« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年日程発表

こんばんは、秋季関東大会であと1勝すれば第87回選抜高等学校野球大会(春の甲子園)に出場できたところで敗れたため、平塚学園高校が大会に選抜されず残念な、チャリ通です。前回の国勢調査と比べて平塚市は清川村ひとつ分も人口が減っており、茅ヶ崎市や厚木市から平塚市に入ると、県境でも越えたか?という活気のなさを感じるのですが、湘南ベルマーレとともに高校野球でも活気をアピール出来ればいいなあと思います。夏に頑張ってください

1月に2015年の湘南ベルマーレの試合日程が発表されました

まず最初に注意しないといけないことは、湘南ベルマーレの日程発表が不親切な点です。2015年はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日本代表枠が「3.5」で、2014年J1リーグ4位の柏レイソルが2月のプレーオフに回るのですが、その結果次第で日程が可変することを、他クラブは説明しているのに湘南ベルマーレは説明しておりません。これはダメです。

具体的には、ヤマザキナビスコカップ予選のアウェイ柏戦は、柏レイソルがACL出場の場合は開催されません。また、J1リーグ1stステージのアウェイ柏戦は、柏のACL出場を前提にこの試合だけ木曜日開催ですが、柏がACLに出場できなかった場合は土曜日に開催されます。さらに、今シーズンホーム最終戦のホーム鹿島戦は、鹿島がACL準決勝進出の場合は日程変更され、平日開催の場合は大部分のサポーターの最終戦が10月3日(土)の山形戦という、ベイスターズよりも先にシーズン終了の可能性もあります。このあたりは他クラブのようにきちんと説明をすべきだと思います。ガンバ、浦和、鹿島、柏がACLでひとつでも多く勝つことは、Jリーグ全体のことを考えますと絶対に必要です。4クラブはACLは頑張ってください。

<2015 明治安田生命J1リーグ 1stステージ>
第01節 03月07日(土) 19:00 湘南 - 浦和 BMWス
第02節 03月14日(土) 14:00 鹿島 - 湘南 カシマ
第03節 03月22日(日) 16:00 湘南 - 仙台  BMWス
第04節 04月04日(土) 14:00 山形 - 湘南 NDスタ
第05節 04月12日(日) 16:00 湘南 - F東京 BMWス
第06節 04月18日(土) 18:30 湘南 - G大阪 BMWス

第07節 04月25日(土) 15:00 横浜M - 湘南 日産ス
第08節 04月29日(水・祝) 16:00 湘南 - 鳥栖 BMWス
第09節 05月02日(土) 13:00 名古屋 - 湘南 瑞穂陸
第10節 05月06日(水・祝) 17:00 湘南 - 神戸 BMWス
第11節 05月10日(日) 14:00 甲府 - 湘南 中銀スタ
第12節 05月14日(木) 19:00 柏 - 湘南 柏 ※
第13節 05月23日(土) 17:00 湘南 - 清水 BMWス
第14節 05月30日(土) 19:00 湘南 - 広島 BMWス

第15節 06月07日(日) 16:00 川崎 - 湘南 等々力
第16節 06月20日(土) 16:00 湘南 - 新潟 BMWス
第17節 06月27日(土) 19:00 松本 - 湘南 松本

2015年はホームの浦和戦で開幕します。NHK-BSで放送のためにナイトゲームになっております。寒いかもしれません。ホーム開幕戦、あわせて浦和戦ですので、チケット完売でスタジアム満席の可能性がございます。4月に平塚市長・市議会議員選挙がありますが、平塚競技場改修運動を、平塚市役所名物「構想どまり」(藤沢市や厚木市と異なり、公約不履行や数値の悪化が日常の平塚市は、それが原因で落選することが少ない)にさせないためにも、ひとりでも多くの来場者を開幕戦に呼び込み、「これで選挙までに公約に出来なかったら辞めてください」という雰囲気にしたいところです。湘南には元浦和の坪井・山田選手と曺貴裁監督がおり、遠藤航選手の獲得も狙われておりました。浦和には元湘南の石原直樹選手と堀孝史コーチ(厚木中出身)がいるので、そのあたりも見所です。

アウェイは鹿島戦でスタートになります。ACLに参戦する浦和と鹿島に開幕から当たることで、「2試合で勝ち点ゼロでもしょうがない」という雰囲気の中で少しでも多く勝ち点が獲れれば、悪くないスタートになると思います

ちなみにJ1・J2・J3とも、仙台-山形、マリノス-川崎、新旧ネルシーニョ、大阪-東京、徳島-愛媛、東京-大阪、開業直前北陸新幹線ターミナル、町田-長野、山口-鳥取と、第1節にダービー的なマッチが組まれており、ここだけ担当者が自分で組んだ後、コンピューターで第2節以降の日程を決めたのではと思ってしまいます。

6月20日J1第16節新潟戦の翌日6月21日にJ3の福島対町田戦が組まれており、BMWスタジアム2連戦になっております。なお福島は5月3日にアウェイ相模原戦、5月6日にアウェイ町田戦なので、間に馬入・産能大・星槎大磯のいずれかでミニキャンプでもしていたりして・・・。

1stステージはわかりやすく「アウェイが近場ばかり」となりました。リーグ戦だけなら東北・関東・東海・北信越でしか試合をしません。ゴールデンウィーク中の移動も小さいです。逆に2ndステージは関東アウェイが埼玉と味スタの2試合しかありません。これは出来るだけ1stステージで勝ち点を稼がないといけませんね。

個人的に行きやすいアウェイ柏戦が平日に組まれておりますが、柏のACL敗退で土曜日に移ることは忍びないので、このまま平日に開催されてほしいものです。

第2節から第4節までの期間でオリンピック予選となるAFC U-22 アジアカップ予選とその合宿が開催されます。遠藤航選手が何試合か抜ける可能性が高いです。また、おそらく第3節の仙台戦の頃には圏央道が開通し、最寄りインターチェンジが東名厚木ICから寒川南ICに変更になります。<追記>浦和戦の半日後の2015年3月8日(日)に開通します

今年のSANNOスペシャルデーは、第14節広島戦(NHK-BS、BS-TBS、テレビ神奈川のいずれかの中継を誘致)と予想します(この日は今季唯一のベイスターズ二軍戦同日開催も、正午から開催されます)。

<2015 明治安田生命J1リーグ 2ndステージ>
第01節 07月11日(土) 未定 湘南 - 名古屋 BMWス
第02節 07月15日(水) 未定 神戸 - 湘南 ノエスタ
第03節 07月19日(日) 未定 湘南 - 甲府  BMWス
第04節 07月25日(土) 未定 鳥栖 - 湘南 ベアスタ
第05節 07月29日(水) 未定 湘南 - 柏 BMWス
第06節 08月12日(水) 未定 清水 - 湘南 アイスタ
第07節 08月16日(日) 未定 浦和 - 湘南 埼玉
第08節 08月22日(土) 未定 湘南 - 川崎 BMWス
第09節 08月29日(土) 未定 G大阪 - 湘南 万博
第10節 09月12日(土) 未定 湘南 - 松本 BMWス
第11節 09月19日(土) 未定 仙台 - 湘南 ユアスタ
第12節 09月26日(土) 未定 湘南 - 横浜M BMWス
第13節 10月03日(土) 未定 湘南 - 山形 BMWス

第14節 10月17日(土) 未定 F東京 - 湘南 味スタ
第15節 10月24日(土) 未定 湘南 - 鹿島 BMWス ※
第16節 11月07日(土) 未定 新潟 - 湘南 デンカS
第17節 11月22日(日) 未定 広島 - 湘南 Eスタ

ゴールデンウィークの連戦(ACL組は続けてACLトーナメント1回戦をして体力負け)とともによろしくない日程である、選手のパフォーマンスが落ちる夏休み平日開催が2ndステージに3試合もあります。雪国が12月と2月のリーグ戦開催を嫌がるため、しかたがありません。

ノエビアスタジアムに行きたいのですが平日開催・・・。あれっ、2013年も柏レイソル戦はホームもアウェイも平日開催だったような・・・。今年もまたですか?。

最後がアウェイ連戦。ホーム最終戦の鹿島戦は、鹿島がACL準決勝に出場した場合はこの日ではなく、最悪10月3日(土)の山形戦が土日のホーム最終戦になってしまいます。鹿島戦が予定通り開催されても10月31日(土)のヤマザキナビスコカップ決勝より先にホーム最終戦です。せめてアウェイ連戦に関東の試合を入れてほしかったです。プレーオフか天皇杯準々決勝以降に出ろということでしょうか?。鹿島はACL優勝目指して頑張ってください。

2ndステージの合間に東アジアカップなど日本代表戦が組まれております。J1にいる以上、ひとりでも多くここにベルマーレの選手を派遣できるようになりたいです。天皇杯も開催されます。

<2015 Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ>
第01節 03月18日(水) 19:00 湘南 - 甲府 BMWス

第02節 03月28日(土) 17:00 湘南 - 鳥栖 ベアスタ
第03節 04月08日(水) 19:00 湘南 - 広島  Eスタ
第04節 04月22日(水) 19:00 柏 - 湘南 柏 ※
第05節 05月20日(水) 19:00 湘南 - 松本 BMWス
第06節 05月27日(水) 19:00 新潟 - 湘南 デンカS
第07節 06月03日(水) 19:00 湘南 - F東京 BMWス

第1節から第2節までの期間でオリンピック予選となるAFC U-22 アジアカップ予選が開催されます。遠藤航選手が何試合か抜ける可能性が高いです。

柏レイソルがACLプレーオフを勝ちあがった場合は、柏戦は開催されずお休みとなります。

ホーム3試合、アウェイ最大4試合なのですが、西端の2クラブへの遠征を引いていて、ベルマーレが伝統的に山陰・山陽・四国・九州会場が苦手な点を含めて大変です。

唯一の土曜開催の第2節もアウェイとなりました。東京・横浜に通勤通学の人は水曜ナイトゲームに行くことは困難ですので、集客に苦戦しそうです。

リーグ戦とカップ戦で、とりあえず本来のスタジアム以外で試合をすることは、ホーム、アウェイとも予定されていないようです。豊田スタジアムの試合があればよかったのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月31日(土)は福島戦

こんばんは、2015年1月のオーストラリアにて、AFCアジアカップに出場していたサッカー日本代表も、全豪テニスに出場していた錦織圭選手も、ともに準々決勝で敗れて残念な、チャリ通です。

サッカー日本代表については、監督についてはわかりませんが、2014年6月のワールドカップと、2015年1月のアジアカップの、半年間の2大会の結果をあわせて、長谷部誠・川島永嗣選手など30歳以上のベテラン選手(2018年夏は34歳以上)と若手の入れ替えが検討されなかったら、毎年ベテランの力不足を若手が責任をとらされる「横浜FC化待ったなし(おかげで新卒も獲りずらい)」に日本代表がなるので、湘南ベルマーレの現役選手と最近のOB選手にとっては、AFCアジアカップ敗退もあんがい悪い話ではありません。ワールドカップ出場には準決勝出場相当(4枠)が必要なので、このアジアカップでベテランに引導が渡せてよかったです。アジアカップはどこが優勝してもいいですが、韓国代表が優勝すれば元湘南のハングギョン選手の兵役が軽減されるのであれば、韓国に優勝してもらいたいです。

しばらく更新しない間にいろいろ発表がありました。

FWウェリントン選手と契約ができませんでした。欧州でプレーをするには最低でもJ1での活躍が必要で、J2の実績では難しいと思いますが、がんばってください。

日刊スポーツが毎年公開している推定年俸ですと、湘南ベルマーレが一人に支払える年俸は最大で2,000万円くらいと思われ、その範囲で誰か獲れるのかなあと思っていたところ、FWギマ選手の加入が発表され、来日したところでメディカルチェックで不合格となり、契約が結ばれませんでした。医師の診察はマークシート方式ではなく、診察する医師の違いで結果の解釈も変わるため、ごく稀にこういうこともございます。大槻周平選手も5月の負傷時点で手術に至らなかったところを再診察で手術になりましたし、野球の岡島秀樹投手もニューヨークヤンキースのメディカルチェックで落とされた後に福岡ソフトバンクホークスのメディカルチェックは合格しております。残念ですが仕方がございません。

これでスタート時の選手とコーチが決定しました

1 GK 秋元 陽太 アキモト ヨウタ
2 MF 菊地 俊介 キクチ シュンスケ
3 DF 遠藤 航 エンドウ ワタル
4 DF アンドレ バイア ANDRE BAHIA
5 MF 古林 将太 コバヤシ ショウタ
6 MF 永木 亮太 ナガキ リョウタ
7 MF 大竹 洋平 オオタケ ヨウヘイ
8 MF 山田 直輝 ヤマダ ナオキ
9
10 MF 菊池 大介 キクチ ダイスケ
11 FW 藤田 祥史 フジタ ヨシヒト
12 - サポーターナンバー
13 DF 広瀬 健太 ヒロセ ケンタ
14 MF 藤田 征也 フジタ セイヤ
15 DF キム ジョンピル KIM JONG PIL
16 MF 石川 俊輝 イシカワ トシキ
17 DF 三竿 雄斗 ミサオ ユウト
18 FW アリソン ALISON
19 FW 大槻 周平 オオツキ シュウヘイ
20 DF 坪井 慶介 ツボイ ケイスケ
21 GK 梶川 裕嗣 カジカワ ユウジ
22 FW 岡田 翔平 オカダ ショウヘイ
23 FW 高山 薫 タカヤマ カオル
24 DF 岡崎 亮平 オカザキ リョウヘイ
25 GK イ ホスン LEE HO SEUNG
26 MF 可児 壮隆 カニ マサタカ
27 MF 白井 康介 シライ コウスケ
28
29
30 DF 島村 毅 シマムラ ツヨシ
48 MF 武田 英二郎 タケダ エイジロウ

監督 曺 貴裁 チョウ キジェ
ヘッドコーチ 横山 雄次 ヨコヤマ ユウジ
アシスタントコーチ 石川 隆司 イシカワ リュウジ
アシスタントコーチ/分析 白石 通史 シライシ ミチフミ
GKコーチ 斎藤 誠一 サイトウ セイイチ
フィジカルコーチ 菊池 忍 キクチ シノブ
コーチ(ユース/U-18監督) 時崎 悠 トキサキ ユウ
チームドクター 今井 宗典 イマイ ソウスケ
理学療法士 小川 岳史 オガワ タケフミ
トレーナー 小嶋 久義 コジマ ヒサヨシ
アスレティックトレーナー 前田 裕章 マエダ ヒロアキ
マネージャー 米谷 崇 ヨネタニ タカシ
通訳(ポルトガル語) 早川 エジソン 正吉 ハヤカワ エジソン マサヨシ

外人以外で難読なのは「藤田 祥史 フジタ ヨシヒト」選手と「今井 宗典 イマイ ソウスケ」さんくらいでしょうか?。「亀最高」の背番号26を「カニ」選手が引き継いでいるところはウケ狙いなのでしょうか?。武田英二郎選手が湘南造園から背番号を強奪しました。

メンバーを半分取り換えた結果、センターフォワード以外のポジションは同等の選手ばかりとなり、あの秋元・菊地俊介・遠藤・古林・菊池大介・藤田征也・三竿選手あたりがポジション争いに敗れてベンチにいたとしてもおかしくないくらい、競争が激しくなりました。センターフォワード以外は補強は成功していると思います。あとはこのセンターフォワードをどうするかになります。1月末日で欧州の移籍市場が閉まるので、今週決まらなかったら補強は夏かもしれません。

今年はベルマーレに限らず、30人以下でスタートするクラブが増えました。毎年どのクラブにも若干名いた「育成選手的な選手」がそれぞれ期限付き移籍に出され、クラブライセンス的にも人件費が減ったのではないかなあと思います。

2015年の湘南ベルマーレのユニフォームが発表され、

サプライヤー:PENALTY(ウインスポーツ)
胸スポンサー:エナリス
背スポンサー:産業能率大学
袖スポンサー:トライテラス(胸から移動)
パンツスポンサー:横浜ゴム
練習着スポンサー:チェッカーモータース(袖から移動)

となりました。よろしくお願いいたします。エナリスと売電事業につきましてはよくわからないのですが、これをきっかけに両社が成長すればいいなあと思います。

湘南ベルマーレ専務取締役の左伴繁雄さんが、清水エスパルスの代表取締役へ転身するそうです同じJ1の、専務から社長への転身では、引きとめることは無理です。そもそもマリノスの社長でしたし・・・。左伴繁雄さんがベルマーレに在籍していた期間で、ベルマーレはJ1に3回昇格し、営業の数字も良くなりましたので、営業・事業面の貢献は大きかったと思われますし、そこが評価されたからの社長オファーだったと思います。今までありがとうございました

試合日程も発表されましたが、こちらは別途記事化できればと思います。スタートが浦和戦と鹿島戦というのは、勝ち点ゼロでもいい試合から勝ち点を挙げれば盛り上がるという点と、ベルマーレホームタウン内ワーストの衰退自治体である平塚市がまたまた構想だけで終えそうなスタジアム改修について、選挙直前の浦和戦の動員でアピールできそうという点で、ふたつ良いポイントがあると思うのですが、今年のホーム最終戦が10月などひどい要素もありますね。6月21日(日)のJ3福島対町田戦がShonan BMW スタジアム平塚開催になりました

今週末の1月31日(土)は、KIDS GUARD SHONAN フットボールフェスティバル2015 Presented by FIELD MANAGEMENTが開催されます。オイラは所用で行けません。

まだ開幕まで1ヶ月以上ありますので、「とりあえずやってみた」的な試合だと思いますが、Jリーグは欧州有名リーグと比べて、雪国に合わせてオフが長すぎる(オンシーズンがすし詰めすぎる)ので、提携している福島ユナイテッドとちゃんとした試合をやることは、ファンサービス的に良いと思います。猪狩佑貴選手引退セレモニーもあるそうです。福島ユナイテッドはそのまま15日間平塚合宿となります。福島には元ベルマーレの選手もおりますし、こちらも成功するといいと思います。

その間の2月2日(月)から2月16日(月)まで、湘南ベルマーレはトルコキャンプで秘密練習を行います。おそらく途中で遠藤航選手はU-22日本代表へ離脱し、3月の1次予選(AFC U-22 アジアカップ予選)に備えたシンガポール遠征に連れて行かれ、2月22日(日)のベルマーレワンダーランド2015前後に帰ってくると思われます。五輪代表は練習できる機会が限られておりますので、やむをえません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fリーグ 2014/2015 powered by inゼリー 第29節 湘南vsすみだ 戦

こんばんは、1月は10日までは鹿児島県から鹿児島ユナイテッドの浅野哲也監督の娘(宝塚歌劇団星組の礼真琴さん)についてこの記事がアクセスを増やし、20日くらいまでは野球ファンから自主トレを開始したベイスターズの三浦大輔投手についてこの記事がアクセスを増やしているため、記事を更新しなくてもよかった、チャリ通です。 ご訪問いただきありがとうございました。

最近記事を書くどころではない(ときどき「この人、仕事とか家族とか、ないのでしょうか」というブログ・Facebookの記事量や、twitter24時間365日臨戦態勢の人がいて、驚かされます)ので更新しませんでしたが、先週末Fリーグの試合に行ったので、忘れないうちに書いておこうと思いました。

1月25日(日)は、小田原アリーナで14時キックオフの、Fリーグ・フウガドールすみだ戦でした。仕事の関係で千葉県にいるので小田原は遠く、年に1試合が限界です。開幕戦の仙台戦(代々木セントラル開催)以来のFリーグとなります。

2014/2015シーズンの湘南ベルマーレフットサルクラブは、癌治療をしながらプレーを続ける久光重貴選手を支えながら、Fリーグ オーシャンカップ 2014 3位で幸先良く滑り出したのですが、久光重貴選手がなかなか試合に出られる体調にならず、所属していた日本代表選手が逮捕される不祥事もあり、結局戦績も観客動員も下位に沈んでおります

そもそもFリーグが、名古屋オーシャンズの優勝表彰式をしてから開幕をしたほうがいいという、あのリーガエスパニョーラやスコティッシュプレミアシップを越えた世界のあらゆるスポーツを代表する「開催する意味がない大会」であり、唯一のプロクラブである名古屋の選手の年俸も低いと噂されており、その名古屋のオーナーも会社をイスラエルの会社(テバ製薬)に売却したためいつまで後ろ盾になれるかわからず、オリンピック対象外の競技ということで、湘南ベルマーレフットサルクラブがどうのこうの以前にFリーグはセールスポイントがゼロな大会です(しかもクラブ数を増やす方針)。問題にしてもらえるためバスケットボールのほうがマシです。いや、本当にどうするのでしょうか。

2015年初ホームゲームのこの日の小田原アリーナには、珍しく1,000人以上の集客がありました。今世紀になってから、大型ヴィジョンの低価格化の影響で、1,000人以上の客席がある全国の体育館に、空調とともに大型ヴィジョンがどんどん設置されております(bjリーグ本拠地になったり、国民体育大会が開催されると、大型ヴィジョンが導入されてやすい)。しかしベルマーレホームタウンには大型ヴィジョンのある体育館がなく、全国に遅れをとっております。まずは集客をすることで大型ヴィジョン導入を小田原市に促したいところです

試合は立ち上がりから、2020年東京オリンピックハンドボール会場になることが予定されている墨田区総合体育館を本拠地とするフウガドールすみだが攻勢をかけてきましたが、前半途中から湘南ベルマーレが練習の成果と思われる型どおりのカウンターで先制点を挙げます。すぐに同点に追いつかれて前半を終えますが、後半も湘南ベルマーレの攻勢で試合を進めて、練習の成果と思われる型どおりのカウンターで再度リードをします

しかし、またすぐに追いつかれ、さらに逆転をされます。前半の同点、後半の同点も防ぐことが出来そうでしたが、防げなかったこと自体は運が悪かったでは済まされず、そもそもこれを繰り返しているから現在10位なわけで、これが実力です。4失点目は同点を狙って前がかりになっていたための失点であり、これはしょうがないです。

湘南 2-4 すみだ

あまり取材されない競技であるのに、ホームページFacebookも更新する気がない(「不都合なことは載せない」の積み重ねで、観る価値なしの情報不足)湘南ベルマーレフットサルクラブなので、Fリーグから結果をリンクするしかありません。途中経過をやることで不都合なことも載せざるをえないtwitterだけやる気満々なので、公式ホームページとFacebookは廃止してtwitter一本に絞ったほうがいいと思います。ありえないほど情けないですが、公式ホームページが更新されずに存在していることがネガティブキャンペーンになっております。不人気って、Fリーグの問題という外的要因以上に、自分たちが原因なのですよね、湘南ベルマーレフットサルクラブの場合・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日大藤沢高校サッカー部の皆様、選手権準決勝進出はすごいです。ベルマーレもよろしくお願いいたします。

こんばんは、厚木市制60周年を記念して、テレビ朝日の土曜ワイド劇場で、名取裕子さん(厚木高)主演の「法医学教室の事件ファイル」を、六角精児さん(名取さんの同級生の弟で、厚木高の後輩)を「米沢守」役でゲスト出演させ、小泉今日子さん(睦合中)が犯人役で登場し、榊原郁恵さん(厚木中)を死体の第一発見者あたりとして、エンディングの歌は前田亘輝さん(厚木中)で放送してもらえないかなあと思う、チャリ通です。無理ですね、はい。今、テレビはお年寄りが支えているメディアなので、全員オイラより年上だからいけそうな気はするのですが・・・。

厚木市制60周年カウントダウン」も残り少なくなりましたが、湘南ベルマーレは第42節アウェイ大分戦のあった2014年11月23日の「あと70日」で、既に登場しております(永木選手と武富選手)。あっ、岡崎亮平選手(睦合東中)も別途起用するという方法がありますね。小金沢昇司さんが厚木市出身(学生時代に大和市へ)だったことはこの企画で知りました。

2015年は下半期に、平塚市役所そばの日産車体跡地に「ららぽーと平塚」と、JR海老名駅前に「ららぽーと海老名」が数週間違いでオープンするそうですが、一応東海道線沿線と小田急沿線で分けたのでしょうが、他にもショッピングモールはあるわけで、正直ららぽーと(三井不動産ショッピングパーク)は16km間隔で共倒れしないのかなあと思うのですが・・・。そういえば三井不動産と言えば、猪狩佑貴さんのベルマーレトップチーム昇格以前の時代に、もっとも有名な平塚出身のスポーツ選手だったあのひと(一般の方ですので名前は書きません。当時をさぐると、バブル期の不動産会社でしたのですぐに年収1千万円が見えていたらしく、一方NPBはまだ「落合博満選手年俸1億円でトップ」で今の六分の一の時代だったので、そりゃあ三井不動産もアリだよねと思います。)ですが、関わっているのでしょうか?。この地域で唯一4年連続人口減である平塚市が人口を増やせるチャンスなので、成功してほしいものです。

なでしこ2部のノジマステラ神奈川相模原が、なでしこ1部のINAC神戸レオネッサより元日本代表の田中陽子選手を獲得したそうです。実はこのブログが始まったころは知っていて隠していたのですが、当時東海大学の永里優季さん(荻野中)は、やよい軒本厚木店店頭でアルバイトをしながら、ベレーザや日本代表の試合に出ておりました(卒業してドイツに渡った後で、やよい軒の広告で公表)。ノジマステラの選手は相模原市や隣接市のノジマ各店に勤務しておりますが、あの頃の選手と違って田中陽子選手はそこそこメディアに出ているので、店舗以外の勤務になるのでしょうかねえ?。ノジマステラの菅野将晃監督(元湘南監督)は、かつてマリーゼで鮫島彩選手を起用していたので、有名な選手が相手でも問題ないと思います。

年明けからのベルマーレですが、河野諒祐選手がJFLのヴェルスパ大分に完全移籍と発表されました。年齢的には関東1部か2部の大学のサッカー部にチャレンジしてほしかったですが、田坂監督、中村・西山コーチ、山口・阪田・三平選手と、やたら元ベルマーレがいるJ2大分トリニータに負けないくらい、頑張ってください。

梶川諒太選手がV・ファーレン長崎へ期限付き移籍することになりました。2013年に加入して、ホーム開幕戦の鳥栖戦(この年は2試合とも岡田翔平選手が鳥栖のMFとして出場している)にて、ゴールを挙げた後の「ベルマーレのここ、空いてますよ」パフォーマンスというやつを行い、これに伴って現在のトライテラスがスポンサーに就任するという、大殊勲を挙げている功労者です。攻撃についてはいい選手なのですが、早くもこの年の5月あたりには相手J1クラブから、ボールを奪いやすく、守備に難のある選手として、相手ディフェンスがあらかじめ梶川諒太選手を狙っている試合が目立ち、これに伴って出番を失いました(背が低いMF中川選手も同様だった)。2014年は副キャプテンの就任し、開幕戦の山形戦にも先発出場したのですが、やはり研究された相手ディフェンスにはまってしまい、巻き返そうとしてレッドカードを受けてしまい、そのままポジションを失いました。戦術が変われば活躍できるのではとも思いますし、山口貴弘選手並みの活躍を期待してのリピーターである長崎が満足できるような活躍を期待したいです。頑張ってください。

昨年はファジアーノ岡山に期限付き移籍をしていた鎌田翔雅選手が、清水エスパルスへ完全移籍することが発表されました。2013年に入団前から大学サッカーで評価が高かったDF菊地俊介選手の獲得にベルマーレが成功し、鎌田翔雅選手とのポジション争いになると思われたところで、鎌田翔雅選手もまさかの期限付き移籍が発表されました(さらに菊地俊介選手も1列前で起用されて三竿選手が入る)。キャリアデベロップメントのために岡山に移籍して、春は試合に出ていたのですが、途中で怪我で長期離脱をし、戻ってきてもコンディションが上がらず、鎌田選手離脱に伴ってFWからコンバートされた久木田紳吾選手(東大卒Jリーガーとして有名)がその後もDFで試合に出続け、結果的にキャリアデベロップメントに大失敗しました。今年は東アジアカップあたりなら三竿選手のA代表招集もありうるなか、どうなるのかなあと思っていたところで、鎌田選手がJ2岡山からJ1清水エスパルスへ移籍となり、驚きました。ベルマーレジュニアからの選手なので残念ですが、この結果でベルマーレに戻っても厳しいのも事実でしょう。

静岡市清水区村松のIAIスタジアム日本平をホームスタジアムとする清水には、なぜか頻繁に鎌田選手とセットで紹介される、元湘南の村松大輔選手(ロンドン五輪日本代表)が在籍しております。ちゃんと湘南ベルマーレ戦に出られるよう、ポジション争いを頑張ってください

U-21日本代表の亀川諒史選手(亀最高:カメックス)がアビスパ福岡へ期限付き移籍することになりました。これはU-22・五輪代表への可能性にかけるためのレンタルと思われます。運動量と速さが売りのサイドバック(湘南ではサイドMF)の選手ですが、亀川選手は2年とも「控えの一番手」という序列で、実際には他のポジションで起用されることもあり、年齢を考えれば通年で試合に出続けたいところです。またU-21代表から五輪代表までのシーズン中に召集される大会は「1チーム何名まで」という非公表のルールがそれぞれあり、巨人じゃないほうの久保裕也選手など、本命が何人か欠場した仁川アジア競技大会で結果を出せなかった金森健志選手が所属するアビスパ福岡からのほうが、遠藤航選手のいる湘南ベルマーレからより代表に出やすいと思います。アビスパ福岡は暴れる一部サポーターだけでなく、野次が厳しすぎますし、いろいろな意味で鍛えられそうな予感がします。頑張ってください。

ここまで発表された段階で、2015年のコーチが発表されました例年ですとコーチの発表で選手の入れ替えは終わり、あとはイレギュラーな補強となりますので、「あの選手は今年もベルマーレってこと?」ということになります。そうなればいいですね。コーチ関係では、通訳に福岡・熊本・ガンバでポルトガル語通訳をしていた早川エジソン正吉さんとなり、フィジカルコーチが菊池忍さん、U-18監督の石川隆司さんがトップチームコーチとなり、U-18監督の後任が時崎悠さん(U-18コーチはいないの?)に変わりました。皆様よろしくお願いいたします

今後の予定は、1月11日(日)14時キックオフで、「王貞治のふるさと墨田」を併設し、2020年東京オリンピックハンドボール会場になることが予定されている墨田区総合体育館にて、Fリーグのフウガドールすみだ 対 湘南ベルマーレ 戦が行われますので、錦糸町で飲むついでにでもよろしくお願いいたします。1月18日(日)は岸和田で大阪戦です。

連休明けの2015年1月13日(火)が湘南ベルマーレの始動日です。1月17日(土)に「爆勝祈願2015in 江ノ島」藤沢オーパのイベントが開催され(どなたかオイラを岩本楼に泊らせてください)、1月19日(月)に新体制発表会見があり、新入団選手、ユニフォームとユニフォームスポンサー、スローガンなどが発表されます。1月31日(土)に「KIDS GUARD SHONAN フットボールフェスティバル2015 Presented by FIELD MANAGEMENT」として福島戦が開催され2月2日(月)からトルコキャンプです。オーストラリアにてAFCアジアカップも始まっておりますし、終わったらAFC U-22アジアカップ予選の準備(2月から3月まで遠藤航選手が頻繁に代表に拘束されると思われます)も始まりますし、まず2月まではあっという間だと思います。2015年は1節でも早く「勝点40」を挙げてJ1残留を決め、少しでも早く「2013年J2優勝のガンバ大阪に近づくため」と言えるようにガンバりましょう。

この記事のとおり、元湘南の田原豊選手が、元湘南コーチの浅野監督の、JFLの鹿児島に入団しました。頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

湘南クッキー

こんばんは、この年末年始、日本テレビの「絶対に笑ってはいけない」と、「はじめてのおつかい」を指摘を受けて確認したところ、オイラが大昔に住んでいて知っている場所が連発で映っていて驚いている、チャリ通です(特におつかいのほうは、オイラは知っていたけど内緒にしているところでしたし・・・)。まあ昨年末観ていたのは例年通りNHK紅白歌合戦でしたが・・・。

先日、湘南クッキー(しょうなんくっきー)をいただきました。いろいろ雑なPR・営業方法でも知られているところなので紹介も難しいのですが、Facebookには飽きたようですし、もともとの会社名の「湘南庵」のホームページのほうが2015年1月時点では情報があるので、そちらをリンクします。

湘南クッキー(旧「湘南庵」) 公式ホームページ

平塚市の工場で焼いている、クッキー専門の会社です。最大の特徴は「宣伝一切なしの、自動販売機のみの販売」というところで、ろくに宣伝もしないで自販機ばかり増やしていたら、朝日新聞デイリーポータルのほうが宣伝を代行してくれました

今では前回記事の藤沢駅北口-遊行寺間の歩道を含め、相模湾沿いの市や町に黄色い自販機や、自販機の小屋が存在します。クルマで各地から平塚市総合公園に向かう途中にも見つけられるはずです。

もっとも普通と思われる「湘南まんまのご自慢クッキー12枚入り」をいただきました。300円の価格相応で、普通においしかったです。

湘南クッキーのもうひとつの特徴は、非常に種類が豊富なことで、有名なのは「じゃこ瓦」「あおさの磯」です。今回チャレンジしませんでしたので、別の機会にしたいと思います。

湘南ベルマーレの試合会場では、ベルマーレクッキー PRESENTED BY Ashiがございますので競合してしまうのですが、この自販機も無視できないくらい増えたと思いますので、こちらもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時宗総本山 遊行寺

こんばんは、神奈川県なのに1月1日に雪が降って驚いた、チャリ通です。

昨日は藤沢市におり、ついでにお寺としては今年初詣になる遊行寺(ゆぎょうじ)にいっておりました。

時宗総本山 遊行寺 公式ホームページ

藤沢駅北口を出て、ビックカメラ藤沢店、みずほ銀行藤沢支店を通り、遊行通りを歩くと、箱根駅伝でも通る藤沢橋交差点に出ます。この藤沢橋周辺が東海道藤沢宿であるため、説明がいろいろ書かれておりますが、現在は会津の大内宿木曽の馬籠宿のような昔の街道の雰囲気はありません。藤沢駅徒歩圏内の現役の街なので、しょうがないです。

藤沢橋交差点のすぐそばにあるこのお寺の正式名称は「藤沢山無量光院 清浄光寺」と号すそうです。踊り念仏の一遍上人が開祖した、時宗の総本山で知られます。鎌倉の有名なお寺と比べると少し小さくなりますが、充分立派なお寺です(関東大震災など何度も被災している)。

有料の宝物館があり、国宝の「一遍聖絵」や、重要文化財で教科書で見たことがある後醍醐天皇の肖像画口から仏像を吐いているという斬新な本人像の「空也像」(有名な六波羅蜜寺の像は若いころで、遊行寺にあるものは晩年らしい)、足利義昭・武田信玄・今川義元などの書簡などが展示されております。

このお寺の街道側門前町から藤沢宿へ発展し、それが鉄道の藤沢駅につながり、現在の自治体名にもなっておりますので、ぜひ訪れてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月4日(日)13時から、ラジオで「2015年新春ベルマーレサポーターズスペシャル」だそうです。

こんばんは、聴けるとき(月に2回程度)は、JCBAインターネットサイマルラジオで、FM湘南ナパサの「ベルマーレホルダースタジアム」を聴いている、チャリ通です。ビーチバレーの川合庶さん、トライアスロンの中島靖弘さん、広報の遠藤さちえさんなどが、おそらく無報酬か、電車・バス・飲料代程度の謝礼でボランティア的に出演しているのでありがたいのですが、改善の余地はあるかなあと思います。

本業優先なので全員揃うことはないことはしょうがないのですが、特に川合庶さん単独で出演している時の、ビーチバレーの紹介が何とかならないかなあと・・・。テレビ、ラジオ、ネット、対面プレゼンテーションなどに、それぞれの方法の長所・短所があることを考慮して表現する必要があるのですが、おそらくビーチバレーに詳しいリスナーが少なく、議事録をとるように聴くリスナーもいないのに、ブログの長文の感覚で日本ビーチバレー界全体に対するマニアなぼやきをラジオで語るので、「ビーチバレーだけに三分の二近い時間で語って、でもついていけなくて、競技自体が脆弱だなあという印象しか残らない」というのが、残念です。「結果報告以外は、競技の魅力を要点だけまとめて、同じことを繰り返し語る」でもいいのかなあと思います(放送媒体では3つも4つも一度に覚えられません)。また、このラジオに関わらないフットサル、7人制ラグビー、サイクルロードチームをこの番組では存在を抹消してしまっているのも、有料ホームゲームを10試合以上やっていて、下部組織の人数も多いフットサルは?って思いますし・・・。それなら「女子の7人制ラグビーの選手人数が未だに足りない問題を解決する方法を、リスナーからメールで送ってもらい、それを読み上げる」とかやったほうがいいのではと思います。

そんなFM湘南ナパサで、2015年1月4日(日)13時から、ラジオで「2015年新春ベルマーレサポーターズスペシャル」の放送が、今年もあるそうです。こちらは基本的にサッカーの話のようですので、安心して聴けそうです。そのうえで未公開な発表もあればいいなあと思いますが、湘南ベルマーレは広報の運用が普通の会社並みにまとも(J2以下だと、地方の自営業や議員のおじさま並みに、ずさんなところもある)なので、せいぜい「計画されたポロリ」だけでしょう。松本の反町監督あたりはサイマルラジオで聴いていそうですし・・・。

昨年末に川崎フロンターレから可児壮隆選手が期限付き移籍で加入することが発表されました。Jリーグでの実績が天皇杯2試合のみということでよくわからない選手ですが、頑張ってください。

2014年開幕直前に緊急で新潟から湘南に期限付き移籍をした藤田征也選手が、完全移籍で湘南ベルマーレに加入することになりました。日刊スポーツが毎年発表している推定年俸から推測すると、湘南ベルマーレは藤田征也選手に現状維持か減俸しか提示できないのではないかと思うので、完全移籍を受け入れてくれてありがたい限りです。サイド専門で、しかもプレイスタイルがいつも同じであるにもかかわらず、それでも試合で結果を出すという、職人のような選手です。今年もよろしくお願いいたします。

今シーズンの補強は、菊池大介・古林・三竿・秋元選手あたりであってもポジションを失ってもおかしくない、「ほとんどのポジションにライバルの選手がいる」という補強になったなあと思います。2014年はウェリントン・武富・菊池大介・三竿・秋元選手以外の6ポジションは長期離脱選手を出していることを理由にされれば、より苛酷である2015年にライバル選手を用意されても、選手は「自分だけで大丈夫」と言えません。

そういえば、1月中に実施される「2015年・新体制の記者会見」みたいなもので、ユニフォームスポンサーとデザインの発表、新入団選手やコーチの発表、毎年よくわからないスローガン発表があるはずですが、今年はいつ実施されるのでしょうか?。

今シーズンのFリーグは、小田原での湘南ベルマーレでの試合が、Jリーグの湘南ベルマーレの全日程終了後にわずか3試合しかないのですね・・・。1月11日(日)14時キックオフで、「王貞治のふるさと墨田」を併設し、2020年東京オリンピックハンドボール会場になることが予定されている墨田区総合体育館にて、フウガドールすみだ 対 湘南ベルマーレ 戦が行われますので、錦糸町で飲むついでにでもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年もあけましておめでとうございます(今年は平成27年ですよ)

あけましておめでとうございます。このブログが始まって以降、毎年12月と言えば「永里源気選手(荻野中卒)の移籍発表」だったのですが、2014年12月は、このブログが始まった2008年(当時湘南ベルマーレ所属)以来、初めて永里源気選手の移籍についての発表がなくて驚いている、チャリ通です。現在タイのラチャブリーFCの「助っ人外人」として、ベルマーレ時代以来の久々の2年目を迎える永里源気選手ですが、ベルマーレの遠藤航・亀川諒史選手も出場したU-21タイ代表対U-21日本代表戦(バンコク)を観戦していたようです。

2015年2月1日に厚木市は市制60周年を迎えるそうで、いろいろPRをしております

大儀見優季永里亜紗乃姉妹(荻野中)でFIFA女子ワールドカップに出場して、日本代表が2連覇。
湘南ベルマーレに入団した岡崎亮平選手(睦合東中)が、1年目でプロA契約(J1リーグ450分以上出場)。
市長の依知中の後輩である、広島カープの田中広輔選手のNPBオールスター出場。
市長の依知中の後輩である、田中広輔選手の弟のNPBドラフト指名。
市長の依知中の後輩である、茂庭照幸選手が何かやらかす(笑)。
横浜DeNAベイスターズ多村仁志選手(小鮎中)が何かやらかす(笑)。
東京ヤクルトスワローズ館山昌平投手(睦合東中)が復活の勝利。
毎年1月第2週ごろに自主トレを厚木のトレッキングで開始する三浦大輔投手(出身は奈良県)が、バカボンのパパと同い年の41歳にして何かしらのタイトル獲得。
栗田工業ラグビー部がワールドカップイヤーに翌年のトップリーグ昇格を決める。
「鑑識・米沢守の事件簿」の再映画化で六角精児さん(厚木高)が再主演。
いきものがかり(厚木高・南毛利中・厚木高)の日本レコード大賞受賞。

まあ、あの市長(左投げ)さんのことですから、上記11点あたりは、実現出来た瞬間に市制60周年に便乗させる準備はできていると思います(実現困難なものもありますが・・・)。永里源気選手もタイプレミアリーグ得点王を獲ったりなどで、この中に割って入れればいいなあと思います。ちなみに菅井円加さん(小鮎中)が所属するバレエ団のハンブルクと、永里亜紗乃選手が所属するポツダムは、旧西ドイツと旧東ドイツなのでやや離れているので、わざわざ1日ずつとらないと両方現地で観られないのが残念。

そうです。2015年は、今月AFCアジアカップ(オーストラリア)と、春と秋にリオデジャネイロオリンピック男女サッカー予選もありますが、6月から開催される前回優勝FIFA女子ワールドカップ(カナダ)の結果が、拡大している国内女子サッカーのためには男子より優先されるのかなあと思います。電通は画的に浦和の猶本光選手とバイエルンミュンヘンの岩渕真奈選手推しなのでしょうが、責任は宮間・川澄・岩清水・大儀見選手が引き受けるのでしょう。2011年のバロンドール賞だった澤穂希選手(「丹沢ほまれ」ではない)は、この大会後あたりから、既に三浦知良さんと奥寺康彦さんを収集しているLEOCのコレクションになるのでしょうか?(そのために横須賀シーガルズと提携したとしか思えない・・・)。

Shonan BMW スタジアム平塚の「BMW」は、Bayerische Motoren Werke AG(バイエリッシュ モトーレン ヴェルケ アーゲー=日本語訳「バイエルンの モーター 製造 (株)」)です。岩渕真奈選手のバイエルンミュンヘンの男子チームのような強さを、湘南ベルマーレがJ1で見せつけられたらいいなあと思います。曺貴裁監督は今オフもドイツ研究にいそしんでいるのでしょうか。

また、9月からラグビーワールドカップ(イングランド)が開催されます。次回の会場が2019年の日本であり、その大会の成功が2020年の東京オリンピックにつながっておりますので、2015年大会のうちに「アジア最強、世界で勝てず」を打破して、2019年大会につなげたいところです。大分県(試合会場候補)や町田市(キャンプ地候補)はサッカーで無理した分をラグビーで埋め合わせないとまずいというところまで追いつめられておりますし、ラグビーワールドカップの成功はサッカー界も支援するしかございません

野球については、田中広輔選手の所属する広島カープに、ニューヨークヤンキースの主力投手である黒田博樹投手が大幅な減収を飲んで、広島カープに帰ってくることになりました。税金などの問題もあるので、簡単には帰ってこいとは言えないところに、親代わりだったカープのフロント(元プロ野球選手の実父が50歳のときに生まれたため、カープ在籍時に親がお亡くなりだったので、親代わりだった)のために帰ってきた、黒田投手は最高にかっこいいです(他のプロにマネしろとはいえません)。黒田投手は専修大学出身なので伊勢原(ベルマーレの馬入より施設が良い)で活動していたことがあるので、ぜひ2015年は田中広輔選手や前田健太投手などともに活躍してほしいと思います。「黒田投手は10億円払ってカープの永久欠番と投手コーチを買った」くらいになればいいなあと思います。そして、専修大学から入団して、移籍したけど2014年12月にまた古巣に帰ってきた、昭和生まれの誰かさんも、似たようなプロフィールの先輩同様、活躍を期待します。

さて、本日はニュースや人事に触れない湘南ベルマーレについてですが、2015年の湘南ベルマーレは2ステージ制によるJ1リーグに参戦します。3月には平塚市の市長選挙と市議会議員選挙がありますので、まずはここまでたっぷり時間があったスタジアム改修問題について何らかの進捗発表がほしいところです。その内容で、藤沢市や厚木市だったら途中罷免濃厚な働きしか出来ていない、現平塚市長(構想ばかりで、実現どころか、計画提示にすらたどりつかない)の挽回を期待したいと思います。

現行のShonan BMW スタジアム平塚は入場ゲートが8つあるので、J1リーグに向けて寒川神社八方除とかしてもらったほうがいいのかなあと思いましたが、メインに4ゲート、バックに2ゲート、両サイド(ゴール裏)にひとつずつと、等間隔でゲートがあるわけではないので、うまくできるのかわかりません。今年のホーム開幕戦までは東名厚木ICがビジターチームサポーターにとっての最寄インターチェンジになりますが、それ以降は圏央道寒川南ICが最寄インターチェンジになります。寒川町の活性化につながればいいですね

1999年の超グダグダだった「ベルマーレ平塚」に所属していて、今もプロ契約を続けている選手は、磯崎敬太選手(当時高卒1年目・現サガン鳥栖)と、茂庭照幸選手(当時高校3年生・現バンコクグラス)の2名だけになってしまいました。とうとう経歴欄からも「ベルマーレ平塚」が消えそうな時期ですが、磯崎敬太選手がサガン鳥栖と契約更改し、2015年に対戦する可能性があります。出番が減っているので厳しいのですが、なんとか平塚開催の鳥栖戦に出場してほしいなあと思います

今年個人的に行きたいアウェイは、もし豊田スタジアムで開催されるのであれば、アウェイの名古屋戦、そして個人的お気に入りスタジアムであるノエビアスタジアム神戸神戸戦ですね。あの素晴らしいスタジアムに「神戸讃歌」が謡われると、おおっ!と思います。行けるかどうかは日程と予算次第ですが・・・。

「3バックでショートカウンター狙いの、攻撃時も数的優位、守備時も数的優位の実現を目指す、走るサッカー」によって、J1でも湘南ベルマーレが勝ち抜ければいいなあと思います。3バックといっても、実際は「センターバックは1名だけ、センターバックの横に内側のサイドバックが左右に1名ずつ、外側のサイドが左右に1名ずつ、センターFWの横にもなぜかサイドバックが左右に1名ずつ」という、Jリーグではあまり見ないスタイルが、はたしてJ1でも出来るのか?、が見どころです。

今年は未年なのですが、羊に関係するクラブが見当たりません。札幌の名物にジンギスカンがあるくらいですねえ・・・。仕方がありませんのでおじいちゃん(自称「神」ですが、ホームゲームに雨を降らせないこともできない・・・)の毛が羊っぽい湘南ベルマーレに頑張っていただきましょう

今年もカウントダウンは東急ジルベスターコンサートを観ておりましたが、「シベリウス フィンランディア」がきちんと0時で終わり、幸先がよかったです。

本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »