« 2014年ワールドカップ期間中の展望 (1) | トップページ | 2014年ワールドカップ期間中の展望 (3・「14連勝」で終了) »

2014年ワールドカップ期間中の展望 (2・天皇杯2回戦)

こんばんは、10月にAFC U-19選手権を控えるU-19日本代表に、宮市剛・安東輝選手とともに、ベルマーレのユニフォームスポンサーで、5月31日(土)のヴェルディ戦のスポンサーである産業能率大学のサッカー部(ベルマーレOBの加藤望監督)に所属する越智大和選手(愛媛県および広島U-18 出身)も選ばれておりますので、夏休みにはベルマーレの練習にも参加しないかなあと思った、チャリ通です。

春休み・夏休みは翌年入団候補の高校・大学生が練習参加に来るので、優秀な選手が来るといいなあと思います。関東大学サッカーリーグ2部の産業能率大学は、産業能率大学第2グラウンドやShonan BMW スタジアム平塚などで開催されますので、オイラは行けそうにありませんが、ベルマーレをアピールをいただければと思います。他にも1部リーグ中央大学のDF岡崎亮平選手(関東大学選抜A)など、湘南ベルマーレU-18卒の選手(遠藤航選手と同期が4年生)が各大学におりますので、よろしくお願いいたします。

今回の日本代表に長友佑都選手(2008年卒・インテル)などを輩出した昔からの名門で、ベルマーレOBにも瀬戸内高校の梅田直哉先生(サッカー部コーチ)などがいる明治大学サッカー部は、2009年の天皇杯にて、東京都予選準決勝で町田ゼルビアを、決勝で東京学芸大学を、本選1回戦でグルージャ盛岡を、2回戦でこの年J1昇格を果たした湘南ベルマーレを、3回戦で当時J1のモンテディオ山形を倒し、4回戦でJ1アルビレックス新潟に敗れました。

2回戦湘南ベルマーレ戦に出場した明治大学の選手(敬称略)を確認すると・・・

<先発>
笠原昴史(無失点)→2011水戸
鹿野崇史→2011横河武蔵野
楠木啓介
松岡祐介→2013ソニー仙台
丸山祐市→2012FC東京→2014湘南
三田啓貴(1得点)→2013FC東京
宮阪政樹→2012山形
小林裕紀→2011磐田→2014新潟
山田大記→2011磐田
久保裕一→2011千葉→2012鳥取→2014岡山
山村佑樹→2013水戸
<控え>
高木駿→2012川崎→2014千葉
笛田祥平
吉田啓祐
都丸昌弘(途中出場)→2010横河武蔵野
田中翔大
日野竜一→2011佐川印刷→2012HOYO大分(現ヴェルスパ)
山本紘之(途中出場)→2011日本テレビアナウンサー
<平塚競技場メインスタンド(つまりベンチ外)>
阪野豊史→2013浦和
田中恵太→2012長野
岩渕良太→2013松本→2014山口

これはすごい!。アナウンサー1名は選手活動をしておりませんが、ここに経歴のある方は2014年現在も全員現役で、現所属先ホームページで確認できます(大卒は1年で引退して第2新卒というやつで就職する人もいるので、これだけ現役なのもすごい)。丸山・宮阪・小林選手はこの大会で対戦した相手に所属しています。2009年のこの試合のベルマーレは、半分以上を控え選手で対戦したので、負けるのも納得です。

こういうのを見てしまうと、天皇杯の東京都代表や神奈川県代表が、町田ゼルビア、SC相模原、YSCC横浜ではなく、大学になりがちなのが理解できます先日の相模原戦を見ても、完全プロは鳥取・町田・長野の3クラブしかないJ3リーグに所属する相模原(多くがアマチュア)が、JリーグU-22選抜(普段はJ2以上)に、運動量でわかりやすく負けておりましたし・・・。でも町田が、のちにジェフ千葉やヴァンフォーレ甲府、ケルンなどに所属するメンバーが出ている専修大学に、PKで追い付いて、PK戦で勝っているので、勝負はやってみなければわかりません。

前回の続きになりますが、そんな今年の天皇杯は、今年から国立霞ヶ丘陸上競技場が使用できない上、AFCアジアカップが1月に開催される関係で、12月の日産スタジアムで終わるように、前倒しで開催されます。湘南ベルマーレは7月13日(日)に2回戦として、「熊本県代表と沖縄県代表の勝者」と、Shonan BMW スタジアム平塚で対戦します。FIFAワールドカップ決勝の日ですが、時差の関係で、日本ではこの日の早朝に3位決定戦、翌日の早朝に決勝戦が開催されます。7月唯一の七夕ユニフォーム以外の試合の予定です。

熊本県代表と沖縄県代表はまだ決まっておらず、正直よく分かりません。沖縄はJ3リーグのFC琉球が勝ちあがりそうですが、昨年の天皇杯がFC琉球戦でしたので、むしろFC琉球のほうが「え~、また?」とか思っていそうな予感が・・・。もし対戦することになればよろしくお願いいたします。J2とJ3リーグの間はプロとアマ(セミプロ)の境界なので、ここは負けられません。3回戦は8月20日(水)にJ1大宮、青森県代表、山形県代表の勝者と対戦です

<追記>オーシャンカップで湘南ベルマーレフットサルクラブが勝利し、明日の準決勝は17:15キックオフのペスカドーラ町田戦となりました。頑張ってください。

|

« 2014年ワールドカップ期間中の展望 (1) | トップページ | 2014年ワールドカップ期間中の展望 (3・「14連勝」で終了) »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/56279933

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年ワールドカップ期間中の展望 (2・天皇杯2回戦):

« 2014年ワールドカップ期間中の展望 (1) | トップページ | 2014年ワールドカップ期間中の展望 (3・「14連勝」で終了) »