« J2 2014 第37節 湘南vs以前ここでプレイしていた人たち 戦 | トップページ | J2 2014 第39節 湘南vs群馬 戦 »

やる気ゼロ

こんばんは、先日、秋季関東地区高等学校野球大会が開催され、神奈川県代表として平塚学園高校が出場しましたが、準々決勝で敗退してしまったため、春の選抜高校野球大会出場が微妙になってしまったのが残念な、チャリ通です。2015年3月にベルマーレがJ1、平塚学園が甲子園球場で揃って活躍すれば、結構なアピールになるのですが、秋の神宮大会で浦和学院高が活躍したりすると、関東代表枠が少し増えるので、それに期待です。

厚木市や茅ヶ崎市から市境を越えて平塚市入りすると、「あれっ?、県境越えたっけ?」というくらい、ベルマーレホームタウン7市3町の中で平塚市が一番活気がなく、ここ4年間は毎月毎月人口が減少していることが律義にホームページで報告されております。もし平塚市の住民が藤沢市民だったら、次の選挙まで待って落選させるではなくてすぐに「リコールで解任」とかにもっていくのですが、「何よりも現状維持」の平塚市(その結果やる気のある市民がどんどん逃げ出すので、実際は維持も出来ていない)なので、ベルマーレはよそのクラブよりスタジアム改築や観客動員増が大変です。ちょうど市長・市議選挙の前後にJリーグ開幕や選抜高校野球がありますが、「問題を無期限に先送り」がお家芸の平塚市役所が選挙までにベルマーレの新スタジアムのことを決められなかった場合は、本気で茅ヶ崎市か藤沢市への移転を考えないといけないと思います(前回は選挙直前に平塚市役所庁舎建て替えが決定した)。眞壁会長の目が黒いうちはダメだと思いますが、KidsBase ZEROとか、アスレティックセンターとか、茅ヶ崎のフットサル場とか、江の島への初詣とか、辻堂での応援番組とか、少しずつ移転の下地作りはされておりますよね・・・

10月26日(日)は札幌ドームにて、第38節コンサドーレ札幌戦がありました。

札幌 2-0 湘南

行っておりませんのでわかりませんが、何人もメンバーを落として遠征をして、無気力試合をして帰ってきたと思われます。札幌の名塚コーチ(元ベルマーレ)はおめでとうございます。遠方アウェイまで行くのは全体の数パーセントのすごいサポーターだけでしょうから、順位も確定しているのでテスト起用も良いでしょう。2012年のJ2・2位は、2011年のJ2で永木・髙山・ハングギョン・菊池大介・遠藤選手あたりに高い授業料を払ったこと(特に完全なルーキーだった髙山薫選手の試合ごとの出来不出来は、かなり激しかった)もひとつの要因ですし・・・。それに勝利給を払わなくて良いし・・・。

ただしホームゲームではこれをやってはいけません。どんな試合にだって、3,100円を払って観に来ているお客様がいるのに、やる気のない試合をすることは、失礼だと思います。3,100円は東京ドームの巨人戦内野2階席および外野席より高いです。牛丼なら10杯分、うまい棒なら300本分に相当します。わずか8,000人しか入らないクラブなのですから、負けてもいいからベストを尽くさなければダメです。出来ないことは仕方がないですが、出来るのにやらないのですから、問題外です

「J1昇格決定試合を、アウェイ京都で引き分け」
「J2優勝決定試合を、アウェイ調布で引き分け」
「J2優勝表彰式の日に、ホーム平塚で敗戦」
「J2優勝パレード前日に、アウェイ大分で敗戦(八百長台本鋭意作成中)」

という調子では、お客様がベルマーレを期待するわけがありません。ビジネスチャンスを逃がしすぎです。「なにがGET3だよ~」で、これでは残りの消化試合も「当然の1万人割れ」だと思います。

11月1日から3連休という方が多いと思いますが、1月の三浦大輔投手自主トレと並び、11月の東京農業大学厚木キャンパス収穫祭についての記事も、毎年アクセスが多いですね。厚木では2014年は11月1日・2日に開催されますので、よろしくお願いいたします。

11月1日(土)の第39節は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、ザスパクサツ群馬戦です。オールホームタウンデーで、キリンビバレッジ スペシャルデーです。平塚市・藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町・厚木市・伊勢原市・秦野市・大磯町・二宮町・小田原市在住在勤在学の方は安くチケットが購入できます市民デーと異なり当日販売はございませんので、ご注意ください(試合直前にいつもの数倍の市民割引対応なんて来たら、大変でしょうからねえ・・・)。

11月の土曜日にして、まさかのナイトゲーム開催です。さすがに寒いと思いますので、対策をしてください。なぜなのだろうと思いましたが、NHK-BS1が19時からカード未定でJリーグ中継を用意していたからで、この日はJ1がないので、千葉対磐田、湘南対群馬、福岡対松本、熊本対山形のいずれかひとつが選ばれるところでした。しかし予想通り、松本がJ1昇格を決めそうな「福岡対松本」が選ばれ、ただのナイトゲームになってしまいました。既存客用であるスカパー!以外で放送することが、新たな顧客の獲得の絶対条件なので、残念です。

元ベルマーレは、DFクォンハンジン・MF小林竜樹・MF永田亮太・MF宮崎泰右選手、船越優蔵コーチ、宮崎選手の嫁、スタジアムDJの波立紀夫さんと多いクラブで、ベルマーレも菊池大介・古林将太選手も期限付き移籍でザスパ所属歴があるので、関係者の多さに起因する盛り上がりが期待できます前回の対戦ではMF宮崎泰右選手が巧くなっているので、驚きました。ゆるキャラグランプリの最終決戦がセントレアがあるそうですが、ぐんまちゃん(銀座の歌舞伎座前の自宅から、群馬県をPR)にも来場してほしいものです。

J2優勝記念Tシャツの販売と、優勝記念オリジナルリユースカップの配布と乾杯セレモニーがあります。「完敗セレモニー」にならないように勝っていただきたいと思います赤い羽根共同募金も引き続き開催されます優勝看板とシャーレの展示もあります

この試合で古林将太選手を後半44分から起用できる展開になればいいのですが、痛いかどうかは本人しかわからないので、なんとも言えません。

11月3日(月・祝)の湘南国際マラソンでは、大倉智社長と坂本紘司さんが、チャリティ出場します

11月9日(日)の第40節は、北九州市立本城陸上競技場で16時キックオフの、ギラヴァンツ北九州戦です。ひと足早く、ギラヴァンツ北九州の今シーズンホーム最終戦となります。

北九州はJ1ライセンスが取得できず収入や観客動員も低いのですが、堂々のプレーオフ圏内入りが見込まれます。これはすごいことだと思います。若いFW渡大生選手あたりは、既にJ2上位からJ1下位の各クラブから移籍オファーが来ていそうですね。GK松本拓也・MF鈴木修人・MF下村東美選手と、元湘南ベルマーレの選手も多いです。そこがホーム最終戦なのですから、苦戦が予想されます前回対戦では勝ちましたが、伝統的に山陰・山陽・四国・九州の試合会場を苦手とするベルマーレにとっては、厳しい戦いが予想されます。

北九州市は男性が楽しめそうな観光スポットが多いので、行かれる方はお楽しみください。

11月15日(土)の第41節は、Shonan BMW スタジアム平塚で16時キックオフの、横浜FC戦ですチェッカーモータース スペシャルデーです。湘南ベルマーレの今シーズンホーム最終戦となります

ホームゲーム観戦マナーに、椅子の上に立っての観戦・応援を禁止するという、当たり前すぎる項目が日本のプロスポーツチームで唯一書かれているにも関わらず、それが守られていない横浜FC三ツ沢球技場の椅子はフリューゲルス再建基金で設置されたものなので、横浜FCサポーターは本当にフリューゲルスが嫌いなのでしょうね・・・。ブログ村やさっかりんに登録されていないブログや、SNSには「アンチ横浜FCの元フリューゲルスサポーター」がいらっしゃる(オイラより年上と思われる)ので、時代は変わったなあと思います。

このブログが始まったころから既に今のような状態でしたので遅いと思いますが、ようやく横浜FC経営陣も動き出したので、中途半端に終わらせずきっちり正常化をして、2015年の開幕を迎えてほしいと思います。何がアレかというと、今年は「横浜FC戦は子供の教育に良くないから」と一度行ったことがある人はこちら側なのに同行を断られるのですよ。「神奈川県で最も良いスタジアムを使用しているクラブが、神奈川県でダントツに動員力がない」というのも、「ハードの良さと動員は無関係」と解釈されて川崎・湘南・町田・相模原の新スタジアム建設に影響を与えてしまっております

あと、ここは選手の起用法が難しいですよね・・・。キングカズ選手をベンチに入れなければいけないという社内規定があるようなので、彼を4番手FWにしなければならず、実力が上の選手をベンチ外の5番手やMFとしなければならないので、それじゃあ確実にエースになれる人以外のFWは入団せず、人数不足は当たり前ですよねと思います。同じレジェンドでも中日の山本昌投手のように1年の大部分を二軍選手に甘んじていただくことを了承すれば問題ないのですが・・・。昨年のチーム得点王が昨年途中で干されて、かつて学会員のオーナーと全面対決した松本育夫さん(この人のNHK大河ドラマが作れると思う)が取締役を務めるクラブに今年は移籍したとか、おいおい横浜FC的にはあってはならない移籍先だろうとか思いましたし・・・。毎年U-18から選手を昇格されているけど誰もまともに起用せずに干すなど、横浜FCは起用法についてもなんだかしがらみが多そうです。

|

« J2 2014 第37節 湘南vs以前ここでプレイしていた人たち 戦 | トップページ | J2 2014 第39節 湘南vs群馬 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/57828254

この記事へのトラックバック一覧です: やる気ゼロ:

« J2 2014 第37節 湘南vs以前ここでプレイしていた人たち 戦 | トップページ | J2 2014 第39節 湘南vs群馬 戦 »