« マンモスラーメン(泪橋) | トップページ | 2014年ワールドカップ期間中の展望 (2・天皇杯2回戦) »

2014年ワールドカップ期間中の展望 (1)

こんばんは、徳島の応援で平塚にも来たことがあるらしい、大杉漣さんのようなかっこいい記事(福島ユナイテッド対町田ゼルビア)は書けない、チャリ通です。最近「株主優待」から一歩踏み込んだ、「ふるさと納税」がサッカー以外の知人との間でブームです。納税がなぜにブームかというと、何万円以上納税するとその自治体の名産品数千円分がプレゼントされるため、どちらにせよ納税するのであれば、お気に入りの自治体に寄付するほうがお得なためです(納税先は故郷でなくてもよい)。今はポータルサイトも充実していて、比較も容易です。

ベルマーレホームタウン内ですと、早くから厚木市がプレゼントを行っていて秦野市も続いておりますが、全国にはより高価なプレゼントを行っている「やりすぎな自治体」もございます。「何事もホームタウンで最後に対応するのが平塚市」は、やはりというか特にプレゼントはございません。アピールできる名産品がないことはしかたがないですが、平塚市こそ、たとえば「五万円の寄付で湘南ベルマーレ自由席引換券4枚くらい」をふるさと納税の返礼につけるべきだと思います。ベルマーレに対しては「ふるさと納税で競技場・練習場改修費用ねん出」と説けば、チケット格安提供を断れないでしょうし、この招待券に限り自由席引き換えをビジターエリアまで認めれば「藤沢在住だけど、故郷の京都を応援」「リーグが分かれたら、元京都の中村充孝選手がいる鹿島戦で使用」という人も協力していただけそうですし、なにより家族で1回とか、ペアで2回とか、ひとりで4回とか、平塚市内でお金を使う可能性が出るわけですから、なぜ平塚市(Fリーグに置き換えて小田原市も)が、Jリーグチケットをふるさと納税の返礼に活用しないのかが、不思議でなりません千葉市の特典にはQVCマリンフィールドの特別席招待があり、制度の問題ではないと思われます)。

14節まで消化したので、ぼんやりと今年のJ2各クラブの状況が見えてきましたが、なんといっても昨年若手を育成してきた札幌が、一転して育成放棄をして、しかも結果が出ないので、特にACLを放棄して帰国する小野伸二選手が「だまされた!」と思っているのではないでしょうか。前田俊介・砂川誠・河合竜二選手のフィジカルで今のJ2は無理です。奈良選手以外はだぶついている「巨額の道外遠征費を投じて育てたユース卒選手」は、どこかに貸し出して欲しいです。結果的にベルマーレ、および北海道日本ハムファイターズと間逆のアプローチをしていて、札幌では「中年以下=ファイターズファン・お年寄り=コンサドーレサポーター」が鮮明になりつつあり、経緯の関係でたぶん社長と監督の責任問題に発展すると思います。

開幕前から問題を露呈していた千葉がここにきて調子を上げていて、今後注意の必要がありそうです。北九州・栃木が予想以上に健闘していて、山形の調子が上がりません。横浜FCが例年だったら22位のペースで負けておりますが、2010年の北九州(年間1勝)を下回るペースで富山が負けており、さらにその下に讃岐がいるため、助かっているように見えます。あとはだいたい予想どおりですが、もし水戸と北九州が6位以上でフィニッシュしたら、プレーオフはどうなるのでしょうか?。ヴェルディの経営が相当ヤバそうですが、胴元のJリーグの支援を受けて数年でもう一度支援を受けることはモラルに反しますので、今回は自力で解決するか、リーグから撤退をしていただきたいものです。

さて、J1が1ヶ月半のFIFAワールドカップ中断に突入し、この間J2が土曜開催になります。土曜日午後のほうがアウェイ遠征をしやすいですし、レンタサイクルゾロも営業しているわけで、J1サポーターの見学も受け入れたいですし、ベルマーレにとってはビジネスチャンスです。この期間は何が何でも集客をしなければいけないでしょう。

5月24日(土)13時 アウェイ 愛媛戦(小田原にてオーシャンカップ開催)
5月31日(土)16時 ホーム ヴェルディ戦(産業能率大学スペシャルデー)
6月7日(土)13時 アウェイ 富山戦(12日にワールドカップ開幕)
6月14日(土)16時 ホーム 讃岐戦(15日朝に日本代表初戦)
6月21日(土)19時 アウェイ 磐田戦
6月28日(土)19時 ホーム 北九州戦(Fリーグ開幕)
7月5日(土)19時半 アウェイ 群馬戦(J2前半戦終了・七夕ユニフォーム着用開始)
7月13日(日) 天皇杯2回戦 熊本代表と沖縄代表の勝者(翌朝にワールドカップ決勝)
7月20日(日)19時 ホーム 熊本戦(J2後半戦開始・J1再開・3連休中日・夏休み)

アウェイ愛媛戦でJ2新記録の15連勝、ホームヴェルディ戦でJリーグ記録の16連勝、アウェイ富山戦でJリーグ新記録の17連勝がかかります。とにかくここまでは連勝を続けたいです。富山戦の時点でワールドカップが始まっていないので、2部リーグではあるものの、一般スポーツ報道に取り上げられる可能性があります。19節の磐田と20節の北九州が上位クラブで、残りは下位クラブとの対戦ですが、下位との対戦こそ確実に勝たなければならず、さらに相手としてはベルマーレに勝つ必要がなく、引き分けるだけで今シーズン最大のアピールが出来るので、要注意です

5月24日はアウェイの第15節愛媛FC戦です。先日の讃岐戦で愛媛がトラブルを起こしたそうですが、現時点で事情が分かりませんのでこれ以上は触れません。三原向平選手が期限付き移籍をしておりますが、契約の関係でこの試合の出場はできませんJ2新記録の15連勝がかかっておりますが、湘南ベルマーレは伝統的に山陰・山陽・四国・九州遠征を苦手としており、さらに愛媛はホーム連戦となり、厳しい戦いが予想されます。一昨年・昨年と、湘南のGKは消去法で選ばれていたようで物足りなかったのですが、今年愛媛からGK秋元陽太選手が加入して強くなりました。彼に期待です

5月31日はホームの第16節東京ヴェルディ戦です。この日は年に一度の産業能率大学スペシャルデーで、6ゲートが産業能率大学現役・卒業生招待席になり、それに伴って席割が少し変更されますので、ご注意ください(オイラはOBではないですが、チケット希望者が多いらしい)。Jリーグ記録に並ぶ16連勝がかかります。ヴェルディは開幕後も選手放出などがあり、売れ残り選手だけで試合をしなければいけない状態では、誰が監督をしてもこれくらいの成績だと思いますが、それゆえにベルマーレから勝ち点を挙げて、コレをやって、アピールをしたいところだと思います。だから簡単に勝てるとは思いません。梶川諒太選手に期待です。また、三竿兄弟対決が実現すれば面白いです(ちなみに兄はカナダのクラブでプレー歴がある海外組!)。茅ヶ崎市民デーでもあるこの試合は「10,000人プロジェクト」なのだそうです。この試合については動員1万人は最低限クリアしなければいけない(むしろまたも消防法違反が心配)と思いますので、よろしくお願いいたします。5月も全勝で、J2月間MVPを、3ヶ月連続でしぶしぶベルマーレから選ばざるを得ない状態に持ち込みたいところです。

文章が長いので、以降は気が向いたら書きます。

|

« マンモスラーメン(泪橋) | トップページ | 2014年ワールドカップ期間中の展望 (2・天皇杯2回戦) »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/56202100

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年ワールドカップ期間中の展望 (1):

« マンモスラーメン(泪橋) | トップページ | 2014年ワールドカップ期間中の展望 (2・天皇杯2回戦) »