« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

明治安田生命J1リーグ 2015 1stステージ 第14節 湘南vs広島 戦

おはようございます、松本山雅FCが結成された純喫茶山雅は現存しておりません(ただし松本山雅FC自身が同名の喫茶店開店を検討中)が、The Football Associationが結成されて、それまでバラバラだったフットボールのルールが確立(会議を離脱したほうも後にRugby Football Unionを結成して人気競技に)した会議の場所だったロンドンのThe Freemasons Armsというパブは現存しておりますので、ウインブルドンの錦織圭選手の応援のついでにロンドンに旅行に行かれる方はどうぞと思う、チャリ通です(イギリスなので飲食は期待できません)。

このThe Football Association結成の会議はロンドンに地下鉄が開業した1863年の出来事で、同じ年にアメリカ合衆国は大統領のリンカーンが公約であった奴隷解放宣言と、有名なゲティスバーグ演説をした、既に戦闘中だった南北戦争の真っただ中であり、日本では武士じゃなくても兵隊になれた新選組奇兵隊が結成された年(NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の先週・今週あたりが1863年の話らしいです)であります。会議の直後にChoshu Fiveがロンドンに到着しております(UCLにChoshu Fiveの碑があります)。東海道線建設からサンフランシスコ平和条約の頃までの大物政治家は東京から少し離れた相模湾沿いの別邸で院政のような政治(今では無理)を行っており、伊藤博文も大磯在住だったので、Choshu Fiveが注目されると湘南地方にも波及効果がありそうです。

だいぶ前からIOCとともに汚職が多そうな組織と言われていた、FIFAの幹部をアメリカ合衆国司法省が起訴しました。どういう結果になるかわかりませんが、良い結果につながるといいなあと思いました

5月30日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第14節のサンフレッチェ広島戦(大磯・二宮町民デー)でした。湘南ベルマーレの前身チームは広島で創業しており、広島城を築城した毛利輝元の祖先は毛利庄(南毛利中の吉岡聖恵さんの出身地あたり)の出身ですし、サンフレッチェはベルマーレと地味に縁がある地域のクラブです。J1の1stステージは17試合なのでそろそろ優勝が決まるのですが、広島は優勝争いをしているのでどこにも負けられません

湘南 0-0 広島

J1通算得点日本人現役最多の佐藤寿人選手がこの試合で全くダメで、彼が広島の足を引っ張っていたことがこの試合の結果につながったと思います。

広島のゴールの後でそのプレイはオフサイドと判明したプレイが後半に2度あり焦りましたが、全体的には湘南が勝てた試合に見えましたので、残念でした。FWが何とかならないかなあと思います。

ただ結果にはつながりませんでしたが、通算100試合出場で親族の方から花束をもらっていたこの試合のFW大竹洋平選手が必死に守備をしており、効いておりました。湘南スタイル的には必要なプレーで、アピールになったと思われ、交代で出場したFW山田直輝選手のこの日の守備にも影響を与えていたように見え、良かったと思います。

何といってもこの日は65分(後半20分)に地震があって試合が中断したことが印象深いです。震源地は小笠原沖だったのにこの日町民デーで町長が来ていた二宮町が震度5弱で最大震度ということで、二宮町は対応が大変だったと思います。大きな被害はなかったということは良かったと思います。運動をしているとわからないということ理解できますが、選手は審判が止めてくれないと災害と気がついても選手はプレイを止めることはできないので、もうちょっと配慮があればなあと思いました。

湘南としては2位の広島相手に引き分けは悪くないと思います。攻撃も守備も見所があって内容も良かったです。広島としては1stステージの優勝争い的に湘南戦で引き分けてしまったことはかなりの痛手だと思います

試合後に電車のダイヤが地震対応で大幅に乱れてしまいました。皆様お疲れさまでした。

6月3日(水)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第7節のFC東京戦です。ターンオーバーの湘南ベルマーレは、リーグ戦から数人入れ替えただけのアルビレックス新潟にアウェイで敗れたため、ヤマザキナビスコカップ決勝トーナメント進出争いは混戦になりました。この日対戦するFC東京もターンオーバーではなく数人入れ替えるだけのようで、まだ決勝トーナメントが決定ではないFC東京は、ベストメンバーに近い構成で湘南と対戦する可能性が高いです

FC東京の元ベルマーレの選手は丸山祐市選手がおります。元FC東京のベルマーレの選手は大竹洋平選手とユースのみの岡田翔平選手がおります。何といっても権田修一 ・武藤嘉紀・森重真人・太田宏介選手をはじめとした現役・元日本代表選手をたくさん所属させているクラブですので、かなり手ごわいです。4月のリーグ戦には敗れております。J1リーグ第14節終了直後に武藤嘉紀選手のマインツ完全移籍が発表され、発表後最初の公式戦がこの試合になるのですが、出場するのでしょうか?。

6月7日(日)は、等々力陸上競技場で16時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第15節の川崎フロンターレ戦です。今春完成した等々力陸上競技場メインスタンド改築以降では初めての湘南ベルマーレ戦となります。川崎フロンターレと言えばイベントのおまけでJリーグの試合をやっているというくらいイベントがすごいのです(毎年やっている春日山部屋とのイベントも2015年は日本相撲協会もかなり協力するイベントにまで成長しています)。2013年の湘南戦では西城秀樹さんがYOUNG MANを歌っていましたが、2015年は献血関係の各団体とタイアップで、「2015噂のケンケツSHOW!」というイベントが開催されます。年末年始にブレイクした8.6秒バズーカー(「鷺沼芸人」でひとまとめにされている芸人にも知っている名前が!)が来場し、ハーフタイムにスーパーフォーミュラを走らせて中島悟さんがあいさつをするとか、献血は予算持っているなあ!!と、もはやお手上げです。それだけ予算があるなら、八百長が疑われるレベルまで川崎フロンターレ相手に毎年ゴールを決める髙山薫選手(フロンターレユース出身)を獲得してベンチ外に飼い殺して確実に2勝するとか出来るのでは?と思います・・・。大久保嘉人選手など有名選手も多数です。

ここまで結果を出せていない可児壮隆選手は、特に記載がないのでこの試合に出られるようです。川崎の元ベルマーレは西部洋平・安藤駿介選手がおります。元川崎のベルマーレはユースのみの永木亮太(出場停止)選手・髙山薫選手と曺貴裁監督がおります。この試合はかわさきFMが生放送しますので、サイマルラジオで全世界から無料で聴くことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

花菜ガーデン(神奈川県立花と緑のふれあいセンター)

こんばんは、2015年5月17日(日)を最後に大山ケーブルカー50年間使用し続けた設備の全面更新のために運休中なのですが、10月1日(木)の営業再開から湘南ベルマーレに近い明るい緑色の新車が導入されることになり、さすがにこの新車にベルマーレのエンブレムなどを入れるのは無理と思いますが、このことを伊勢原市民デー(再開直前である9月26日(土)マリノス戦)あたりでアピール出来ればいいですねと思った、チャリ通です。いや、たぶんヴェルディっぽい色ではないと思うのですが・・・。

清水戦の日は、午前中は平塚市寺田縄にある「花菜ガーデン」(かながーでん)に行っておりました。正式名称は「神奈川県立花と緑のふれあいセンター」で、入場有料の植物園です。

神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン 公式サイト

小田原厚木道路の平塚インターチェンジ(東海大学周辺)の近くにあります。平塚駅北口-秦野駅北口間の神奈川中央交通バス(「平塚養護学校前」バス停)で行くこともできますし、臨時直通バスが平塚駅北口からも出ることがあります。

元農業試験場である平塚市総合公園との違いは、
花菜ガーデン:神奈川県営、入場有料、植物園特化
平塚市総合公園:平塚市営、入場無料、本格的スポーツ施設や大型遊具もある

という違いがあります。

桜の季節の後も、関東地方ではゴールデンウイークから6月末まで、花に関する公園が盛況です。関東ではこの時期に咲く「芝桜」「藤」「薔薇」「菖蒲」「紫陽花」が近年人気です。このうち花菜ガーデンでは「薔薇」に力を入れており、約1,170種類の薔薇が咲いているそうです

というわけで、薔薇を観に行きましたが、「プロに潤沢な資金を与えるとこれだけの庭をこしらえることができる」という見本のような、個人では真似できない圧倒的な薔薇園でした。無料の平塚市総合公園の薔薇園とも桁違いな差です。最初からバリアフリーで設計されている公園のため、車椅子やベビーカーにやさしいです。

他の季節でも楽しめるように薔薇以外の植物も準備されています他の有料植物園と同様に入場料金は時期によって増減するのですが、花菜ガーデンに限らず、有料植物園は最も高くて混む時期こそがどうしても素晴らしいので、ぜひ5月に行きましょう。やはりかなりの来場者が来ており、幼児は退屈そうでしたが、若い人からお年寄りまで、客層は幅広かったです。すごいカメラを持っている人も結構いらっしゃいました。

畑や田んぼもあり、近隣住民の農業体験に利用されているようです。展示室ではサツキの盆栽展覧会と、日本大学生物資源科学部などによる薔薇の展示も行われておりました。図書室では園芸関係の書籍が閲覧できるようになっております。

清水戦のあった5月23日(土)が薔薇のピークのように見えましたが、広島戦のある5月30日(土)も薔薇は持つと思います

ミュージアムショップやレストランもありますが、ここはおにぎりやサンドウィッチを持参して、はらっぱで食べたいところだと思います。農協のショップであるJA湘南あさつゆ広場がすぐそばにあるので、ここにも立ち寄りましょう。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治安田生命J1リーグ 2015 1stステージ 第13節 湘南vs清水 戦

こんばんは、5月23日(土)は、試合前に藤沢市民会館にて2015ふじさわ産業フェスタの一環で「爆笑お笑いライブ in ふじさわ」があり、じゅんいちダビッドソンさん、ナイツ、U字工事などが出演したそうで、じゅんいちダビッドソンさんが「ベルマーレの関係者もぜひ見に来てほしいですね。〝伝えたいこと〞がたくさんあるんで(笑)。」と語っていたそうなのですが、本田圭佑選手についての誤った知識を永木・髙山・遠藤選手に植え付けられて、彼らが代表に呼ばれて本田圭佑選手から誤解されたら大変なので、ホームゲーム当日であることを理由に行けなくてよかったなあと思う、チャリ通です(翌日にベルマーレのイベントがあった)。同じ湘南える(ちょくちょくベルマーレ関連の記事を扱う)に載っていた俳優の久保田悠来さんのベルマーレの記事が面白かったので、ぜひ皆さま読んでください。

5月23日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で17時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第13節の清水エスパルス戦でした産業能率大学スペシャルデーの上で、清水からすれば湘南は東隣のクラブということで、メイン・バックスタンドは完売で来場者が多かったです。チケット完売ということは営業機会の損失です。スタジアム改修の話が出ておりますが、それは試合間隔が詰まっていない時期に取り上げようと思います(でも検索して関連記事を開いている人が多いですね)。清水と言えば六平光成選手の父の六平直政さんや、高木善朗選手の父の高木豊さんとかは来場されたのでしょうか?。

清水はGK櫛引政敏選手やMF石毛秀樹選手あたりが、リオデジャネイロ五輪につながるU-18日本代表を結成した当時に、湘南の遠藤航選手や、久保・南野選手あたりとともに主力候補として名前が挙げられていたはずですが、どちらもエスパルスによってすっかり調子を落としてしまっているので、オリンピックのために今夏にJ2下位クラブあたりに期限付き移籍に出してほしいなあと思います。そのほか元湘南の村松大輔選手(鎌田選手などとともに怪我で欠場)などエスパルスで力を落とした選手が多く、それ相応の残念な戦績のクラブですね。

前半は湘南は様子見という感じでしたが、清水は湘南のショートコーナーやバックパスを奪いに行ったりなどなかなかアグレッシブで、このあたりの対応は湘南も反省が必要でした。とりあえず長身FWの長沢駿選手にボールを集める作戦のようでしたが、191cm長沢駿選手がびっくりするぐらいバイア・遠藤航選手にヘディングに競り負けていて、湘南12人・清水10人でサッカーをしていて、助かりました

後半は大竹洋平選手が「技あり」なテクニックで清水のDFをかわして菊池大介選手にボールを渡して、菊池大介選手の先制ゴールをひねり出しました。半分大竹選手の得点と言っても過言ではありませんでした。

数分後には正面の結構難しい位置から永木亮太主将がフリーキックを決めて2点目。このあたりで清水が2014年のジェフユナイテッド千葉状態になってしまいました。制御不能状態のチーム相手にはめっぽう強い湘南。髙山薫選手がカウンターから2得点を挙げて、とどめを刺しました

湘南 4-0 清水

清水の大榎克己監督は、早稲田大学を率いて全日本大学サッカー選手権大会を優勝したことがある実績のある監督(このとき島村毅選手が早稲田の選手だった)だそうですが、現状清水エスパルスを制御できていないので、ちょっと厳しいのではないかと思います。しかし大榎克己さん自身が清水にとって地元出身の名選手であったという大物であるため、どうすればいいかクラブも困っていると言ったところだと思います。大榎克己監督のあとから元ベルマーレの左伴繁雄さんがエスパルスの社長になっていますが、決断を迫られそうで厳しいでしょうね。清水エスパルスは国内唯一の1部リーグしか経験していない2部リーグ以下でやったことがない、リーグから特別扱いされているクラブなので、降格はしたくないでしょう。まだまだ15位との差は小さく充分逆転できるので、どう判断するかが注目です。

5月27日(水)は、デンカビッグスワンスタジアムで19時キックオフの、ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第6節のアルビレックス新潟戦です。アルビレックス新潟は現在J1リーグ最下位で、カップ戦のほうに余裕がないと思われます。これに対して湘南ベルマーレは、FC東京と広島の直接対決があって、鳥栖に休み節残っているため、この試合に勝って勝点3を得ますと、その時点で湘南ベルマーレのヤマザキナビスコカップ決勝トーナメント進出が決定する可能性があります。歓喜の瞬間ではあるのですが、平日の新潟開催なので大部分のサポーターは行けませんね・・・。新潟には元湘南のDF大井健太郎主将(出場停止)とDF大野和成選手が所属しており、湘南には元新潟のMF藤田征也選手が所属しております。湘南、新潟ともカップ戦用チームでの試合となりますが、決勝トーナメント進出という手柄が立てられればカップ戦用チームのメンバーにも箔が付きますので、頑張ってください。

5月30日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第14節のサンフレッチェ広島戦です。チケットが安くなる大磯・二宮町民デーで、平塚信用金庫スペシャルデーです。現役J1最多得点選手であるFW佐藤寿人選手やDF塩谷司選手など有名選手が多く、石原・高萩選手の移籍も若手の浅野・野津田・皆川選手でカバーした強豪です。この試合はJ SPORTSが生放送しますので、スカパー!でサッカーの契約をしていないケーブルテレビの人も、観ることが出来ます。

<追記>5月30日(土)はバッティングパレス相石スタジアムひらつかにて12時プレイボールのイースタンリーグ横浜DeNAベイスターズ対埼玉西武ライオンズの試合も開催され、時間的に上記のJ1の試合と両方観戦できます

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ランビック(厚木ビール)

おはようございます、こんな2015年の春だからこそ、湘南ベルマーレは箱根町ホームタウンデーを勝手に開催して、来るべき箱根復活のための休養期間中である箱根町民を激励し、箱根復活の暁のために復活したらこんないいものがあるということを宣伝すべきなのではないかなあと思う、チャリ通です。

先週末はランビックでビールを飲んでおりました。厚木市立病院前交差点から国道412号バイパスを入ってすぐの場所にあります

ブリュワリー レストラン Lambic 公式ホームページ

厚木市には地ビールを製造している会社を3社確認しております

ひとつは湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナーある、金田のサンクトガーレン

もうひとつは神奈川県央最大の酒造会社である七沢の黄金井酒造が、日本酒や焼酎などとともにラインナップしているさがみビール

そして、神奈川県議会議員の堀江則之さんが経営していた家業の不動産会社(家業のほうは現在は代替わり)がオーナーである、水引の厚木ビールという地ビール製造会社があります。

サンクトガーレンはもはや湘南ベルマーレ関係には説明不要なうえで、ベルマーレ関係の活動を除いても、精力的に販売を拡大している、地ビールとしては日本トップクラスの会社です。

1試合で400リットル売ることがすごいのかどうかはよくわかりませんが、湘南こっこからあげなどと並ぶ、ベルマーレフードパークの主力であることは、疑いの余地がありません。実は厚木市金田の醸造所では不定期にブルワリー解放デーを開催しているのですが、既に毎回会場が飽和状態であるため、ベルマーレを介してブルワリー解放デーを宣伝する必要がないくらい、既に人気が確立しております。

ただし、日本全国のそれなりの規模の飲食店にあるかというとそうでもなく、イベントやネットによる直販や、酒屋さん・百貨店からの瓶ビール販売が主力なので、「いつでも必ず飲めるお店」というところが3社の中で一番弱いです。

もうひとつのさがみビールは、江戸時代創業の酒蔵である黄金井酒造が七沢に拠点となる酒蔵見学とレストランを持っていて常時ここで日本酒や焼酎などとあわせて楽しむことが出来、厚木市内の酒屋で購入することも可能です。ただし神奈川県央を出てしまうと、ネット通販しか頼れません。

そして厚木ビールなのですが、3社の中では一番規模が小さいです。ただ、黄金井酒造のように自分たちのお店を持っていて、でも黄金井酒造と違ってビール一本であり、サンクトガーレンほど知名度・営業力がない分、ランビックに集まる常連さんと思われる方々の「ビール愛」が熱く、他の2社のときよりも圧倒されてしまいました

1階は「4席と6席のテーブル」と「8人程度のカウンター」という小さなパブで、ビールの製造装置も見ることが出来ます。2階はレストランになっておりました。

ホワイトエールとスタウトを飲みましたが、ホワイトエールはとにかく苦くない、やや柑橘っぽいもので、スタウトはコーヒーのような苦みの黒ビールでした。良かったと思います。

場所が本厚木駅から見て厚木市立病院の先というのがちょっと残念で、厚木市役所より手前にあればなあというところですが、仕方がありません。ビール好きの方にはお勧めです。サンクトガーレンさがみビール厚木ビールの3つがそれぞれの良さを出して頑張っていただければ、何十年後に大きな収穫が得られるのではないかなあと思います。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3週連続週2試合→1週飛ばして3週連続週2試合

こんばんは、日曜日にRed Bull Air Race Chiba 2015に行ってきました。確かにかなりすごいのですが、観戦するのもいろいろ過酷でしんどかった、チャリ通です。いろいろ高いし、待ち時間ばかりだし、日差しで体力消耗するし、自動車レースと違って1機ずつのタイムトライアルだし、コースが何kmもあるので全体をちゃんと見られるわけではない(トライアスロン、マラソン、自動車レース同様、スタジアム競技と違って現場よりテレビのほうがちゃんと観られる)ですし・・・。まあ日本では最初の開催ですから、これから改善していくという前提で、期待します。日本人パイロットの室屋義秀さんは福島市在住とのことなので、福島ユナイテッド戦に顔を出してもらえないかなあとも思います。

この大会の会場だった千葉県立幕張海浜公園にJFAナショナルフットボールセンターが建設されるそうです(建設費をアディダスのスポンサー料で賄うために、アディダスは読売ジャイアンツやFC東京との契約を断念してまでサッカー協会からの増額依頼に応じたと思われます)。幕張は検見川寄りはまだまだ土地が空いておりますし、東京駅・羽田空港・成田空港へそれぞれ1時間未満の場所(山陰や四国に建設されると、新潟や甲府あたりからは代表に来るなというくらい交通網的に大変になるので、首都圏か京阪神しか選択肢がなく、実際鳥栖から福島のJヴィレッジへ集まれとか大変そうだった)ですし、ついでに西が丘の国立スポーツ科学センターもこちらに移転すれば?とすら思います。「外野席以外はファンにあらず」というスタンスで「ライトは満員・他は激減」の千葉ロッテマリーンズは残念なのですが・・・(千葉駅どころか海浜幕張勤務でないと平日終業後に観戦は大変厳しい)。

余談ですがテレビ朝日の日曜朝にやっているスーパー戦隊と仮面ライダーは頻繁に幕張で戦っており、そのロケ日時はスーパー戦隊と仮面ライダーを放送している時間帯(よい子が番組を観ている間が、もっとも鉢合わせしない)です。今はCGで企業看板を消したり、爆発やレーザーを追加したりできるので、戦闘も街中で驚きます

5月14日(木)は、日立柏サッカー場で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第12節の柏レイソル戦でした。もっとも行きやすいアウェイだったのですが、柏レイソルのAFCチャンピオンズリーグ出場に伴って湘南ベルマーレの同意の上で、平日に繰り上がっておりましたので、行けませんでした、残念。試合はスコアレスドローでした。行っていないのでここまでです。柏レイソルはAFCチャンピオンズリーグは頑張ってください

5月20日(水)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第5節の松本山雅FC戦です3週連続で週2試合をやったばかりなのに、1週明けた後、また3週連続で週2試合となります。ただしゴールデンウィークはほとんどリーグ戦でしたが、このあとの3週間は「平日カップ戦・土日リーグ戦」となりますので、戦い方が変わります。「カップ戦チーム」「リーグ戦チーム」を組んで、カップ戦の活躍からリーグ戦に抜擢などはあるかもしれませんが、基本的に別々に試合をすることになると思われます。元旦に書いたとおり、新人のDF岡崎亮平選手(睦合東中)は、今年はプロA契約到達で充分だと思っております。その岡崎選手が出場時間を稼ぐ場所は、まさにこの時期のカップ戦だと思っております。目標達成のために頑張っていただきたいと思います。そして相手の松本の選手もそのような選手が多く出場すると思います。

現在湘南ベルマーレはヤマザキナビスコカップ予選を通過できるかできないか微妙な位置につけております。予選を通過できれば岡崎選手にも出場機会が増えます。新人の岡崎・広瀬選手あたりよりも武田・石川・可児・白井・イホスン選手あたりのほうが切実でしょうし、相手は反町康治前湘南監督ですが、自分たちのために頑張ってほしいと思います。松本には元ベルマーレの選手として岩上祐三選手と阿部吉朗選手が所属しております。

5月23日(土)は、Shonan BMW スタジアム平塚で17時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第13節の清水エスパルス戦です。チケットが安くなる茅ヶ崎市民デーで、スポンサー12周年の産業能率大学スペシャルデーです。産業能率大学関係者の招待がある関係で、通常と席割が異なりますので、ご注意くださいやや近い清水との対戦で、平塚市総合公園バラの見ごろでもあるので、混雑が予想されます。出来るだけ早く来場してください。DJ Hello Kittyがやってくるそうです(「ヘッドフォンは耳に!」と言ったら怒られるのでしょうか?)。

清水には元ベルマーレとして村松大輔選手鎌田翔雅選手と左伴繁雄社長が所属しておりますが、リンク先の通りどちらも怪我で出場できません。日本サッカー史上最大のインチキによって、横浜FCですら飛び級されていない2部リーグ以下を経験していない国内唯一のクラブである清水エスパルス(実績ゼロのエスパルスが入るために、JSL1部ヤマハ発動機が入ると静岡が多すぎるということで落選するという、説明不可能な事態になった・・・)は、今シーズン2部リーグ降格の危機です。そのせいか大前元紀選手が得点する以外は、誰が主力で、どんな戦術なのかもわからない状態です。現時点で今シーズンワーストの反則ポイントのクラブでもあります。ひょっとしたらこの試合を清水が落とすと清水サポーターが騒ぐ可能性があります(この3週間が終わらないと監督も代えられませんが・・・)。湘南ベルマーレ側も冷静な対処をお願いいたします。この試合はスカイ・A sports+が生放送しますので、スカパー!でサッカーの契約をしていないケーブルテレビの阪神ファンも、観ることが出来ます。

なお、湘南ベルマーレのWAONがこの日から発売されるそうです

第05節 05月20日(水) 19:00 湘南 - 松本 BMWス
第13節 05月23日(土) 17:00 湘南 - 清水 BMWス

第06節 05月27日(水) 19:00 新潟 - 湘南 デンカS
第14節 05月30日(土) 19:00 湘南 - 広島 BMWス
第07節 06月03日(水) 19:00 湘南 - F東京 BMWス

第15節 06月07日(日) 16:00 川崎 - 湘南 等々力

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉 豊島屋 本店

こんばんは、以前触れましたが、鎌倉市役所の向かいにあるスターバックス鎌倉御成町店ギャラリーヨコが、昭和の漫画「フクちゃん」(早稲田大学のマスコットでもあった)の作者の横山隆一の自宅とアトリエだったのですが、住宅の場所としてものすごい一等地(鎌倉駅に徒歩3分、紀ノ国屋にも徒歩1分)でうらやましい、チャリ通です。現在の形態になった経緯はギャラリーヨコのサイトが詳しいです。

先日鶴岡八幡宮に行っておりました。結婚式いいですね。先日の記事で触れましたが、鶴岡八幡宮だと、ご朱印って本当に女性に流行っているのがわかりました。神奈川県内の寺社発行の御朱印帳だと、鶴岡八幡宮の巫女さんのやつとか、江島神社の海のやつとか、寒川神社の星空のやつとか、売れそうな感じがします(これで来年1月の江島神社での爆勝祈願でみんな持っていたら大ウケ)。今回は記事が書けるほど鶴岡八幡宮を観られなかったので、そちらの記事化はしません。

帰りにおみやげ購入のため、豊島屋 本店(としまやほんてん)に行きました。鶴岡八幡宮への参道の若宮大路にある、白壁の大きな店舗です。

鎌倉 豊島屋 公式ホームページ

ここ数年は横浜DeNAベイスターズ主催試合でのスポンサーや、鎌倉の海水浴場のネーミングライツを買い取って行使しない(!)など、積極的な広告戦略が目立つ、明治時代から販売している「鳩サブレー」で有名なお店です。

当然、鎌倉土産で有名な鳩サブレーの販売に大きなウェイトが占められているのですが、本店では「小鳩豆楽」や「きざはし」、さらに羊羹・ワッフル・生菓子など、数多くの菓子が販売されております。

さらに鳩サブレーグッズも販売されており、文具、キーホルダー、マグネット、手鏡、手袋など、そこまで力を入れなくてもいいのでは?というくらい女性向けグッズが多数販売されております。こちらも本店限定だそうです。

2階は「鳩巣」という部屋で、さまざまな鳩コレクションが展示されている休憩スペースになっております。フクちゃんと鳩の絵もありました。

詳しくはTravel.jpのサイトをどうぞ。

本店から少し離れたところに八十小路という和風喫茶もあります。

スイーツ関係は極めて競争が激しい鎌倉において、神奈川県民にとってはあまりにも定番すぎる鳩サブレーですが、改めて本店に行きますと、結構おもしろかったです。

江ノ電メーカーズシャツ鎌倉HAN-KUNさんを筆頭に鎌倉も湘南ベルマーレとゆかりがあるのですが、ホームタウン7市3町に入っていないのですよね・・・。以前にも書きましたが、南足柄市(法人税収が多い)、海老名市(人口増)、鎌倉市(観光資産)がホームタウンではなく、ホームタウン7市3町でもっとも衰退している平塚市が拠点なのは、なんとかしてほしいものです。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン 松壱家 平塚店 (極み鶏)

おはようございます、横浜家系のラーメンは千葉県にもあるのですが、神奈川県内でこのレベルのラーメンを出していたら一瞬で閉店に追い込まれそうなレベルの横浜家系ラーメンが、千葉県だと営業し続けているので、首都圏にある博多ラーメン、札幌ラーメン、長崎ちゃんぽんに何か納得がいかないものもある博多人・札幌人・長崎人の気持ちがわかった、チャリ通です。

神戸戦の後には、湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナーで、フードパークにも出店している、ラーメン松壱家平塚店(らーめんまついちやひらつかてん)にも行きました。ベルマーレの元監督の山田松市氏とは関係ございません。

ラーメン 松壱家 ホームページ

松壱家は藤沢・茅ヶ崎・平塚・戸塚・香港に出店している横浜家系ラーメン店ですが、その後別名義のゴル麺でつけ麺や二郎系に進出したりなどで直営や独立支援をしており、運営会社の株式会社松野軍団の経営規模は、常に株式会社湘南ベルマーレより上です。当ブログではチェーン店は「小規模、かつホームタウン内創業」のみを取り扱うのですが、クラブパートナーなので今回は特例的に取り上げます。

いわゆる横浜家系ラーメンです。ただ家系は豚骨醤油が基本なのですが、豚骨塩・豚骨味噌なども出しており、これをもって「新・家系ラーメン」としているようです。さらにゴル麺向けだったと思われるメニューも松壱家で提供しており、もはやブランドを分けている意味が全くないので、将来的には松壱家とゴル麺は一体化するのではないか?と思います。横浜家系ラーメンのメニューは2008年に記事化しており、神奈川県外だったらこれで充分のレベルで、多店舗にて安定して評価されるような横浜家系ラーメンに仕上がっていると思います。特別にすごいというのもいいのですが、万人受けするものをどこでもというのも大手になるには必要だと前向きに評価できます。横浜家系ラーメン本家筋はチャーシューの出来がいまいちなのですが、松壱家はそれを解決していると思います。

この日はゴル麺から持ち込まれた「極み鶏」をいただきました。鶏骨からの白湯スープで、レモンをかけていただきます。食べてすぐに「元ネタは京都!」って、思いました。このラーメンも「麺かため」とか「味濃いめ」などの調整が出来ます。価格はやや高いです。

横浜家系ラーメンや、つけ麺、二郎系などと同様に、極み鶏も万人受けするレベルに高い次元でまとめられており、おいしかったですベルマーレフードパークに来ているキッチンカーは横浜家系ラーメンに特化しておりますが、実店舗ではそれ以外のメニューが豊富なので、こちらもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天竜担担麺店(台湾ラーメン)

こんばんは、2015年のJリーグも各リーグ10試合程度消化して今年の傾向がわかってきましたが、J2の昇格圏に金沢とか、J2の下位に京都や大分とか、J3の昇格圏に山口や相模原とか、えらいことになっているなあと思う、チャリ通です。gol.の仲介で岐阜の主力選手が現状J2ライセンス取得不可能な相模原に期限付き移籍して、相模原のJ3リーグ2位以上を確保することでなんとか21位になった岐阜の降格を免れるとかあったりして・・・。ラモス監督の手腕は既にヴェルディで力不足と証明されておりますし・・・。

神戸戦の前に、平塚駅北口の「天竜担担麺店」(てんりゅうたんたんめんてん)に行きました。

天竜担担麺店 公式ホームページ

2013年に記事化しており、その時はオーソドックスな「元祖天竜担担麺」をいただいております。あれから茅ヶ崎にも支店が出来たとのことです。担担麺のほかに台湾ラーメンというのがあって、一応チェックしないといけないのかなあと思いました。

台湾ラーメンと言えば、台湾ではなく名古屋のご当地ラーメンで、豚挽肉とニラなどを唐辛子とニンニクで炒めたものを具としたもので、オイラは愛知県で数回いただいたことがあります。それが出てくると思って注文しました。

九州ラーメンに使用されるような細麺に、醤油スープが入り、豚挽肉を唐辛子とニンニクで炒めたものが載っておりました。ただ、唐辛子とニンニクはやさしめで使用されており、辛くありませんでした。そしてニラかと思っていたら菜っ葉のようなものが採用されておりました。煮玉子入りです。

オイラは台湾ラーメンを食べ慣れていないので、これが名古屋の台湾ラーメンなのかと言われるとわからない(いや、名古屋ではない台湾のラーメンかもしれませんし・・・)のですが、系統は同じだと思います。そしてこれはこれでおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平塚八幡宮

こんばんは、ダムカード(ダムにいくともらえるカードで、宮ヶ瀬ダムでももらえます)や、御朱印(お寺や神社に行くともらえる署名)を集めることが地味に流行っているそうで、特に素敵な「御朱印帳」で御朱印を集めることが女性に流行っているらしく、Jリーグのスポンサーにコロプラが入っているくらいですから、こういうスタンプラリーみたいなものって、立ち寄りによってJリーグアウェイ観戦と親和性が高いのではないかと思う、チャリ通です。

神戸戦の前に、JR平塚駅北口の平塚八幡宮(ひらつかはちまんぐう)にお参りしました。

平塚八幡宮 公式ホームページ

ここは相模国の五之宮だそうですが、海老名市の有鹿神社も五之宮を主張しているため、五之宮は唯一地名の語源になっておりません。ということで「一国一社八幡宮」を前面に出しておりますが、相模国には後から出来たのに圧倒的に格上の鶴岡八幡宮(鎌倉市)があるので、この称号のほうが残念さが出ていると思います(普通に300歳の人がいたり、ケータイ天皇が古代中国の事例に従うと胡散臭さ過ぎたりする、日本書紀を読んでいると、仁徳天皇68年創建とか言われても、この神社のせいではなくあまり信用できません)。同じ平塚市内に前鳥神社もあるためか、ベルマーレは特に平塚八幡宮を大事にするという動きはありません。平塚市土屋の妙圓寺は良く利用していると思います。

一之宮 寒川神社 (寒川町一宮の地名の語源)
二之宮 川勾神社 (二宮町の地名の語源・ベルマーレオフィシャルクラブパートナー
三之宮 比々多神社(伊勢原市三ノ宮の地名の語源)
四之宮 前鳥神社 (平塚市四之宮の地名の語源)
五之宮 平塚八幡宮 (平塚市役所の隣)
総社 六所神社 (大磯)

JR平塚駅北口を出て少し大磯方面に行きますと、一直線の参道があるのですが、国道1号の自動車道路化によって国道1号の横断が禁止されており、実際には一直線に行けません。

境内に入ってみますと、コンパクトながら素晴らしい杜になっており、お勧めな環境です。池に鯉、鴨、鳩、亀などが住み着いており、売店でえさも売っておりますので、ペットを飼いたくても飼えない人はここで鯉、鴨、鳩、亀などと戯れることができます。境内では付属の「つるみね幼稚園」を運営しております。

お札やお守りも販売されておりますし、御朱印もいただけます(平塚市総合公園からもっとも近い御朱印をもらえる寺社)。御朱印帳をお持ちの方はぜひどうぞ。湘南ひらつか七福神めぐりも企画されております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治安田生命J1リーグ 2015 1stステージ 第10節 湘南vs神戸 戦

おはようございます、少し前に船橋オートレース場に行って、以前の記事で触れた木谷高明さんの「すべてのジャンルはマニアが潰す」を再認識した、チャリ通です。

すぐ近くの船橋競馬場(千葉県・船橋市・習志野市の共同経営で、中央競馬の中山競馬場とは別物)の、ダートコースの余興としてオートレース発祥の場所である船橋オート(その後廃業したサーキットを取り壊して現在の施設が完成)なのですが、お客さんの半分くらいが60歳以上の男性で、50歳以上の女性と50歳以上の男性も合わせると8割弱と、囲碁将棋サロンをも上回る偏った客層で、正直入っていいのか迷いました。ただ、近いうちにこの船橋オートが廃止になるらしいので、存在するうちに見ておかなければと思って、行ってみました。

44年前に放送された、藤岡弘さん演じる仮面ライダー1号はもともとオートレーサーという設定だったそうです。これをリアルタイムで観ていた人が今は50歳以上となります。そして元SMAPの森且行さん(41歳)がオートレース入りしたころはまだ良かったのかもしれません。しかし今は20世紀から時間が止まったままのように見えました

相当儲かっていた時代があったことをしのばせる、複数の食堂や、貴賓席、殿堂展示、ミニシアター、馬券並みに整っている車券システムなどがあるのですが、昭和時代で進化が止まっていて、40歳未満男女の嗜好に合っているとは言えません。そもそも常連向けのサービスだけが充実していて、初心者には何をどうすればいいかわからなすぎます。喫煙場が使われておらず、そこいら中で吸っていました・・・。まるでフリューゲルスサポーター寄贈の椅子の上に立つ横浜FCサポーターみたいで、ああ、「すべてのジャンルはマニアが潰す」だなあと思いました。その一方で隣り合う南船橋のマンションとかIKEA船橋店とか、どう考えても騒音の被害を受けているのだろうなあという感じで、これでは理解が得られないだろうなあと思いました。ギャンブルなので「子供にアピール」というのも難しいです。

そう考えると、Jリーグやプロ野球がやっている、「マスコットキャラクター」とか、「始球式・前座パフォーマンス・トークショー」とか、「スタジアムグルメ」とか、「スタジアムDJ」とか、「なんとかガール」とか、「スタジアムを囲む草花や遊具」とか、「託児サービス」とか、「地元のお祭りに登場」とかといった、若い世代の初心者に寄りそって興味を持ってもらう施策とかって、極めて大事なのだなあと、これらに力を入れていない船橋オートに行って、理解できました。マニアのみなさんも自己都合なことばかり要求せずに若手のことを考える必要があるなあと思いました。人間は必ずひとつ年齢を重ね、いつか亡くなるので、若手の補充のことを常に考えてあげませんと、そういうことを考えない平塚市のように「若手が老人から逃げ出すところ」になってしまいます。

ところで5月2日(土)の名古屋戦の翌日、博物館明治村に開村から行ったのですが、予想より素晴らしかったです。3時間半だけではもったいなかった・・・。また行きたいです。本当にこの映像のとおりで、明治の初めに新橋-横浜間を走って、数年前のドラマで東出昌大・杏夫妻も乗せた蒸気機関車に、オイラも乗れたというのもすごいです。

明治の建物を残すために出来たテーマパークですが、ということは昭和の建物を残すために「博物館昭和村」とか造ろうという動きはないのでしょうか?ホテルオークラ東京本館なんて結構残してほしいという人がいるようなのですが、明治の建物と違ってサイズが大きいやら、空調やエレベーターなどメンテナンスを前提とした設備があるやで、移築費用が桁違いのような気がしますが・・・。岐阜市に近い犬山の山奥からだったので、そのあとのナゴヤドームには5回からになってしまいましたが、ヘルメットアイスの容器もゲットできました(ヘルメットナチョスは無理)。

脱線はこのくらいにして、5月6日(水・祝)は、Shonan BMW スタジアム平塚で17時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第10節のヴィッセル神戸戦でした。天候も良かったです。

湘南乃風のHAN-KUNさんのライブがありました。開始時間が遅れてしまい、とはいえ小学生の前座試合をベルマーレとヴィッセルの練習時間前に終わらせなければいけない関係上、HAN-KUNさんのライブの最終盤に前座試合キックオフということになってしまいました。HAN-KUNさんもお忙しい中、キックオフのだいぶ前という難しい時間帯の中、ベルマーレの応援パフォーマンスありがとうございました

七夕ユニフォームが発表されました。発表はいいのですが、どの試合で着用するのかなどの情報が抜け落ちており、セールスが露骨でした。

湘南は前節いまいちだったMF菊地俊介選手を休養させ、ほぼ主力選手をメンバー入りさせました。連続アウェイの神戸は、ペドロジュニオール・安田・森岡・三原選手など、主力と言えそうな選手を何人か落としております。PENALTY(ウインスポーツ)スペシャルデーなので、「ペナルティキックでWin」とかになると、営業的にはいいのかもしれません

そしてキックオフなのですが、湘南も、神戸も、審判も、やっとこ試合をしているという低調な試合でした。湘南も神戸も「倒して止める」ばかりでした。プロフェッショナルレフェリー以外は毎節試合をしているわけではないのですが、ゴールデンウィークはJリーグだけでなく学生やアマチュアや女子も過密日程で試合をしているわけで、プロ以外の審判も連日走らなければいけません。J1に普段J2やJ3をジャッジしている審判を当ててとか繰り上げていたら、なんとこの日のJ3町田対福島戦は女性審判(国際副審)が割り当てられたそうですそれだけ切迫しているのです。小学生の試合は父兄がさばけますが、高校の県1部リーグクラス以上の公式戦ですと素人は無理です。過度な審判へのヤジはやめましょう

中国や韓国のリーグもこの時期ほどほどに週2試合が入るのですが、「3週連続週2試合進行」のさなかにACLグループリーグ最終節を入れて、直後にACLトーナメント1回戦を入れるというJリーグは、やはり酷いです。ゴールデンウィークの週2試合進行をやめて、2月に試合をすることを考えないと、世界は無理だと思います。

前半からマルキーニョス選手が一時離脱し、髙山薫選手が頭を怪我し、相馬選手が負傷交代するなど、疲労感の伝わる痛々しい展開になります。湘南のDFがぼーっとしたすきにマルキーニョス選手がゴールを挙げてしまい、神戸が先制します。

このまま前半終了かというところで湘南のペナルティキックとなり、遠藤航選手が決めて、同点となります。「ペナルティ」が出たので、あとは「ウイン」だけです。

しかし後半は湘南が押し気味であったものの、シュートを決め切れず、湘南・神戸とも低調なフィジカルのまま、引き分けとなりました

湘南 1-1 神戸

この試合はアウェイ連戦など、ヴィッセル神戸に不利な要素が多々ありましたので、神戸は勝ちに等しい試合で、湘南は取りこぼしだったと思います、残念。

5月10日(日)は、山梨中銀スタジアムで14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第11節のヴァンフォーレ甲府戦です。元ベルマーレは「ミスター監督代行」な望月達也コーチが所属しており、平塚市立江陽中学校出身のMF下田北斗選手も所属しております。元甲府のベルマーレの選手は、おりません。既にヤマザキナビスコカップで対戦しており、この試合には勝ちました。城福浩前監督が極めて特殊な戦術(ベテラン選手が引いて守る)でJ1を戦ったのですが、ベテラン選手も年をとって樋口監督に代わったため、これらを継続できるかが気になります。前座試合で「ヴァンフォーレ甲府OB 対 SWERVES 戦」が開催され、ベルマーレOBとしては外池大亮さんと松尾直人さんが出場します。

ヴァンフォーレ甲府は、J1・1stステージも、ナビスコカップも、最下位です。特にJ1のほうは勝ち点こそ17位清水と1差ですが、3得点・19失点は圧倒的最下位です。この試合はアウェイですが、湘南ベルマーレはJ1残留のために落とせません。頑張りましょう。

5月10日(日)は、ゼビオFリーグの湘南ベルマーレのホーム開幕戦で、フウガドールすみだと小田原アリーナで対戦となります。甲府に行けない場合はこちらもご検討いただければなあと思います。クラウドファンディングの目標額到達おめでとうございます。ちなみにオイラは所用で甲府にも小田原にも行けません

5月14日(木)は、日立柏サッカー場で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第12節の柏レイソル戦です。もともと5月16日(土)に予定されていた試合ですが、柏レイソルのAFCチャンピオンズリーグ出場に伴って湘南ベルマーレの同意の上で、5月14日に繰り上がっております。その後柏は予選リーグを1位通過したため、5月19日(火)にはAFCチャンピオンズリーグトーナメント1回戦に出場します。今はあの野球や相撲を含めたあらゆる競技で、国際大会に勝てない競技に明日はありません(例:国内のバスケットボール、アメフト)。柏レイソルはAFCチャンピオンズリーグは頑張ってください。元ベルマーレはMF武富孝介・MF中川寛斗選手が柏に所属しており、ベルマーレには元柏の髙山薫選手と、大倉智社長、曺貴裁監督、横山雄次コーチが所属しております。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明治安田生命J1リーグ 2015 1stステージ 第9節 名古屋vs湘南 戦

こんばんは、主演:曺貴裁監督で湘南ベルマーレが出演している、平塚市まちづくり財団の自転車のCMの動画もネット上で公開されているのですが、

まちづくり財団 from shiragami on Vimeo.

ニコニコ動画とか、Youtubeとかある上で、Vineとか、Vimeoなどさらにいろいろな規格があって、対応が面倒くさい、チャリ通です。まあ競争があったほうがいいのですが、対抗するなら乗り換えるメリットがほしいなあと思います(Vimeoは広告表示がないので、市の外郭団体が採用していると思われます)。

ちなみにオイラは自分で撮った動画や静止画はブログで使用しません。そもそも湘南ベルマーレをはじめNPB、Jリーグ、大相撲、JPGA、bjリーグなどの統一見解で試合中の画像を「ワールドワイドウェブ(twitterの炎上にしても「ネット」と表現するから軽く考えてしまうのでは?)」に公開することは肖像権の問題があると警告されており、たぶん許可をとっているのだろうなあというソースからの流用(オイラのせいではない)にとどめております(欧州で観戦されたことがある方は感じていると思いますが、イギリスとかと比べると日本は甘いです)。それと、「子供の頃の整形前のワタシが客席にいる画像をブログに公開しないでください」とか、「FC東京サポーターなのでヴェルディ川崎のスタンドにいる自分の画像はやめてください」とか、「今度選挙に出るので、10年後に暴力団員になる人と写っている画像は取り下げてください」とか、10年以上たってから訴えられても、面倒ですし・・・(そういう意味で子供の写真をワールドワイドウェブに公開しまくりの親は、万が一10年後にその子供が大幅に整形したりとかしたら、心配・・・)。

FIFA女子ワールドカップ カナダ2015の日本代表メンバーが発表されました。厚木市的には、大儀見優季・永里亜紗乃選手の永里姉妹(荻野中)が揃って代表入りして喜ばしい限りです

ベルマーレ的にはスタッフの岩清水さん姉の岩清水梓選手が代表入りしておりますので、そちらもおめでたいです。シティセールスを女子サッカーにかけている大和市からもゆかりのある3人が代表入りしており、大物の澤穂希選手も代表入りしております。ちょっと気になるのが、優勝した前回と同じメンバーがかなり選出されており、さらに入れ替わった選手は前回当落線上で落選した選手が多く、男子のワールドカップや同じ女子のバレーボールがそれぞれ半分くらい入れ替わることを考えると、女子サッカーってそういうものなの?と、思ってしまいますが、いかがなのでしょう?。

近年、やたらと明治・大正時代のドラマを放送しているようですが、そのドラマのロケに頻繁に博物館明治村が採用されている(昭和時代のこの大河ドラマのオープニングが、NHKなのに毎回明治村のCMっぽかったらしいです)ので観に行くことになり、その代わりJリーグやNPBの試合がある日を条件にすることで、今回の名古屋戦に行くことができました。オイラはベイスターズおよびドラゴンズのファンではないのですが、明日は午前の明治村の後、国内では10球団目のヘルメットアイスの容器をGetしようと思いますが、明治村が長引いたら行けません(これらの記事化は予定なし)。

今シーズンからネーミングライツ適用で、パロマ瑞穂スタジアムという名前になりましたが、ベイスターズのヘルメットにも今シーズンからパロマが入っております。パロマは好調なのでしょうか?。

この試合はゴールデンウィークの週2試合進行期間中に行われていることを念頭に入れなければいけませんでした。前節の鳥栖戦でアウェイの鳥栖が受けたハンディキャップを、今節はアウェイ湘南が受けることになります。遠征のせいか、動きが重いです。加えてこの試合は13時キックオフで快晴だったため、ほぼ夏といえる暑さも、体を重くしているように見えました。運動量押しの湘南ベルマーレとしては、致命的です。

鳥栖戦に続き、この試合の湘南もDF遠藤航・MF藤田征也選手をベンチ外として、DF島村毅・FWブルーノセザル選手などをベンチとして、ターンオーバーのような陣容になりました。ホームの名古屋はほぼベストメンバーに見えます。キックオフで分かったことは、名古屋は半分以上180cm以上の選手なのに、湘南の前のほうの選手に180cm以上の選手がいないため、名古屋の選手と湘南の選手とで大きな体格差があることでした

試合はキックオフの時点でもう「FW髙山薫選手がガス欠気味で、他は推して知るべし」という湘南の動きの悪さで、運動でアドバンテージがないところに名古屋の各選手の体格とテクニックを見せつけられてしまいマリノス戦のビデオを観ているようで、小学生チームと中学生チームの対戦みたいになってしまいました

名古屋のDFとMFでボールを回していると湘南のフィールドプレーヤーが前がかりになっていき、そのタイミングでカウンター攻撃をして永井謙佑選手の先制弾が決まります。もう、完全に名古屋の思惑のとおり点が決められてしまいました。

湘南も反撃を試みますが、FW3人が名古屋のDFに走り負けており、しかも背が低いので、パスが「ふんわり山なりボール」しか出せません。湘南のFW3人が消えていると「攻撃でも守備でも数的優位」を目指す湘南スタイルに伴ってMFとDFも前に行くのですが、体が重いので戻りきれず、カウンターで川又堅碁選手に追加点を決められます。このあたりもマリノス戦っぽかったです。

最後にコーナーキックから、体格差を突かれるがごとく田中マルクス闘莉王選手に合わせられて、失点してしまいました

今日の名古屋はGKを楢﨑正剛選手に代えてU-18のGKでも勝てたのではというくらい、仕事がありませんでした。完敗です

名古屋 3-0 湘南

ゴールデンウィークと夏休みに過密日程でなければという考えもありますが、雪国の要望ですから仕方がなく、過密日程を踏まえた戦い方をしなければいけません割り切って何試合か落とす前提で戦うというのもひとつの戦略でしょうし・・・

5月3日(日・祝)は、ゼビオFリーグの湘南ベルマーレにとっての代々木セントラル開幕戦で、バルドラール浦安と代々木第一体育館で対戦となります。また、相模原ギオンスタジアムで湘南ベルマーレの提携クラブである福島ユナイテッドFCがSC相模原と対戦します。オイラは行けませんがどちらか行っていただければなあと思います(神戸戦の裏で開催の町田対福島戦は、申し訳ありません)。

5月6日(水・祝)は、Shonan BMW スタジアム平塚で17時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第10節のヴィッセル神戸戦です。チケットが安くなる小田原・秦野市民デーで、PENALTYスペシャルデーとして、七夕ユニフォームの発表やくじがありますこの日は試合前15時半ごろから、久しぶりに「HAN-KUN(湘南乃風)ライブ」があり、この試合のチケットで観られます。歌手にとってもゴールデンウィークは営業機会が多いビジネスチャンスですが、それでもHAN-KUNさんにはご支援をいただき大変ありがたいです。マルキーニョス選手の年齢(76年3月生まれ)が気になりますが、神戸は若手からベテランまでかなりの戦力をそろえており、何かしらのタイトルを獲ってもおかしくない陣容です。三木谷さんも東北楽天ゴールデンイーグルスで念願の日本一になり、次はヴィッセル神戸でタイトルを、阪神大震災20周年の年に獲りたいと思っているのではないかと思います。元ベルマーレの神戸の選手と、元神戸のベルマーレの選手は、おりません。神戸は第9節で鳥栖遠征で、第10節で平塚遠征と、アウェイが続いておりますので、湘南ベルマーレのこの試合での走り負けは許されません

5月10日(日)は、山梨中銀スタジアムで14時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第11節のヴァンフォーレ甲府戦です。元ベルマーレは「ミスター監督代行」な望月達也コーチが所属しており、平塚市立江陽中学校出身のMF下田北斗選手も所属しております。元甲府のベルマーレの選手は、おりません。既にヤマザキナビスコカップで対戦しており、この試合には勝ちました。城福浩前監督が極めて特殊な戦術(ベテラン選手が引いて守る)でJ1を戦ったのですが、ベテラン選手も年をとって樋口監督に代わったため、これらを継続できるかが気になります。前座試合で「ヴァンフォーレ甲府OB 対 SWERVES 戦」が開催され、ベルマーレOBとしては外池大亮さんと松尾直人さんが出場します。

5月10日(日)は、ゼビオFリーグの湘南ベルマーレのホーム開幕戦で、フウガドールすみだと小田原アリーナで対戦となります。甲府に行けない場合はこちらもご検討いただければなあと思います。クラウドファンディングの目標額到達おめでとうございます。

5月14日(木)は、日立柏サッカー場で19時キックオフの、明治安田生命J1リーグ第12節の柏レイソル戦です。もともと5月16日(土)に予定されていた試合ですが、柏レイソルのAFCチャンピオンズリーグ出場に伴って湘南ベルマーレの同意の上で、5月14日に繰り上がっております。その後柏は予選リーグを1位通過したため、5月19日(火)にはAFCチャンピオンズリーグトーナメント1回戦に出場します。今はあの野球や相撲を含めたあらゆる競技で、国際大会に勝てない競技に明日はありません(例:国内のバスケットボール、アメフト)。柏レイソルはAFCチャンピオンズリーグは頑張ってください。元ベルマーレはMF武富孝介・MF中川寛斗選手が柏に所属しており、ベルマーレには元柏の髙山薫選手と、大倉智社長、曺貴裁監督、横山雄次コーチが所属しております。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »