« 2014年ワールドカップ期間中の展望 (4) | トップページ | J2 2014 第18節 湘南vs讃岐 戦 »

2014年ワールドカップ期間中の展望 (5・終)

こんばんは、FIFAワールドカップブラジル大会が開幕しましたが、西村雄一主審・相楽亨副審・名木利幸副審にも期待したい、チャリ通です。開幕戦のブラジル対クロアチア戦にいきなり指名されました。国内でも接触プレーに比較的厳しいほうの西村主審について、ジャッジの善し悪しにつきましては好き嫌いがございますので、これ以上は申し上げません。

FIFAとしても、欧州と南米以外に一流の審判が出てきてほしいと願っているはずです。例えばワールドカップの決勝で、南米対南米の場合は欧州審判、欧州対欧州の場合は南米審判を指名すればいいでしょうが、欧州対南米の場合は審判も欧州や南米以外にして中立性を高めたいところだと思います。となると、おのずと欧州の植民地になったことがないアメリカか、数年間アメリカの植民地になっただけの日本から審判を出すことがベストと思われますので、FIFAは日本人審判チームが信頼を勝ち取り、決勝戦の選択肢になることを望んでいるはずです。がんばってください。決勝を仕切ればJリーグの宣伝にもなるかなあと思いましたが、誰がジャッジをするかは直前までわからないので、無理ですね。

7月5日(土)は、いよいよJ2前半最終戦となる、アウェイ第21節ザスパクサツ群馬戦です(6月の讃岐・磐田・北九州戦についてはこちら)。この試合から天皇杯2回戦を除いた4試合は七夕ユニフォームを着用します19時30分キックオフなのでご注意ください。圏央道の部分開通で、この日は「東名厚木IC→海老名JCT専用道→圏央道→鶴ヶ島JCT→関越道→前橋IC」が使用できます

2014年の七夕ユニフォームは蛍光イエローです。ホームチーム側にユニフォームの優先権があるので、ホームではベルマーレのユニフォームに対して相手がユニフォームを変更するのですが、日程発表で7月のアウェイが、「紺色」の群馬と、「自称紺色」の福岡(どちらかというと「白地に紺ストライプ」ですが・・・)と発表されたため、黒ではなく黄色にすればアウェイも含めて着続けられると判断したと思われます。ベルマーレは初期のころから「七夕ユニフォームでの戦績が悪すぎる」という問題がありますが、今年はそれを払しょくしないと、今後のユニフォームの売り上げ的にまずいです(ユニフォームは数年おきにしか予算が確保できないオイラには無関係ですが・・・)。

2014年は観光的に群馬県の当たり年です富岡製糸場の世界遺産内定、ワールドカップブラジル大会で大泉町のブラジル文化が注目を集めており、2015年の北陸新幹線開通を前に群馬はチャンスを得ました。また、7月5日・6日とJR東日本が高崎駅から蒸気機関車を運行させるらしいです。例えば、1泊して大泉町のブラジル料理レストランで食事をし、事実上「さのまるランド」みたいになっているどまんなかたぬまと、佐野プレミアムアウトレット、栃木県佐野市内のラーメン屋に立ち寄って東北道から帰るなど、お時間があればぜひどこかお立ち寄りいただければと思います。なお、「群馬の生糸を貨物列車で運んで、横浜港から輸出して、のちの横浜銀行で決済をする」という明治大正時代の動線から、今でも群馬県内には横浜銀行の支店が3つあります。

当日は隣接する上毛新聞敷島球場にて、ルートインBCリーグの群馬対石川戦も13時プレイボールで予定されております群馬ダイヤモンドペガサスにはアレックスラミレス外野手、石川ミリオンスターズには木田優夫・吉田えり投手などが在籍していて驚きます。試合終了から数時間後にJ2の試合なので、問題ございません。

当日は湘南ひらつか七夕まつりの真っ最中ということもあり、群馬に行けない人も多いと思いますが、菊池・古林選手も在籍したことがあり、DFクォンハンジン・MF小林竜樹・MF永田亮太・MF宮崎泰右選手、船越優蔵コーチ、波立紀夫さん、宮崎泰右選手の奥様、アンバサダーの高田保則さんと、今も元ベルマーレ関係者が非常に多いクラブですので、ぜひよろしくお願いいたします。

というのも、ザスパクサツ群馬は資金的な問題を抱えており、ひとりでも多く正田醤油スタジアム群馬に行くことが最大の支援であるためです。この試合が七夕の週に予定されたことが残念です。

|

« 2014年ワールドカップ期間中の展望 (4) | トップページ | J2 2014 第18節 湘南vs讃岐 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/56469682

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年ワールドカップ期間中の展望 (5・終) :

« 2014年ワールドカップ期間中の展望 (4) | トップページ | J2 2014 第18節 湘南vs讃岐 戦 »