« Fリーグ 2014/2015 powered by inゼリー 第29節 湘南vsすみだ 戦 | トップページ | 2015年日程発表 »

1月31日(土)は福島戦

こんばんは、2015年1月のオーストラリアにて、AFCアジアカップに出場していたサッカー日本代表も、全豪テニスに出場していた錦織圭選手も、ともに準々決勝で敗れて残念な、チャリ通です。

サッカー日本代表については、監督についてはわかりませんが、2014年6月のワールドカップと、2015年1月のアジアカップの、半年間の2大会の結果をあわせて、長谷部誠・川島永嗣選手など30歳以上のベテラン選手(2018年夏は34歳以上)と若手の入れ替えが検討されなかったら、毎年ベテランの力不足を若手が責任をとらされる「横浜FC化待ったなし(おかげで新卒も獲りずらい)」に日本代表がなるので、湘南ベルマーレの現役選手と最近のOB選手にとっては、AFCアジアカップ敗退もあんがい悪い話ではありません。ワールドカップ出場には準決勝出場相当(4枠)が必要なので、このアジアカップでベテランに引導が渡せてよかったです。アジアカップはどこが優勝してもいいですが、韓国代表が優勝すれば元湘南のハングギョン選手の兵役が軽減されるのであれば、韓国に優勝してもらいたいです。

しばらく更新しない間にいろいろ発表がありました。

FWウェリントン選手と契約ができませんでした。欧州でプレーをするには最低でもJ1での活躍が必要で、J2の実績では難しいと思いますが、がんばってください。

日刊スポーツが毎年公開している推定年俸ですと、湘南ベルマーレが一人に支払える年俸は最大で2,000万円くらいと思われ、その範囲で誰か獲れるのかなあと思っていたところ、FWギマ選手の加入が発表され、来日したところでメディカルチェックで不合格となり、契約が結ばれませんでした。医師の診察はマークシート方式ではなく、診察する医師の違いで結果の解釈も変わるため、ごく稀にこういうこともございます。大槻周平選手も5月の負傷時点で手術に至らなかったところを再診察で手術になりましたし、野球の岡島秀樹投手もニューヨークヤンキースのメディカルチェックで落とされた後に福岡ソフトバンクホークスのメディカルチェックは合格しております。残念ですが仕方がございません。

これでスタート時の選手とコーチが決定しました

1 GK 秋元 陽太 アキモト ヨウタ
2 MF 菊地 俊介 キクチ シュンスケ
3 DF 遠藤 航 エンドウ ワタル
4 DF アンドレ バイア ANDRE BAHIA
5 MF 古林 将太 コバヤシ ショウタ
6 MF 永木 亮太 ナガキ リョウタ
7 MF 大竹 洋平 オオタケ ヨウヘイ
8 MF 山田 直輝 ヤマダ ナオキ
9
10 MF 菊池 大介 キクチ ダイスケ
11 FW 藤田 祥史 フジタ ヨシヒト
12 - サポーターナンバー
13 DF 広瀬 健太 ヒロセ ケンタ
14 MF 藤田 征也 フジタ セイヤ
15 DF キム ジョンピル KIM JONG PIL
16 MF 石川 俊輝 イシカワ トシキ
17 DF 三竿 雄斗 ミサオ ユウト
18 FW アリソン ALISON
19 FW 大槻 周平 オオツキ シュウヘイ
20 DF 坪井 慶介 ツボイ ケイスケ
21 GK 梶川 裕嗣 カジカワ ユウジ
22 FW 岡田 翔平 オカダ ショウヘイ
23 FW 高山 薫 タカヤマ カオル
24 DF 岡崎 亮平 オカザキ リョウヘイ
25 GK イ ホスン LEE HO SEUNG
26 MF 可児 壮隆 カニ マサタカ
27 MF 白井 康介 シライ コウスケ
28
29
30 DF 島村 毅 シマムラ ツヨシ
48 MF 武田 英二郎 タケダ エイジロウ

監督 曺 貴裁 チョウ キジェ
ヘッドコーチ 横山 雄次 ヨコヤマ ユウジ
アシスタントコーチ 石川 隆司 イシカワ リュウジ
アシスタントコーチ/分析 白石 通史 シライシ ミチフミ
GKコーチ 斎藤 誠一 サイトウ セイイチ
フィジカルコーチ 菊池 忍 キクチ シノブ
コーチ(ユース/U-18監督) 時崎 悠 トキサキ ユウ
チームドクター 今井 宗典 イマイ ソウスケ
理学療法士 小川 岳史 オガワ タケフミ
トレーナー 小嶋 久義 コジマ ヒサヨシ
アスレティックトレーナー 前田 裕章 マエダ ヒロアキ
マネージャー 米谷 崇 ヨネタニ タカシ
通訳(ポルトガル語) 早川 エジソン 正吉 ハヤカワ エジソン マサヨシ

外人以外で難読なのは「藤田 祥史 フジタ ヨシヒト」選手と「今井 宗典 イマイ ソウスケ」さんくらいでしょうか?。「亀最高」の背番号26を「カニ」選手が引き継いでいるところはウケ狙いなのでしょうか?。武田英二郎選手が湘南造園から背番号を強奪しました。

メンバーを半分取り換えた結果、センターフォワード以外のポジションは同等の選手ばかりとなり、あの秋元・菊地俊介・遠藤・古林・菊池大介・藤田征也・三竿選手あたりがポジション争いに敗れてベンチにいたとしてもおかしくないくらい、競争が激しくなりました。センターフォワード以外は補強は成功していると思います。あとはこのセンターフォワードをどうするかになります。1月末日で欧州の移籍市場が閉まるので、今週決まらなかったら補強は夏かもしれません。

今年はベルマーレに限らず、30人以下でスタートするクラブが増えました。毎年どのクラブにも若干名いた「育成選手的な選手」がそれぞれ期限付き移籍に出され、クラブライセンス的にも人件費が減ったのではないかなあと思います。

2015年の湘南ベルマーレのユニフォームが発表され、

サプライヤー:PENALTY(ウインスポーツ)
胸スポンサー:エナリス
背スポンサー:産業能率大学
袖スポンサー:トライテラス(胸から移動)
パンツスポンサー:横浜ゴム
練習着スポンサー:チェッカーモータース(袖から移動)

となりました。よろしくお願いいたします。エナリスと売電事業につきましてはよくわからないのですが、これをきっかけに両社が成長すればいいなあと思います。

湘南ベルマーレ専務取締役の左伴繁雄さんが、清水エスパルスの代表取締役へ転身するそうです同じJ1の、専務から社長への転身では、引きとめることは無理です。そもそもマリノスの社長でしたし・・・。左伴繁雄さんがベルマーレに在籍していた期間で、ベルマーレはJ1に3回昇格し、営業の数字も良くなりましたので、営業・事業面の貢献は大きかったと思われますし、そこが評価されたからの社長オファーだったと思います。今までありがとうございました

試合日程も発表されましたが、こちらは別途記事化できればと思います。スタートが浦和戦と鹿島戦というのは、勝ち点ゼロでもいい試合から勝ち点を挙げれば盛り上がるという点と、ベルマーレホームタウン内ワーストの衰退自治体である平塚市がまたまた構想だけで終えそうなスタジアム改修について、選挙直前の浦和戦の動員でアピールできそうという点で、ふたつ良いポイントがあると思うのですが、今年のホーム最終戦が10月などひどい要素もありますね。6月21日(日)のJ3福島対町田戦がShonan BMW スタジアム平塚開催になりました

今週末の1月31日(土)は、KIDS GUARD SHONAN フットボールフェスティバル2015 Presented by FIELD MANAGEMENTが開催されます。オイラは所用で行けません。

まだ開幕まで1ヶ月以上ありますので、「とりあえずやってみた」的な試合だと思いますが、Jリーグは欧州有名リーグと比べて、雪国に合わせてオフが長すぎる(オンシーズンがすし詰めすぎる)ので、提携している福島ユナイテッドとちゃんとした試合をやることは、ファンサービス的に良いと思います。猪狩佑貴選手引退セレモニーもあるそうです。福島ユナイテッドはそのまま15日間平塚合宿となります。福島には元ベルマーレの選手もおりますし、こちらも成功するといいと思います。

その間の2月2日(月)から2月16日(月)まで、湘南ベルマーレはトルコキャンプで秘密練習を行います。おそらく途中で遠藤航選手はU-22日本代表へ離脱し、3月の1次予選(AFC U-22 アジアカップ予選)に備えたシンガポール遠征に連れて行かれ、2月22日(日)のベルマーレワンダーランド2015前後に帰ってくると思われます。五輪代表は練習できる機会が限られておりますので、やむをえません

|

« Fリーグ 2014/2015 powered by inゼリー 第29節 湘南vsすみだ 戦 | トップページ | 2015年日程発表 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/58736951

この記事へのトラックバック一覧です: 1月31日(土)は福島戦:

« Fリーグ 2014/2015 powered by inゼリー 第29節 湘南vsすみだ 戦 | トップページ | 2015年日程発表 »