« クロスウェーブ湘南藤沢献血ルーム | トップページ | J2 2014 第20節 湘南vs北九州 戦 (Fリーグ仙台戦) »

平塚漁港の食堂

こんばんは、湘南ベルマーレが参加しているリーグのクラブがない県に人気のあるブログを運営している、チャリ通です。理由は不明です。

北九州戦(後日記事化予定)のあった6月28日(土)は5ヶ所を訪問していて、勝手に疲れました。その訪問先のひとつが「平塚漁港の食堂」(ひらつかぎょこうのしょくどう)です。

平塚漁港の食堂 公式ホームページ

湘南ベルマーレひらつかビーチパーク by shonan zoenにて「BEACH BAR SUCCA」を運営しているロコロジが運営しているお店で、厚木市内で株式会社平塚魚市場が運営している「魚市場食堂」とは直接関係がないようです。場所は国道134号で茅ヶ崎市から相模川を渡ってすぐの、高浜台交差点の側道にあります。小さい駐車場がいくつもあります。平塚魚市場から平塚新港へ徒歩で歩く途中にあるということにもなります。平塚駅からの場合は北口のレンタサイクルからJRの線路を渡るのがよいでしょう。

今春から営業を開始しただけあって、シンプルですがきれいなお店でした。藤沢で献血をしてから行ったため15時ごろということもあり、空いていました。

刺身とフライの盛り合わせの定食をいただきましたが、おいしかったです。一食約1,500円とちょっと高いのですが、チェーン店ではないお店なので、これくらいはするでしょう。お酒もありますが、選択肢は少ないです。時期があえば生しらすもあるようです。

ただ時間帯のせいもあると思いますが、調理待ちに店の運営を観る限り、結構ずさんな運営をしているなあと思いました。店員がお客さん入店時に背を向けているのは当たり前ですし、カウンターから奥にいる人の数がやけに多いのがわかりますし・・・。これを放置していたらリピーターはないかなあと思いました。改善に期待です。

相模湾沿いには三崎漁港と小田原早川漁港の二大漁港があり、それに次ぐのが平塚漁港、腰越漁港、真鶴漁港、大磯漁港などで、東京湾側にも漁港があるので、神奈川県は意外と漁港過多です。平塚漁港クラスですと店が確保できる漁獲高と相談しながらになると思いますので、経営拡大は難しいと思うのですが、新鮮さを売りとする魚料理屋があることは、栃木県など海なし県からみたら「羨望の飲食店」なので、こういうお店が競うあうことは大事だと思います。がんばってください。

★★

|

« クロスウェーブ湘南藤沢献血ルーム | トップページ | J2 2014 第20節 湘南vs北九州 戦 (Fリーグ仙台戦) »

平塚市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平塚漁港の食堂:

« クロスウェーブ湘南藤沢献血ルーム | トップページ | J2 2014 第20節 湘南vs北九州 戦 (Fリーグ仙台戦) »