まではサッカーは大学出が主流でしたので現時点では判断できませんが、現在Jリーグにおいて高卒の監督の成功例が少ないので、バルセロナ五輪予選世代(名良橋晃さんなど)以降に急増する元有名高卒選手が、監督としても成功できるかが、お手並み拝見なのでしょうね

主審は、岡大海外野手に対して「エースをねらえ(オイラもよく知らない40年前のアニメなんですけど・・・)」ばかり演奏しまくる札幌ドームだったら、「エースをねらえ」を演奏されてしまっていたであろう、岡宏道さんでした。

現在降格圏の松本山雅FCですが、7月以降に何人も補強をしており、この試合の直前に韓国代表のキムボギョン選手を獲得して、即先発起用しました。ただこの試合の山雅は、元サンガの選手が多いということ以上に、昭和生まれの選手ばかり(奇しくも反町監督が詳しい北京五輪世代か、それより上ということになり、平成元年生まれの岩上祐三選手が、期限付き移籍の前田直輝選手とともに若手にくくれる)なのが気になり、J1に残れるかどうかに関わらず、近い将来30代選手の大量放出の心配がありそうです。

そのキムボギョン選手は、まったくチームにフィットしておらず、後半早々に交代しました。まずはチームになれないと何とも言えません。

試合はボケっとした状態で試合に入ってしまった湘南ベルマーレに対して松本が飛ばしていって、後手後手に回ります。監督も、選手も、評論家も、去年も今年も何度も、「松本山雅FCは、セットプレーでの得点が半分以上」と指摘していたのに、前半16分でセットプレーを松本の安藤選手に決められます。これでやる気をだしても既に遅く、松本は予定通りオビナ選手をワントップにした「9-0-1」システムで守って、ボールを奪ったらなるべく多くの人数でカウンターを繰り返しました。90分間ずっと松本にゲームを支配されていました。ただ、オビナ選手など相手FWの能力がJ1ぽくなかったおかげで、助かりました。

こればまずいと思った後半ロスタイムに、GK秋元陽太選手も相手ゴール前に来たDF三竿雄斗選手のコーナーキックを、日本代表から帰ってきたDF遠藤航選手が押し込んで(というより大勢で押しこんだら遠藤航選手に当たった)、90分を過ぎてから引き分けに持ち込むことが出来ました

<追記>後日、ゴールは遠藤航選手から藤田祥史選手に変更されました。

湘南 1-1 松本

なんか2010年の湘南ベルマーレが白いアディダスのユニフォームを着て、現在の湘南ベルマーレの相手をしたように見えました。ゲームの最初の20分間をきちんとしていればこんなに苦労をせずにすんでいて、勝てた可能性も高かったと思いますので、この試合の湘南ベルマーレは褒められた内容ではないです。

松本山雅FCとは、10月10日(土)にShonan BMW スタジアム平塚で14時キックオフの天皇杯3回戦で対戦することになりました。唯一の10月10日開催なので、NHK-BSでの生放送が入る可能性が高いです。囲碁業界のビッグイベントのひとつである第20回湘南ひらつか囲碁まつり(10月11日)の前日開催に分散もされました。NHK-Eテレが囲碁の番組、大手新聞社各社が囲碁のタイトルを運営している関係で、マスコミは天皇杯3回戦くらいよりも囲碁に熱心なので、ベルマーレや山雅のユニフォームを着て1000面打ちに参加すれば、確実にテレビや新聞(ともにローカル版)に映りそうです。この天皇杯3回戦に負けてしまうと2週間後の10月24日(土)鹿島戦がベルマーレの今シーズン関東最後の試合になってしまいますので、絶対に勝ちましょう

シルバーウイーク突入の9月19日(土)は、ユアテックスタジアム仙台で18時半キックオフの、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節のベガルタ仙台戦です。シルバーウイークの間に嵐の宮城コンサートがあるために宿泊場所がなく、宮城県内のイベントが軒並み会場変更や延期に追い込まれているらしいですね。仙台市内は震災前からビジネス客向けの宿泊施設の少なさが指摘されていて、震災直後は復興関係者の拠点として常に満室だったそうです。実はビジネス客向けの宿泊施設が茅ヶ崎や厚木より少ないのに需要がないために指摘されない平塚と比べればぜいたくな悩みですが、宿泊施設の数が街の力に比例していることは事実ですので、仙台の宿泊施設を増やしていただきたいです。平塚でパブリックビューイングも開催されます

ベガルタ仙台とヴァンフォーレ甲府が湘南ベルマーレのダービー相手だと思っておりますので、試合は盛り上がると思います。3月のホームゲームは引き分けでした。オイラは仙台には行けません。このあと関東の試合が続きますので、シルバーウイークくらいはベルマーレ以外のことをすることをおすすめしますし・・・、観戦系スポーツだけでもプロ野球のリーグ優勝、ラグビーワールドカップ、平塚市出身の朝弁慶関が西幕下筆頭の大相撲秋場所があるわけで・・・。シルバーウイークに「敬老の日」が含まれているので、高齢男性であるキングベルⅠ世をマスコットとしているベルマーレ的には、今回の仙台戦は負けられません

元ベルマーレの三原向平選手が重傷を負ってしまったための代役からなのか、天皇杯2回戦桐蔭横浜大学戦に出場していた、白井康介選手が愛媛に期限付き移籍しました。白井選手は頑張ってくださいなのですが、三原選手が来春開幕後まで出られないのが残念です。頑張ってください。

|

« 第95回天皇杯2回戦 湘南vs桐蔭横浜大学 戦 | トップページ | なまらうまいっしょ! 平塚駅北口店 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2014-2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/61565822

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J1リーグ 2015 2ndステージ 第10節 湘南vs松本 戦 :

» 【参戦記】湘南1-1松本@BMWス(その1:試合編)+同日のJリーグとプロ野球等の件 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
最初におことわり: 最近のエントリーから当ブログのタイトル付けの方針を『長さを「人が一度に知覚できる」らしい「13文字以内」におさめる』ことを最優先に、書こうとしている内容がわかるようにすることし、以前のようなバカ長いタイトルを付けないように心がけてます。…... [続きを読む]

受信: 2015年9月13日 (日) 15時44分

« 第95回天皇杯2回戦 湘南vs桐蔭横浜大学 戦 | トップページ | なまらうまいっしょ! 平塚駅北口店 »