« J2 2014 第22節 湘南vs熊本 戦 | トップページ | J2 2014 第23節 湘南vs富山 戦 »

2014年夏の連戦

おはようございます、今年はNHK大河ドラマで「軍師官兵衛」をやっておりますが、黒田家が現在の岡山県にある「福岡」で伸びたため、のちに名島に配置換えになったときに新たに「福岡」の城と街を造成し、明治以降は博多を差し置いて市名になり、さらに県名にまでなって元祖を越えたので、そこをドラマチックにまとめちゃうんだろうなあと思う、チャリ通です。黒田家と言えば朝鮮出兵にもかかわるのですが、現状からするとどう表現するのだろうか心配です。今度福岡に行くときは、名槍日本号と、極小の漢倭奴国王印を見ておこうかと思います。

欧州の秋春制のサッカーは、元旦前後と6月・7月の、合計3ヶ月くらいのオフがありますが、日本の春秋制のサッカーは、12月から2月と代表活動期間の6月の、合計4ヶ月くらいのオフがあるため、欧州リーグ並みの試合を望めば、必然的に週2試合の週を何週か多く設定する必要があり、その結果7月に週2試合をする必要が出てきます。今週はJ1が週2試合でしたが、来週はJ2が週2試合になります

7月26日(土)も、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、カターレ富山戦です4週連続ホームゲームの第3戦で、苦手の七夕ユニフォームです。この日は小田原市民デーで、在住・在勤・在学の皆様はチケットが安いです。

ありがたいことに、カターレ富山の「ライカくん」、富山県北陸新幹線開業PRマスコットキャラクター「きときとくん」(これも大阪の塩崎さんのデザイン)、富山県入善町のマスコットキャラクター「ジャンボ~ル三世」が平塚に駆けつけ、入善ジャンボ西瓜を200カット無料提供します(来場者プレゼントにも協賛)。

福島の物産展が開催され、福島の子供たちの1泊2日訪問に組み込まれている試合です。どんなかたちであれ、福島の子供たちの思い出になるような試合にしたいところです。吉濱選手は先発を、白井選手は途中出場を目指して、曺監督におせじと、お中元と、練習での必死のアピールをし、得点に貢献して、福島の子や販売員が帰宅後に「去年福島にいた選手のおかげで湘南が勝った」と言わせられるように、がんばりましょう。

オフィシャルトレーディングカードの販売が開始され、毎年人気のカードフェスタが開催されます。プロモカードの配布とスピードくじでにぎわうを思いますので、オカネのあるかたは頑張ってください。

もちろん、この日も湘南スプラッシュサマー関連のイベントがあります

対戦相手のカターレ富山は現在勝ち点9の22位と、苦戦をしております。とはいえ富山での試合では、湘南ベルマーレはやっと勝った状態であり、簡単に勝てる相手ではございません。気を引き締めて対戦しましょう。この試合の結果がどうであれ、カターレ富山を見下すようなことはあってはなりません。

7月30日(水)は、レベルファイブスタジアムで19時キックオフの、アウェイ・アビスパ福岡です2013年度Jクラブ経営情報開示が発表(後日時間があれば触れます)されましたが、Jリーグ51クラブの中でアビスパ福岡のみ債務超過の懸念が指摘されました。湘南戦がこの発表後初のホームゲームになる(愛媛といい、群馬といい、今シーズン、こんなのばっかり・・・)ため、誰かが何らかのアクションをする可能性があります。平日なのであまり行かないと思いますが、ベルマーレサポーターは静観でお願いしたいところです。

実はオイラが初めて神奈川県外でベルマーレ戦を観たのは、2002年のここでの試合です。この試合でアビスパが勝てなかった結果、試合途中からスタジアムを包む罵声と怒号で、「二度と行きたくない、彼女・親・子供となんて無理で、特にまともな親は子供を連れていけない」という感想を持ち、それ以来一度もここには行っておらず、今後も行けない可能性が高いです。合わせて行った福岡ダイエーホークス戦がよかったので余計目立ちました。

仕事やその他の用事で福岡に行ったときにそれとなく確認したのですが、「サッカーは好きだけど、アビスパは好きではない」というひとが思っていたより多く、試合日のJR博多駅にはサガン鳥栖の応援に行く人がいる状態でして、ああ、何にも変わっていないのだなあと思いました。明らかに一部のサポーターが、新規サポーターと既存スポンサーの足をアビスパから遠ざけていると思います。トップリーグのラグビーのほうがJリーグより集客が多い会場は、全国でもここと三ツ沢くらいであり、福岡と横浜FCは反面教師として観なければいけないと思います。いくら孫正義さんが鳥栖出身だからとはいえ、創業地にあるアビスパとの関係を切ってホークスとサガンを提携させるということは、異常事態です。

経営情報を見る限りでは、今回の債務超過でアビスパが消滅することはないと思いますが、毎年福岡市から億単位の支援を受けているのに、減資とか、資金ショートとかのトラブルが多く、資金ショートの翌年の陣容が前年並みという、減資からの年数的に本来は銀行から借金が出来ないはずなのに言い訳できない状態になっており、今後の動向が心配されます。改善すればいいなあと思います。

資金がショートになるほどの選手がいるため、今季のアビスパは昇格プレーオフが狙える位置におります平塚での試合はベルマーレ対策を施したアビスパを、途中出場の吉濱選手のゴールでやっと勝った試合でしたベルマーレは伝統的に中国・四国・九州のアウェイを苦手にしているので、簡単な試合ではございません。2009年7月に平塚でアビスパに負けて以降、ベルマーレはアビスパに負けておりませんが、油断はできません。へなちょこな勝ちでもこの試合まで連勝することで、「苦手の七夕ユニフォーム全勝」を達成し、来年以降の営業につなげることは、春の14連勝より大事だと思います

このあたり以降、ベルマーレは勝つたびに最下位から順番に追い越し不可能という「引導」を渡すことになり、21クラブに引導を渡せば「優勝」となります

8月3日(日)は、Shonan BMW スタジアム平塚で19時キックオフの、ジェフユナイテッド市原・千葉戦です4週連続ホームゲームの第4戦で、通常のユニフォームに戻ります。

この試合はまず「ジェフ千葉応援号で行く観戦ツアー」が開催されるということが目玉です。今のところ中止という報告がないので、催行出来る人数が集まっているということだと思います。ぼけーっと、平塚駅のホームで電車を待っていたら、「見慣れない電車から黄色い服の人が100人以上降りてきた」とか、想像するだけでえらいパフォーマンスだと思います桐谷美玲さんと小島瑠璃子さんを輩出した市原市のクラブなので、相当な美人サポーター揃いの可能性があるのですが、実際に(Jリーグの誘致で、当時既に低迷していた平塚市を追い越した)市原市に行くと、今はジェフユナイテッドはほぼ撤退気味で、VONDS市原推しのなかでレディースチームがゼットエーオリプリスタジアム(市原臨海のこと)で数試合間借りしているだけなのですよ・・・。いろいろ残念・・・。

迎え撃つ湘南ベルマーレは、湘南スプラッシュサマーを継続しつつ、アースガーデンを誘致しております「ライブ+フェス飯+マーケット」だそうで、前日に花火大会を実施するあつぎ鮎まつりにも充分対抗できそうな規模のお祭りになりそうです。雨さえ降らなければ相当期待できそうです。

千葉は春に湘南に惨敗しているため、何としても勝ちたいと、気合充分だと思います。監督も川崎や五輪日本代表で実績充分の、カウンターサッカーの関塚隆監督(船橋市出身)に代わったため、曺貴裁監督も数試合の映像から一生懸命分析をすると思います。千葉は充分プレーオフが狙える位置ですし、春とは全然違うスタイルであることが予想されるため、大変難しい試合です。何としてでも勝ちましょう。

7月28日(月)は、テレビ朝日の報道ステーションにて、松岡修造さんの取材によるベルマーレフットサルクラブの久光重貴選手の特集がございます。残念ながらFリーグの試合は27日が大分、3日が町田とアウェイなので、観戦できません。

J3リーグのJリーグ・アンダー22選抜が、7月27日(日)はFC町田ゼルビア戦(町田)を開催いたしますので、福岡・亀川・中川・宮市選手がベンチ外の場合は召集してくれないかなあと思ったりして・・・。FC町田ゼルビア戦は別の日なので、彼らが選ばれていたら、オイラは行けませんが観戦に行ってください(町田は25周年マッチだそうで、集客活動にものすごく気合が入っております。ここはワンストップにまとめられていないので見つけにくいのですが、ビールW杯とか25個の招待企画というのもやるそうです。)。J-22の試合にもサポーターが来てくれれば、若手選手も感激してくれると思います

清水エスパルスから樋口寛規選手が期限付き移籍してきました。選手固定傾向のあるゴトビ監督に起用してもらえませんでしたが、FC岐阜では実績もありますので期待できます。よろしくお願いいたします。宝塚市立すみれガ丘小学校出身とは、宝塚歌劇的にはスーパーエリートなのかと思ったら、ちょっと離れているのね・・・。

|

« J2 2014 第22節 湘南vs熊本 戦 | トップページ | J2 2014 第23節 湘南vs富山 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/56888673

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年夏の連戦:

« J2 2014 第22節 湘南vs熊本 戦 | トップページ | J2 2014 第23節 湘南vs富山 戦 »