« 旧横浜ゴム平塚製造所記念館、平塚市博物館、D52 403 | トップページ | 川勾神社 »

明治安田生命J1リーグ 2015 1stステージ 第16節 湘南vs新潟 戦

おはようございます、美さを鮨八幡店が「三竿」雄斗選手の食事を無償提供するとかの支援をしてくれないかなあと思う、チャリ通です。この際弟の三竿健斗選手(高卒の6月でもうプロA契約だそうで、遠藤航選手がいなかったら彼がU-22日本代表だったのだろうなあと思う)もOKでお願いしたいところです。

6月20日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で16時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第16節のアルビレックス新潟戦でした

その前後に移籍の発表があり、岡﨑亮平選手(睦合東中)のロアッソ熊本への期限付き移籍が、試合前に発表されました。23歳まで利用可能な育成型期限付き移籍なので、すぐに熊本で試合に出ることが可能です。中央大学から今季加入したセンターバックの岡﨑亮平選手にはプロA契約を目標に頑張ってほしかったのですが、U-22日本代表の遠藤航選手、遠藤航選手より巧そうなアンドレバイア選手、攻撃要員三竿雄斗選手がDFラインを固めているうえ、実績充分の坪井慶介選手が不動の「代役筆頭」なので、熊本のほうがプロA契約に近いと思います。熊本となると中央大の先輩の園田選手か、元ベルマーレのクォンハンジン選手にポジション争いで勝つか、隣のポジションをやるかをする必要があるので、簡単ではないですが、頑張ってください。DJKovaさんとか、養父選手とか、吉井ユースコーチとか、元ベルマーレもいらっしゃるクラブなので、岡﨑選手が試合に出てロアッソのJ2残留に貢献するのも良いと思います。

ブルーノセザル選手の契約満了が、試合後に発表されました。先に獲得した選手がメディカルチェックで契約できなかったので、急きょ契約した選手でしたが、あまり活躍できませんでした。鹿島がジネイ選手をメディカルチェックで落としたのに右膝の治療後に再契約したのですが、すぐに右膝を怪我をしてしまうという、何のためのメディカルチェックだったのかという事態になっておりますが、湘南はそうならずに良かったものの、ブルーノセザル選手がチームにあうかどうかの見極めが足りなかったのかもしれません。クラブにとっても本人にとっても不幸だったと思います。お疲れさまでした。

アルビレックス新潟戦は明治安田生命平塚支社/大船支社スペシャルデーでしたので、CM出演中の小泉今日子さん(睦合中)のポスターが貼られておりました。「2daysだJ!」でセットの興行の初日で、11,175人の観客動員がありました。

キックオフ前に2013年シーズンまで湘南ベルマーレでプレーした、韓国代表のハングギョン選手(カタールSC)が、あいさつをしました。韓国代表の活動の後、わざわざ試合に立ち寄っていただき、ありがとうございました、頑張ってください。オカネはないですが、いつかまたベルマーレ所属になればいいなあと思います。

湘南は元新潟のMF藤田征也選手をはじめ、ほぼいつものメンバーで、新潟は元湘南のDF大井健太郎主将は先発出場したものの、3バックの影響かDF大野和成選手はベンチで、出場できませんでした。

湘南 1-3 新潟

前半は新潟がわかりやすくデカい指宿洋史選手のポストプレー狙いでしたが、機能しておらず、秋元選手の好セーブもあって、湘南は無失点でした。そんな中、三竿雄斗選手が利き足の逆の右足でゴールを挙げて、湘南が先制します

ここまでは湘南は良かったです。しかしサッカーは延長戦がなければ90分間で争う競技であるので、45分までは良かったとか、120分あれば勝てたとかは、何の意味もありません。そもそも5月27日のヤマザキナビスコカップで湘南は新潟に負けているので、慢心する意味がわかりませんし、秋元選手の好セーブがあるということは攻められていることを意味するわけで、この点からも慢心する意味がわかりません

後半に新潟が指宿洋史選手選手を代えて戦術を変えると、慢心した湘南はなすすべもなく、加藤大選手、ラファエルシルバ選手、山崎亮平選手に立て続けにきれいに崩されて3失点。酷い試合でした。湘南はオカネを獲れるレベルではありませんでした

勝てる試合だった広島戦を引き分けて、同じく勝てる試合だった川崎戦に敗れ、そしてこの新潟戦。ヤマザキナビスコカップの新潟戦とFC東京戦も勝てていないので、1ヶ月以上勝てておらず、このままでは2013年と変わりなくなってしまいます。挽回を期待したいと思います

試合後には、遠藤航選手のU-22日本代表召集が発表されました。今回は「アビスパ"カネなら持ってるゾ!"福岡」に期限付き移籍中の亀川諒史選手も招集され手倉森監督の仙台凱旋試合となる7月1日のU-22コスタリカ代表戦に出場予定です。次のU-22日本代表活動が年末になってしまうそうなので、大変貴重な試合になります(J3のJ-22の一部試合で実戦経験を積むらしく、昇格争いをしている山口や町田がかわいそうです・・・)。遠藤航選手は主将を予定しているので、7月1日前後はメディア露出が多いと思います。そちらのほうにも期待です。今のU-22日本代表は、U-22世代・U-20世代の両方ともFIFA U-20ワールドカップに出られなかった世代なので、「去年までの自分たち越えが最低条件」のうえで、「海外組の久保・南野選手が出られないとFWとGKの実績が心もとない」ので、オリンピック出場は簡単ではありません。頑張ってください。

6月27日(土)は、長野県松本平広域公園総合球技場で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第17節の松本山雅FC戦ですファーストステージ最終節となります。松本には元ベルマーレはMF岩上祐三選手、FW阿部吉朗選手、反町康治監督、エルシオコーチが在籍しております(西村律郎さんは主務、柿本倫明さんはジュニアユースコーチに異動とのこと)。この試合はスカイ・A sports+が生放送しますので、スカパー!でサッカーの契約をしていないケーブルテレビの阪神タイガースファンも、観ることが出来ます。FMまつもとはサイマル放送をやっていないので、聴けません。一応ヤマザキナビスコカップでベルマーレが勝っておりますが、これは平塚開催でカップ戦要員同士の対戦でしたので参考程度でしょう。ちなみにオイラは所用で松本に行けませんので、よろしくお願いいたします。

|

« 旧横浜ゴム平塚製造所記念館、平塚市博物館、D52 403 | トップページ | 川勾神社 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2014-2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/60440747

この記事へのトラックバック一覧です: 明治安田生命J1リーグ 2015 1stステージ 第16節 湘南vs新潟 戦 :

» 【6月20日のプロ野球とJリーグ総括】甲子園のリーグ戦再開初戦はとらほ~\(^o^)/も、BMWスはホームにとほほ/(^o^)\な結果に等々 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
まずは、昨日(6/20)のプロ野球の件。ほかは金曜日からリーグ戦再開なのに、甲子園の試合だけなんで土・日のみの2連戦?! ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。RT @hanshintigersjp: 阪神4-1ヤクルト。リーグ戦再開初戦を勝利!マートン、今季初アーチ!メッセ…... [続きを読む]

受信: 2015年6月27日 (土) 03時44分

« 旧横浜ゴム平塚製造所記念館、平塚市博物館、D52 403 | トップページ | 川勾神社 »