« 湘南ベルマーレひらつかビーチパーク by shonan zoen | トップページ | 2014年ワールドカップ期間中の展望 (5・終) »

2014年ワールドカップ期間中の展望 (4)

こんばんは、神奈川中央交通の本社は平塚市なのですが、かなみんのデビューをベルマーレ戦ではなくビナウォークに獲られる(同じタイミングであゆコロちゃんラッピングバスも出たため、神奈中イベント・物販部隊は大忙しだったはずです)とか、平塚と海老名の評価差を象徴しているなあと思う、チャリ通です。もともと平塚の子は学力が低いといわれていた中、神奈川県立高校の学区が廃止されたあおりを受け、平塚市北部は厚木高校、中部・南部は湘南高校に志望者をとられ、両校と異なり平塚江南高校から医学部や東大に合格するのが困難というのは、住宅購入検討者は「子供の選択肢のために藤沢か厚木で」と判断するところなので、ますます平塚が衰退しそうでベルマーレ的には困ったところです(しかも桐蔭学園や慶応湘南藤沢などといった私立有名校も、陸の孤島平塚から遠い)。

さて、いよいよ今週からFIFAワールドカップが開催されますが、この間もJ2が土曜開催されます。土曜日午後のほうがアウェイ遠征をしやすいですし、レンタサイクルゾロも営業しているわけで、中断中のJ1サポーターの見学も受け入れたいですし、ベルマーレにとってはビジネスチャンスです。この期間は何が何でも集客をしなければいけないでしょう。既にリーグ前半1位を決めているのですが、これで天皇杯が準々決勝までシードなどの特典がないので、特に感慨もありません。自動昇格なり、J2優勝なりで、喜びたいと思います。

6月7日(土)13時 アウェイ 富山戦(ベルマーレの勝利・12日にワールドカップ開幕)
6月14日(土)16時 ホーム 讃岐戦(15日朝に日本代表初戦)
6月21日(土)19時 アウェイ 磐田戦(平塚にて日本学生陸上競技個人選手権)
6月28日(土)19時 ホーム 北九州戦(Fリーグ開幕)
7月5日(土)19時半 アウェイ 群馬戦(J2前半戦終了・七夕ユニフォーム着用開始)
7月13日(日) 天皇杯2回戦 熊本代表と沖縄代表の勝者(翌朝にワールドカップ決勝)
7月20日(日)19時 ホーム 熊本戦(J2後半戦開始・J1再開・3連休中日・夏休み)

6月14日はホームの第18節カマタマーレ讃岐戦です初対戦となります。湘南高校のある藤沢市民デーで、ベルマーレを熱烈応援する江ノ電も参加するようです。讃岐は現在21位ですが、ここ3試合で2勝1分0敗と絶好調なので、「手ごわい相手」として対戦する必要があります。元ベルマーレは小澤雄希・ソンハンキ選手がいます。ナビスコカップもやっていないJ1クラブのサポーターが、湘南スタイルと、J2初参戦のカマタマーレ讃岐を観るには最適なのではないでしょうか。天皇杯を除いて今春最後の昼間の試合になります。遠藤航選手の月間MVP表彰もあります。

6月21日はアウェイの第19節ジュビロ磐田戦です。本当は「ここが天王山!」とか書きたかったのですが、ちょっと差がついてしまいましたので、しらじらしいのでそうは書けません。昨年のJ1第8節ではベルマーレが負けましたが、日程で不利だった試合なので、今年はジュビロにその違いを見せないといけません。昨年のジュビロは「老けこんだプレーをする若手と、一流だけどいかんせん老けているベテラン」というチームでしたが、どうやら今年もあまり変わっておらず、松井・ポポ・藤ヶ谷選手を補強しました。まあ使えないからといって、今後を考えると若手を集団解雇は出来ませんよね・・・。ワールドカップでDF伊野波雅彦選手がおりません。元ベルマーレは、もうすぐ34歳でジュビロの日本人最年長の阿部吉朗選手がおります。ヤマハスタジアムのボランティアさんはあいさつがしっかりしていて好きです(同じ色の横浜FCと大違い)。

この試合は夜の試合なので、帰りの脚を注意する必要がございます。一応翌日には天皇杯静岡予選(ホンダ都田)で、元ベルマーレでHonda FCの原田・古橋選手が観られるかもしれません。なおベルマーレの留守中、Shonan BMW スタジアム平塚では日本学生陸上競技個人選手権が開催されます。毎年開催される入場無料の大会ですが、今年は桐生祥秀選手が東洋大学に進学したためこの大会に参加予定(200m走)なので、彼らがベルマーレのサイド選手と比べて速いか遅いかを確かめるのもいいと思います。平塚競技場の改修には、ベルマーレだけでなく、女子アジアカップ優勝をした女子のクラブサッカー、大学サッカー、陸上競技などの繁栄も考える必要があります。6月25日(水)には天皇杯神奈川県予選準決勝(SC相模原戦)もございます。

<追記>桐生祥秀選手は負傷欠場らしいです。

この日、東名・中央・関越道が圏央道でつながる6月28日は、ホームの第20節ギラヴァンツ北九州戦です。2015年から道路における平塚の玄関口になる寒川町民デーです。今年は強いだろうと思っていた北九州はJ1ライセンスがないのですが、予想以上に強くなって、現在プレーオフ辞退圏内です。元ベルマーレは松本拓也・下村東美・鈴木修人選手がおります。Fリーグ代々木セントラル開幕戦の裏ですが、よろしくお願いいたします。

というわけで、最近対戦したヴェルディや富山よりは確実に強い相手との試合なので、得点が獲れない湘南ベルマーレとしては厳しい試合が予想されます。頑張りましょう

そろそろ夏の移籍期間に関する動きがJリーグ各クラブであると思います。湘南ベルマーレとしてはどうなるのかなんとも分かりませんが、出入りともいい結果につながればいいですねと思います。

|

« 湘南ベルマーレひらつかビーチパーク by shonan zoen | トップページ | 2014年ワールドカップ期間中の展望 (5・終) »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/56321575

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年ワールドカップ期間中の展望 (4) :

« 湘南ベルマーレひらつかビーチパーク by shonan zoen | トップページ | 2014年ワールドカップ期間中の展望 (5・終) »