« 「NHKのど自慢」が厚木で開催されるそうです | トップページ | 20歳になったら「Jマジ!20」、など。 »

J2 2014 第7節 千葉vs湘南 戦

こんばんは、NHKニュース7の武田真一アナウンサーの読み方が「たけしんいち」アナウンサーであったことに今更気がついて驚いた、チャリ通です。ニュース7にはオイラも「そこらへんにいた人B」として以前出演しており、かなり昔に「竹内結子さんによるCM→地方局女子アナになった美人同級生による天気予報→松嶋菜々子さんによる別のCM」を現地で観て、「ちょっとキレイな程度で女子アナになってしまうのは、極めて危険」と充分知っていたので、デジタルハイヴィジョンのニュース7に出るのは恥ずかしかったです。

4月13日(日)は、オイラだけ今季もっとも近い試合会場であった、ジェフユナイテッド市原千葉戦でした。ジェフィ・ユニティ兄弟の違いは背番号だけでなく、耳と頬の形も違います。ジェフ戦は駅の「みどりの窓口」でチケットを購入するのが正しい方法です。

5月3日のザスパクサツ群馬戦を宣伝する「フクアリ満員大作戦!PR部長」が発表されるということで、ここはジェフユナイテッドとザスパと日本代表に登録歴がある、廣山望さんか戸田和幸さんかなあと思っていたら、治療中で契約解除になった深井正樹さんとのことで「アレ?」と思いました。市原市出身でWikipediaにジェフユナイテッドについても言及がある桐谷美玲さんが登場すればベストだったのでしょうが、立場の悪い深井さんに仕事をあっせんするクラブの姿勢には、好感が持てます。

平塚に「JR東日本の駅」と「古河電工の事業所」があるため、平塚ではやりづらい千葉戦ですが、なぜかオイラが行くと「下部組織を含めて、相手が当時不振を極めていた岐阜とか町田とかであっても、千葉が勝てない」というジンクスがこのブログの開始前から続いております。それがどうなるかも気になるところです。

今季2試合目のJr East Furukawa UNITED戦(この名称がOKで「読売ヴェルディ川崎」が不可だった理由は、未だに謎)ですが、最初のちばぎんカップで、素人でもわかる弱点をひたすら露呈し続けておりました。

千葉 0-6 湘南

開幕しても、びっくりするくらい千葉はなにも改善されておりませんでした。面倒なので誰がどのように点を獲ったかは、省略します。いつになったらオイラはユースやレディースを含めた千葉の勝利に立ち会えるのでしょうか。

岡山のように引いて守らない分、湘南に点が入ったように観えました。鈴木淳監督はフジタOBなので頑張ってほしいのですが、「前線の守備はケンペス選手の仕事」という動きだった町田・井出選手は、試合を通して一体何がやりたかったのかわかりませんでした。

千葉はJ2にいる間も人件費だけで毎年10億円以上(湘南の全支出より上)支払っており、J1でも仙台・鳥栖・甲府あたりの人件費は、毎年千葉を下回っております。これだけの年俸をもらっている理由を説明できる活躍を千葉の選手はしなければといけないと思いますが、このような結果となりました。30歳前後の選手が動けなさすぎです。パスサッカーのほうが、パスコースを確保するためにカウンターサッカーより走らなければいけないのですが、なぜか千葉の選手は走らない・・・。

千葉は、結果を出さなくてもすべて監督の責任となって、ベテラン選手のリストラはなしということを5年続けた結果、有名な監督は千葉のオファーを受けず千葉県出身の関塚監督だけ露見)、どんな結果でも起用されている選手が変わらないことに伴い、有名な新卒・レンタル若手選手も千葉のオファーを受けないようになっていると思います(タオルマフラーの件で某クラブとのパイプも自ら今季限りとする)。だって、9億円のクラブに実績のある武富選手が来て、25億円のクラブには第1種で実績のない山中選手だったり、菊地・三竿選手クラスの新卒を千葉が獲れないというのは、異常でしょう・・・。

これによって主力になれば3,000万円くらいもらえるクラブ財力は、既存のベテラン選手にのみ支払われます。強化にはひとつひとつ整理しないといけなさそうですが、2015年にオファーする若手へのメッセージとして、次の湘南戦までに30歳以上の全選手をベンチに追いやるくらいはしなければいけないと思います。余裕で湘南の11人と監督を全員買収できる予算があるのに、こんな成績ではいけないと思います。個人的には千葉がJ1に上がっていただくメリットはたくさんあるので、頑張ってほしいと思います(2位との勝ち点差はわずか「4」ですし)。

湘南から見れば、数ランク落ちる鹿島アントラーズ(千葉県成田市などはフレンドリータウン)と対戦したような千葉戦でしたが、鹿島はJリーグ開幕前から住友金属の多額の支援を踏まえて、「ブラジルっぽいポゼッション4-4-2」をぶれずに20年以上続け、若手獲得に大金をかけたうえで、労を惜しまず鹿島流を彼らに植え付けており(実はここはのちの主力クラスは国内レンタルに出さず、レンタルからはい上がったのは鈴木隆行選手くらい)、よそが「今日から鹿島をまねるぜ!」では追い付けないものになっております(鹿島の選手が鹿島流以外に対応しにくいところが問題でもあるのですが・・・)。来年対戦したい本物を想定すれば、相手が勝手に自滅しているこの千葉戦は、まったく参考にならないことが、2013年に対戦した本物のほうを思い出せば、誰でも思い浮かぶでしょう。頑張りましょう。

湘南の勝ち点は21で、2位の長崎の勝ち点は14と、差が7となったため、J2の21クラブに自力優勝がなくなり(長崎や磐田が残り全勝しても、湘南が彼らのと試合以外に全勝すれば、彼らは優勝できない)、プロ野球的に考えれば「マジック」が4月ですが計算できるようになりました。でも、2015年にJ1で勝つことに注力しなければいけない立場なので、正直どうでもいいと思います。ゴールデンウィークと夏休みの「週2試合」で、ベルマーレは調子を落とすと思いますし・・・

4月20日(日)16時は、Shonan BMW スタジアム平塚にて、大分トリニータ戦です(昨年の同日もホームの大分戦でした)。厚木・伊勢原ホームタウンデーで、該当市民は安くチケットが買えますあゆコロちゃん来場の予定はないようです。ちなみにオイラも行けません。たぶんFM湘南ナパサのサイマルラジオを聴きます。

大分の戦力を考えれば、ベルマーレOBである田坂監督はかなり勝っていると思うのですが、実は田坂監督のトリニータはベルマーレに対して0勝1分3敗と、曺監督のベルマーレを極端に苦手としております。通常通りならベルマーレと似たようなサッカーをしてくる可能性が高いのですが、何かやってくる可能性もあると思いますので、要注意です。

その次のアウェイ横浜FC戦からゴールデンウイークで週2試合になるので、調子を落とす前に確実に勝点3を確保しておきたいところです。なお、このホーム大分戦と次のアウェイ横浜FC戦が、ホームとアウェイを入れ替えて、それぞれホーム最終の横浜FC戦とアウェイ最終の大分戦になります。

監督を変える場合は中1週間にしたいところを考えると、堪え性のない横浜FCが湘南戦の前にまた監督を変えそうな成績なので、嫌ですねえ・・・。

|

« 「NHKのど自慢」が厚木で開催されるそうです | トップページ | 20歳になったら「Jマジ!20」、など。 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2014-2016」カテゴリの記事

コメント

2012年フクアリでの試合後、木山監督が語った「清々しい」というコメントが印象に残っています。その後、解説者の福田さんや、先日のマッチデイハイライトの戸田さんもそうでしたが、「清々しい」は、湘南のサッカーを評する時のアイコン的な単語になっているのがうれしいし、実際「清々しい試合」が今年は増えていると思います。試合後は「0-6? 野球じゃないんだから・・・」とか「走れないじゃなく、走らない(弩)」と怒る千葉サポの声に囲まれながら、ただただ静かに駐車場まで歩きました。ちなみにフクアリから海老名へ帰ろうとカーナビをスタートさせたら、アクアライン経由を表示。もちろん湾岸習志野から帰りましたが・・・。千葉って、毎年「ポテンシャルはある」というスリコミが私にはありましたが、「今年もやっぱり・・・」という感じがしています。

投稿: 海老サポ | 2014年4月18日 (金) 11時08分

海老サポさん、コメントありがとうございます。

そうそう、神奈川県からだとカーナビは蘇我はアクアライン経由、習志野は東京経由を指示し、幕張や本千葉あたりで判断が分かれますよね。それは市川に東京港の倉庫群があって、関東で一番の流通基地になっていているせいでこのあたりの渋滞がすごいので、カーナビはなるべくアクアラインを指示するのですよ、浦安には出銭ランドもありますし・・・。ただ、時間帯によってはその物流関係の交通量がないので、海老サポさんのような判断がいい場合もあります。千葉戦の後あたりでしたら市川経由でも大丈夫だったでしょうねえ。

・・・と、余計な話は置いておきまして、ジェフは一貫しておかしな戦略でJリーグを戦っていたところ、ベルデニック監督からイヴィチャオシム監督あたりまでのみがたまたまうまくいっただけだと思います。古河電工は法人向けの商売なのでJリーグに参戦する必要はなかったところ、電線の超大口顧客であるJR東日本が興味を示したので共同経営となりましたが、そのせいか古河電工の人材が受け継がれておらず、さらに「横浜市(却下)」、「会社は舞浜、試合は習志野(失敗)」、「市原市」、「千葉市」とヴェルディ顔負けの移転を繰り返し、この不安定さが、一貫しておかしな戦略になった原因の一部ではないかなあと思います。

ベルマーレも、眞壁社長、大倉GMだけで終わらないよう、反面教師にしなければだめだと思います。

投稿: チャリ通 | 2014年4月20日 (日) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/55724446

この記事へのトラックバック一覧です: J2 2014 第7節 千葉vs湘南 戦 :

» 4/13 セ公式戦:阪神2x-1巨人(甲子園)&J2:湘南6-0千葉(フクアリ)←普通スコア逆だと思うけどWの歓喜\(^o^)/+同日のプロ野球とJリーグの件 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
まずは、時系列的に早く始まり早く終わった方から。 昨日は、14時の試合開始からテレ朝の中継を見ていたんですが、15時55分までの放送枠では当然終わるはずもなく… (それでも、ジェット風船上げを経て7回裏まで終わったから、1週間前の神宮の試合での同時間帯での5回…... [続きを読む]

受信: 2014年4月17日 (木) 05時30分

« 「NHKのど自慢」が厚木で開催されるそうです | トップページ | 20歳になったら「Jマジ!20」、など。 »